ITライフハック

LINE

LINE Pay、全国の「松屋」「松乃家・松のや・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松」に対応

linepaymatsuya

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、松屋フーズが展開する全国の「松屋」「松乃家・松のや・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松(てんまつ)」全1,130店舗の券売機での支払いに対応した。今回、サービスとして初の券売機への対応となる。

今回の対応により全店舗の券売機で利用できるようになり、キャッシュレス・ウォレットレスで支払いができる。「LINE Pay」の「コード支払い」画面内のQRコードを券売機の「コードリーダー」で読み取る仕組みだ。

■「LINE Pay決済(QRコード)」の利用方法
1)券売機上で商品を選択し、支払い方法でQRコード決済を選択
2)スマートフォンの「LINE」アプリ内、「ウォレット」タブ上部の「コード支払い」をタップ
3)パスワード(※)を入力し、コードを表示する(※「LINE Pay」起動時に入力済みの場合は不要)
4)券売機画面の下のコード読み取り部分にコード画面を提示し、決済する
5)食券を受け取る(決済完了時点で、お手元の「LINE」アプリに完了のメッセージが届く)


また、全国の「松屋」「松乃家・松のや・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松(てんまつ)」全1,130店舗では、期間中「LINE Pay」で支払うと、おトクにお買い物できる「Pay トク」キャンペーンの対象にもなる。今月の「Payトク」は、2月22日(金)~28日(木)に開催予定となっている。

おトクな7日間「Payトク」キャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
本気で即戦力を育成する実践型IT技術研修「BFT道場」がリニューアル。受講スタイルで選べる3つコースのIT研修が登場
未来の郵便が見えた!日本郵便の「『POST LOGITEC INNOVATION PROGRAM 2018』Demo Day」
じわるけど胸熱!So-netが昭和なアナログ世代と平成デジタルネイティブとのギャップを描いた「アナログ係長」を配信
未来のクリエイターを育てる「2019年度未踏ジュニア」募集を開始。最大50万円の開発資金などを提供
エイシング、ネット接続がなくてもリアルタイムに自律学習できるAIチップ「AiiRチップ」をリリース






2019年1月度のLINEスタンプ、LINE着せかえ、LINE絵文字月間MVPが決定!

2019年1月MVP

LINEは、LINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」の2019年1月度の月間MVPが、スタンプ部門はほっぺさんの「動く! あけおめうりぼうずのお正月 2019年」、着せかえ部門はキキぷりさんの「はな子。パンダ子ちゃん。」、絵文字部門はいしいともこさんの「大人の親切で丁寧な絵文字1」に決定したと発表した。

「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプ/LINE着せかえ/LINE絵文字を制作・販売することができるプラットフォーム。販売中のスタンプは420万セット を突破、LINEクリエイターズスタンプから誕生したキャラクターがグッズ化・アニメ化されたり、企業とのコラボレーションを行ったりする事例も数多く生まれている。

また、毎月のダウンロード数ランキングを元に優秀な作品を表彰する 「月間MVP制度」を設けており、受賞者にはLINE公式アカウント開設権などの特典が与えられ、クリエイターの創作活動の場のひとつとして成長を続けている。

■LINEスタンプ部門
1位:動く! あけおめうりぼうずのお正月 2019年/ほっぺ
2位:動く♪ ちょっと大人のほっこりお正月/みーすけ
3位:目ヂカラ☆にゃんこ【お正月・年末年始】/ロシヒ
4位:大人の可愛げマナー年賀状&お正月2/ちぎらみお
5位:ダジャレぷりてぃツイン/KAGE310
6位:ひねくれうさぎのゆる?い敬語/ともぞー
7位:うごく!メンヘラちゃん。6(ネガティブ)/ジョイネット
8位:年末年始、行事セットパック/riekim
9位:心くばりペンギン 年賀&年末年始ver. /DECOR
10位:仲良しともだち お正月と冬/kazue

■LINE着せかえ部門
1位:はな子。パンダ子ちゃん。/キキぷり
2位:もふピヨ(パーティ) /さんぽいも
3位:2019年全ての運気が上がる5つ葉クローバー/mayurimu
4位:きせかえくまさん×RED/naonao3
5位:母からメッセージ【野菜たっぷり】/ナオコ
6位:しろたん20周年記念パレード着せかえ/CREATIVE YOKO Co.,Ltd.
7位:すこぶる動くウサギ-2-/株式会社DK
8位:サメーズ/アリムラモハ
9位:東京トガリ/ふゆのきせかえ/東京トガリのおかさん
10位:ナチュラルガール【開運・幸福】/紅おれんじ

■LINE絵文字部門
1位:大人の親切で丁寧な絵文字1/いしいともこ
2位:はな子?つながる絵文字。/キキぷり
3位:大切な毎日に、無難な絵文字です。/いしいともこ
4位:大人可愛い?大切な毎日に、超使える絵文字/ともちん
5位:文末に添えて?北欧テイスト絵文字/パン
6位:毎年使える?お正月ゆるかわ絵文字/becco
7位:お前の言葉に添える俺/ポテ豆
8位:ともだちはくま(絵文字) /さいきたむむ
9位:大人可愛い?顔文字/ぴよたぬき
10位:ゆるうさぎの絵文字。/chococo


LINE Creators Market

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
雪玉を使った新しいサバイバルゲーム「雪玉サバゲー」が誕生!
PS Video「シアタールームVR」で「幼女戦記」スペシャル・エフェクトPV無料配信
VRに関する意識調査。VR体験で購入意欲は高まるのか?(マクロミル調べ)
面倒な洗濯物の干す、取り込む、しまうを快適にする「変形物干し8連ハンガー『クローゼット直行ハンガー』」
「BanG Dream!」が山手線をジャック!





LINE Pay、Visaブランドの提携クレジットカードの導入を発表

linepay_visa

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、決済ソリューションを提供する「Visa」と連携し、ブランド提携クレジットカードを2019年中に導入すると発表した。

本カードは、クレジットカードそのままでも、「LINE Pay」に連携し「コード支払い」にも利用できる。

このクレジットカードには、「Visa」のタッチ決済機能が搭載され、ユーザーは、日本のみならず世界中の「Visa」加盟店で利用できる。初年度は、3%の「LINEポイント」還元を予定している。また、このクレジットカードを「LINE Pay」と連携すると、事前に残高のチャージをせずに「LINE Pay」加盟店でスマートフォン決済も利用いただけるようになる。

「LINE Pay」の「Visa」ブランド提携クレジットカードは、カードの利用に応じて「LINEポイント」を含む様々な優待特典の提供を予定しているとのこと。アクティブに利用するユーザーがより多くの特典を享受できるインセンティブプログラム「マイカラー」と組み合わせて、利用に応じた「LINEポイント」を獲得できるようになる。商品詳細は、後日改めて発表される。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
チームラボ、東急リバブルの不動産検索サイトに、AIを活用した間取図解析レコメンド機能を導入
100億円とはいかないけれど・・・LINE Payが期間中いつでも20%還元の「Payトク」キャンペーンをスタート
多様化する働き方を支援!ザイマックスの働く人や企業を支える柔軟なワークプレイス「ZXY(ジザイ)」
新生銀行、顧客ひとりひとりに合わせた接客を実現する選択肢型チャットボットを導入
みずほ銀行と凸版印刷、AIを活用した校閲・校正システムの実証実験を開始






1日で1億円売り上げる“伝説の実演販売士”レジェンド松下の神業動画を見たか?

image001

LINEは、12月21日(金)からWeb動画「レジェンドチャレンジ ”Clova Friends” 5分で売れる!?」をLINE公式YouTubeチャンネルにて公開している。すでに見た人もいるかもしれないが“伝説の実演販売士”がどれだけ凄いのかがわかる動画になっている。

■制限時間5分、“伝説の実演販売士”の挑戦が今はじまった!
この動画では、一日で一億円を売り上げたこともあるという“カリスマ実演販売士”のレジェンド松下氏(以下、レジェンド松下)が登場。販売のプロがLINEのスマートスピーカー「Clova Friends」の実演販売を行うと、果たしてその実演を見た人は「欲しいと思うのか?」を検証する実験を行った。

image007

実演会場には、これまで「スマートスピーカー」とは無縁といった感じの子育て世代のパパ&ママの5人が集まった。実験は、レジェンド松下の実演販売を見てもらい「商品が欲しくなったらボタンを押す」という、至って簡単なルール。果たして制限時間5分という短時間で挑戦が成功するのか? その結末は動画で要チェックだ!


■レジェンド松下がClovaを使い“いくわよ”で次々に面倒ごとを解決!
「Clova Friends」のことをあまり知らない子育て世代のパパ&ママに対して、子育て中の「あるある」な日常シーンを取り上げながら、次々とClovaの機能を紹介していくレジェンド松下。

まずは、Clova Friendsならではの機能「LINEメッセージの送受信」の紹介。決めゼリフの「いくわよ」で、パパ&ママの注目を引き、チャレンジスタート直後から勝負に出る。

image002

彼の読みどおり、パパ&ママからは驚きの声が上がり、2人のママが欲しいボタンを押す。さらに、忙しいママ向けの機能の紹介として、童話朗読機能を披露。パパ&ママだけでなく、会場にいた子供たちをも取り込んでいくレジェンド松下。

残り1分のところで“最後の切り札”「Clova Friends Dock(赤外線リモコン)」を使用した、テレビやエアコンなどの家電操作機能で追い込みをかけるレジェンド松下。

「ねぇクローバ、テレビをつけて」と話しかけた瞬間、テレビが点くと、テレビの画面にレジェンド松下の画像が映し出され、会場は笑いの渦に包まれ、がっちり周囲の心をつかむことに成功。

image014

家電操作の便利さに残るパパがついにボタンを押す。果たして最後のママはボタンを押すのか? チャレンジは成功するのか? 結果は動画を見て確認してほしい。

■タイトル:「レジェンドチャレンジ ”Clova Friends” 5分で売れる!?」
■公開日:2018年12月21日(金)

本編動画URL:https://clova.line.me/re/pr001
予告動画URL:https://youtu.be/Vtlp3BEHCks

■レジェンド松下プロフィール
image017

変幻自在のトリックショッパー。大学卒業後、実演販売士和田守弘氏の下に弟子入り。東急ハンズなどの全国のデパートを調理道具の実演で回る。店頭販売のみならず、展示会、イベント、テレビ通販など、さまざまな分野で活躍し「実力NO.1実演販売士」として活躍中。

■子育てとスマートスピーカーに関する調査
今回の動画制作に併せ、20代~40代の2歳以下の小さなお子様をもつパパ&ママの600人に、子育てとスマートスピーカーに関する調査を行った。その結果、パパ&ママは、育児中に手が離せず、普段は当たり前にやっている日常の動作に対して面倒だと感じることがあると約8割の人が感じていることが判明した。

特に面倒として感じていることとして「スマホで文字のやりとり」や「電話でのやりとり」がトップ2となった。また日常の動作に対して自分の手を使わず、誰かに代わりにやってもらえたら「便利」「ラク」だと感じるトップ3は全て家電関連になった。

図15

7割を超えるパパ・ママは、日常の動作に対して自分の手を使わず、誰かに代わりにやってもらえたら「便利」「ラク」だと感じると回答。「電気をつける/消す(58.5%)」、「エアコンをつける/ 止める・温度を変える(57.4%)」、「TVをつける/消す・チャンネルを変える/音量を変える(56.8%)」、が上位となり、トップ3すべてが家電操作に関連するものとなった。

図16

「スマートスピーカー」で行える機能について、ご存知ではなかったものを選んでくださいという質問では、家電操作についての項目において4割近くが十分に知らないという結果になった。

【調査概要】
期間:2018年12月13日~12月14日
地域:全国
対象者:600人
年齢:20~40代(各年代男女100人ずつ)
性別:2歳以下の子どものいる男女
調査方法:インターネット調査


Clova Friends

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
空間には美しさがある!盆栽と写真の二人展「松・美・心」【Art Gallery M84】
鍵のトラブルは月曜日の20時が最も多い?!年末年始のお出かけは鍵紛失にご注意を(シェアリングテクノロジー調べ)
東京アニメアワードフェスティバル2019「アニメ オブ ザ イヤー部門」の「みんなが選ぶベスト100」が決定
「首都高PA 寒さを辛さで吹き飛ばせ!冬の麻辣フェア」を開催
「メタルギア ソリッド」や「サイレントヒル」を含むKONAMIのゲームミュージック116タイトルをAmazon Music Unlimitedで1か月先行独占配信開始













20代独身男性の約4割が「クリぼっち」!?LINEリサーチ、2018年「クリスマスの過ごし方」調査を実施

dec800858bfc394f4fa29c082215037e_s

LINEは、同社が保有する445万人という国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」による2018年の「クリスマスの過ごし方」に関する調査を実施し、その結果を公表した。

■「いつも通り自宅で過ごす」「仕事やアルバイト」など普段と変わらない過ごし方が約7割を占める
10歳以上の男女を対象に今年のクリスマス期間(24日?25日)の予定を調査したところ、「いつも通り自宅で過ごす」が51%、「仕事やアルバイト」が19%でクリスマスもいつもと変わらず過ごすという方が約7割を占める結果になった。

また、「ホームパーティをする」が25%、「イルミネーションやツリーを見に行く」が8%、「飲みに行く/ファミレスに行く」が6%で、約4割はアクティブにクリスマスを楽しむ層も一定数みられた。

01


■年代が上がるにつれ、「いつも通り自宅で過ごす」が増加
年代別で見ると、「いつも通り自宅で過ごす」は50代は30代に比べて+12pt高く、「ホームパーティをする」は逆に50代は30代に比べて-14pt下がる結果に。ライフステージが上がるにつれ、クリスマスの過ごし方にも変化がみられた。

02


■20代独身では、男女ともに仕事や一人で過ごす「クリぼっち」が最多。20代独身男性では約4割が「クリぼっち」
2016年に実施した、20代独身男女への「クリスマスの過ごし方」に関する調査と同様の内容で聴取したところ、男女ともに仕事や一人で過ごす「クリぼっち」が最多という結果に。今年のクリスマスは平日であることが影響したのか、2016年と比べ男性では+6pt、女性では+4ptという結果になった。

03


調査結果

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
48本の500mlボトルを、わずか15cmの隙間に一括収納できるボトル収納ラック
日本初!「荒野行動」公式グッズショップが渋谷に期間限定でオープン
大掃除いつする?お掃除グッズの買い物は?掃除に関する意識調査(マクロミル調べ)
福山雅治が念願の島々をついに訪問!島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」を公開
「星プロ」シリーズが仮面ライダーと一緒に平成を振り返るWebコンテンツを公開

LINEマーケティング
株式会社オプト
秀和システム
2018-12-21




100億円とはいかないけれど・・・LINE Payが期間中いつでも20%還元の「Payトク」キャンペーンをスタート

paytoku

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、期間中いつでも20%還元が受けられる「Payトク」キャンペーンを開始する。

■多くの場所で使えるLINE Pay
街中のお店では、全国の「ローソン」、「ファミリーマート」のほか、「和民」、「白木屋」、「笑笑」、「金の蔵」などの居酒屋チェーン、百貨店、カラオケなど多くの場所で利用可能。また、「ZOZOTOWN」などのオンラインショッピングでの利用や、「請求書支払い」での利用も対象となる。

キャンペーン参加には、特に事前の申込みなどは不要で、お買い物に「LINE Pay」の「コード支払い」、オンライン決済、「請求書支払い」のいずれかで支払うだけだ。さらに、定常的に実施している「マイカラー」所定のポイントや、2019年7月末までの「コード支払い」に+3%上乗せキャンペーン、その他実施中のキャンペーンもあわせて利用できる。

■「2018年もありがとう」Payトクキャンペーン 概要
実施期間:2018年12月14日(金)~2018年12月31日(月)
内容:期間中、「LINE Pay」でお支払いをすると、20%の残高を還元
対象決済方法:
①「コード支払い」、②オンラインでの決済、③「請求書支払い」を利用した決済
還元上限:5,000円分の還元


「Payトク」キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
多様化する働き方を支援!ザイマックスの働く人や企業を支える柔軟なワークプレイス「ZXY(ジザイ)」
新生銀行、顧客ひとりひとりに合わせた接客を実現する選択肢型チャットボットを導入
みずほ銀行と凸版印刷、AIを活用した校閲・校正システムの実証実験を開始
LINEとスターバックス コーヒー ジャパンが包括的な業務提携を締結
aiboによる介在療法が慢性疾患を抱える子供たちに与える癒し効果について検証を開始

LINEマーケティング
株式会社オプト
秀和システム
2018-12-21




「ときのそら」&「銀河アリス」によるライブ「TUBEOUT!」 LINE LIVEにて生配信が決定

「TUBEOUT!」生配信

バーチャルキャラクターとして活躍中の「ときのそら」さんと「銀河アリス」さんが、来場者とスマートフォンを通じたコミュニケーションにより、会場が一体となって楽しめる新しいライブエンターテインメント「TUBEOUT!」を2018年12月17日(月)に開催する。

LINE LIVEでは、チケットが発売開始わずか2日で完売となるなど話題の当ライブを独占で生配信することが決定したと発表した

普段からお互いのチャンネルでコラボ配信するなど交流のある2人による、即興コラボやパフォーマンスに目が離せない。

また、12月10日には「TUBEOUT!」に先駆けて、ときのそらさんと銀河アリスさんがLINE LIVEで生配信を行う。開催まで残り1週間の「TUBEOUT!」に向けた意気込みやライブの見所を紹介し、さらに銀河アリスから曲の発表する。

また「TUBEOUT!」事前および当日配信では、一足早いクリスマスプレゼント企画として、配信終了時点のファンランキング上位3名に、ときのそらさん×銀河アリスさんの直筆サイン入り生写真をプレゼントする。

■番組概要
番組名  : VTuberときのそら×銀河アリスのARライブ事前配信!
配信日時 : 2018年12月10日(月)20:00? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10070380

番組名  : ときのそら×銀河アリスのARライブ「TUBEOUT!」生放送
配信日時 : 2018年12月17日(月)19:15? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10074815
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」を発表
AI環境を用意した「AI Smart Room」をアパマンショップが展開
LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~






LINEとスターバックス コーヒー ジャパンが包括的な業務提携を締結

LINE_Starbucks

LINEとスターバックス コーヒー ジャパンは、デジタル領域におけるイノベーションの加速化を目的に包括的な業務提携を締結したと発表した。

今回の包括的な業務提携により、すべての人がより身近に、そして、人々の心を豊かで活力あるものにできるような世界を創出することを目指すとのこと。これらの具体的な業務提携内容に関しましては、2019年春に公式に発表するとしている。

■予定している施策一例
○LINE公式アカウントを開設 ※2019年春を予定
スターバックスのLINE公式アカウントを開設予定だ。新商品情報をはじめ、LINEアカウントの特性を活かしたスターバックスの魅力が詰まったコンテンツを提供する。

○スターバックス店舗への「LINE Pay 据置端末」の導入 ※2018年中に一部店舗から順次導入
店頭に設置し電源をONにするだけですぐに「LINE Pay」のQRコード決済に対応できる決済端末の導入を予定している。店舗に訪れるユーザーへ、スムーズに商品を提供できる環境を目指す。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ITビジネスに関連した記事を読む
LINE NEWS、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応
夕張の未来を作る!答えのない課題に立ち向かうプロジェクト!ソーシャルアントレプレナー育成プログラム参加者募集
オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費と月額利用費無料へと大幅リニューアル
「ANYTIME FITNESS」が離島などを含め全国にヘルスマシンを寄贈する新プロジェクトを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズ、Amazon Alexaを活用した新たなスマートホームサービス「MANOMA」を開始






LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!

newsaward_kv

LINEは、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野でNEWSになった2018年を彩る“話題の人”やLINEユーザーに支持された“メディア”を、同社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、NEWSの祭典「NEWS AWARDS 2018」を2018年12月10日(月)に初開催する。

また同アワードにおける7部門35名のノミネート者を発表した。

「NEWS AWARDS」は、各分野で話題をさらった2018年を代表する方達が一堂に会し、今年一年を振り返るNEWSの祭典。初開催となる「NEWS AWARDS 2018」は12月10日(月)に開催され、7部門35名のノミネート者の中から各部門1名の受賞者が発表される。

「NEWS AWARDS 2018」特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~
「NHKバーチャルのど自慢」新年に放送!VTuber13組17名が熱唱、ラスボス小林幸子とキズナアイもゲスト出演
徹底的にダメになりたい人に!ビーズから「Bauhutte」(バウヒュッテ)のゲーマー向け着る毛布「ダメ着4G」
電気不要で扱いがデリケートな衣類や靴なども脱水できる「手で回す強力脱水機『ミズキリスピナー』」





「Disney x LINE」でミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念したキャンペーンを実施

main

LINEは、ウォルト・ディズニー・ジャパンの協力のもと展開する月額/年額会員サービス「Disney x LINE」において、ミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念し、会員限定のプレゼントキャンペーンを実施する。あわせて、年額会員だけがもらえるグッズのデザインを先行公開した。

「Disney x LINE」は、 LINE公式アカウントを月額制にしたアカウント「LINEファンアカウント」を活用したディズニーファンのための月額/年額会員サービス。会員は、「LINE」上でミッキーマウスと友だちになってクイズや会話を楽しむことができ、ディズニーキャラクターたちの限定のLINEスタンプなどここでしか手に入らないアイテムを毎月受け取ることができる。料金プランは、月額480円/月または年額5,700円/年から選ぶことができる。

今回実施するプレゼントキャンペーンは、2018年11月18日にミッキーマウスがスクリーンデビューから90周年を迎えたことを記念したミッキーマウス90周年限定グッズを、会員の中から抽選で合計90名様にプレゼントするという内容となっている。3週連続で開催し、フォトフレームや小物入れなど一般販売していない特別グッズが対象になっている。

また、ミッキーマウスが出演する9作品に関するクイズが楽しめる「ミッキートリビア」も期間限定で展開する。トーク内「ミッキートリビア」のボタンを押すか、「祝スクリーンデビュー90周年」と打つとクイズが出現する。

さらに、年額会員全員だけがもらえる特典グッズが「Disney x LINE限定オリジナルチャーム」に決定、本日製作中のデザインを初公開する。「Disney x LINE」内に存在するマジカルな物語が生まれる街「ディズニーマジカルタウン」に登場する「ふしぎなカギ」などのアイテムを模したチャームとなっており、年額会員全員にプレゼントする。

sub1


Disney x LINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Ginza Sony Parkがアーティストスタジオ「THE EUGENE Studio」を迎え「ザ・ウェイティングルーム」をオープン
LIVER美女たちのシビアな争いを描いたWebムービー「WHY GIRLS RUN ?~全力疾走女子たちのありえない順位争い」公開中
最も有名な拳銃コルトガバメント「M1911」のグリップ部分を忠実に再現したカードケース「M1911-h」が登場
子供たちが東京の写真展をVR空間に創出!PlayStation VR活用ワークショップ「MEMOREUM TOKYO」レポート
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ


セレブレーション! ミッキーマウス [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-11-21

ミッキーマウス! クリスマス&ハロウィーンスペシャル(期間限定) [DVD]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-09-19



LINE Pay、12/14から大阪市で初の税金支払いに対応

scanbillpayment_densan

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「LINE Pay 請求書支払い」において、2018年12月14日(金)以降、大阪市の税金の支払いに対応する。

このたび、電算システムが行う収納代行サービスを通じて、大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」でお支払い可能になる。以下の税金に対応する。

■対象となる納付書
個人市・府民税(普通徴収)
個人市・府民税(特別徴収)
固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
固定資産税(償却資産)
軽自動車税
法人市民税
事業所税
市たばこ税
入湯税

■「LINE Pay 請求書支払い」の利用方法
1)スマートフォンの「LINE」内、お財布マークの「ウォレット」タブから「請求
書支払い」をタップ
2)案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
3)お手元の請求書のバーコードを読み取る
4)画面上に表示された請求内容を確認する
5)支払いを行う
6)パスワードを入力する
7)支払い終了(完了時点で、手元の「LINE」アプリにメッセージが届く)


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
室蘭工業大学、クラウドファンディングを活用して超小型衛星を打ち上げる計画を発表
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ
毎日新聞社とサードウェーブ、「全国高校eスポーツ選手権」を開催
ゴールデンボンバー・歌広場淳による宝塚特番「あのOGにお会いしたい」第2回放送は、龍真咲&音海ゆうまが出演決定
フジテレビ球体展望室「はちたま」期間限定で、10年ぶりに夜間営業を実施






LINE NEWS、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応

国民保護・避難情報通知

LINEは、同社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」において、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応し、LINE」アプリ内の「ニュースタブ」内やLINE公式アカウントを通じて情報の通知を行う機能を実装したと発表した。

「LINE NEWS」では、これまで豪雨や台風、地震といった災害時に、最新情報を「LINE」のトークリスト上で通知するなどの取り組みを行ってきたが、月間6,300万人以上が利用する大規模ニュースサービスであること、また月間7,800万人以上、うち85%以上が毎日利用する「LINE」アプリのインフラ性の高さを鑑み、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応し、「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」内にて情報の通知を行う機能を実装したとのこと。

今後、「国民保護情報(弾道ミサイルやテロ発生など)」や、災害発生やそのおそれがある際に自治体から発表される「避難情報」など、住民が必要とする安心・安全に関わる公的情報が発信された場合、「LINE」アプリの「ニュースタブ」トップページの上部バナーにその通知が表示され、また国民保護情報においては、「LINE NEWS」のLINE公式アカウント経由でもプッシュ通知されます。これにより、ユーザーはテレビやラジオ等の情報がすぐに確認できない場合でも、「LINE」上から迅速に緊急情報を入手することが可能になる。

LINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ITビジネスに関連した記事を読む
夕張の未来を作る!答えのない課題に立ち向かうプロジェクト!ソーシャルアントレプレナー育成プログラム参加者募集
オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費と月額利用費無料へと大幅リニューアル
「ANYTIME FITNESS」が離島などを含め全国にヘルスマシンを寄贈する新プロジェクトを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズ、Amazon Alexaを活用した新たなスマートホームサービス「MANOMA」を開始
LINE、東京都と児童虐待を防止するためのLINE相談窓口を開設






LINE、自分の表情次第でキャラクターの表情が変わる新機能「キャラクターエフェクト」をiOS/Androidにて提供開始

【LINE】「キャラクターエフェクト」

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、新機能「キャラクターエフェクト」の提供を開始した。「キャラクターエフェクト」はiOS8.16.0、Android8.15.0以上で利用可能。

■表情に合わせてキャラクターの表情も変化
「キャラクターエフェクト」は、利用者の表情に合わせキャラクターの表情が変化し、顔の向きに合わせキャラクターの顔が動く新機能。

キャラクターはLINEキャラクター「コニー」とオリジナルキャラクター「マンジュウキャット」の2種類があり、キャラクターに自身の表情を託して相手とコミュニケーションをとることができる。

利用者の表情によっては「コニー」の目がキラキラしたり、利用者の動きによっては「マンジュウキャット」が背景にいる蝶々を追いかけたりする仕掛けも施されている。利用する時間帯が昼か夜では背景の風景が異なることにも注目だ。

「キャラクターエフェクト」はiOSとAndroid両方で利用可能で、ビデオ通話やチャットライブで使用できる。また、作成したキャラクターを動画として保存してトークルームへ投稿したり、Timelineでシェアしたり、プロフィール画面のアイコンに使用することも可能だ。

なお、「キャラクターエフェクト」には新キャラクターが今後続々登場予定となっている。

キャラクターエフェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
玉木宏が「ご縁の国しまね」を巡るWebムービー「あなたと、ご縁がありますように」篇が公開に
VLIVERとして活躍できるプロジェクト「LINE VLIVERプロジェクト」からLINE VLIVER「ぶいらいぶねお」がデビュー
ハート形の絵馬が萌える!旅行のプロが組んだ「愛知デスティネーションキャンペーン」プレスツアー
モノクローム・ピンホール写真の第一人者!林 敏弘写真展「風と光の記憶」【Art Gallery M84】
【Vtuberハロウィン企画】KAGAYAKI STARS第二弾メンバー初のオリジナル楽曲を10月31日にリリース






VLIVERとして活躍できるプロジェクト「LINE VLIVERプロジェクト」からLINE VLIVER「ぶいらいぶねお」がデビュー

夢星ねる_配信イメージ

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、VLIVERとして活躍できる人材の発掘/デビューおよび育成を目的とした「LINE VLIVERプロジェクト」をスタートする。

この度、バーチャルタレント事務所「ぶいらいぶ」を運営するMezzo Oneと共同でLINE VLIVERのプロデュースを行い、VLIVER「夢星ねる」「Sくん@Vtuber」「サコ 狛狐V-LIVER」「鷺ノ宮クロエ」から結成されたバーチャルライバーグループ「ぶいらいぶねお」がデビューした。

今後はMezzo Oneの全面サポートのもと、「ゆるキャラどうぶつVLIVER」として活動できる権利をかけたオーディションも現在開催されている。

■オーディション概要
開催期間:2018年10月26日(金)~11月4日(日)23:59
応募資格:日本在住(性別/年齢不問)
     ※未成年者の方は必ず保護者の同意を得た上でご応募ください。
     ※事務所等に所属している方は必ず事前に許諾を得てからご応募ください。
特 典 :応援Ptランキング上位10名から厳正なる審査によりグランプリを選出
     ゆるキャラどうぶつVLIVERとしての活動権
応募方法:①LINE LIVE のイベントページの「エントリーする」ボタンを押す。
     ②LINE LIVE でライブ配信


鷺ノ宮クロエ_配信イメージ

サコ狛狐V-LIVER_配信イメージ

Sくん@Vtuber_配信イメージ


イベントページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ハート形の絵馬が萌える!旅行のプロが組んだ「愛知デスティネーションキャンペーン」プレスツアー
モノクローム・ピンホール写真の第一人者!林 敏弘写真展「風と光の記憶」【Art Gallery M84】
【Vtuberハロウィン企画】KAGAYAKI STARS第二弾メンバー初のオリジナル楽曲を10月31日にリリース
大黒の縦型ヌードルシリーズ3品がリニューアルされて新登場!(醤油、味噌、海鮮しお)
若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに!2018年度共働き夫婦の家事分担調査(マクロミルの定量調査編)






LINEのトーク上で専門家に直接相談できる「トークCARE」が本格的なこころのお悩み相談サービスとしてリニューアル

talkcare_main

LINEは、女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービス「トークCARE」において、子育て、妊活、セクハラ、男女関係など「こころの悩み」に特化したカテゴリーを追加するとともに、よりユーザーが利用しやすいようデザインリニューアルした。

「トークCARE」は、占い師に直接相談できる「トーク占い」で培ったスキルを活かして、恋愛・美容・ダイエットなど、女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービスとして2018年6月11日にスタートした。

サービス開始後、恋愛・美容・ダイエットといった悩み相談以上に、

①「片思い」・「恋人との関係」・「不倫」・「復縁」・「夫婦関係」といった人間関係に関する深い相談が多いこと
②「トークCARE」を利用いただいくユーザーの半数以上が30代・40代であること


ということが分かり、「女の子の悩みをLINEで相談できる」をコンセプトにしていた従来の「トークCARE」から、「こころの悩みをLINEで相談できる」トークCAREとして、リニューアルしたとのこと。

実際に「トークCARE」を利用した人からは
―「友達や家族に言えなくて一人でずっと悩んでいましたが勇気を出して話せて本当によかった」
―「夜中に情緒不安定になって、誰かに話を聞いてもらいたくて利用しました」
―「妻の浮気について途方にくれており、アドバイスがなかったらとんでもない方向に行っていたかもしれません。」


といった評価を得ており、今後は、友達や家族に気軽に相談できない悩みを解決に導くサービスとして利用できるように、3つの点でリニューアルをした。

リニューアルポイント
①相談カテゴリーを28カテゴリーに拡大
幅広いお悩みに対応既存カテゴリーに加え、こころの悩みにまつわる13カテゴリーを追加した。なかには2020年に向けて欧米での需要も高まっているスポーツメンタルトレーニングの分野も取り入れ、「スポーツ」や「受験」といった自己実現に纏わる悩みにもカテゴリーを拡大した。

「既存 15カテゴリー」
恋愛:出会い・別れ 片思い 恋人との関係 不安・浮気 復縁 結婚・婚活
家庭:夫婦関係 離婚・別居
ダイエット・美容:ダイエット メイク ファッション
体の悩み: LGBT 体の悩み
LINEの悩み: LINE分析  LINE対処法

「新規追加 13カテゴリー」
仕事キャリア:仕事 転職・異動 経営・管理職 ワークライフ セクハラ パワハラ
家庭 :妊活・子育て
人間関係 :人間関係 愚痴 感情抑制 性格の悩み
自己実現 :スポーツ 受験


②参画企業の拡大
ユーザーのこころの悩みを解決に導く専門家として参加する参画企業を1社から3社に追加する。
「LINE」というプラットフォーム内に「トークCARE」を設置し、持っているスマートフォンから手軽に相談しやすい環境を活かしながら、相談内容はより深いところまで対応できるように信頼性の高い専門家とユーザーを繋げていく。

①「既存]」130職種2万名に及ぶ専門家とのネットワークを基にビジネスソリューションを展開する(株)エンファクトリー
②「新規]」プロのメンタルトレーナー、心理カウンセラーを育成するアイディアヒューマンサポートサービス(一般社団法人全国心理業連合会公認)
③「新規」子育てや離乳食、妊活の悩みをもつユーザーと食のプロをつなぐ出張作り置きサービスの(株)シェアダイン


③ブランドカラーの変更
20代の女性に馴染みがあるピンクを基調にしたサービスカラーを変更し、幅広い年齢層の方に、また男性にも抵抗がないように、「落ち着きがあり、クリーンなイメージのあるブルー」を採用した。

リニューアル後の「トークCARE」の使い方は変わらず、ユーザーは専門家の検索から相談までLINE上で完結することができ、事前予約や専門家の元へ出向く必要がないため、時間や場所を問わずに、友だち感覚で相談することが可能だ。

相談する際は、チャットとLINE電話の2つの方法から選べ、24時間いつでも好きな時間に相談することができる。ユーザーは、相談カテゴリーや相談レビュー、専門家プロフィールなどを見ることができるので、自分にあったカウンセラーを選ぶことができる。料金は業界最安値級の1分100円(税込)を実現した。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに!2018年度共働き夫婦の家事分担調査(マクロミルの定量調査編)
辛ダレ濃厚豚骨スープの「明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛ダレ濃厚豚骨」が登場
これは必見!映画「バクダット・スキャンダル」公開記念トーク番組付き上映会を独占生中継
「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」イベント来場者10万5千人、コスプレイヤー2万人が参加
クリエイターとの共創を強化!リニューアルしてさらに面白くなった「ソニースクエア渋谷プロジェクト」



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ