ITライフハック

LINE

LINEバイト、待ってるだけでバイトが見つかる「オファー機能」開始

LINEバイト_オファー機能01

インテリジェンスとLINEによる合弁会社「AUBE(オーブ)」は、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」 https://baito.line.me/ において、採用担当者がアルバイトを探している求職者へ直接バイトオファー(求人案内)を出すことができる「オファー機能」を日本全国にて開始した。

「LINEバイト」は、全国約15万件の豊富なアルバイト求人情報をLINEアプリ上から手軽に閲覧・応募することが可能なアルバイト求人情報サービス。既存の求人サービスにはない“新たなバイトサービスの価値”を提供するため、総合人材サービスのインテリジェンスが保有する豊富な求人情報と、月間アクティブユーザー数が6,600万人(2016年12月末時点)を越えるLINEのユーザー基盤を融合し2015年2月よりサービスを開始、現在までに1,000万人を超えるユーザーが登録している。

なかでも、応募者と採用担当者が応募から採用までのコミュニケーションをLINEで取ることができる「LINE応募」機能が好評で、日常的に電話やメールを使用しなくなりつつある状況のなか「メールで面接日程の連絡が来ていたが気づかず面接の機会を逃してしまった」「面接前に労働条件などを気軽に質問することができなかった」など、応募過程でのコミュニケーション課題を解決することで、スピーディーな採用活動を実現しているとのこと。

このたび新たに公開した「オファー機能(無料)」は、採用担当者が求職者へ直接バイトオファーを出すことができる機能だ。採用担当者は、求める人材の希望条件とマッチしているオファー条件(シフト、勤務地、給与、身につけたいこと、活かしたいこと)を登録しているユーザーに対して、バイトオファーを直接送ることができ、面接日程の調整や質問などをそのままLINE上で行うことが可能だ。

現在、アルバイト市場では、求職者一人あたりの求人数を示す有効求人倍率が1.73倍(2016年12月)まで上昇するなど人材の確保がますます困難になっており、「求人を出しているけどなかなか応募が来ない」「せっかくアルバイトが決まったが、すぐ辞めてしまった」といった雇用側の問題も少なくありません。(厚生労働省「一般職業紹介状況」(パート)引用)

「オファー機能」を活用することで、企業においては、これまで求人情報を出した後は“待つ”ことしかできなかった採用担当者からの積極的なアルバイト採用活動が可能になり、「求職者が求人情報を検索する」という一方通行のバイト探しではなく、「求職者が求人情報を、採用担当者が求職者を検索する」という双方向によるバイト探しが実現すると同社。これにより、雇用機会が増えることはもちろん、応募前から互いの条件を確認することで採用時における認識の不一致を軽減し、より効率的な採用活動を実現するとしている。

LINEバイト_オファー機能02

LINEバイト_オファー機能03


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
コロチキ、瀬戸内の景色豊かで温暖な土庄町をアピール
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ






「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供開始

Talk_image

LINEとワークスモバイルジャパンは、2017年2月2日(木)にコミュニケーションアプリ「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」の提供を開始した。

2011年6月にサービスを開始したコミュニケーションアプリ「LINE」は、日本、台湾、タイ、インドネシアの主要4ヵ国において月間1億6,700万人、日本国内において月間6,600万人(2016年12月末時点)のユーザーが利用している。サービス開始から5年以上が経過し、個人間のコミュニケーションは電話/メールからLINEへと変化し、LINEは生活者のコミュニケーションインフラへと成長した。

また、豊富なユーザー基盤と高いアクティブ率を活かした法人向けビジネスとして、企業がユーザーに直接メッセージを配信できる「LINE公式アカウント」や企業のブランド・キャラクターを生かした「スポンサードスタンプ」、公開型アカウント「LINE@」、企業とユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする「LINE Business Connect」、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」などを展開し、企業と顧客とのコミュニケーションを包括的に支援してきた。

一方、LINEの兄弟会社であるワークスモバイルは、ビジネスコミュニケーションツール「Works Mobile」を2016年1月より提供。「LINE」を踏襲した使いやすいチャット機能に加え、掲示板機能、組織階層型アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有など、ビジネスコミュニケーションに必要な機能を提供している。スマートフォンに最適化され、圧倒的な使いやすさと、法人のユーザーが安心して利用できる管理機能・セキュリティにより、サービス開始以降、業種や企業規模を問わず、多くの企業が利用しているとのこと。

LINEが日常生活のコミュニケーションインフラとして定着し、親しい友だちや家族とのコミュニケーション手法が進化する一方で、業務上のコミュニケーションは社内外問わず旧来からのメールや電話、対面でのやり取りが中心のままだ。

今回、2016年10月に締結した両社の事業提携契約に基づき、これまでワークスモバイルが提供してきた「Works Mobile」を、最新版より「LINE WORKS」へとサービス名を変更し、「LINE」と「LINE WORKS」が相互接続できる機能を新たに提供する。企業内のコミュニケーションの円滑化に加え、「LINE WORKS」と「LINE」がシームレスにつながることで、企業担当者と顧客との間の円滑なコミュニケーションが可能となり、特に顧客との密接なコミュニケーションが欠かせない業種や業務においては、サービスレベル向上や業務効率化、マーケティングの一貫性実現が期待される。

LINE WORKS 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ
「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始
駐車料金決済アプリ「SmooPA」のサービスが開始。「Yahoo!カーナビ」アプリでも駐車料金決済が可能に
AIRDO、LINEと搭乗システムを連携させた新搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を提供開始






「LINE レンジャー」×「SNOW MIKU 2017」コラボレーション開始

LINE Ranger_miku

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で展開するゲームサービス「LINE GAME」の防衛バトルゲーム「LINE レンジャー」(iPhone・Android対応/無料)において、「雪ミク(初音ミク)」が冬の北海道を応援するフェスティバル「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションを2017年2月1日より開始する。

「雪ミク」は、2010年の「さっぽろ雪まつり」で“真っ白い「初音ミク」の雪像”を作ったことをきっかけに誕生したキャラクターで、それ以来、主役を務めるフェスティバル「SNOW MIKU」が毎年北海道で開催されている。今年は「SNOW MIKU 2017」(主催:クリプトン・フューチャー・メディア)として、2017年2月6日(月)~2月12日(日)に開催される。

本コラボレーションでは、「SNOW MIKU 2017」コラボレーション限定レンジャーとして「雪ミク」「初音ミク」「巡音ルカ」がガチャに登場するほか、「雪ミク」の世界観で構築されたスペシャルステージのクリア報酬として「鏡音リン」が登場。また、コラボレーション限定レンジャーが入手できる記念ボックスを配布するなど、様々なイベントを実施する。

さらに、ホーム画面が「SNOW MIKU 2017」仕様に変わり、「SNOW MIKU 2017」公式テーマソングがゲーム内のBGMとして流れるとのことだ。

LINE Ranger_miku_specialstage

LINE Ranger_rin

LINE Ranger_yukimiku


SNOW MIKU 2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう
「題名のない音楽会」で「ドラクエ」特集を放送
初音ミクの会社が北海道の市町村公認ページもある地域情報発信アプリ「Domingo」の提供を開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ