ITライフハック

Jaybird

ロジクールから長距離ランナー向けイヤホン2モデル「Jaybird TARAH」「Jaybird X4」

X4 Compatibility

ロジクールは、ランナーの目線で開発したイヤホンを提供する「Jaybird」ブランドから、ランニングに最適なワイヤレスイヤホン「Jaybird X4」を2018年10月11(木)、「Jaybird TARAH」を2018年10月25(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ1万6,880円(税抜)、1万3,880円(税抜)。

■どれだけ走っても外れにくいイヤホンをランナーとともに開発
Jaybirdシリーズはランナーとともに開発されたイヤホンで、これまで防汗、長時間使用可能バッテリー、走っても外れないカスタム可能なフィット感、高いデザイン性、高機能アプリ等の付加価値によって高評価を受けてきた。

どちらも耳に入れるイヤーピースにJaybirdで初めて「イヤージェル」を採用。シリコン製の外皮の内側にジェルが入っており、着けていることも気にならない高いフィット感を実現した。

■内蔵バッテリーで長時間タフネス駆動を実現
また、長距離走で使用する際に求められる長時間再生を達成するために「TARAH」は6時間、「X4」は8時間の連続再生を実現している。

両製品はJaybirdシリーズで初めてイヤージェルを採用しました。シリコン製の外皮にジェルが包まれているイヤーピースになっており、耳の形に自然とフィットする。「TARAH」は左右それぞれ3種類のサイズのイヤーフィンとチップが一体型となったイヤージェルが付属。「X4」はイヤーフィンと呼ばれる耳のふちに沿うようなパーツを左右それぞれ3種類のサイズ、耳に入れるイヤーチップをイヤージェルとCOMPLY ULTRA?と呼ばれる低反発素材の2つが左右それぞれ2種類のサイズで付属する。複数サイズのイヤーピースで、左右で耳のサイズが違う方などどんな方にもフィットする。また、スピードシンチと呼ばれる左右を繋ぐケーブルの絞り部分も用意している。簡単にケーブルをまとめることができ、着けていることが気にならないだろう。

「TARAH」は1.5時間の充電で、最大6時間、「X4」は2時間の充電で、最大8時間の再生時間を達成している。男性のフルマラソンの平均時間の約4.5時間、女性の平均時間の約5時間(出典:全日本マラソンランキング アールビーズ)を上回っており、フルマラソンのような長時間のランニングでも連続使用が可能だ。また、10分間の急速充電で1時間の再生も可能で、充電を忘れてしまった時でも着替え中などの隙間時間で充電できる。

IPX7(30分間1mの水深に水没しても製品に浸水しない)の防水性能を持つほか、塩分や油を含んだ汗に対しても強い設計で、悪条件下でも通常通り使用可能だ。

スマートフォンアプリ「Jaybird」アプリと本製品を接続することで、ビジュアルイコライザーを用いて低音のブーストや高音・中音域の強調など様々なカスタマイズが可能だ。アプリには世界のランナーのセッティングなども保存されており、自分の発想にないセッティングも可能だ。設定は製品本体に保存され、アプリとの接続が無くてもカスタムした状態で使用可能だ。

コントローラーによって、音楽デバイスを操作することなく音量調節、トラック送り、通話などができる。

■「Jaybird TARAH」
製品名:Jaybird TARAH ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万3,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月25日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):476.4 mm x 13.25 mm x 19.7 mm
重量(ケーブル含む):13.85 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK/FLASH、NIMBUS GRAY/JADE、SOLSTICE BLUE/GLACIER
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約1.5時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大6時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR5.0
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:1KHz, 0dB=1V/Pa)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/通話拒否など
保証期間:1年間


Tarah FOB Black Flash


■「Jaybird X4」
製品名:Jaybird X4 ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万6,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月11日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:オーバーイヤー / アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):501 mm x 13.0 mm x 23.6 mm
重量(ケーブル含む):14.8 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK METALLIC/FLASH(BMF)、STORM METALLIC/GLACIER(SMG)、ALPHA METALLIC/JADE(AMJ)
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約2時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大8時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR4.1(マルチポイント対応)
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:96dB SPL、1KHz、A-Weighted)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/リダイヤル/ミュートなど
保証期間:1年間


JBD-X4-001AMJ Front


ロジクール・カスタマーリレーションセンター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
スマホの画面に耳の中を映し出して耳掃除ができる「スマホでWi-Fi耳かきスコープ」
もうHDMIケーブルの抜き差しは不要!入出力に対応する「1台2役双方向HDMI切替器」
タニタから水や洗剤で丸洗いできるデジタルクッキングスケール2機種
エレコム、ロック機能搭載で水がこぼれにくいアロマ加湿器「エクリア ミスト」発売
フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」発売記念キャンペーンを実施





スマートウォッチ「Polar M600」と超小型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」のバンドルモデルを150セット限定発売

01

ポラール・エレクトロ・ジャパンは、ロジクール協力の下、スポーツに最適化したスマートウォッチ「Polar M600」にBluetooth型超小型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」をセットにしたバンドルモデルを発表した。スポーツ時の利用を想定している両製品をセットにすることで、音楽を楽しみながら、より効率的にランニングやジムでのトレーニングが行える。2017年11月22日よりヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、アマゾン(順不同)で、150セット限定で販売を開始する。価格は4万4,800円(税別)。

M600には、4GBのストレージがあり、Google Playを通してスマートフォンなしで、Bluetooth型イヤホンで音楽を聞くことができる。スポーツに最適化したスマートウォッチとして登場したM600は、GPS機能や手首で心拍を計測できる6LED光学式心拍計を搭載し、スピードや距離、心拍数などの各種データを簡単に確認・保存でき、効率的にトレーニングができる。スマートフォンを持たずにランニングなどの各種スポーツを楽しむことができるため、音楽を聴くシーンも、ランニングやジムトレーニングなどスポーツ中を想定しているとのこと。

Jaybird FREEDOM 2は耳の小さな方など、様々な形・サイズの耳に快適にフィットする超小型のBluetooth型ワイヤレスイヤホンで、スポーツ時の利用を想定した設計となっている。汗・水・泥などが飛び散るような過酷な環境下や、動きが伴うスポーツ中でも、快適に音楽を楽しめるようにフィット感や音質にこだわっており、SPEEDFITコード管理システムと、一体型チップ・フィンにより、完璧なカスタムフィットを瞬時に実現する。

ダイエットや健康維持などのためにスポーツをするユーザにとって、音楽を聞いてリラックスしながら運動ができる。また、最適な心拍数で運動をすることができ、消費カロリーや脂肪燃焼度なども分かるためモチベーションアップにつながるだろう。

■Polar M600 Jaybird FREEDOM 2 バンドルモデル概要
製品名:Polar M600バンドルモデル
色:M600:ブラック
OS:Android Wear
重量:M600:63g
バッテリー:M600:連続8時間(GPS、心拍計測時)
セット内容:・Polar M600本体 ・本体用ベルト ・専用マグネット式USBケーブル・スタートガイド


02


Polar M600 Jaybird FREEDOM 2 バンドルモデル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」
AUKEY、最大2A充電5000mAhモバイルバッテリー「PB-N59」を発売
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル等ドコモから2017年冬春モデル15機種




ロジクール、スポーツイヤホン「Jaybird Freedom Wireless」を発売

01


ロジクールは、快適な装着感と最適なフィット感を追求した、ワイヤレスサウンドの進化系イヤホン「Jaybird Freedom Wireless」を2016年9月15日よりJaybird製品取扱店で発売する。価格はオープンプライスで、Jaybirdオンラインストア予定価格は1万9,880円(税抜)。

Jaybirdは、2006年に設立された米国のメーカーで、スポーツに特化したクオリティの高いBluetoothイヤホンを企画・製造している。Bluetoothイヤホンのシェアが飛躍的に拡大し、2017年にはマーケットの半数以上を占めるとも言われている米国のステレオヘッドホン市場において、圧倒的な認知度を誇るブランドだ。

今回、本年4月にLogitech Internationalの一員となって以来、初めて日本国内でJaybird製品の取り扱いを開始するのに伴い、これまで購入したJaybird日本国内向け製品についても、ロジクール・カスタマーリレーションセンターにてサポートも開始するとのことだ。

本製品は、大音量ながら、スポーツシーンに最適なフィット感、防汗、快適性を実現した世界最小クラスのワイヤレスイヤホン。サウンドパフォーマンスを損なうことなく、インイヤースピーカーのハウジングサイズを大幅に小型化することに成功。このイノベーションにより、イヤホン部のサイズを劇的に小型化し、誰の耳にも快適にフィットするデザインを実現している。

オーバーイヤー、アンダーイヤー両対応のユニバーサルシステムなので、好みもしくはシーンにあわせて使い分けることが可能だ。

革新的技術と小型化により、高品質のインジェクションモールド(MIM)メタルパーツを使用。これにより、高級感も演出し、全メタルハウジングの利点である、歪みを軽減する特性が、ワイヤレスインイヤーでは難しかった高品質サウンドを実現している。

チャージングクリップを使用することで、再生しながらの充電が可能に。それによってイヤホン本体で4時間、チャージングクリップで4時間、合計8時間の再生時間を実現した。

My Soundアプリにより、サウンド設定をカスタマイズし、 設定をイヤホンに保存していつでも自分好みのサウンドを楽しむことが可能だ。

「Jaybird」ブランド製品サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「First Flight」でクラウドファンディング中。デザインをコレクション・着せ替えられる「FES Watch U」を展示
家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始
エアコン使用時の風の向きを改善する後付け風向調整板「アシスト・ルーバー」を発売







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ