ITライフハック

IE

マイクロソフトとProduction I.GがHTML5ベースの3Dアクションゲームを製作【デジ通】

Production I.Gが制作した人気テレビアニメの「翠星のガルガンティア」が日本マイクロソフト(以下、MSKK)とのコラボによりHTML5ベースのWebゲームになった。MSKKとProduction I.Gの共同プロジェクトにより開発されたこのゲーム、タイトルは「翠星のガルガンティア ~キミと届けるメッセージ~」となり、Webブラウザー上で動作する3Dアクションゲームだ。内容はテレビシリーズのサイドストーリーになっている。

4月に行われたニコニコ超会議3でも参考出展されていたが、今回、正式サービス開始に合わせ完成お披露目会が開かれたので紹介しよう。

IMG_0021

先述したようにサービスが始まるのは「翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~」というWebブラウザ上で遊べる3Dアクションゲームだ(プレイは無料)。

アニメ版「翠星のガルガンティア」の世界観そのままに、テレビシリーズ5話からのサイドストーリーで構成される。プレイヤーはメッセンジャーとなり、サーフカイトを使って3D空間の中を飛び回るゲームとなっている。シナリオは本編の脚本家によるオリジナル書き下ろしで、もちろん本編の声優陣によるボイスも収録されている。

サービス開始は2014年6月18日の午後2時からで、すでにプレイ可能だ。なお始めに公開されるのは「ミッション1」で以降、順次ミッション4までが公開される。

IMG_0036

■推奨されるWebブラウザーはInternet Explorer 11
このゲームは3D APIにWebGLを使用しており、ChromeやFirefoxといった一般的なWebブラウザーでも動作する。ただし推奨環境はInternet Explorer 11(以下、IE11)だ。特にIE11では、Windowsタブレットや2-in-1ノートといったタッチ対応液晶搭載PCであれば、タッチ操作でプレイ可能だ。

Webブラウザー上でどうだするゲームとはいえ3D APIを使ったゲームのためCPUおよびGPU負荷はそれなりにかかる。快適にプレイするにはCore i5程度のCPUが推奨環境になっている。なお開発者によればSurface Pro 2で30fps程度出るとのこと。

実際にSurface Pro 2を使ってプレイしてみたところ、Webブラウザー上で動いているとは思えないほどグリグリ動いており、PSPやPS Vitaといった専用ゲーム機レベルで快適に遊ぶことができた。

■Internet ExplorerのRethinkプロジェクト
今回のゲームプロジェクトは、Webブラウザー戦略を考え直すマイクロソフトによる“Rethink”の一環で、海外ではすでにいくつかのプロジェクトが公開されている。そして日本では本作が初となる。

このため本ゲームには英語版も用意されており、言語設定を英語にするとボイスは日本語のままであるが、シナリオが英語表示となる。

また、面白いのが「ソースコード」も公開されている点だ。Turbulenz エンジンが使われており、今回のゲーム開発に関する技術的な点についても解説されている。さらに、DMMがこの夏提供予定の「翠星のガルガンティアONLINE」で使えるゲームコードも、このゲームで高得点を出すともらえるようになっている。

今回の完成お披露目会は三鷹にあるProduction I.G本社の1階にあるピザ食堂「武蔵野カンプス」で行われ、アニメに合わせた料理も振る舞われた。Windows 8を搭載するタッチ操作対応PC(ノートやタブレット)を所有していて、CPUがCore i5以上のスペックを持つのであれば、まずはプレイしてみてほしい。HTML5およびWebGLといったWebブラウザーゲームがどれだけ進化しているのかふを体験できるだろう。

IMG_0033

wakame_bread

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

翠星のガルガンティア~キミと届けるメッセージ~

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」
東芝が新型コンパチノートにWindows 8.1 with Bing採用のタブレットを発表
こうすればトラブル解決が早い!海外に行くことが多い人におススメなPC関連製品の選択条件
ノートパソコンはどこまで進化する? Ultrabookから2-in-1その次の技術へ
ノートを低コストで高性能化できるモバイル版Kaveriを投入!今後の方向性がはっきり見えてきたAMD


IEに致命的な脆弱性発覚! サポート終了直後でWindows XP用IE向けの修正パッチは出るのか?【デジ通】

つい先日、マイクロソフトはWebブラウザのInternet Explorer(以下、IE)のバージョン6から11まで、現状稼働していると思われるほぼすべてのIEに、非常にクリティカルな脆弱性があることを公表した。

すべてのIEに影響するというのは、Windows Vista/7/8/8.1そしてWindows Server 2003および2008、さらにWindows RTといったサポート期限が切れていないOS用のIE全部という意味だ。

続きを読む

爆速ブラウザは本当だった!IE9が高速なのには理由がある



節電が叫ばれているなか、前回は、マイクロソフトの次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 9(IE9)」が、他社のWebブラウザに比べて、いかに省電力であるのかを紹介した。

そんなIE9の最大の特長は、「爆速ブラウザ」と言っても過言ではないほど、高速化された点だ。

IE9は、なぜ、高速であるのか?

それには歴とした理由がある。そこで今回は、IE9が高速である秘密に迫ってみた。

IE9は、OSにあわせて用意されている。
Windows 7  64ビット版
Windows 7  32ビット版
Vista  32ビット版
Vista  64ビット版
Windows Server 2008  32ビット版
Windows Server 2008  64ビット版



続きを読む

夏の節電対策はバッチリ!IE9は消費電力が最も少ないWebブラウザだ



前回は、マイクロソフトの次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 9(IE9)」が、他社のWebブラウザに比べて、いかに使い勝手のよいかを紹介した。

「IE9」は、高速で使いやすいWebブラウザだが、それだけではなかった。IE9を使うだけで、パソコンの消費電力を減らすことができるというのだ。

節電が叫ばれている今夏、少しでも節電したいと願っている人は多いだろう。そこで今回は、節電時代の申し子と言える「IE9」の消費電力にフォーカスしてみた。

IE9は、OSにあわせて用意されている。
Windows7 32ビット版
Windows7 64ビット版
Vista 32ビット版
Vista 64ビット版
Windows Server 2008 32ビット版
Windows Server 2008 64ビット版



続きを読む

使わなきゃ損するIE9のスピードを落とさない機能をチェック



前回は、マイクロソフトの次世代インターネットブラウザ「Internet Explorer 9(IE9)」が如何に高速なWebブラウザであるのかを、実際のベンチマークを交えて紹介した。

「IE9」というと、どうしても高速化ばかりクローズアップされる傾向にあるが、他社の製品に対抗すべく、使いやすさも大きく改善されたWebブラウザなのだ。

そこで今回は、「IE9」で強化された、見逃したら損をするお得な機能をチェックしてみよう。

IE9は、OSにあわせて用意されている。
Windows7 64ビット版
Windows7 32ビット版
Vista 32ビット版
Vista 64ビット版
Windows Server 2008 32ビット版
Windows Server 2008 64ビット版



続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ