ITライフハック

LINE

「ときのそら」&「銀河アリス」によるライブ「TUBEOUT!」 LINE LIVEにて生配信が決定

「TUBEOUT!」生配信

バーチャルキャラクターとして活躍中の「ときのそら」さんと「銀河アリス」さんが、来場者とスマートフォンを通じたコミュニケーションにより、会場が一体となって楽しめる新しいライブエンターテインメント「TUBEOUT!」を2018年12月17日(月)に開催する。

LINE LIVEでは、チケットが発売開始わずか2日で完売となるなど話題の当ライブを独占で生配信することが決定したと発表した

普段からお互いのチャンネルでコラボ配信するなど交流のある2人による、即興コラボやパフォーマンスに目が離せない。

また、12月10日には「TUBEOUT!」に先駆けて、ときのそらさんと銀河アリスさんがLINE LIVEで生配信を行う。開催まで残り1週間の「TUBEOUT!」に向けた意気込みやライブの見所を紹介し、さらに銀河アリスから曲の発表する。

また「TUBEOUT!」事前および当日配信では、一足早いクリスマスプレゼント企画として、配信終了時点のファンランキング上位3名に、ときのそらさん×銀河アリスさんの直筆サイン入り生写真をプレゼントする。

■番組概要
番組名  : VTuberときのそら×銀河アリスのARライブ事前配信!
配信日時 : 2018年12月10日(月)20:00? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10070380

番組名  : ときのそら×銀河アリスのARライブ「TUBEOUT!」生放送
配信日時 : 2018年12月17日(月)19:15? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10074815
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」を発表
AI環境を用意した「AI Smart Room」をアパマンショップが展開
LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~






LINEとスターバックス コーヒー ジャパンが包括的な業務提携を締結

LINE_Starbucks

LINEとスターバックス コーヒー ジャパンは、デジタル領域におけるイノベーションの加速化を目的に包括的な業務提携を締結したと発表した。

今回の包括的な業務提携により、すべての人がより身近に、そして、人々の心を豊かで活力あるものにできるような世界を創出することを目指すとのこと。これらの具体的な業務提携内容に関しましては、2019年春に公式に発表するとしている。

■予定している施策一例
○LINE公式アカウントを開設 ※2019年春を予定
スターバックスのLINE公式アカウントを開設予定だ。新商品情報をはじめ、LINEアカウントの特性を活かしたスターバックスの魅力が詰まったコンテンツを提供する。

○スターバックス店舗への「LINE Pay 据置端末」の導入 ※2018年中に一部店舗から順次導入
店頭に設置し電源をONにするだけですぐに「LINE Pay」のQRコード決済に対応できる決済端末の導入を予定している。店舗に訪れるユーザーへ、スムーズに商品を提供できる環境を目指す。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ITビジネスに関連した記事を読む
LINE NEWS、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応
夕張の未来を作る!答えのない課題に立ち向かうプロジェクト!ソーシャルアントレプレナー育成プログラム参加者募集
オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費と月額利用費無料へと大幅リニューアル
「ANYTIME FITNESS」が離島などを含め全国にヘルスマシンを寄贈する新プロジェクトを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズ、Amazon Alexaを活用した新たなスマートホームサービス「MANOMA」を開始






LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!

newsaward_kv

LINEは、芸能・文化・スポーツ・アーティストなど、各分野でNEWSになった2018年を彩る“話題の人”やLINEユーザーに支持された“メディア”を、同社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が独自の基準で選出・表彰する、NEWSの祭典「NEWS AWARDS 2018」を2018年12月10日(月)に初開催する。

また同アワードにおける7部門35名のノミネート者を発表した。

「NEWS AWARDS」は、各分野で話題をさらった2018年を代表する方達が一堂に会し、今年一年を振り返るNEWSの祭典。初開催となる「NEWS AWARDS 2018」は12月10日(月)に開催され、7部門35名のノミネート者の中から各部門1名の受賞者が発表される。

「NEWS AWARDS 2018」特設ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~
「NHKバーチャルのど自慢」新年に放送!VTuber13組17名が熱唱、ラスボス小林幸子とキズナアイもゲスト出演
徹底的にダメになりたい人に!ビーズから「Bauhutte」(バウヒュッテ)のゲーマー向け着る毛布「ダメ着4G」
電気不要で扱いがデリケートな衣類や靴なども脱水できる「手で回す強力脱水機『ミズキリスピナー』」





「Disney x LINE」でミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念したキャンペーンを実施

main

LINEは、ウォルト・ディズニー・ジャパンの協力のもと展開する月額/年額会員サービス「Disney x LINE」において、ミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念し、会員限定のプレゼントキャンペーンを実施する。あわせて、年額会員だけがもらえるグッズのデザインを先行公開した。

「Disney x LINE」は、 LINE公式アカウントを月額制にしたアカウント「LINEファンアカウント」を活用したディズニーファンのための月額/年額会員サービス。会員は、「LINE」上でミッキーマウスと友だちになってクイズや会話を楽しむことができ、ディズニーキャラクターたちの限定のLINEスタンプなどここでしか手に入らないアイテムを毎月受け取ることができる。料金プランは、月額480円/月または年額5,700円/年から選ぶことができる。

今回実施するプレゼントキャンペーンは、2018年11月18日にミッキーマウスがスクリーンデビューから90周年を迎えたことを記念したミッキーマウス90周年限定グッズを、会員の中から抽選で合計90名様にプレゼントするという内容となっている。3週連続で開催し、フォトフレームや小物入れなど一般販売していない特別グッズが対象になっている。

また、ミッキーマウスが出演する9作品に関するクイズが楽しめる「ミッキートリビア」も期間限定で展開する。トーク内「ミッキートリビア」のボタンを押すか、「祝スクリーンデビュー90周年」と打つとクイズが出現する。

さらに、年額会員全員だけがもらえる特典グッズが「Disney x LINE限定オリジナルチャーム」に決定、本日製作中のデザインを初公開する。「Disney x LINE」内に存在するマジカルな物語が生まれる街「ディズニーマジカルタウン」に登場する「ふしぎなカギ」などのアイテムを模したチャームとなっており、年額会員全員にプレゼントする。

sub1


Disney x LINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Ginza Sony Parkがアーティストスタジオ「THE EUGENE Studio」を迎え「ザ・ウェイティングルーム」をオープン
LIVER美女たちのシビアな争いを描いたWebムービー「WHY GIRLS RUN ?~全力疾走女子たちのありえない順位争い」公開中
最も有名な拳銃コルトガバメント「M1911」のグリップ部分を忠実に再現したカードケース「M1911-h」が登場
子供たちが東京の写真展をVR空間に創出!PlayStation VR活用ワークショップ「MEMOREUM TOKYO」レポート
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ


セレブレーション! ミッキーマウス [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-11-21

ミッキーマウス! クリスマス&ハロウィーンスペシャル(期間限定) [DVD]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2018-09-19



LINE Pay、12/14から大阪市で初の税金支払いに対応

scanbillpayment_densan

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の「LINE Pay 請求書支払い」において、2018年12月14日(金)以降、大阪市の税金の支払いに対応する。

このたび、電算システムが行う収納代行サービスを通じて、大阪市の発行する納付書を「LINE Pay 請求書支払い」でお支払い可能になる。以下の税金に対応する。

■対象となる納付書
個人市・府民税(普通徴収)
個人市・府民税(特別徴収)
固定資産税・都市計画税(土地・家屋)
固定資産税(償却資産)
軽自動車税
法人市民税
事業所税
市たばこ税
入湯税

■「LINE Pay 請求書支払い」の利用方法
1)スマートフォンの「LINE」内、お財布マークの「ウォレット」タブから「請求
書支払い」をタップ
2)案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
3)お手元の請求書のバーコードを読み取る
4)画面上に表示された請求内容を確認する
5)支払いを行う
6)パスワードを入力する
7)支払い終了(完了時点で、手元の「LINE」アプリにメッセージが届く)


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
室蘭工業大学、クラウドファンディングを活用して超小型衛星を打ち上げる計画を発表
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ
毎日新聞社とサードウェーブ、「全国高校eスポーツ選手権」を開催
ゴールデンボンバー・歌広場淳による宝塚特番「あのOGにお会いしたい」第2回放送は、龍真咲&音海ゆうまが出演決定
フジテレビ球体展望室「はちたま」期間限定で、10年ぶりに夜間営業を実施






LINE NEWS、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応

国民保護・避難情報通知

LINEは、同社が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」において、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応し、LINE」アプリ内の「ニュースタブ」内やLINE公式アカウントを通じて情報の通知を行う機能を実装したと発表した。

「LINE NEWS」では、これまで豪雨や台風、地震といった災害時に、最新情報を「LINE」のトークリスト上で通知するなどの取り組みを行ってきたが、月間6,300万人以上が利用する大規模ニュースサービスであること、また月間7,800万人以上、うち85%以上が毎日利用する「LINE」アプリのインフラ性の高さを鑑み、緊急時の避難情報や国民保護情報の表示に対応し、「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」内にて情報の通知を行う機能を実装したとのこと。

今後、「国民保護情報(弾道ミサイルやテロ発生など)」や、災害発生やそのおそれがある際に自治体から発表される「避難情報」など、住民が必要とする安心・安全に関わる公的情報が発信された場合、「LINE」アプリの「ニュースタブ」トップページの上部バナーにその通知が表示され、また国民保護情報においては、「LINE NEWS」のLINE公式アカウント経由でもプッシュ通知されます。これにより、ユーザーはテレビやラジオ等の情報がすぐに確認できない場合でも、「LINE」上から迅速に緊急情報を入手することが可能になる。

LINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
ITビジネスに関連した記事を読む
夕張の未来を作る!答えのない課題に立ち向かうプロジェクト!ソーシャルアントレプレナー育成プログラム参加者募集
オンライン診療サービス「MediTel」がシステム導入費と月額利用費無料へと大幅リニューアル
「ANYTIME FITNESS」が離島などを含め全国にヘルスマシンを寄贈する新プロジェクトを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズ、Amazon Alexaを活用した新たなスマートホームサービス「MANOMA」を開始
LINE、東京都と児童虐待を防止するためのLINE相談窓口を開設






LINE、自分の表情次第でキャラクターの表情が変わる新機能「キャラクターエフェクト」をiOS/Androidにて提供開始

【LINE】「キャラクターエフェクト」

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、新機能「キャラクターエフェクト」の提供を開始した。「キャラクターエフェクト」はiOS8.16.0、Android8.15.0以上で利用可能。

■表情に合わせてキャラクターの表情も変化
「キャラクターエフェクト」は、利用者の表情に合わせキャラクターの表情が変化し、顔の向きに合わせキャラクターの顔が動く新機能。

キャラクターはLINEキャラクター「コニー」とオリジナルキャラクター「マンジュウキャット」の2種類があり、キャラクターに自身の表情を託して相手とコミュニケーションをとることができる。

利用者の表情によっては「コニー」の目がキラキラしたり、利用者の動きによっては「マンジュウキャット」が背景にいる蝶々を追いかけたりする仕掛けも施されている。利用する時間帯が昼か夜では背景の風景が異なることにも注目だ。

「キャラクターエフェクト」はiOSとAndroid両方で利用可能で、ビデオ通話やチャットライブで使用できる。また、作成したキャラクターを動画として保存してトークルームへ投稿したり、Timelineでシェアしたり、プロフィール画面のアイコンに使用することも可能だ。

なお、「キャラクターエフェクト」には新キャラクターが今後続々登場予定となっている。

キャラクターエフェクト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
玉木宏が「ご縁の国しまね」を巡るWebムービー「あなたと、ご縁がありますように」篇が公開に
VLIVERとして活躍できるプロジェクト「LINE VLIVERプロジェクト」からLINE VLIVER「ぶいらいぶねお」がデビュー
ハート形の絵馬が萌える!旅行のプロが組んだ「愛知デスティネーションキャンペーン」プレスツアー
モノクローム・ピンホール写真の第一人者!林 敏弘写真展「風と光の記憶」【Art Gallery M84】
【Vtuberハロウィン企画】KAGAYAKI STARS第二弾メンバー初のオリジナル楽曲を10月31日にリリース






VLIVERとして活躍できるプロジェクト「LINE VLIVERプロジェクト」からLINE VLIVER「ぶいらいぶねお」がデビュー

夢星ねる_配信イメージ

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、VLIVERとして活躍できる人材の発掘/デビューおよび育成を目的とした「LINE VLIVERプロジェクト」をスタートする。

この度、バーチャルタレント事務所「ぶいらいぶ」を運営するMezzo Oneと共同でLINE VLIVERのプロデュースを行い、VLIVER「夢星ねる」「Sくん@Vtuber」「サコ 狛狐V-LIVER」「鷺ノ宮クロエ」から結成されたバーチャルライバーグループ「ぶいらいぶねお」がデビューした。

今後はMezzo Oneの全面サポートのもと、「ゆるキャラどうぶつVLIVER」として活動できる権利をかけたオーディションも現在開催されている。

■オーディション概要
開催期間:2018年10月26日(金)~11月4日(日)23:59
応募資格:日本在住(性別/年齢不問)
     ※未成年者の方は必ず保護者の同意を得た上でご応募ください。
     ※事務所等に所属している方は必ず事前に許諾を得てからご応募ください。
特 典 :応援Ptランキング上位10名から厳正なる審査によりグランプリを選出
     ゆるキャラどうぶつVLIVERとしての活動権
応募方法:①LINE LIVE のイベントページの「エントリーする」ボタンを押す。
     ②LINE LIVE でライブ配信


鷺ノ宮クロエ_配信イメージ

サコ狛狐V-LIVER_配信イメージ

Sくん@Vtuber_配信イメージ


イベントページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ハート形の絵馬が萌える!旅行のプロが組んだ「愛知デスティネーションキャンペーン」プレスツアー
モノクローム・ピンホール写真の第一人者!林 敏弘写真展「風と光の記憶」【Art Gallery M84】
【Vtuberハロウィン企画】KAGAYAKI STARS第二弾メンバー初のオリジナル楽曲を10月31日にリリース
大黒の縦型ヌードルシリーズ3品がリニューアルされて新登場!(醤油、味噌、海鮮しお)
若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに!2018年度共働き夫婦の家事分担調査(マクロミルの定量調査編)






LINEのトーク上で専門家に直接相談できる「トークCARE」が本格的なこころのお悩み相談サービスとしてリニューアル

talkcare_main

LINEは、女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービス「トークCARE」において、子育て、妊活、セクハラ、男女関係など「こころの悩み」に特化したカテゴリーを追加するとともに、よりユーザーが利用しやすいようデザインリニューアルした。

「トークCARE」は、占い師に直接相談できる「トーク占い」で培ったスキルを活かして、恋愛・美容・ダイエットなど、女性の悩みに特化した専門家と「LINE」のトーク上で直接相談することができるサービスとして2018年6月11日にスタートした。

サービス開始後、恋愛・美容・ダイエットといった悩み相談以上に、

①「片思い」・「恋人との関係」・「不倫」・「復縁」・「夫婦関係」といった人間関係に関する深い相談が多いこと
②「トークCARE」を利用いただいくユーザーの半数以上が30代・40代であること


ということが分かり、「女の子の悩みをLINEで相談できる」をコンセプトにしていた従来の「トークCARE」から、「こころの悩みをLINEで相談できる」トークCAREとして、リニューアルしたとのこと。

実際に「トークCARE」を利用した人からは
―「友達や家族に言えなくて一人でずっと悩んでいましたが勇気を出して話せて本当によかった」
―「夜中に情緒不安定になって、誰かに話を聞いてもらいたくて利用しました」
―「妻の浮気について途方にくれており、アドバイスがなかったらとんでもない方向に行っていたかもしれません。」


といった評価を得ており、今後は、友達や家族に気軽に相談できない悩みを解決に導くサービスとして利用できるように、3つの点でリニューアルをした。

リニューアルポイント
①相談カテゴリーを28カテゴリーに拡大
幅広いお悩みに対応既存カテゴリーに加え、こころの悩みにまつわる13カテゴリーを追加した。なかには2020年に向けて欧米での需要も高まっているスポーツメンタルトレーニングの分野も取り入れ、「スポーツ」や「受験」といった自己実現に纏わる悩みにもカテゴリーを拡大した。

「既存 15カテゴリー」
恋愛:出会い・別れ 片思い 恋人との関係 不安・浮気 復縁 結婚・婚活
家庭:夫婦関係 離婚・別居
ダイエット・美容:ダイエット メイク ファッション
体の悩み: LGBT 体の悩み
LINEの悩み: LINE分析  LINE対処法

「新規追加 13カテゴリー」
仕事キャリア:仕事 転職・異動 経営・管理職 ワークライフ セクハラ パワハラ
家庭 :妊活・子育て
人間関係 :人間関係 愚痴 感情抑制 性格の悩み
自己実現 :スポーツ 受験


②参画企業の拡大
ユーザーのこころの悩みを解決に導く専門家として参加する参画企業を1社から3社に追加する。
「LINE」というプラットフォーム内に「トークCARE」を設置し、持っているスマートフォンから手軽に相談しやすい環境を活かしながら、相談内容はより深いところまで対応できるように信頼性の高い専門家とユーザーを繋げていく。

①「既存]」130職種2万名に及ぶ専門家とのネットワークを基にビジネスソリューションを展開する(株)エンファクトリー
②「新規]」プロのメンタルトレーナー、心理カウンセラーを育成するアイディアヒューマンサポートサービス(一般社団法人全国心理業連合会公認)
③「新規」子育てや離乳食、妊活の悩みをもつユーザーと食のプロをつなぐ出張作り置きサービスの(株)シェアダイン


③ブランドカラーの変更
20代の女性に馴染みがあるピンクを基調にしたサービスカラーを変更し、幅広い年齢層の方に、また男性にも抵抗がないように、「落ち着きがあり、クリーンなイメージのあるブルー」を採用した。

リニューアル後の「トークCARE」の使い方は変わらず、ユーザーは専門家の検索から相談までLINE上で完結することができ、事前予約や専門家の元へ出向く必要がないため、時間や場所を問わずに、友だち感覚で相談することが可能だ。

相談する際は、チャットとLINE電話の2つの方法から選べ、24時間いつでも好きな時間に相談することができる。ユーザーは、相談カテゴリーや相談レビュー、専門家プロフィールなどを見ることができるので、自分にあったカウンセラーを選ぶことができる。料金は業界最安値級の1分100円(税込)を実現した。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに!2018年度共働き夫婦の家事分担調査(マクロミルの定量調査編)
辛ダレ濃厚豚骨スープの「明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛ダレ濃厚豚骨」が登場
これは必見!映画「バクダット・スキャンダル」公開記念トーク番組付き上映会を独占生中継
「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」イベント来場者10万5千人、コスプレイヤー2万人が参加
クリエイターとの共創を強化!リニューアルしてさらに面白くなった「ソニースクエア渋谷プロジェクト」



店頭販促向け情報「LINEマンガ」で使える「マンガコイン」を景品にできる販促キャンペーンなどが可能に!

mangacoin

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを活用した店頭販促ソリューション「LINE Sales Promotion」において、「LINE Sales Promotion」プラットフォームを活用した各種キャンペーンのデジタル景品として、電子コミックサービス「LINEマンガ」で使える「マンガコイン」を追加した。

■「LINE Sales Promotion」にマンガコインが追加
LINEが提供する店頭販促に特化したソリューション「LINE Sales Promotion」では、これまで「LINEポイント」や「LINEポイントコネクト」をデジタル景品としたキャンペーンプラットフォームを展開してきたが、新たなデジタル景品として、「LINEマンガ」で使える「マンガコイン」を追加した。

「マンガコイン」は、「LINEマイレージ」「LINEインスタントウィン」「LINEオープンキャンペーン」のデジタル景品として利用でき、ユニークなQRコードの読み込みによりシリアルコード等の入力不要で付与ができる。様々な年齢層に利用される「LINEマンガ」で使える「マンガコイン」をデジタル景品として利用することで、「LINEポイント」を普段利用しないユーザーなど、より幅広いユーザーへキャンペーンを訴求することが可能になると同社。

■販促キャンペーン第1弾はアサヒ飲料から
なお、同キャンペーン第1弾となるアサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン エクストラ」においては、11月6日(火)より、キャンペーン期間中に対象商品に貼付されているシールをめくりQRコードをLINEアプリから読み込んで3シールためると、「LINEマンガ」で使える60マンガコインが必ずもらえるキャンペーンを実施予定だ。

LINEマンガ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
「ANYTIME FITNESS」が離島などを含め全国にヘルスマシンを寄贈する新プロジェクトを発表
ソニーネットワークコミュニケーションズ、Amazon Alexaを活用した新たなスマートホームサービス「MANOMA」を開始
LINE、東京都と児童虐待を防止するためのLINE相談窓口を開設
PE-BANK、不安定なフリーランス稼業を安定した環境へと変貌させるプロジェクト「エンジョニア」を開始
副業に関する正社員1,000人意識調査。8割超が「副業を禁止する企業は魅力がない」(マクロミル調べ)






LINEスタンプで不動の人気キャラクター「うさまる」グッズの「LINE CREATORS SHOP」が東京駅一番街にオープン

メイン画像

LINE Friends Japanは、LINEクリエイターズスタンプから人気になったキャラクター「LINE CREATORS」の常設店を、2018年10月25日(木)より東京駅一番街「東京キャラクターストリート」内にオープンした。

「LINE CREATORS」は、LINE Creators Market で展開しているスタンプや着せかえが人気のキャラクターたち。本日より新たにオープンする「LINE CREATORS SHOP」は、東京駅八重洲側に広がる商業施設である東京駅一番街の東京キャラクターストリートの新たに拡張されたスペースでの展開となっている。

本ストアでは、オープン当初は「うさまる」グッズを取り揃えており、開催場所が東京駅であることにちなんで、“駅長うさまる” “観光うさまる”“東京駅舎”が描かれたここでしか買えない「LINE CREATORS SHOP」限定商品を多数発売する。

さらに、購入者限定の“うさまらーカード”の配布も行う。今後は定期的に他の「LINE CREATORS」グッズも展開していく予定とのことだ。

■LINE CREATORS SHOP概要
名称   :LINE CREATORS SHOP
オープン日:2018年10月25日(木)
営業時間 :全日10:00~20:30
場所   :東京キャラクターストリート(東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階)


LINE CREATORS SHOP

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒーシリーズから「ホワイトミルクコーヒー」が期間限定で新登場
ポイント制度も導入!「宝くじ公式サイト」で各種宝くじの購入が可能に!
手「LINEパズルタンタン」4周年記念で大型アップデートを実施しハロウィン限定イベントも開催!
SIE、PlayStation VRを活用したワークショップ「MEMOREUM TOKYO」を開催
寒い時でも顔もホッカホカな「充電式あったかフェイスウォーマー」






「LINEパズルタンタン」4周年記念で大型アップデートを実施しハロウィン限定イベントも開催!

4th Anniversaryイベント

2角取りのパズルゲーム「LINEパズル タンタン」が大型アップデートを実施した。また、サービス開始から4周年を迎え、これを記念したスペシャルイベントの開催やハロウィン期間限定のイベントも同時開催する。

大型アップデートの主な内容を紹介しよう。

1)「ヒカリのタワー」追加
光をツツに奪われて真っ暗になった塔が舞台で、クエストをクリアして塔に光を取り戻すことが目的。クエストワールド同様にステージをひとつひとつクリアしていき、すべてクリアすることで報酬を獲得できる。

2)「精霊」を追加
ペットとは別で新しく「精霊」キャラクターが実装された。「精霊」はエサを与えて育てる事ができる。「精霊」を育てると、定期的に「精霊」がアイテムをプレゼントしてくれるようになる。

3)プロフィール装飾アイテムの追加
ワールドメイン画面に表示される自分のプロフィール写真をタップし、名前の変更・プロフィール写真・プロフィール枠のボタンを確認できる。

4)チーム戦を追加
毎週新しいチームにランダムで割り当てされ、チームのメンバーの合計スコアで他のチームと競いあうことができる。

■4周年記念イベント開催
前述したように同ゲームの4周年記念イベントを開催する。期間中、対戦モードを5回プレイした人を対象に、抽選でアイテムをプレゼントする。

イベント期間:2018年10月23日(火)~10月31日(水)
報酬および、プレゼント人数
・ダイヤ500個:4名
・タンタンぬいぐるみ:30名
・ダイヤ50個:100名


■ハロウィンイベント開催
4周年記念イベントに加えハロウィン期間限定イベント「ハロウィンパーティー」も同時開催する。クエストやガチャに限定ペットが登場し、さらに過去のハロウィン限定ペットも復刻。さらにハロウィン限定コスチュームや限定パッケージも販売される。

イベント期間:2018年10月23日(火)~10月31日(水)
Halloweenイベント


■「LINE パズル タンタン」概要
ゲーム名:LINE パズル タンタン
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語、英語、中国語(繁体字)、韓国
サービス地域:グローバル
サービス開始日:2014年10月28日
価格:無料(アイテム課金)
開発:Neptune Company
運営:LINE株式会社
著作権表記:(c)Neptune Company. All rights


公式Twitter
LINE パズル タンタン(App Store)
LINE パズル タンタン(Google Play)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SIE、PlayStation VRを活用したワークショップ「MEMOREUM TOKYO」を開催
寒い時でも顔もホッカホカな「充電式あったかフェイスウォーマー」
日テレ新ドラマ「PRINCE OF LEGEND」の王子たちも駆け付けた「よみうりランド ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」点灯式
いま、未来が動き出す――トリガー起動!!TVアニメ「ワールドトリガー」1~37話無料配信
手のひらサイズの石原さとみを独り占めできるスマホ専用コンテンツ「明治 ザ・チョコレート 石原さとみの大人舌レッスン」








LINE、東京都と児童虐待を防止するためのLINE相談窓口を開設

c58ee4de969282c92c10dac37c476c55_s

LINEは、東京都と、東京都の児童相談体制強化に向けた取組みのひとつとして、2018年11月1日~14日の期間限定で、児童虐待を防止するためのLINEを利用した子供や保護者からの相談窓口を開設する。

東京都とLINEは、本年6月に「児童虐待を防止するためのLINEを利用した子供や保護者からの相談等に関する連携協定」を締結し、児童虐待相談体制強化に関して共に取り組んでいる。

児童虐待防止推進月間である11月に、LINEを利用した相談窓口を開設し、専門の相談員がLINEでやりとりをしながら、子供や保護者の悩みなどを聴き、緊急性がある場合には、児童相談所や警察などに繋げていくとのことだ。

■取り組みについて
1.実施期間
2018年11月1日(木)~14日(水)

2.実施時間 
平日 9時~21時  土・日・祝日 9時~17時
※LINE相談の混雑時や実施時間外など、相談ができない場合には、各種相談窓口を自動応答により案内する。

3.LINEアカウント名
東京 親と子の相談ほっとLINE

4.相談窓口の概要
上記のLINEアカウントと友だちになることで、専門のカウンセラーへ相談をすることができる。都内に住んでいる人を対象に、「育児が大変、疲れた」、「イライラして子供を叩いてしまう」などの保護者からの相談、「親からいつも怒られる」、「ご飯を食べさせてもらえない」などのお子さまからの相談を受け付ける。


児童虐待を防止するためのLINEを利用した子供や保護者からの相談等に関する連携協定

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
PE-BANK、不安定なフリーランス稼業を安定した環境へと変貌させるプロジェクト「エンジョニア」を開始
副業に関する正社員1,000人意識調査。8割超が「副業を禁止する企業は魅力がない」(マクロミル調べ)
DMM.com、ベンチャーコミュニティ活性化に向けたマイノリティ出資「DMM VENTURES」を設立
「東京ゲームショウ2018」最新出展状況を公開。過去最大規模での開催が決定
ポッキーがクラウドファンディングで農業活性化を応援する「Pocky地元応援プロジェクト」始動






LINE限定オリジナルマンガを限定8駅で配信する「山手線×LINEマンガ ~マンガを読んでおでかけしよう!~」を開始

キャンペーンメイン画像

LINEは、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同で、駅と街の魅力がつまった限定オリジナルマンガを限定8駅で配信する「山手線×LINEマンガ ~マンガを読んでおでかけしよう!~」キャンペーンを2018年10月11日より開始する。

本キャンペーンは、街中等に設置されたBeacon端末からの信号情報と連動して、「LINE」上でユーザーとコミュニケーションを行うことのできるサービス「LINE Beacon」を活用し、駅の改札を通過する利用者に対して、山手線の駅とその周辺の街を舞台にした限定オリジナルマンガを配信することで、街の魅力アピールと駅の利用活性化を目指すもの。

JR東日本では、山手線とその内側エリア内全36駅の改札口付近および山手線新型車両E235系の各車両内に「LINE Beacon」を設置しており、改札を通過する利用者に対して「LINE Beacon」を通じて情報提供を行う取り組みは、日本の鉄道事業者として初の試みとなる。

配信する限定オリジナルマンガは、LINEマンガ編集部が手がけるオリジナル作品2タイトルの特別ストーリーとなっている。

現在LINEマンガで連載中の「月曜から金曜の男子高校生」(作者:森つぶみ)の仲良し4人組や、「LINEマンガ秋の新連載攻勢」にて連載開始予定の「ぐるぐるてくてく」(作者:帯屋ミドリ)の「散歩部」所属の女子高生2人が各駅に降り立って繰り広げる日常を描いており、その駅でしか読めない“駅と街の魅力が伝わるマンガ”となっている。

■実施期間・実施駅
2018年10月11日(木)13:00頃 ? 2018年12月11日(火)23:59
実施期間中、以下の4回に分けてコンテンツを配信する。
公開された限定オリジナルマンガは、すべて実施期間終了まで楽しめる。
・第1回配信 10月11日(木): 池袋駅・五反田駅
・第2回配信 10月22日(月): 新橋駅・高田馬場駅
・第3回配信 11月 1日(木): 田町駅・代々木駅
・第4回配信 11月12日(月): 御徒町駅・田端駅
※状況により配信開始時間が前後する場合があります。
※上記実施駅以外に設置された「LINE Beacon」からも、本キャンペーンの情報を配信する。

■配信コンテンツ
①「月曜から金曜の男子高校生」
作者:森つぶみ
内容:みっともなくて、まぶしい、ぼくらの日常!諭吉・光井・新渡戸・夏目は、
いつも一緒の仲良し4人組。何かの形に似た雲に心底笑ったり、駄菓子のおいしさが最強だったり…。
尊き日々にまた出会う、等身大の青春コミック!
連載:LINEマンガにて隔週金曜日更新
URL:https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0000094
実施駅:池袋駅、新橋駅、代々木駅、御徒町駅

②「ぐるぐるてくてく」
作者:帯屋ミドリ
内容:方向音痴な先輩と歩く道は、“遠回り”でも優しくて――。
「散歩部」所属の女子高生、葵と歩。公園の大木、ガード下の看板…なんてことない街の景色も、
ふたりならきらきら輝いて見える、徒然散歩ダイアリー!
連載:LINEマンガにて連載予定
実施駅:池袋駅、五反田駅、高田馬場駅、田町駅、田端駅

■キャンペーン利用方法
1. スマートフォンまたはタブレット端末のBluetoothをオンにして、「LINE」アプリを起動。
2. 実施駅の改札を通過。
3. 「LINE」を起動してアプリ内の画面上部に表示されるバナーをタップ。
4. 利用規約に同意後、「LINEマンガ」LINE公式アカウントを友だちに追加。
5. 表示されたリンク先から「山手線×LINEマンガ」が楽しめる。

利用には「LINE」アプリがダウンロードされたスマートフォンまたはタブレット端末が必要。また「LINE Beacon」の設定がオンになっている必要がある。
※「LINE Beacon」設定:起動→[設定]→[プライバシー管理]→[情報の提供]→[LINE Beacon]


限定オリジナルマンガ_ぐるぐるてくてく

限定オリジナルマンガ_月曜から金曜の男子高校生

キャンペーン利用方法


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
がん経験者を支える新しいサービス「がん経験者コミュニティアプリ『tomosnote』」
アタリ2600を復刻した携帯ゲーム機「Atariポータブル」国内予約受付を開始
行けなかった、プレイできなかった人に朗報!「東京ゲームショウ2018」のゲームタイトルなどが遊べる「PlayStation 祭 2018」を開催
タツミプランニングが一戸建て向けの宅配ボックス「KeePo」を発売
国上寺が“炎上供養専用”サイトをオープン。柴燈大護摩火渡り大祭 にて“炎上供養”を実施







LINE FRIENDS、BANG&OLUFSENとコラボレーションしたプレミアムスピーカー「Beoplay P2 BROWN」を発売

「Beoplay P2 BROWN」メイン画像

LINE Friends Japanは、?デンマークのオーディオブランド「BANG&OLUFSEN」とコラボレーションしたスピーカー「Beoplay P2 BROWN / ベオプレイP2 ブラウン」を、日本をはじめ、アメリカ、韓国・中国・香港・台湾で発売した(※台湾のみ発売時期は未定)。価格は3万240円(税込)。

LINE FRIENDSは、ブラウンやチョコ、コニーなどコミュニケーションアプリ「LINE」からスタートしたキャラクターブランド。最近では、LINE FRIENDSが保有するキャラクター分野の能力と資産と様々な分野の国内外のアーティストたちのクリエーションを組み合わせて新たなキャラクターIPを創出するプロジェクト「FRIENDS CREATORS」の第一弾として、グローバルアーティスト「BTS」とコラボレーションしたキャラクター「BT21」を展開するなど、LINE公式キャラクターのみならず、LINE FRIENDSが生み出す新たなキャラクターにも注目されている。

サンローラン、Supreme、ミッケラーなど、ブランドとのコラボをおこなってきたB&Oが、キャラクターブランドと手を組むのは初めて。洗練された北欧デザインに、ブラウン独自のカラーリングをほどこした特別なモデルで、他にはない、オリジナルスピーカーが誕生した。

ワイヤレスで持ち運びも便利なBluetoothスピーカー。ミニマルなインターフェイスとパワフルなパフォーマンスはB&Oならでは。2時間の充電で最大10時間も連続再生できるので、アウトドアにも最適。いつでも、どこでも、高音質なサウンドを楽しめる。

■製品概要
サイズ:80 x 140 x 28 mm
重量:275g
構成:スピーカー、皮ポーチ、ブラウン シリコンアクセサリー、USB TYPE-C ケーブル、説明書


LINE FRIENDS STORE ONLINE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
国上寺が“炎上供養専用”サイトをオープン。柴燈大護摩火渡り大祭 にて“炎上供養”を実施
Supercellが「クラッシュ・ロワイヤル」史上初の世界チャンピオンを決める大会を開催
この泡は絶対にヤバい!「神泡」を持つ「ザ・プレミアム・モルツ」で勝負に出たサントリーのビール戦略
「ニコニコ超パーティー2018」総勢100組以上の出演者を発表
富士山の青さをリアルに再現した人気メニュー「青い富士山カレー」のレトルト版登場






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ