ITライフハック

LIVE

「ときのそら」&「銀河アリス」によるライブ「TUBEOUT!」 LINE LIVEにて生配信が決定

「TUBEOUT!」生配信

バーチャルキャラクターとして活躍中の「ときのそら」さんと「銀河アリス」さんが、来場者とスマートフォンを通じたコミュニケーションにより、会場が一体となって楽しめる新しいライブエンターテインメント「TUBEOUT!」を2018年12月17日(月)に開催する。

LINE LIVEでは、チケットが発売開始わずか2日で完売となるなど話題の当ライブを独占で生配信することが決定したと発表した

普段からお互いのチャンネルでコラボ配信するなど交流のある2人による、即興コラボやパフォーマンスに目が離せない。

また、12月10日には「TUBEOUT!」に先駆けて、ときのそらさんと銀河アリスさんがLINE LIVEで生配信を行う。開催まで残り1週間の「TUBEOUT!」に向けた意気込みやライブの見所を紹介し、さらに銀河アリスから曲の発表する。

また「TUBEOUT!」事前および当日配信では、一足早いクリスマスプレゼント企画として、配信終了時点のファンランキング上位3名に、ときのそらさん×銀河アリスさんの直筆サイン入り生写真をプレゼントする。

■番組概要
番組名  : VTuberときのそら×銀河アリスのARライブ事前配信!
配信日時 : 2018年12月10日(月)20:00? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10070380

番組名  : ときのそら×銀河アリスのARライブ「TUBEOUT!」生放送
配信日時 : 2018年12月17日(月)19:15? 
出演者  : ときのそら、銀河アリス
配信ページ: https://live.line.me/channels/73/upcoming/10074815
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」を発表
AI環境を用意した「AI Smart Room」をアパマンショップが展開
LINE NEWS、2018年を彩る“話題の人”を表彰する「NEWS AWARDS 2018」を12月10日に初開催!
「愛知デスティネーションキャンペーン」~2日目、徳川歴代将軍の位牌がある「大樹寺」、「SNSでも話題の「水野教雄陶房」、源氏物語の世界も楽しめる「徳川美術館」~
JR東海「愛知デスティネーションキャンペーン」~初日、奥三河地域名物「五平餅」、特別拝観の「鳳来寺山」、希少な「鳳来牛」、三河湾の「とらふぐ」~






「LINE LIVE」でアイドルグループ「天晴れ!原宿」の新メンバーオーディション開催

天晴れ!原宿_banner

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、メジャーアイドルグループ「天晴れ!原宿」新メンバーオーディションの応募を2018年7月26日(木)より8月7日(火)まで実施する。

天晴れ!原宿公式LINE@で7月26日(木)から8月7日(火)までに書類提出することでエントリー。書類選考を通過した人は、8月17日(金)から8月26日(日)までのLINE LIVE審査に進出。LIVE審査のランキング上位5名には最終面談への参加権を贈呈、またLINE公式グッズおよび天晴れ!原宿公式グッズの詰め合わせをプレゼントする。さらに、LIVE配信内容や熱意を総合的に判断し、天晴れ!特別賞を選出。受賞者も最終面談へ進出。そして、9月中に都内にて新メンバーオーディション最終面談を実施する。

■オーディション概要
開催期間:書類選考 …2018年7月26日(木)17:00?8月7日(火)23:59まで
     LIVE審査…2018年8月17日(金)?8月26日(日)まで
応募資格:日本国内在住の14?21歳未満の女性
     ※未成年者の方は必ず保護者の同意を得た上でご応募ください。
     ※事務所等に所属していない方。
     ※9月中の最終面談(都内予定)に参加できるか確認をした上でご応募ください。
特 典 :LIVE審査…応援Ptランキング上位5名:最終面談進出/LINE公式グッズ/天晴れ!原宿公式グッズ
天晴れ!特別賞(配信内容や熱意を総合的評価):最終面談進出
応募方法:①天晴れ!原宿公式LINE@友だち登録
     ②返信されたトークをもとに必要事項を記入して送信

イベントページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
誰もが好きなキャラクターを嫁にできる「Gatebox」の量産モデルが15万円で予約販売開始
セリーヌ・ファラッチがゲストに登場!ハワイ発アパレルブランド「Lilly & Emma」の[FEEL ALOHA Cafe]が湘南にオープン
VTuber富士葵が「Fight!公式応援団長」に就任!初リアルライブも実施!
「鉄道模型コンテスト2018」で「小学生が選ぶベストワン賞」を新設
「PUBG MOBILE」7月の大型アップデートを実施。PC版で人気の「War Mode」をMOBILE版に実装

パレリラパレリラ(タイプE)
天晴れ!原宿
OTODAMA RECORDS
2018-06-27





LINE LIVE、目標を自由に設定してライブ配信が楽しめる「チャレンジ機能」が登場

LINE LIVE_Challenge Gauge_main

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」にて、配信者が自由にチャレンジしたい目標を設定しライブ配信が楽しめる「チャレンジ機能」が新たに追加された。

「LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも簡単にライブ動画の配信が可能なライブ配信サービス。最近では、タレント事務所への所属やアニメ声優出演などのオーディションをはじめ、屋外広告やWEBサイト掲載・広告モデルになれるなど様々なイベントも開催しており、「有名になりたい」「モデルデビューしたい」といった目標や夢をもった配信者も増えており、若年層から主婦まで利用者層も広がってきているとのこと。

そのような中、「LINE LIVE」では、視聴者・配信者が一緒になって楽しめる「チャレンジ機能」を6月より搭載した。本機能を活用することで、配信者はチャレンジしたい目標を自由に設定することができ、いままで以上にインタラクティブなライブ配信を楽しむことができる。

例えば、「ダンスを完璧に踊りきれるかチャレンジ!」「方言だけで配信します!」といった身体一つでできるパフォーマンスを披露したり、普段通りのライブ配信を楽しみながらもゲージが溜まったら「私の黒歴史を話します!」「すっぴん晒します!」と今までやったことのない配信をしてみたりなど、ユーザーそれぞれが独自のチャレンジを楽しむことができる。

また、配信画面の右上部にある「応援ゲージ」によりチャレンジ達成までの進捗がひとめでわかるようになっているので、「まだまだ」「あとちょっと!」など、視聴者からのコミュニケーションもとりやすくなっている。

さらに、今月から夏休みに向けての3か月間、「LINE LIVE」では、LINE LIVERたちによるチャレンジ企画を実施する。人気LINE LIVERの「レペゼン地球」をはじめ、美少女キャラクターなどのアバターを用いたライブ配信者「琴吹ゆめ」や若手アーティストの「TOON BOYS」など幅広く、個性を活かしたチャレンジも続々と登場予定だ。

■配信予定(一部紹介)
・レペゼン地球
6月30日(土)の1回の配信で、「レペゼンに肩パンしようの会」と題したリアルイベント開催をかけて、目標応援ポイント100万Ptの達成を目指す。
・TOON BOYS
7月1日(日)から1ヶ月間、目標応援ポイント1,000Pt達成でメンバーのリレー形式による毎日異なるチャレンジを披露する。
・琴吹ゆめ:チャレンジ企画の内容は後日発表
・内田珠鈴:チャレンジ企画の内容は後日発表

■「チャレンジ機能」の設定方法
設定方法:LINE LIVEアプリから設定する場合
LINE LIVE(アプリ) >「チャンネル設定」>
チャレンジを作成(チャレンジと目標応援ポイント) > チャレンジ管理 >
チャレンジを公開 > 設定完了

※「チャレンジ」を利用するには、アプリのバージョンアップが必要。
 (iOS:3.8.0|Android:3.8.0)


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「キングダム ハーツIII」発売日決定記念で「IIIに繋がる物語たち」スペシャルボードが新宿に登場
必須アミノ酸をすべて含む栄養満点のモリンガ!日清食品「奇跡のモリンガ青汁」 試飲・発表会レポート
ZIGがVTuber事業を開始2019年9月までに100名のVTuberのデビュー・プロデュースを予定
エヌ・シー・ジャパン「リネージュ2」の14周年前夜祭をスタート
雨の日でも両手が自由に使える現代の三度笠!その名も「アタマンブレラ」






「LIVEトリビア」のMCによるレギュラー配信が4月10日よりスタート

LIVEトリビアメイン画像

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、ユーザーがリアルタイムでトリビアクイズにチャレンジできる参加型エンターテイメントSHOW「LIVEトリビア」を毎日20時30分から、MCを迎えレギュラー配信することが決定した。

「LIVEトリビア」は、ライブ配信・SNS・クイズを組み合わせた、ユーザー参加型エンターテイメントSHOW。ユーザーは、「LINE LIVE」アプリ上から参加することができ、MCから出題されるトリビア(人に教えたくなるような雑学・知識)を中心としたクイズにチャレンジし、全問正解することで毎回設定されている賞金を山分けする事ができる。クイズは、簡単なマル・バツクイズから、トレンド知識、運までもが必要となってくる問題まで、ユーザーの知的好奇心をくすぐる幅広いジャンルの問題を用意している。

4月1日(日)から3日限定で先行配信した特別番組では、ふなっしー、「髭男爵」の山田ルイ53世さん、野沢雅子さんのモノマネでお馴染みの「アイデンティティ」の田島直弥氏がMCを務め、累計視聴者数は60万人を突破、コメント数も累計2万6,003件と、多くのユーザーに番組を楽しんだ。

番組のオープニングムービーが始まるとすぐに「今日こそは頑張るぞー!」や「簡単な問題にしてー!」などクイズに対する意欲の高いコメントやMCとの掛け合いを楽しむコメントが多い他、クイズが進み、全問正解者数が少なくなってくると、「間違えたー、残った13人がんばって!」や「みんながんばりましょう!」などユーザー同士で称え合うコメントが多く展開された。さらに、全問正解者の配当金額が発表されると、賞金獲得者を称賛するコメントが後を絶たず繰り広げられるなど、インタラクティブな環境だからこそ、MCとの掛け合いや、ユーザー同士が一体となってトリビアクイズを楽しんでいる様子が多く見受けられた。

また、初回放送(4月1日放送)では、賞金20万円がキャリーオーバーし、翌日に持ち越されたため、先行配信2日目の全問正解者6名が、1人あたり6万円強を手にするなど、配当金額の高さにも多くの驚きの声があがった。

■番組概要
・番組名  :「LIVEトリビア  ~クイズに全問正解で賞金山分け?」
・配信日時 :4月10日(火)20:30~20:45  ※配信時間は、変更する可能性がございます。
・URL:https://live.line.me/event/53


LINE LIVE公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
チキンラーメンのひよこちゃんがグレて超絶悪い子化!どうして、ひよこちゃんそんな姿になったの!?
マピオン、駐車場の「軒先パーキング」とサービス連携。おでかけ先を探しながら付近の駐車場を事前予約

お酒の嗜好や購買状況を調査。また、話題の「高アルコール」が好まれる理由とは?(マクロミル調べ)

LINEがキャンパスライフの鍵となる“情報戦攻略”を描いたWeb動画を公開
PlayStation VRが値下げ!3月29日より1万円安い34,980円に!!






LINE LIVE、参加型エンターテイメントSHOW「LIVEトリビア」をスタート

LIVEトリビアメイン画像

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、ユーザーがリアルタイムでトリビアクイズにチャレンジできる参加型エンターテイメントSHOW「LIVEトリビア」を2018年4月10日(火)よりスタートする。

それに伴い、4月1日(日)より3日間限定でLIVEトリビア先行体験番組「LIVEトリビア ~クイズに全問正解で賞金山分け~」を開催する。

このたびスタートする「LIVEトリビア」は、ライブ配信・SNS・クイズを組み合わせた、ユーザー参加型エンターテイメントSHOW。ユーザーは、MCから出題されるトリビア(人に教えたくなるような雑学・知識)を中心としたクイズにチャレンジすることができる。番組には、毎回賞金が設けられており、全問正解者でその賞金を山分けし、手に入れることができる。「LIVEトリビア」は、毎日20時30分から20時45分までの15分間配信され、「LINE LIVE」 アプリ上から参加することができる。

クイズは、マル・バツで答えられる簡単な問題から、一般教養・トレンド知識・運までユーザーの知的好奇心をくすぐる問題を様々なジャンルから用意。また、番組MCがお題に成功できるか否かを問うライブ配信ならではの“運試し問題”など、番組MCと視聴者との掛け合いや視聴者同士のコミュニケーションが全問正解へのカギとなることもあり、インタラクティブな環境だからこそのエンターテインメントを楽しめる。

レギュラー配信(毎日20時30分から20時45分までの配信)は4月10日(火)を予定しており、それに先駆けて、4月1日(日)から3日間限定でLIVEトリビア先行体験版「LIVEトリビア ~クイズに全問正解で賞金山分け~」を実施する。この先行体験版では、番組MCが日替わりで担当する。

初回MCには、日本中の注目を集めた千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」、2日目MCには、「ルネッサーンス」でグラスを傾ける芸でお馴染みの「髭男爵」の山田ルイ53世、そして、3日目MCには、野沢雅子さんのものまねでお馴染みのお笑い芸人「アイデンティティ」の田島 直弥氏を起用し、バラエティに飛んだトリビアクイズを展開していく。

さらに、「LIVEトリビア先行体験版」の配信期間中、番組を最後まで視聴した人に毎日抽選で、10,000円相当のLINEポイント(10,000LINE ポイント)が抽選で10名に当たるキャンペーンも開催する。

■番組概要
・番組名 :「LIVEトリビア ~クイズに全問正解で賞金山分け~」
・配信日時 :4月1日(日)20:30?20:45 / 4月2日(月)20:00?20:15/4月3日(火)21:00?21:15
※レギュラー放送は、4月10日(火)より毎日20:30?20:45
(配信時間は、変更する可能性がございます。)
・URL: https://live.line.me/event/53


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PlayStation VRが値下げ!3月29日より1万円安い34,980円に!!
絶滅危惧の野鳥の保護に役立つIoT書籍「THE SUSTAINABLE IoT BOOK」絶賛発売中
出会いが絆になるRPG「ガーディアンズ」クローズドβテスト、本日より開始
アディダス ジャパン、サッカー日本代表サポーターがサムライと化す「勝色」に染め上げる全国応援キャンペーンを発表
Renta!スタッフが本気で選んだ今最も熱いコミックを全力でオススメするランキング「2018年Renta!大賞」を発表






え?「LINE レンジャー」プロデューサーが逮捕……!ジャングルポケット&石田晴香が裁判でその容疑を明らかに

LINE LIVE_「LINE レンジャー」生裁判スペシャル

「LINE レンジャー」プロデューサーのよしPが「LINE レンジャー」への愛情不足により逮捕…!?裁判に出廷することに!緊迫するレンジャー裁判の様子を「LINE LIVE」で生配信する。

お笑いトリオ“ジャングルポケット”の3人が裁判長、弁護人、検察官として登場し、「LINE レンジャー」への愛を試す証拠を突きつけて、あの手、この手でよしPの容疑の事実を暴いていく。3人の掛け合いならぬ、激しい攻防が続くこの裁判、石田晴香が唯一の癒しとなるか…!?

この裁判では、ユーザーのコメントも立派な証言となるとのこと。コメントやハートをよせよう。判決次第では、よしPからユーザーに素敵なお礼も……!?

よしPは無事に「LINE レンジャー」への愛を証明できるのか?レンジャー裁判、間もなく開廷!

■番組概要
番組名:「逆転裁判」コラボ記念!LINE レンジャー生裁判スペシャル
出演者(敬称略):ジャングルポケット(おたけ、太田、斉藤)/石田晴香/「LINE レンジャー」プロデューサー よしP
配信日時:2017年9月13日(水)20:00 O.A.
番組URL:https://live.line.me/channels/1368972/upcoming/4946740
※番組内容、開始時間などは予告なく変更となる可能性があります。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
パンダくろしおSmileアドベンチャートレイン「臨時列車」の運転が決定
テレプレゼンスロボットにより東京・名古屋間でコスプレイヤーを遠隔撮影ができるイベントを開催
まだまだ夏を終わらせない!?パン系ガリガリ君が今年も登場
「ドラゴンクエストX オンライン」で地上波史上最長一夜限りの360秒TVCMを放送
DMM.make、2017年10月公開予定の新アニメ「アニメガタリズ」オリジナルスマホケースを販売開始






LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化

LINE LIVE_0622_News1

LINEが運営するライブ配信サービス「LINE LIVE(ラインライブ)」において、2017年6月14日(水)より、PC Webブラウザ版から、配信ソフトウェアを使用し、ライブ配信することが可能となった。

これまでLINE LIVEでは、アプリからのみ配信が可能だったが、PC WEBブラウザ版のメニューに「PCから配信」という項目を追加し、配信ソフトウェアを使って、ライブ動画配信を行えるように改善したとのこと。これにより、配信ソフトウェアを使うことで、様々な配信ができるようになる。

例えば、ゲームの実況において、プレイ画面も同時に映すことや画面上にグラフィックを組み込むこと、複数プラットフォームからの同時配信ライブも可能となる。また、横型・縦型を選択して、ライブ配信を行うことができる。そして、配信時間は、PC Webブラウザ版からの場合は最長3時間となり、最長1時間のアプリからの配信に比べると、長時間の配信が可能だ。

今回の機能追加にあたり、ゲーム配信が行いやすくなったことから、LINE LIVEでは、社内外でのゲーム配信を強化していくとのこと。その一例として、6月19日(月)には、でんぱ組.incの古川未鈴さんがLINE GAMEから配信中の「LINE レンジャー」の実況に初挑戦し、LINE GAME、LINE レンジャー、でんぱ組.incの三つの公式アカウントから生配信を実施した。配信では、視聴者から寄せられるコメントのアドバイスを受けながら難関ステージをクリアし、一体感ある実況配信となった。

LINE LIVE_0622_News3


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催
賞金総額1,000万円!マンガコンテスト「comicoチャレンジGP 2017」開催






「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に

LINE LIVE_0614_News

LINEは、同社が運営するライブ配信サービス「LINE LIVE」において、日本最大級のライブ配信プラットフォームとなることを目指し、ライブ配信者向けの取り組みを大幅強化すると発表した。

LINE LIVEでは、ライブ配信者向けの取り組みとして、視聴者から贈られる有償「ギフトアイテム」や 視聴者数、コメント・ハート数などのライブ配信が終了した時点の配信結果に応じて配信スコアを算出し、配信者にボーナスとしてLINE ポイントをプレゼントしている。現状の実績としては、1人の配信者につき、1か月あたり最高1,183,917ポイント、1日あたりでは、最高42,271ポイントを記録している。また、月間平均では1人あたり1,929ポイントを獲得しており、誰でもポイントを獲得しやすいプラットフォームになりつつあるとのこと。

これにより、配信者のモチベーション向上に寄与するだけではなく、獲得したポイントを活用してスタンプを購入した人から、結婚式を実現させた人や世界一周旅行に近づけた人まで、活用方法は様々ですが、ライブ配信を通じた自己実現にも寄与している。

今回、LINE LIVEでは、日本最大級のライブ配信プラットフォームとなることを目指し、ライブ配信者向けの取り組みを大幅強化、配信スコアに基づいてプレゼントされるLINE ポイントを期間限定で、通常の3倍以上に増加する。

なお、現在LINE LIVEでは、他にも1視聴者ごとに1 LINEポイントがもらえるキャンペーンや、1週間で最も視聴者数の多かった配信者トップ30人に毎週総額100万円相当のプレゼントをするキャンペーンも実施しており、今後も、配信者がよりモチベーション高く、配信を楽しんでいただけるサービスの活性化を図っていくとのことだ。

■概要
開始日時:2017年6月9日(金) ※終了時期は未定です。
付与時期:月曜日から日曜日までの獲得分が、翌週金曜日に付与される。初回は、6月9日(金)から6月11日(日)までの獲得分を6月16日(金)に付与する。


LINE LIVE

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ
InfinityDisplayを採用した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月8日に登場
主要MVNO、「HUAWEI P10」の取り扱いを開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ