ITライフハック

LaVie

11.6型で約798gを実現! NEC、着脱式2in1「LAVIE Hybrid ZERO」に新モデル

NECは2016年1月13日、2016年春モデルのパソコンのラインアップとして全5シリーズ44モデルを発表した。2016年1月15日より順次販売を開始する。今回発表された中で「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズの11.6型デタッチャブルPCは、世界最軽量をうたったモバイルユーザーをターゲットにした製品だ。

続きを読む

NECからAndroidタブレットの最新モデル「LAVIE Tab E」シリーズ発売!タブレット向け新サービスもスタート

NECパーソナルコンピュータは、エントリークラスのAndroidタブレットLAVIE Tab Eシリーズの最新モデルを2015年7月23日より順次発売すると発表した。
続きを読む

NECの本気が形になった新「LAVIEロゴ」をお披露目。武井咲さんもお祝いに登場!

NECパーソナルコンピュータは、2015年5月19日に都内で発表会を開催。これまで同社が展開してきたパソコン「LAVIE」のロゴを一新したと発表した。新生LAVIEロゴにより、同社のモノ作りNECの本領発揮となるか。
続きを読む

新生LaVieで本気になってデジタルライフ実現を目指すNEC【デジ通】

先日『NECがPCブランドをリニューアル! 「LaVie」を頂点にしたNECのパソコン2015年春モデル』という記事でNECはパソコンやタブレットの製品ブランドをLaVieに統一したことを紹介した。

続きを読む

NECがPCブランドをリニューアル! 「LaVie」を頂点にしたNECのパソコン2015年春モデル【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは発表会を開催し、2015年春モデルを発表した。CESで大きな話題となったLaVie Zの後継機種が正式発表されるなど、多くの注目点があるが、何よりも最大の注目点が「NECのパソコンブランドの大幅な刷新」だ。

続きを読む

今あるSIMが海外でも使える「KnowRoaming」!1週間の記事を振り返る【ITフィードバック】

今日は、土曜日だ。読者の中には、家でゆっくり休んでいる人、家族またはひとりでどこかへ出掛けている人、それぞれに休日を過ごしていることだろう。時間は限られているが、人との待ち合わせや電車の待ち時間などの隙間時間は意外にある。そうした時間に、ITライフハックの記事を読み返してみては如何だろうか。

ITフィードバックでは、今週1週間、ITライフハックで紹介された記事の中から、とくに注目の記事をピックアップしてお届けしよう。

続きを読む

行く着く先は同じ? ノートが進化した「LaVie U」、タブレットが進化した「LaVie Tab W」【デジ通】

NECがCore Mを搭載したノート「LaVie U」を発表した。11.6インチのワイド液晶を採用し、キーボード部分が取り外せるデタッチャブル型の2-in-1ノートだ。製品の外見や2-in-1の機構は、すでに販売済みのタブレット「LaVie Tab W」と似ている。LaVie UはノートPCでLaVie Tab Wは、Tabの文字が示すようにタブレットである。一見すると同じように見える両製品のコンセプトや機能の違いを見ていこう。

続きを読む

サポートもしっかり充実!Androidタブレットの入門に最適なNECの「LaVie Tab S」【デジ通】



NECパーソナルコンピュータが薄型のAndroidタブレット「LaVie Tab S」を発表した。国内タブレット市場でも大きな市場となっているミドルレンジをターゲットにした製品で、価格もタブレットとしてはミドルレンジに位置する設定で27,930円(直販価格)で11月14日より発売中だ。

NECとしては、すでにエントリーモデルのLaVie Tab E、WindowsタブレットのLaVie Tab Wを発売しているが、この中間に位置する薄型軽量モデルとして「LaVie Tab S」を追加する形となる。

続きを読む

高精細液晶とタッチ対応の2モデル NECのLaVie Zがさらに軽量化されなんと795gに! 【デジ通】



昨年NECが13.3型液晶採用の軽量なUltrabookである「LaVie Z」を発売した。その最新モデルが登場した。
従来モデルはタッチパネル非対応モデルのみだったが、タッチパネル非対応ながらより軽量化されたモデルと、タッチパネルに対応したモデルの2モデル構成となった。特にLaVie Zのタッチパネル非対応モデルは、従来モデルから80gほど軽量化し、800gを切る795gという超軽量製品となっている。


続きを読む

安心・簡単・快適の三拍子!NEC、Windowsタブレット「LaVie Tab W」が凄い



指によるタッチ操作ができるタブレットは、日々進化しており、インターネット端末としてだけでなく、ビジネスツールとしても使っている人がいるほどだ。そうしたタブレット市場に対して、国内大手のPCメーカーであるNECが新たな製品を投入した。

NECは、個人向けWindows タブレット「LaVie Tab W」を本日(2013年9月26日)より販売する。今回の新商品は、Windows 8タブレットの特長である指によるタッチ操作に加え、筆圧を感知し自然な書き心地を実現するデジタイザーペンによるペン操作と、タブレット本体を立て掛けて使用できるスタンド付きBluetoothキーボードによる快適な文字入力を実現した。

続きを読む

大画面液晶で超薄型のNEC LaVie X 商戦期は外れているが魅力的なUltrabook【デジ通】



NECが2012年の年末にUltrabookの新モデルを発売する。一般的に新製品は商戦期に合わせた物が多く、年末に販売する製品なら11月中には発売が開始されるが、今回の製品は年末の12月27日に発売される。

商戦期に合わせて開発された製品ではなく、機能などにこだわったとがった製品となり、NEC自身もかなり自信を持った製品で世界挑戦への第2弾としている。第1弾は薄型軽量のLaVie Z、今回発表されたのが、大画面液晶を採用して超薄型のLaVie Xだ。続きを読む

七人の侍によって開発された新素材! NECのLaVie Zで使われた新素材の開発秘話【デジ通】

同一強度にした際のアルミ(128.6g)、マグネシウム(87.3g)、マグネシウムリチウム合金(64.7g)。表面処理をしていない物


2012年夏シーズンに発表されたUltrabookの中でも、875gという重量で注目されているのがNECの[LaVie Z]だ。
LaVie Zは新素材を使用するなど、日本の小型軽量化技術をつぎ込んだUltrabookとなっている。NECは定期的に自社の技術などを紹介するイベントを開催しているが、このイベントにおいてLaVie Zの開発秘話などを公開した。今回はその中でも、新しく採用したマグネシウムリチウム合金ついてレポートしよう。

続きを読む

どこよりも詳しく解説!写真でみる世界最軽量Ultrabook、NEC「LaVie Z」



常識を塗り替える異次元の軽さ!NEC 世界最軽量Ultrabookが凄い」で紹介したように、NECはUltrabook全サイズの中で世界最軽量※となる、本体質量約875gの「LaVie Z」を発表した。
2012年7月3日現在の最新モデルにおいて。NECパーソナルコンピュータ調べ
世界初となるマグネシウムリチウム合金と極薄マグネシウムダイカストの組み合わせなどにより、13.3型ワイドディスプレイでありながら11.6型ワイドクラスの世界最軽量Ultrabookですら到達できていない約875gという異次元の軽さを実現した。

Ultrabookの購入を検討している人の中には、薄型ボディが気になるところだろう。

そんな「LaVie Z」を写真で見てみよう。

続きを読む

常識を塗り替える軽いUltrabook!新製品ラッシュの1日を振り返る【ITフラッシュバック】



不正コピーの発覚で多額の賠償金を支払うことになったニュースから マイクロソフトの独自タブレット、常識を塗り替える軽いUltrabook、iPhoneに直接転送できるスキャナ、孫正義氏のTwitterまで、様々な記事が掲載された。新製品ラッシュの1日を振り返ってみよう。

続きを読む

常識を塗り替える異次元の軽さ!NEC 世界最軽量Ultrabookが凄い



NECパーソナルコンピュータは2012年7月3日、Ultrabook全サイズの中で世界最軽量※となる、本体質量約875gの「LaVie Z」を発表した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ