ITライフハック

LINE

LINEアプリ内の「ニュースタブ」を刷新。天気や占い、鉄道の運行情報などを新設

newstabtop

LINEは、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、本日より「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」を刷新し、現在提供しているニュースコンテンツに加え、天気や占い、鉄道の運行情報など、ユーザーの日々の生活に役立つメニューを新たに提供すると発表した。

併せて、ファミリーアプリとの連携第一弾として、「LINEマンガ」が「ニュースタブ」内の「マンガ」タブで閲覧できるようになり、「LINE」上から直接楽しめるようになった。

「ニュースタブ」の上部パネルでは、天気や占い、鉄道の運行情報、株価といったメニューを新たに表示。ユーザーは居住エリアや自分の星座、よく使う路線を登録することで、日々の生活に役立つ情報を取得することが可能になる。また、個人設定をしなくても、みなし属性*からの推計により天気や運行情報の表示を行うとのこと。

ユーザーは個別のアプリを起動することなく、これらの情報取得を「LINE」アプリ内で完結させることが可能になり、より手軽でスマートな情報取得を実現する。

また、今回のアップデートでは、ユーザーのスマートフォンライフをより手軽で豊かなものにすることを目指した取り組みとして、新たに「マンガ」タブを設置した。「マンガ」タブでは、スマートフォン向け電子コミックサービス「LINEマンガ」で配信中の人気連載マンガを「LINE」上で直接読むことが可能になり、ユーザーと作品とのさらなる出会いの創出を実現する。

newstabpanel

newstabmanga


コミュニケーションアプリ「LINE」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「駅メモ!」ボイスキャストに代々木アニメーション学院 ×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」を起用
「嵯峨野観光鉄道×駅メモ!」トロッコ列車で嵯峨嵐山巡りイベント開催
パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定
テレプレゼンスロボットにより東京・名古屋間でコスプレイヤーを遠隔撮影ができるイベントを開催
まだまだ夏を終わらせない!?パン系ガリガリ君が今年も登場






え?「LINE レンジャー」プロデューサーが逮捕……!ジャングルポケット&石田晴香が裁判でその容疑を明らかに

LINE LIVE_「LINE レンジャー」生裁判スペシャル

「LINE レンジャー」プロデューサーのよしPが「LINE レンジャー」への愛情不足により逮捕…!?裁判に出廷することに!緊迫するレンジャー裁判の様子を「LINE LIVE」で生配信する。

お笑いトリオ“ジャングルポケット”の3人が裁判長、弁護人、検察官として登場し、「LINE レンジャー」への愛を試す証拠を突きつけて、あの手、この手でよしPの容疑の事実を暴いていく。3人の掛け合いならぬ、激しい攻防が続くこの裁判、石田晴香が唯一の癒しとなるか…!?

この裁判では、ユーザーのコメントも立派な証言となるとのこと。コメントやハートをよせよう。判決次第では、よしPからユーザーに素敵なお礼も……!?

よしPは無事に「LINE レンジャー」への愛を証明できるのか?レンジャー裁判、間もなく開廷!

■番組概要
番組名:「逆転裁判」コラボ記念!LINE レンジャー生裁判スペシャル
出演者(敬称略):ジャングルポケット(おたけ、太田、斉藤)/石田晴香/「LINE レンジャー」プロデューサー よしP
配信日時:2017年9月13日(水)20:00 O.A.
番組URL:https://live.line.me/channels/1368972/upcoming/4946740
※番組内容、開始時間などは予告なく変更となる可能性があります。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定
テレプレゼンスロボットにより東京・名古屋間でコスプレイヤーを遠隔撮影ができるイベントを開催
まだまだ夏を終わらせない!?パン系ガリガリ君が今年も登場
「ドラゴンクエストX オンライン」で地上波史上最長一夜限りの360秒TVCMを放送
DMM.make、2017年10月公開予定の新アニメ「アニメガタリズ」オリジナルスマホケースを販売開始






LINE Pay、11月中旬に本人確認なしで残高送金が可能に

linepayimage1

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、2017年11月中旬に送金機能のリニューアルを実施すると発表した。

「LINE Pay」は、「LINE」を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービス。このたび、「LINE Pay」の主要機能の1つである送金機能をより多くのユーザーに利用してもらうため、送金スキームの変更を伴うリニューアルを実施する。

これまで、送金機能を利用する際、自分からLINEの友だちにLINE Pay残高を送金する場合には、事前に身分証明書のアップロードや銀行口座の登録によるユーザーの本人確認を行うことが必須となっていた。本人確認を行っていないユーザーは、友だちから送金されたLINE Pay残高の受け取りは可能であっても、自分の残高を相手に送ることはできない制限があった。

今回のリニューアルでは、これまでの「送金」が「ポチ送金」に変更。「ポチ送金」を利用すると、本人確認を行っていないユーザーでもLINEの友だちに自分の残高を送金することが可能になる。「ポチ送金」は、LINE Payメイン画面、もしくはトークルーム内メニュータブから利用可能で、受け取った残高は、LINE Payでの決済に利用できる。友だちとの食事代や買い物代の割り勘に利用してみてはいかがだろうか。

ポチ送金

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
J-WAVEにIBMのAI Watson を使って開発したラジオ版“AIアシスタント”誕生
LINEショッピング、開始1か月半で会員数500万人を突破、店舗数は1.5倍に!
ヤマハ、「おもてなしガイド」の東海道新幹線車内での実証試験を開始
LINE Pay、スマートフォンのみで外貨両替が可能な「LINE Pay外貨両替」を7月24日から開始
LINE、新会社「LINE GAMES」を設立






LINE、長野県と「LINEを利用した子どものいじめ・自殺対策に関する連携協定」を締結

LINEx長野県_会見image

LINEは、長野県と、「LINE」を利用したいじめや自殺の防止対策、および今後の相談事業の検討をするために「LINEを利用した子どものいじめ・自殺対策に関する連携協定」を締結した。

LINEではこれまでに、子どもたちのコミュニケーション手段が多様化している中、SNSや「LINE」を通じたいじめ問題が発生している実態を踏まえ、情報モラル教育教材の開発・研究、および学校や教育機関でのワークショップ授業・講演活動等を行っている。

また先日滋賀県大津市と「LINEを利用した子どものいじめ防止対策に関する連携協定」も発表するなど、自治体との連携に関しても積極的に取り組んでいる。

今回、いじめ相談窓口として、現状ある電話やメールに加えて、「LINE」という子どもにも多く利用しているツールを活用することにより、より気軽に、簡単に、小さな悩みでも相談を受け付けられるようにし、いじめや自殺の防止対策を図るとともに、今後の相談事業についての検討もすべく、長野県と「LINEを利用した子どものいじめ・自殺対策に関する連携協定」を締結の運びとなったとのこと。

今後、本協定を通じ、長野県とLINEで、以下のような取り組みを実施・検討していく。

「LINE」アカウント「ひとりで悩まないで@長野」を開設し、県内の中学・高校生等を対象に「LINE」アカウント登録(QRコード)カードを配布のうえ、相談窓口の案内や情報配信、「LINE」を利用したいじめ・自殺相談等を実施する。

(1)「LINE」アカウント登録者への自動応答による各種相談窓口の案内
   実施期間:8月22日(火)~

(2)「LINE」アカウント登録者への情報コンテンツの配信
   情報モラルや情報リテラシーに関することなどを定期的に配信
   実施期間:9月以降随時

(3)「LINE」を利用したいじめ・自殺相談を試行的に実施
   実施期間:平成29年9月10日(日)~9月23日(土) 2週間
   実施時間:17:00~21:00

(4)相談結果の分析等を行い、今後の相談事業の検討に活かす
   ・相談事業の評価・検討
   ・相談データの分析


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SIEJA「劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルコンテンツ 幻夢VR Ver.」を配信
サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
LINE、「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始。72タイトルのジャンプ作品の無料マンガと公式スタンプを毎週配信
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催






LINE、「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始。72タイトルのジャンプ作品の無料マンガと公式スタンプを毎週配信

JUMP_OA_170810

LINEは、週刊少年ジャンプ創刊50週年を記念し、2017年8月10日より「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始した。

今回実施する「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンは、集英社が発刊するマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念し、2017年8月10日から2018年12月20日の72週間にわたり、毎週1タイトルずつ対象のジャンプマンガ作品をLINEが運営する「LINEマンガ」 https://manga.line.me/ にて1巻無料公開、および「LINEスタンプ」にて原作デザインの公式スタンプを販売する。ジャンプの歴史を作り上げてきた懐かしの作品から、現在連載中の作品までのラインナップとなっており、公開・販売開始する第1弾は「DRAGON BALL」(鳥山明)となっている。

■LINEマンガ:第1弾 DRAGON BALL
URL:https://manga.line.me/tag_item/list?tag_id=1001653
価格:無料
公開期間:2017年8月10日~2017年8月23日(14日間)

■公式スタンプ:第1弾 DRAGON BALL
スタンプ名:DRAGON BALL(J50th)
URL: https://line.me/S/sticker/8999
価格:240円(税込)または100コイン
販売場所:LINE STORE および スタンプショップ

■スケジュール・対象マンガ作品タイトル
2017/8/10:DRAGON BALL
2017/8/17:遊☆戯☆王
2017/8/24:まじかる☆タルるートくん
2017/8/31:ROOKIES
2017/9/7:DRAGON QUEST-ダイの大冒険-
2017/9/14:ブラッククローバー
2017/9/21:こちら葛飾区亀有公園前派出所
2017/9/28:封神演義
2017/10/5:黒子のバスケ
2017/10/12:いちご100%
2017/10/19:SKET DANCE
2017/10/26:地獄先生ぬ~べ~
2017/11/2:NARUTO-ナルト-
2017/11/9:聖闘士星矢
2017/11/16:珍遊記
2017/11/23:家庭教師ヒットマンREBORN!
2017/11/30:Dr.スランプ
2017/12/7:べるぜバブ
2017/12/14:ホイッスル!
2017/12/21:すごいよ!!マサルさん
2017/12/28:D.Gray-man
他51作品


なお、『週刊少年ジャンプ』の情報を毎週配信するLINE公式アカウント「週刊少年ジャンプ」( @weeklyjump )を友だち追加することで、最新ニュースや本キャンペーンのお知らせを受け取ることが可能だ。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催
Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ