ITライフハック

JAPANNEXT

JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-VT5500UHD」を発表

czMjYXJ0aWNsZSM0NDkzNCMxOTU4MjcjNDQ5MzRfWVJtQXFTWURGUC5qcGc

JAPANNEXTは、4K SVAパネル 55型ワイド HDMI2.0 60Hzの大型液晶モニター「JN-VT5500UHD」を発表。2018年1月31日(水)より発売する。2018年1月18日~1月31日(水)は発売前モニター特価販売セールとして6万9,970円で販売する。

本製品は、4K解像度に対応した大型液晶ディスプレイ。10Wx2のステレオスピーカーを搭載し、HDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。

ブルーライト軽減モードを搭載し目への負担を軽減。インターフェースはHDMI2.0を4ポート搭載している。6000:1と非常にコントラストの高いスーパーVAパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくい、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178°を実現する。10bitカラーパネルを採用しており、画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる。

60Hzのフレッシュレートで、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能。コスト削減のためテレビ用基板を使用しているが、モニター設定をコンピューターモードに変えることにより、テキストや画像など大画面でも細かい文字を綺麗に表示し、ストレスなく快適にPC作業が行える。

スタンドは金属製、筐体はブラックの1色。

JN-VT5500UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
タカラトミー、パーソナルトークロボット「Robi」シリーズ第3弾「マイルームロビ」を発売
ソニー、テレビ前にも手軽に置けるサウンドバー2機種を発売
360度+105度撮影のドライブレコーダー「ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き」
ローランド、カリモク家具と共同開発した天然木の木目を活かした「シアーブラック」を限定販売
カシオ、NIGO×K.IBE G-SHOCK35周年記念スペシャルコラボレーションモデルを発売




JAPANNEXT、WQHD 144Hz 1ms FreeSync 27型ゲーミングディスプレイ「JN-IPS27144WQHD」を発表

czMjYXJ0aWNsZSM0NDkzNCMxOTA5MjEjNDQ5MzRfbGd5Y1B3dkpPTC5qcGc

JAPANNEXTは、WQHD(クアッドハイビジョン) 2560×1440ドット27型ワイド 1ms 144Hz対応スリムタイプ液晶ディスプレイ 「JN-IPS27144WQHD」を発表し、2017年10月17日(火)より発売を開始する。2017年10月06日~10月17日は発売前モニター特価販売セールを実施しその際の価格は3万4490円。

本製品は、リフレッシュレート最高144Hz(1秒間に144回の画面更新)に対応したWQHD(2560x1440)解像度のゲーミングディスプレイ。視野角が広く色合いの変化も生じにくい高速のIPSタイプパネルを採用し、応答速度1ms(オーバードライブ時)を実現。さらにAMD FreeSync対応で、3種類のゲームモード機能を搭載し、プレイヤーに最適な環境を提供する。HDMIx2/DP/DVIのポートを搭載している。s

JN-IPS27144WQHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、秋葉原で仮装清掃パレード「HALLOWEEN CLEANUP PROJECT by mouse」を開催
NVIDIA、「軍隊を鍛え上げろ」キャンペーンを発表――GeForce をご購入すると「Middle-earth: Shadow of War」を期間限定で無料提供
「LEVEL∞」、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売
15.6インチのノートPCやA4書類が折れずに入る、USBが2ポート搭載のPCバックパック
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売




JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表

44934_RCNBsEWOqF

JAPANNEXTは、QHD(クアッドハイビジョン)2,560×1,440ドット32型ワイド 60Hz対応スリムタイプ液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」を発表した。2017年10月07日(水)より発売で、2017年9月29日~10月07日は発売前モニター特価販売セールとして2万2490円で販売する。

本製品は、QHD解像度に対応した液晶ディスプレイ。QHDとは、HDの約4倍、フルハイビジョンの約1.8倍の作業領域を実現する2,560×1,440ドットの解像度だ。IPSタイプのAHVAパネルを搭載、標準的なTNパネルと異なりあらゆる角度から見ても色やコントラストの変化がおきにくい、広視野角上下左右178°を実現した。sRGBを100%カバーし、画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実な色再現できる。

画数ピッチを約0.20ミリ及び123PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現できる。リフレッシュレートは最高60Hzまで対応、映像をなめらかに表現することが可能だ。

ブルーライト軽減モードを搭載し、フリッカーフリー設計で、目と身体への負担を軽減してくれる。インターフェースはHDMI / DP / DVI、合計3つのポートを搭載している。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、標準で消費電力を20Wに抑えている。フレーム、バックケースはブラックの1色。

JN-IPS240QHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施
オーディオデータからピアノ用譜面を自動作成するヤマハクラビノーバ「CSPシリーズ」
サンコー、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を発売
ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売
VICSセンター、VICS WIDE大雨エリア情報の対象地域を拡大




JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施

44934_BiuvOPHFnh

JAPANNEXTは、同社の32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施する。期間は2017年9月28日~10月11日までで、価格は3万4,990円(税込)。

本製品は、WQHD解像度に対応した液晶ディスプレイ。WQHDとは、HDの約4倍、フルハイビジョンの約1.8倍の作業領域を実現する2,560×1,440ドットの解像度となる。インターフェースはHDMI X 2 / DP / Mini-DP / VBA端子、合計5つのポートを搭載している。HDMIはコンピューターだけではなく、幅広くAV機器やゲーム機などにも対応し、ケーブル一本で接続できる。

IPSタイプのADSパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくい、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178度を実現。IPS-ADSパネル標準的なTNパネルと異なり、画像を鮮やかな色彩でくっきりとより鮮やかに美しく忠実な色再現できる。画数ピッチを約0.272ミリ及び93PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示を実現できる。60Hzのフレッシュレート映像をなめらかに表現することが可能だ。

JN-IPS3200WQHDは極薄フレーム&スタイリッシュなスリムボディをで、最薄部でボディ9.5mm/フレーム10mmと非常に薄く、存在を感じさせないほど。VESAマウント対応及び極薄フレームでマルチディスプレイ構成に向いている。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、標準で消費電力を44Wに抑えている。デザインはシンプルで、スタイリッシュなV型スタンドを採用している。フレーム、バックケースはブラックの1色。

JN-IPS3200WQHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
オーディオデータからピアノ用譜面を自動作成するヤマハクラビノーバ「CSPシリーズ」
サンコー、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を発売
ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売
VICSセンター、VICS WIDE大雨エリア情報の対象地域を拡大
JAPANNEXT、27型ワイド 4K液晶ディスプレイ HDMI 2.0 HDCP2.2 60HzFreeSync「JN-IPS2700UHD」を発表




JAPANNEXT、40型4K液晶ディスプレイ「JN-V400UHD」を発表

44934_LyCzSCRZwK

JAPANNEXTは、4K VAパネル 40型ワイドHDMI2.0/60Hz HDCP2.2 アルミ製・極薄デザイン液晶モニター「JN-V400UHD」を2017年9月7日(木)より発売すると発表した。なお、2017年9月07日~9月17日はモニター特価販売セールを実施し、4万9,970円で販売する。

テレビ用に作られたチューナーなしのディスプレイではなく、動画や画像、細かい文字まできれいに表示できるPC用規格の4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。10w×2のステレオスピーカーを搭載し、HDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。4Kとは、フルHD(1920×1080)の約4倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となり、高精細な表示を実現している。

ブルーライト軽減モードを搭載し、目への負担を軽減。充実のインターフェイスでHDMI2.0,HDMI1.4(2口)、Displayport(DP),VGA,合計5つのポートを搭載している。

PVA3パネルを搭載し、あらゆる角度から見ても、色やコントラスト変化が起きにくく、画像を鮮明に映し出し、高視野角上下左右178°を実現。10bitカラーパネルを採用しsRGBを99%カバーしており、画像をより鮮やかに美しく、どんな場面でも忠実な色再現ができる。60Hzのリフレッシュレートと4ms(最大)の応答速度で、動きの速い描写の映像を滑らかに表現することが可能だ。

さらに3種類のゲームモード機能を搭載し、映画やゲームなど楽しむ方に最適な環境を作りだす。9.5kgと非常に軽量、VESA対応でマルチディスプレイ構成にも向いている。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、更に省エネモード搭載で消費電力を49Wに抑えている。筐体はシルバー1色。

JN-V400UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機
Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡
Lightning端子に接続する超小型シェーバー「ポケット髭剃り for iPhone」
全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ
サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売




JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表

44934_COoTAERlvU

JAPANNEXTは、4K SVAパネル 65型ワイドHDMI2.0 / AMD FreeSync対応60Hz曲面液晶モニター「JN-VC650UHD」を発表した。2017年5月19日(金)より発売。2017年5月19日~5月31日は発売前モニター特価販売セールを実施(15万9,970円)。

本製品は、テレビ用に作られたチューナーなしのディスプレイではなく、動画や画像、細かい文字まで綺麗に表示できるPC用規格の4K解像度に対応した曲面型液晶ディスプレイ。。端まで視界に入る視認性の高さから今までにない没入感を体感することができる。6Wx2のステレオスピーカーを搭載しHDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。

本体にはHDMI2.0, HDMI1.4(2口)、Displayport (DP)、VGAと合計5つのポートを搭載。スーパーVAパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくく、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178°を実現する。10bitカラーパネルを採用しsRGBを99%カバーしている。画像をより鮮やかに美しく、どんな場面でも忠実な色再現できます。60Hzのリフレッシュレートと3ms(最大)応答速度対応で、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。

さらにAMD FreeSync対応で、3種類のゲームモード機能を搭載し、映画やゲームなど楽しむ方に最適な環境を実現。マルチウィンドウ機能、PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示できます。スマートフォンの楽しみ方が広がるMHLにも対応している。LEDバックライト採用により、大幅な省電力を実現し、さらに省エネモード搭載で消費電力を99Wに抑えている。フレームは丈夫でスタイリッシュなアルミ製で非常にスリム(20mm)、筐体はブラックの1色。

JN-VC650UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド




JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売

44934_SFehvULjDC

JAPANNEXTは、4K 28型ワイド Freesync 60Hz HDMI 2.0対応液晶ディスプレイ「JN-T2880UHD」を2017年05月12日(金)より発売すると発表した。2017年05月01日~12日は発売前特価販売セールを実施し、3万4,990円で販売される。

本製品は、HDMI 2.0 x 2, Displayport(DP) x 2、合計4つのポートを搭載。10bitカラー パネルを採用しsRGBを100%カバー。画数ピッチを約0.16ミリ及び157PPIという高画数密度を実現しており、低ブルーライトモードを搭載し、フリッカーフリー設計。AMD FreeSync、60H及び応答速度3msにも対応する。HDCP2.2対応で4K対応メディア配信サービスが楽しめる。29W省エネ設計。

JN-T2880UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売
サードウェーブデジノス、AMD待望のメインストリームCPU「Ryzen 5」搭載ゲーミングパソコンを発売
G-Tune、GeForce GTX 1050 Tiを搭載する14型コンパクトゲーミングノートを発売






JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表

44934_dafEANzrWx

JAPANNEXTは、4K SVAパネル 55型ワイドHDMI2.0 / AMD FreeSync対応60Hz曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表した。2017年2月14日より発売を開始する。

なお、2017年2月7日~2月14日は発売前ディスプレイ特価販売セールとして、通常価格12万9,970円のところを9万9,970円にて販売する。

本製品は、テレビ用に作られたチューナーなしのディスプレイではなく、動画や画像、細かい文字まできれいに表示できる、PC用規格の4K解像度に対応した曲面型液晶ディスプレイ。端まで視界に入る視認性の高さから、今までにない没入感を体感することができる。6Wx2のステレオスピーカーを搭載し、HDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できる。HDMI2.0, HDMI1.4(2口)、Displayport (DP),VGA、合計5つのポートを搭載。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売
5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場




5万円を切る4K対応32型ワイド液晶ディスプレイが登場

44934_ONfaOQXjCK

JAPANNEXTは4K(UltraHD)に対応する3,840×2,160ドット32型ワイド HDMI2.0 60Hz対応液晶ディスプレイ「JN-IPS320UHD」を2017年1月10日(火)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万9,970円。なお発売前の特価として、2016年12月22日~2017年1月10日までの期間、4万9,970円で販売される。

本製品は、4K解像度に対応した液晶ディスプレイ。ブルーライト軽減モードを搭載し、フリッカーフリー設計で、身体への負担を軽減してくれる。インターフェースはHDMI2.0, HDMI1.4(2口)、Displayport(DP),VGA、合計5つのポートを搭載している。

10bitカラーパネルを採用しsRGBを100%カバー。IPSタイプのAHVAパネルを搭載し、あらゆる角度から見ても色やコントラスト変化がおきにくい、画像を鮮明に映し出し、広視野角上下左右178°を実現した。画数ピッチを約0.18ミリ及び137PPIという高画数密度を実現し、どんな詳細も明確に、高精細な表示ができる。

60Hzのフレッシュレートと6ms(最大)応答速度対応で、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能だ。さらにAMD Freesync、3種類のゲームモード機能を搭載。マルチウィンドウ機能、PIP/PBPに対応し、画面を分割して最大4つの入力ソースを表示できる。本体には10Wのステレオスピーカーを搭載する。

JN-IPS320UHD

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、10万円台のエントリーゲーミングノート「GALLERIA QSF960HE2」を発売
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ