ITライフハック

KDDI

子供たちが、夢に近づく特別授業。KDDIがスペシャルムービー「SYNC DREAMS」を公開

子供の頃、誰でもが「これになりたい!」と思う夢があったはず。その夢を叶える人もあれば、また違う道を歩んできた人もいるだろう。今回KDDIが公開した「SYNC DREAMS」というムービーは、とある少年少女がなりたかったあこがれの人との、特別レッスンを受ける様を描いたものだ。

続きを読む

JR西日本の東西線および関西本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始

先日『京王井の頭線 「渋谷駅~駒場東大前駅」区間のトンネル内で携帯が利用可能に』といった記事で、全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきている。今回はJR西日本東西線のトンネルにおける携帯エリアサービスの拡大情報をお伝えする。

続きを読む

京王井の頭線 「渋谷駅~駒場東大前駅」区間のトンネル内で携帯が利用可能に

先日『一ノ関~盛岡間の東北新幹線トンネルで携帯電話が利用可能に』といった記事で、全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきている。現在、ほとんどの鉄道内で携帯電話が利用できるようになっていて、スポット的に利用できない部分を穴埋めしているような状態。今回は京王井の頭線のトンネルにおける携帯エリアサービスの拡大情報をお伝えする。

続きを読む

全機種4G LTE、au VoLTEに対応! auの2015年夏モデル登場

KDDI、沖縄セルラーは、2015年夏モデルスマートフォンとして、定番のハイスペックモデル「Galaxy S6 edge」「Xperia Z4」「AQUOS SERIE」をはじめ、オリジナルモデル「isai vivid」「HTC J butterfly」「URBANO」「TORQUE」など、これまでauが出してきた全ブランドの最新モデル6機種(既存モデル1機種の計7機種)を発売する。

また、auケータイとしてAndroidを搭載する「AQUOS K」、さらにタブレットとして「Xperia Z4 Tablet」と「Qua tab」の2機種を販売する。

続きを読む

一ノ関~盛岡間の東北新幹線トンネルで携帯電話が利用可能に

先日『神戸市営地下鉄の西神・山手線と北神急行電鉄で携帯電話サービスの提供開始』といった記事で、全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきているが、今回は東北新幹線のトンネルにおける携帯エリアサービスの拡大情報をお伝えする。

続きを読む

神戸市営地下鉄の西神・山手線と北神急行電鉄で携帯電話サービスの提供開始

京王線「北野駅~京王八王子駅」区間のトンネル内で新たに携帯電話サービスを提供開始』といった記事で、全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきているが、さらに関西エリアの追加情報をお伝えしよう。

続きを読む

新サービスへの布石か? KDDIがオンラインゲーム開発会社に出資

ソフトギアは、KDDIによるコーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI Open Innovation Fund」を割当先とする、第三者割当増資により資金調達を実施したと発表した。

続きを読む

京王線「北野駅~京王八王子駅」区間のトンネル内で新たに携帯電話サービスを提供開始

先日『近畿日本鉄道において「新大宮駅~近鉄奈良駅」区間のトンネル内で携帯電話が利用可能に』で、久々に鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えした。

たとえば筆者の住む小田急線沿線では、地下部分を走るようになった下北沢周辺の地下部分ではLTEが入ってこなかったり、千代田線乗り入れ後の一部の駅で圏外になってしまうなど、ちょっとだけ接続できないスポットエリアが残されている。

現在は、こうしたスポットエリアを1つ1つつぶしている状態というわけだ。ということで、そうしたスポットエリアのエリア整備完了情報をお伝えしよう。

続きを読む

他国製品とはまったく性格の異なるauのFirefox OS搭載スマホ「Fx0」【デジ通】

KDDIは、日本初登場となるFirefox OS搭載のスマートフォン「Fx0」(エフエックスゼロ)を本日、2014年12月25日から発売する。Firefox OS搭載のスマートフォンは、これまで世界で15機種が発売されており、今回の機種で16機種目となる。

KDDIの田中社長いわく「商売は考えていない」と語る製品で、iPhoneやAndriod市場に投入して真っ向勝負するための製品ではないようだ。これまでFirefox OSは、新興国や低価格スマートフォン向けのOSという趣が強かったが、今回の「Fx0」は、どうやらそういった性格の製品とも異なるようだ。すぐそこまで迫ってきている来たるべきIoT時代に向けた、KDDIによるオープンプラットフォームの先駆けとなる製品といった意味合いを持つ、かなり意欲的な製品と言うことができる。

続きを読む

全国最多はあの神社・・・ au、全国の受験合格祈願神社の人気ランキングを発表!

年が明ければ日本では毎年恒例の受験シーズンがやってくる。2015年は1月17日、18日の両日がセンター試験の日程になっており、その日を皮切りに受験生たちの戦いが開始される。受験生諸君たちにはぜひとも第一志望に合格して無事に4月の入学式を迎えてもらいたいところだ。

受験とはあまり縁のなさそうなKDDI株式会社(以下、KDDI)が、受験に関わるユニークな調査を行った。KDDIは、全国の34歳以下の男女3万人を対象に合格祈願に関する調査を行った。その調査の内容だが高校・大学受験時に合格祈願をした神社ランキング(全国及びエリア別)や、都道府県別の神頼みの傾向など、合格祈願の実態についてである。

およそ1週間に渡る調査の後、その結果を発表した。受験生はもちろん、受験生を抱えているお父さんお母さんにも有益な情報になると思うので詳細をお伝えしよう。

■調査概要
調査期間:2014年11月27日(木)~12月3日(水)
調査対象:全国の34歳以下の男女
(大学受験時に居住していた各都道府県別・男女31名ずつ)
調査方法:インターネット調査
KDDI調べ(マクロミルモニタを利用)


■全国で最も多くの受験生が合格祈願をしたのは太宰府天満宮。関東では湯島天神がトップ
全国の34歳以下の男女1457人のうち、高校・大学(短大、大学院含む)受験時に合格祈願をした、具体的には「合格祈願に訪れた」もしくは「合格祈願のお守りをもらった」神社を聞いた。

全国に数多ある神社のうち高校・大学受験に際し、最も多くの人が合格祈願をしたのは太宰府天満宮(福岡県)が698票となり全国で最多となった。また関東では湯島天神(東京都)が255票でトップ、関西エリアでは北野天満宮(京都府)が461票でトップ、中部エリアでは善光寺(長野県)が91票で最多となっている。

KDDI002

■都道府県別で合格祈願の神頼みを行った割合が最も高かったのは徳島県
全国の34歳以下の男女24101名に、大学(短大、大学院含む)受験時に「合格祈願に訪れた」もしくは「合格祈願のお守りをもらった」いずれかの形で合格祈願の“神頼み”をした割合は、徳島県が69.2%で最も高いスコアとなった。2位以下は広島県(64.6%) 、京都府(64.1%) 、福岡県(63.8%)で最も低かったのは沖縄県(45.5%)で、次いで青森県(48.8%)、群馬県(52.7%)となっている。

ランキング全体を見ると、合格祈願の神頼みを行った割合が高い地域は西日本に多く、東日本に少ないいわゆる“西高東低”の傾向が見られたという。

KDDI003

■人気の大学に合格した人が最も合格祈願をしていたのは北野天満宮
また、国立・公立・私立の各人気大学トップ10にランクインした30の人気大学に在籍中、もしくは卒業した人302人のうち、最多く合格祈願をした神社は北野天満宮(京都府)の75票であった。2位以下は、太宰府天満宮(福岡県)の69票、そして湯島天神(東京都)の55票となっており、全国のランキングとピッタリ合致する。どうやら人気の高い大学に合格を勝ち取るには、この上位のいずれかの神社に合格祈願をしたほうがよさそうだ。
※合格祈願をしたからといって確実に合格できるわけではない点に注意※

KDDI004

■auの回線ネットワークは全国のTOP100の人気神社でLTEが“落ちにくい”ことが判明!
さらにKDDIでは、今回のランキン調査で判明した全国の合格祈願人気神社の上位100か所において、同社の提供するLTEの通信状況を調査した。その結果、auの回線ネットワークは、100か所における全ての神社でLTE接続を維持しており、回線が3Gに落ちてしまうことがなく通信できることが判明したという。

以上、非常にユニークな調査結果をお伝えしてきたが、この詳細については特設サイトで確認することができる。auは“落ちにくい”LTEネットワークで受験生を応援するとしている。

つまり、受験においては、落ちない神社に祈願に行き、さらにゲン担ぎとして落ちない回線のau回線端末を持って受験に臨むのはどうだろう。受験生諸君! 健闘を祈る!

受験に落ちない!?合格祈願神社人気ランキング大調査!
au by KDDI


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ