ITライフハック

LINE

「LINE」を活用した新たな自動販売機サービス「Tappiness」を17年春より展開

Tappiness(タピネス)対応自動販売機

キリンビバレッジバリューベンダー(以下、KBV)とLINEは、自動販売機にビーコン端末を接続し、LINEが提供するコミュニケーションアプリ「LINE」およびその関連機能を活用することで実現した、独自の自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness(タピネス)」を2017年春より東京・大阪で展開すると発表した。2017年夏以降、東京・大阪以外の全国主要都市部でも順次展開していく予定。

KBVとLINEは、2015年10月から自動販売機事業におけるO2Oプロモーションプロジェクトの推進に向けて共同で取り組んでいる。その第一弾として、LINE ビジネスコネクトの活用により実現した、フレーム付自撮り写真提供機能「VENDORPHOTO(ベンダーフォト)」を搭載したデジタルサイネージ自動販売機を展開している。

今回は第2弾として、「Tappiness(タピネス)」を展開。「LINE」と自動販売機がビーコン経由でつながり、購入ごとにドリンクポイントが付与され、一定のドリンクポイントが貯まると自動販売機でお好きな飲料と無料で交換可能となるなど、「LINE」およびその関連機能を活用したさなざまなサービスを提供していく予定だ。

Tappiness(タピネス)ドリンクポイント付与画面


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日産公式プロトラベラーを募集!リーフで旅して報酬1か月30万円
Amazon、ビクターとフォーライフの聴き放題を開始
千年以上の歴史。仁淀川の清流が生み出す「土佐和紙」に触れるイベントを開催
Amazon「バレンタイン特集2017」オープン
ONE OK ROCKのニューアルバムを全身で感じることができるサウンドジャケット体験会が開催中






お年玉つき年賀スタンプを発売。総額5億円、最大100万円が当たる「LINEのお年玉」

【画像4】スタンプ一覧

LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」にて開催する、総額5億円、最大100万円のお年玉が当たる「LINEのお年玉」キャンペーンにおいて、本日よりLINEアプリ内のスタンプショップおよびLINE STOREで「お年玉つき年賀スタンプ」(全23種類・各120円(税込)または50コイン)を発売した。

本日より販売開始した「お年玉つき年賀スタンプ」は、幅広い世代に人気のキャラクターを揃えた公式スタンプ13種類と、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」で人気のクリエイター10名が参加したクリエイターズスタンプ10種類の合計23種類のラインナップを揃えている。公式スタンプは通常240円(税込)で販売しているが、今回の「お年玉つき年賀スタンプ」では、1セット(スタンプ16個)で120円(税込)で販売する(クリエイターズスタンプは、通常120円(税込)~)。

「お年玉つき年賀スタンプ」を購入したユーザーには、1セット購入につき「LINEのお年玉」公式アカウントから”お年玉袋” 10枚を送付。受け取った”お年玉袋”は、2017年1月1日(日)0:30~1月3日(火)23:59の3日間、「LINE」アプリ上から友だちに送ることができ、受け取ったユーザーはその場でお年玉くじの抽選に参加することができる。お年玉の総額は5億円。一回の抽選で最大100万円が当たるほか、1,000円、100円、10円が当たるチャンスもありる(合計11,900,003本)。当たったお年玉は、「LINE」アプリに標準で
搭載されているスマホのおサイフサービス「LINE Pay」の残高にチャージされる。

「LINEのお年玉」キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ついついハンコをなでなでしそう!?柴犬好きのためのはんこ「しばずかん」
「Ameba」が2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10を発表。1位「広島」 2位「熊本地震」 3位「不倫」
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場
LINE、複数人で相手の顔を見ながら会話ができるグループビデオ通話機能を追加







あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始

PPAP_pressrelease_01

エイベックス・マネジメントとLINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で展開するゲームサービス「LINE GAME」から、「ピコ太郎」を題したスマートフォン向けHTML5ゲーム「LINE:PPAP The Game」の配信を開始した。

「ペンパイナッポーアッポーペン」は、謎の千葉県出身シンガーソングライターである「ピコ太郎」が、2016年8月25日に動画投稿サイトYouTube上にて発表した動画作品・楽曲のことで、独特なリズムかつ中毒性の高いフレーズが人気を呼び、動画の再生回数は1億回を突破。YouTubeの週間再生回数ランキング(2016年9月30日~10月6日集計)において世界1位を記録するなど、世界中から注目を浴びている動画・楽曲だ。

本日、「ペンパイナッポーアッポーペン」を生み出した「ピコ太郎」初の公式ゲームが、LINE GAMEから配信開始。アプリなどのダウンロードは不要で、「ピコ太郎」LINE公式アカウント(@pikotaro)を友だち追加するだけで、すぐにプレイ可能だ。

■I have a…Apple!? タイミングに合わせてアップル&パイナップルにペンを刺せ!
上から落ちてくるアップルとパイナップルにタイミングを合わせてペンを刺して、高スコアを狙おう。1つでもアップルもしくはパイナップルを落としてしまうとゲームオーバー。

■ゲーム概要
タイトル:LINE:PPAP The Game
ジャンル:リズムアクション
サービス開始日:2016年12月20日
価格:無料
対応言語:日本語、英語
サービス地域:日本、台湾、タイ、東南アジア、北米、欧州 ※以後順次拡大予定
対応端末:iPhone/Android
開発:CoolGamesJapan

©avex management.Inc / © LINE Corporation

ピコ太郎 LINE公式アカウント

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場
LINE、複数人で相手の顔を見ながら会話ができるグループビデオ通話機能を追加
10~20代は、年賀状よりもLINEで新年挨拶。LINEの新年の挨拶風習に関する調査より
タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ