ITライフハック

LINE

「LINE」のビデオ通話・トークルームカメラ内で展開する新たな広告メニュー「スポンサードエフェクト」の提供を開始

FENDI_effectimage

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」上において、新たな広告メニュー「スポンサードエフェクト」の提供を開始した。

「スポンサードエフェクト」は、ユーザーの顔や表情を認識しコミュニケーションを行える「LINE」のビデオ通話、トークルームカメラにおけるエフェクト機能を活用した、新たな広告メニュー。ユーザーは「LINE」内の「ビデオ通話」「チャットライブ」「カスタムカメラ」の各機能*1で、エフェクトを横断的に利用することができる。

「LINE」の中で日常的に利用するユーザーが多い、ビデオ通話機能におけるエフェクトの適用回数は月間6000万回以上、トークルームカメラはデイリーで800万回以上起動されており、非常に高い頻度で日常的に利用されている。

広告主は、「スポンサードエフェクト」を通じ、7100万人超の「LINE」ユーザーに向け、より自然な形で自社ブランドの世界観や企業キャラクター、ロゴや商材を露出することが可能になり、ブランディングや認知度のさらなる向上を実現するとしている。

第一弾として、2017年12月4日より2018年1月1日まで、フェンディによるスポンサードエフェクトを配信する。エキサイテングな遊園地をイメージした「フェンディ ランド」をモチーフとした、ホリデーシーズンを彩る遊び心あふれるエフェクトにより、ユーザー間のコミュニケーションをより楽しめるようになっている。

フェンディ ランド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
国立情報学研究所とLINEが共同研究へ。覚書を締結して共同研究部門設置など協議
毎日の通勤時間でビジネススキルがグングン向上! 進化した「グロービス学び放題」
渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開
LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始
東京メトロ、訪日外国人向け車両内無料Wi-Fiサービスを拡大






NECパーソナルコンピュータ、LINEを使ってAIを駆使した24時間チャットサポートサービスを開始

b1668f6173c448eb00aa414afc7cbd24_s

NECパーソナルコンピュータは、AIを駆使した24時間チャットサポートを開始したと発表した。

NECの個人向けパソコンについての使い方相談、故障診断・修理受付は、従来電話による受付のみで、受付時間は9:00~19:00に限られていた。

昨今スマートフォンの普及によりLINEを利用する方が増え、一方でお客様のライフスタイルも多様化し、夜間深夜帯でも相談をしたいというご要望が増えている。

こうした背景から、LINEを利用したチャットによる24時間カスタマーサポートサービスをスタートしたとのこと。チャットの対応はAIがメッセージ内容を理解し、その相談内容にあった回答(Q&Aページへのリンク)を自動的に返信する。

■チャットサポートサービスの概要
ご利用条件:LINE IDを持っている人であれば誰でも利用可能
NECPC公式アカウント(LINE ID:@necpc)を友だち追加する必要がある。
対応内容:使い方相談、故障診断利用のメリット
・24時間いつでも相談できる
・テキストによる会話なので、電話に抵抗のある方でも気軽に相談できる
・同社サポート情報を学習済みのAIにより回答
 ※AIによる問題解決ができなかった場合、弊社コンタクトセンターのスタッフがその後の対応を行う。(NEC LAVIE公式サイトの121wareへの登録が必要。夜間帯の場合翌営業時間にあらためての利用となる。)


利用手順

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドン・キホーテ、1万円台のノートPC「MUGA ストイックPC」を発売
高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン
日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売






国立情報学研究所とLINEが共同研究へ。覚書を締結して共同研究部門設置など協議

記者会見写真

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所とLINEは2017年11月27日に共同記者会見を開催し、研究の発展や研究開発業務の強化を図るための共同研究に関する覚書を締結して、2018年度に共同研究部門を設置するなどの具体的な取り組みについて協議を始めたことを発表した。

NIIとLINEは共同で、「Robust Intelligence(ロバストインテリジェンス)と「Social Technology(ソーシャルテクノロジー)」を主軸とした社会課題解決のための強靱(きょうじん)な知識基盤の研究に取り組んでいく予定だ。

今回締結した覚書に基づき、NIIとLINEは共同研究部門の設置について検討していくとのこと。現時点では、同部門はNIIに置かれ、LINEが同研究部門の運営経費など両者の共同研究に必要な経費を負担する予定だ。具体的な研究の課題や範囲などについては、今後協議する。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
毎日の通勤時間でビジネススキルがグングン向上! 進化した「グロービス学び放題」
渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開
LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始
東京メトロ、訪日外国人向け車両内無料Wi-Fiサービスを拡大
マピオン、自治体が無料で掲載できる 観光マップ開始。地図で観光情報発信し集客・周遊をサポート






「LINE プレイ」に「リカちゃん」の公式ルームが登場

LINEPLAY_Licca

LINEは、同社が運営するアバターコミュニケーションアプリ「LINE プレイ」において、着せ替え人形「リカちゃん」と期間限定イベントを開催する。期間は2017年11月24日(金)11:00~2018年1月7日(木) 11:00まで。

「リカちゃん」は、1967年に誕生し、常に時代や流行を反映しながら、少女たちの憧れや夢を形にした商品を販売しており、2017年に50周年を迎えても今なお子どもから大人まで幅広い年代の女性に愛され続けているブランド。今回公開される「リカちゃん」公式ルームは、「リカちゃんハウス」をモチーフとしたピンク基調のスウィートなアイテムがいっぱいのロマンティックなルームだ。また、ある特定のアイテムをルームに設置すると、トイプードルの「プリンちゃん」が可愛いペットとしてルームに遊びに来る。

さらに、12月6日からは、瞳に浮かぶ3つのきらめきに、ぱっちり5本のまつげの「リカちゃん」モチーフのアイメイクが手に入る秘密のクローゼットイベント、12月8日からは「LINE プレイ」でしか手に入らない限定LINEスタンプの配信や、ロマンティックな「リカちゃん」モチーフの報酬アイテムが手に入るリカちゃんのお部屋へ遊びに行くのにぴったりなスウィートなコーデを競うコンテストイベントの開催なども予定している。

LINEPLAY_Licca_room


LINE プレイ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
目からウロコの集中力アップ法とは? 受験生やその親御さんは必見!「シーブリーズ受験応援サイト」
鳥PS4×スマートフォン・タブレットでプレイする新感覚ゲーム「Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―」
バーチャルロボット「Gatebox」、11月28日から追加販売を開始。特別仕様の「初音ミク」も初公開
NVIDIA、「PUBG」から近日登場予定の「砂漠マップ」の未公開スクリーンショットを公開
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」×「駅メモ!」タイアップキャンペーンを実施






「LINE レンジャー」でコラボ中の「ロックマン」の限定LINEスタンプをプレゼント

ranger_rockman_stamp

防衛バトルゲーム「LINE レンジャー」は、ただいま「ロックマン」とコラボイベントを開催中。限定LINEスタンププレゼントに加えて、グッズが当たるTwitterリツイートキャンペーンも開催する。さらに、LINE LIVEの生配信も決定した。

ロックマンたちのコラボ限定スタンプの獲得方法はゲーム内のお知らせにて確認してほしい。ダウンロード期間は2017年11月30日(木)23:59まで。

期間中に「LINE レンジャー」Twitter公式アカウント(https://twitter.com/line_rangers_jp)をフォローして、対象の投稿のリツイート数が666RTを達成すると、抽選で6名にロックマン&レンジャーのグッズをプレゼントするTwitterキャンペーンを開催する。期間は2017年11月30日(木)23:59まで。

「ロックマン」とのコラボイベント開催を記念したLINE LIVEでは、ロックマンの代名詞、「飛ぶ・走る・集める」という魅力を現実で実践して伝える番組。出演者は2チームに分かれて、用意された競技3種にチャレンジしてもらい、どちらがE缶を多く集めることができるか競う。果たしてどちらのチームが勝利するのか!?

■番組概要
番組名:ロックマンコラボ記念!LINE レンジャー秋の大運動会
配信日時:2017年11月17日21:00~ O.A
番組URL: https://live.line.me/channels/1368972/upcoming/6128674
出演者(敬称略)
MC:辻よしなり
ゲーム解説・アシスタントMC:よしP(「LINE レンジャー」ゲームプロデューサー)
イケメン&美女チーム:大倉士門&みちょぱチーム 
芸人チーム:なかやまきんに君&ザ ツネハッチャン 常道裕史


■LINE レンジャー
App Store
Google Play

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
鳥取砂丘を舞台に日本ではめずらしいポケモンが出現「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」開催
「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催
楽天トラベル、2017年でスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキングを発表
「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」「委員長・椎名乙葉 タイマーですよ」がAmazon Alexaに対応
数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定





渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開

_prw_PI3im_p1zoKVkm

渋谷区は、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」を未来像とする、今後20年の区政の方向性をまとめた「渋谷区基本構想」を昨年策定した。また、その内容を周知し、多様な人や団体を巻き込んでいくキャンペーン「YOU MAKE SHIBUYA」を2017年4月から実施している。

この度、その一環として、行政をもっと身近に感じてもらうことや、区民や渋谷区に関わるたくさんの人の声を聴き、区政に活かしていくことを目的に、渋谷区は日本マイクロソフトと共同でデジタルコミュニケーションアプリ「LINE」を使ったAI(人工知能)会話アカウント「渋谷 みらい」を開発し、11月4日(土)に自治体として日本初となる、AIキャラクターへの特別住民票の交付と、交付を記念し、皆様へお披露目する「特別住民登録記念セレモニー」を第40回渋谷区くみんの広場の野外ステージにおいて行なった。

自然な会話ができるAIの実績を持つマイクロソフトと今後も共同で開発を続け、渋谷区の多様性や先進性を象徴するキャラクターとして活躍していく。また、LINE上のコミュニケーションに限らず、渋谷区主催のイベント、渋谷区の小学校で行なっているワークショップなどにも活動の幅を広げ、より一層身近なAIとして成長していくことを目指していくとのことだ。

■概要
アカウント名:渋谷 みらい
公開日:2017年11月4日(土)
友達になる方法:
①LINEアプリのQRコードリーダーにて、リリースPDF内QRコードを読み込み
②LINEアプリの「友だち追加」から「渋谷 みらい」と検索
③ブラウザからURL(https://line.me/R/ti/p/PL49NZU8H7)にアクセス
特技:
・日常的な会話。特に渋谷区に関する話題に精通
・しりとりなどのゲーム
・写真撮影・加工(友だちから送られた顔写真をモヤイ像風にアレンジする等)
・絵を描くこと
キャラクター:
7歳、小学1年生の少々おませな男の子。趣味は写真撮影と人間観察。そして、人とのおしゃべりが大好き。渋谷に関すること、最近ハマっていることなど、何でも話しかけてあげよう。人々との会話を通じて学んでゆくため、その成長ぶりにも注目だ。
顔の表情:
顔の表情は、渋谷区主催のイベントで撮影した、渋谷区民の人の顔を合成することによって作られている。今後も随時撮影、合成を行い、渋谷区の「今」を象徴する存在として、成長、変化していく。
■特別住民票 交付について
11月4日(土)に交付した特別住民票には、顔写真入りで、プロフィールや生年月日などが記載されている。
なお、この特別住民票は「YOU MAKE SHIBUYA」ホームページ(http://www.youmakeshibuya.jp/mirai/)にて閲覧が可能だ。


_prw_PI4im_4j3xBxII


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始
マピオン、自治体が無料で掲載できる 観光マップ開始。地図で観光情報発信し集客・周遊をサポート
品川プリンスホテル Nタワーで自律走行型デリバリーロボットを運用開始
ヨドバシカメラ秋葉原店で、AI搭載ガイドロボット、小型フクロウの「ZUKKU(ズック)」が接客支援
会議の総合ポータルへと劇的に進化した貸会議室検索サイト「会議室.COM」







LINE Pay、セブン銀行ATMとの連携を開始

入金フロー

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」( http://line.me/pay )において、決済プラットフォームとしての利便性向上を目的に、セブン銀行が設置するセブン銀行ATMで現金のLINE Payへの入金(チャージ)と出金を可能とするATMサービスの連携を開始した。

セブン銀行は、日本全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドーをはじめとする様々な商業施設や、駅、空港、高速道路サービスエリア、オフィスビルなど様々な場所に23,000台以上のATMを設置している。昨年末の発表以降、本連携に関して多くのユーザーにご期待を寄せていただいており、このたび遂に実現の運びとなった。セブン銀行が提供しているスマートフォンのみでATM取引が行える機能を活用し、LINE PayユーザーはLINEアプリを用いた現金の入出金が原則24時間365日利用可能となる。

また、今回の連携を記念したキャンペーンも11月1日(水)より実施する。

■キャンペーン概要
期間:2017年11月1日(水)~2017年11月15日(水)
内容:期間中、セブン銀行ATMでLINE Payに入金(チャージ)した人の中から、先着20万名に200円分の「LINE Pay」残高をプレゼント
対象ATM:日本全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドーをはじめとする商業施設、駅、空港、高速道路サービスエリア、オフィスビルなどに設置されたセブン銀行ATM


出金フロー


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
マピオン、自治体が無料で掲載できる 観光マップ開始。地図で観光情報発信し集客・周遊をサポート
品川プリンスホテル Nタワーで自律走行型デリバリーロボットを運用開始
ヨドバシカメラ秋葉原店で、AI搭載ガイドロボット、小型フクロウの「ZUKKU(ズック)」が接客支援
会議の総合ポータルへと劇的に進化した貸会議室検索サイト「会議室.COM」
LINE Pay、11月中旬に本人確認なしで残高送金が可能に






手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場

POPchocolate_AstroBoy_stamp

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で展開するゲームサービス「LINE GAME」にて配信中の6角形パズルゲーム「LINE POPショコラ」(iPhone・Android対応/無料)において、世界中で愛されている手塚治虫氏原作の名作アニメ「鉄腕アトム」とのコラボレーションを開始した。

「鉄腕アトム」は、手塚治虫氏が連載していた「アトム大使」及びそのスピンオフ作品「鉄腕アトム」が原作の1963(昭和38)年1月1日に放映が開始された日本初の30分テレビアニメーションシリーズで、日本のテレビアニメーションの先駆者ともいえる、世界中から愛されている名作だ。本コラボレーションでは、10万馬力のパワーと人と同じ感情、そして優しき心を持つ少年ロボット「アトム」と、その妹の「ウラン」、「アトム」のよき理解者である「お茶の水博士」、アトムの家の番犬「ジャンプ」が限定デコとして様々な姿で登場するほか、コラボイベントマップやイラスト集めイベントなどを様々なイベントを開催する。さらに、コラボレーションを記念した限定LINEスタンプも配布する。

LINE POPショコラ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ
「アトリエオンライン~ ブレセイルの錬金術士~」主要キャラクターの紹介とキャストを発表

「DAM★とも祭り@札幌」を開催。初代DAM★ともマスコットの咲坂柚衣さんも登場

Nintendo Switchをじっくり家でプレイできる「Nintendo Switch用 有線軽快コントローラー」
卒業生・植木等さんの生誕90周年記念 展覧会を東洋大学で開催






LINEアプリ内の「ニュースタブ」を刷新。天気や占い、鉄道の運行情報などを新設

newstabtop

LINEは、同社が運営するニュースサービス「LINE NEWS」において、本日より「LINE」アプリ内の「ニュースタブ」を刷新し、現在提供しているニュースコンテンツに加え、天気や占い、鉄道の運行情報など、ユーザーの日々の生活に役立つメニューを新たに提供すると発表した。

併せて、ファミリーアプリとの連携第一弾として、「LINEマンガ」が「ニュースタブ」内の「マンガ」タブで閲覧できるようになり、「LINE」上から直接楽しめるようになった。

「ニュースタブ」の上部パネルでは、天気や占い、鉄道の運行情報、株価といったメニューを新たに表示。ユーザーは居住エリアや自分の星座、よく使う路線を登録することで、日々の生活に役立つ情報を取得することが可能になる。また、個人設定をしなくても、みなし属性*からの推計により天気や運行情報の表示を行うとのこと。

ユーザーは個別のアプリを起動することなく、これらの情報取得を「LINE」アプリ内で完結させることが可能になり、より手軽でスマートな情報取得を実現する。

また、今回のアップデートでは、ユーザーのスマートフォンライフをより手軽で豊かなものにすることを目指した取り組みとして、新たに「マンガ」タブを設置した。「マンガ」タブでは、スマートフォン向け電子コミックサービス「LINEマンガ」で配信中の人気連載マンガを「LINE」上で直接読むことが可能になり、ユーザーと作品とのさらなる出会いの創出を実現する。

newstabpanel

newstabmanga


コミュニケーションアプリ「LINE」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「駅メモ!」ボイスキャストに代々木アニメーション学院 ×指原莉乃プロデュースアイドル「=LOVE」を起用
「嵯峨野観光鉄道×駅メモ!」トロッコ列車で嵯峨嵐山巡りイベント開催
パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定
テレプレゼンスロボットにより東京・名古屋間でコスプレイヤーを遠隔撮影ができるイベントを開催
まだまだ夏を終わらせない!?パン系ガリガリ君が今年も登場






え?「LINE レンジャー」プロデューサーが逮捕……!ジャングルポケット&石田晴香が裁判でその容疑を明らかに

LINE LIVE_「LINE レンジャー」生裁判スペシャル

「LINE レンジャー」プロデューサーのよしPが「LINE レンジャー」への愛情不足により逮捕…!?裁判に出廷することに!緊迫するレンジャー裁判の様子を「LINE LIVE」で生配信する。

お笑いトリオ“ジャングルポケット”の3人が裁判長、弁護人、検察官として登場し、「LINE レンジャー」への愛を試す証拠を突きつけて、あの手、この手でよしPの容疑の事実を暴いていく。3人の掛け合いならぬ、激しい攻防が続くこの裁判、石田晴香が唯一の癒しとなるか…!?

この裁判では、ユーザーのコメントも立派な証言となるとのこと。コメントやハートをよせよう。判決次第では、よしPからユーザーに素敵なお礼も……!?

よしPは無事に「LINE レンジャー」への愛を証明できるのか?レンジャー裁判、間もなく開廷!

■番組概要
番組名:「逆転裁判」コラボ記念!LINE レンジャー生裁判スペシャル
出演者(敬称略):ジャングルポケット(おたけ、太田、斉藤)/石田晴香/「LINE レンジャー」プロデューサー よしP
配信日時:2017年9月13日(水)20:00 O.A.
番組URL:https://live.line.me/channels/1368972/upcoming/4946740
※番組内容、開始時間などは予告なく変更となる可能性があります。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定
テレプレゼンスロボットにより東京・名古屋間でコスプレイヤーを遠隔撮影ができるイベントを開催
まだまだ夏を終わらせない!?パン系ガリガリ君が今年も登場
「ドラゴンクエストX オンライン」で地上波史上最長一夜限りの360秒TVCMを放送
DMM.make、2017年10月公開予定の新アニメ「アニメガタリズ」オリジナルスマホケースを販売開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ