ITライフハック

NAS

Synology製NASで録画コンテンツを楽しめるsMedio製のDTCP-IP/DTCP+対応ツールが登場

Synologyおよび株式会社SMedioは、Synology製のNAS製品群をDTCP-IP/DTCP+対応のデジタルメディアサーバーに変えるアプリ「sMedio DTCP Move」をパッケージセンターより発売すると発表した。

sMedioの開発によるアプリ「sMedio DTCP Move」は、現在Synology DiskStationシリーズのうち DS215j、DS115、DS214play、DS216play、DS415playに対応しており、将来的には Synologyの全NAS製品に対応予定となっている。

続きを読む

Synology「DS216se」レビュー第3回:NASをセットアップして使えるようにする

前回の「Synology「DS216se」レビュー第2回:NASにハードディスクを取り付けてみよう」まででハードウェアのセットアップは終了したかと思う。これからは実際にNASを使えるように設定していこう。

なお、年をまたいでしまったので再度説明させていただくが、本連載は、iPhoneユーザーやスマホユーザーがNASを活用するための方法を解説する連載記事である。今回のセットアップ手順の紹介以降は、iPhoneやスマホとのいろいろな連携方法を紹介していく。NASを使うとiPhoneの容量を気にせずに済むようになるなど、メリットがたくさんある。iPhoneの容量が気になっている、スマホの容量不足で困っているなんていう人は、次回以降の活用方法を参考にしてもらいたい。

続きを読む

Synology「DS216se」レビュー第2回:NASにハードディスクを取り付けてみよう

前回の「Synology「DS216se」レビュー第1回:「NAS」って何?クラウドサービスと何が違うの?」ではNASの便利さについて話を進めてきたが、ここからは実際にNASをセットアップすることについて解説していきたい。お題となるのはSynologyの「DS216se」である。
続きを読む

Synology「DS216se」レビュー第1回:「NAS」って何?クラウドサービスと何が違うの?

読者の方の中には、いわゆる「クラウドサービス」を利用している方も多いのではないだろうか。クラウドサービスといってもピンとこないかもしれないが、マイクロソフトが提供している「OneDrive」、グーグルの「Googleドライブ」、Appleの「iCloud Drive」などがそれに当たる。いわゆるインターネット上のストレージ(ハードディスク)を数Gバイト単位でレンタルし、そこにWord文書やExcelファイルを置く、といったものを想像してもらえばよい。
続きを読む

アスク、Synology製NASを高速化する「SSDで性能アップ!Synology SSDキャッシュ搭載キャンペーン」開始

アスクは、本日2015年10月21日(水)~2015年12月25日(金)までの期間中、「SSDで性能アップ!Synology SSDキャッシュ搭載キャンペーン」として、対象のSynology NAS HDD搭載製品に高速なキャッシュとして使用できるSSDを組み込んだハイパフォーマンスモデルを販売する。

続きを読む

アイ・オー・データ機器からハイエンドオーディオ向けNASが登場

アイ・オー・データ機器は、ハイエンドオーディオ向けのNAS「HFAS1-S10」と「HFAS1-H40」を発売すると発表した。価格はHFAS1-S10が37万円、HFAS1-H40が32万円(いずれも税別)。
続きを読む

180台接続で最大1ペタバイト! Synologyより新型NASが4製品登場

これまでITライフハックでは『小型で省電力なハイパフォーマンスNAS、Synology「DS414slim」を試す』、『Synology製で手のひらサイズなNASサーバ「Embedded DataStation EDS14」』、『AndroidやiOSでも使えるSynology製の4ベイNASサーバー「DiskStation DS414j」』といった記事で台湾SynologyのNAS製品を紹介してきた。

同社は日本ではあまり知名度が高いというわけではないが、たまたま実機に触れてみる機会があり、チェックしてみたところ、しっかりとした製品作りがなされている点で好感が持てたためだ。現にamazonなどでは人気が急上昇しているという。しっかりとした製品作りに加え、あまり知名度が高くないため価格的にもライバルと比べて安いという点も魅力なのだろう。

そのSynologyから、ハイエンドユーザー及び中小企業向けの2bayNASとしてDS215+とDS715、HDD180台まで増設可能で1ペタバイトを超えるストレージを搭載できるRS18015xs+とRXD1215sasの4製品が登場した。

続きを読む

小型で省電力なハイパフォーマンスNAS、Synology「DS414slim」を試す

台湾のSynologyというメーカーをご存じだろうか。知っている人は、かなりの“NAS通”と言える。同社はNASを中心にグローバル展開するメーカーだ。ここ最近、日本での本腰を入れた展開を始めたばかりなので、同社を知っている人は、NASやITに詳しい人ということになってしまうが、実は台湾では大手メーカーである。そのSynologyから発売されている家庭向けのモデル「DiskStation DS414slim」(以下、DS414slim)は、コンパクト筐体ながらハイパフォーマンスが自慢だ。今回、同製品を試す機会を得たので、その詳細について紹介しよう。

続きを読む

AndroidやiOSでも使えるSynology製の4ベイNASサーバー「DiskStation DS414j」

自宅に複数のPCを置いて家庭内LANを構築している人は多い。そうしたケースではデーターの共有方法としてPCでフォルダ共有やドライブ共有を設定するというのが、手っ取り早くて簡単だ。

続きを読む

クラウドより便利で速い!安全!大容量!デュアルHDDで大事なデータを守る必殺技



今や、なんでもネットでできる時代を迎えようとしている。
ネットのサイトで買い物をしても翌日に届くし、ケーブルTVを導入したり、レンタル店でDVDを借りたりしなくてもネットで海外ドラマや映画も見られる時代だ。
さらにネットをいつでもどこでも活用できるスマートフォンやタブレットの登場で、世界のあらゆるものがインターネットを通して便利に利用できるようになってきた。

その中でも今後注目されているのが、クラウドというサービスだ。iCloud やDropboxやSugarSyncなどのサービスを聞いたこともある人も多いだろう。

こうしたクラウドサービスは、写真や音楽、パソコンのデータなどをインターネット上に置いて、スマホやタブレットなどで好きなときに好きなだけ使える便利なサービスだ。

クラウドのオンラインストレージサービスのメリットは、下記のように手間がなく、手軽に写真や音楽、仕事のデータを面倒なケーブルやメモリカードの差し替えなしにできることだ。
1.スマホやタブレット、PC間でデータを無線でやりとりできる
2.スマホやパソコンが故障・破損してもデータを守れる

クラウドを使えば、スマホやタブレット、パソコンが故障したときでもデータを取り出せるというわけだ。

しかし、ちょっと待った。

このクラウドサービスは、大抵は世界各国に散らばっているサーバ上にデータが保存されており、自分のデータがどこに保存されているのか、普通はわからない。クラウドで利用するデータは、大事な家族や友人などの写真や、仕事の資料だったりするが、これは立派な個人情報だ。思い出がつまった運動会や文化祭、家族旅行のようなプライベートな写真をインターネット上のサーバに置くことに不安や抵抗を感じる人も少ない。

またテレビの内蔵ハードディスク(HDD)に録画した番組を移動させたり、大量PCデータをバックアップといったケースでは、データ転送に時間が掛かるクラウドサービスは不向きでもあるのだ。

では、パソコンや外付けHDDに保存しておけば安心かというと、実はそうでもない。
パソコンや外付けHDDは、故障は皆無ではない。パソコンを使ったことのある人ならわかるとおもうが、HDDは突然壊れることがあるのだ。

もちろん、企業のような安全なHDDシステムを使えばデータ消失はほぼ防げるが、それには知識も予算も必要だ。

ところが、インターネットを調べて、その問題を解決できるアイテムを見つけた。
それが、アイ・オー・データ機器のミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク「HDL2-Aシリーズ」だ。

続きを読む

スマホからもアクセスできるNAS!アイ・オー・データ機器の高速NASのレビューアー10名を募集



ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」は、アイ・オー・データ機器のNASストレージ「HDL-Aシリーズ」のレビューアーを10名募集する。レビューアーに選出され、実際にレビューを書いたユーザーにはレビュー後に、もれなくレビュー対象の製品が贈呈される。続きを読む

アイ・オー・データ機器製WHS 2011搭載NASの導入レビューアーを募集!成功を実現するビジネスマッチングサイト「zigBiz」誕生



ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow(ジグソー)」は2012年1月30日、ビジネスレイヤーでの製品・サービスレビュー事業「zigBiz(ジグビズ)」を開始した。
「zigBiz」導入事例レビューアー募集第一弾として、アイ・オー・データ機器製WHS 2011搭載NAS「HDL-Z2WH」のレビューアーを募集している。
ぜひ、レビューアー募集受付ページ( http://zigsow.biz/r/120130 )をご覧いただきたい。

まずはビジネスマッチングサイト「zigBiz」の事業を紹介したのち、無料で導入が試せるレビューアー募集企画について詳しくお知らせしよう。

続きを読む

PCバックアップからスマートフォン連携まで!なんでもできる魔法の小箱「HDL-Z2WH」



一昔前に比べて、最近はパソコンの本体価格が安くなってきた。PCが好きな人だけでなく、ビジネスユーザーの中にも、複数のパソコンを所有する人が増えてきた。PCユーザーの中には、WindowsマシンとMacといった具合に、異なる規格のPCを所有している人もいるだろう。

そうした人を悩ませているのが、複数のマシン間でのファイル共有だ。インターネットのストレージサービスやUSBメモリーを利用すれば、確かにファイルがやり取りできるが、いくつかの問題がある。

ストレージサービスの場合には、いくら高速なインターネット回線を使っても、大容量ファイルをアップロードするには時間が掛かる。USBメモリーの場合には、毎回、コピーするのが面倒であるし、動画のように容量の大きなファイルはいくつも保存できない。

大きなファイルでも手軽に共有できる方法はないものかと思っていたところ、アイ・オー・データ機器のWindows Home Server 2011搭載NAS「HDL-Z2WH」を見つけることができた。

「HDL-Z2WH」は、法人向けのNASとして販売されているが、個人で使っても手軽にファイル共有ができるうえに、万が一のトラブルに備えてのPCバックアップにも最適なうえ、スマートフォンからもアクセスできる優れものだ。

まずは、「HDL-Z2WH」がどういったものかを説明してから、実際の使用感をお届けしよう。

続きを読む

スマホ写真は個人情報!安い・安心・大容量のパーソナルクラウドを実現する魔法の小箱「HDL-CE」



スマートフォンの便利なところは、ネットを利用できるケータイという機能だが、featurephone以上にカメラとしての機能を活用している人も多い。スマートフォンを持ち歩き、撮った写真をどんどんネットにアップロードしているユーザーも急増中だ。

特に最近のスマートフォンのカメラ機能は、画素数などデジカメと遜色ない機能を搭載した端末のほかにも、アプリで編集やエフェクトをかけた写真も撮れるとあって、デジカメ以上に楽しんでいる人もいるほどだ。

これだけ楽しめるスマートフォン写真を自分だけで楽しんでいるだけではもったいない。お昼のランチや会社帰りの夜景など、日常生活の中の何気ない写真を家族で共有すれば、そこから会話も弾むし、家族の絆も深まるというものだ。

とはいえ、ここで問題となるのが、共有の方法だ。

インターネットの無料クラウドサービスは確かに便利だが、メディア容量が限られているし、制約も多いため、手軽に楽しむというわけにはいかない。

できれば、個人情報である家族の写真なども含まれるデータは、外部ではなく自分専用のクラウド環境で保存していきたい。安心して家族といっしょにテレビに映して楽しみたいものだ。そうした切なる願いをかなえてくれる魔法の小箱が、アイ・オー・データ機器のLAN&USB接続対応ハードディスク「HDL-CE」だ。

続きを読む

台風なんかぶっ飛ばせ!Thecusシーカス秋のなす?NASイベント



自作パソコンの聖地「アキバ」では、毎週のようにPC系のイベントが開催されている。季節外れの台風が襲来した10月30日にも自作PCユーザー向けのイベントがあった。

ユーエーシーは、カフェソナーレ リナックスカフェ秋葉原店において、同社が国内代理店をしているネットワークストレージ(NAS)専業メーカーのThecus社のイベント「Thecusシーカス秋のなす?NASイベント」を開催した。

続きを読む

パソコンや家電を繋ぐ!家中で楽しめるアイ・オー・データの地デジ



アイ・オー・データ機器は、ハードウェアトランスコードを搭載した地上・BS・110度CSデジタル放送対応TVキャプチャボード 2モデルと、DTCP-IP対応ハイビジョンレコーディングハードディスク「RECBOX(HVL-AVシリーズ)」を6月中旬より順次出荷を開始する。

今回はすべて地デジに関連したものだが、同社はどういった考えで、これらの新製品を投入したのだろうか。

■リビングでも書斎でも地デジが楽しめる
内覧会の会場にて、株式会社アイ・オー・データ機器 第1開発本部 広報推進部 萬木啓次氏にお話をうかがうことができた。萬木氏は、「今回発表させて頂く製品のほうですが、地デジキャプチャボードと、DTCP-IPに対応したNASの2シリーズになるんですが、私どもアイ・オー・データは2年前からどこでも地デジというスローガンで...。」とのこと。続きは、こちら。


・株式会社アイ・オー・データ機器 第1開発本部 広報推進部 萬木啓次氏(動画)

アイ・オー・データ機器

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
長時間録画と高画質を両立!アイ・オー・データ機器の開発者が語る、最新の地デジカードの魅力
パナソニック 奥田氏が語る!コンバーチブルなノートPC「Let's note C1」のねらい
パナソニック、タブレット型の新Let's noteを発表
薄型軽量ノートPCも夢じゃない!7mm厚の2.5インチHDD「Travelstar Z」が登場

BUFFALO USB2.0 外付ハードディスクドライブ 1.5TB HD-CL1.5TU2/N
バッファロー (2009-08-31)
売り上げランキング: 47

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ