ITライフハック

NEC

PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録

pc9801_2
NECパーソナルコンピュータ(以下、NECPC)は2016年9月6日、PC-9801、PC-100の2つのパーソナルコンピュータが、独立行政法人国立科学博物館により「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」として今年度登録を受けたと発表した。

未来技術遺産は、世界有数の産業技術を持つ我が国の産業技術の歴史を未来に役立てる情報として、世界的に見ても特筆すべき発明や開発品を同博物館の産業技術史資料情報センターが登録をおこなっているもの。

今年度登録を受けたPC-9801(1982年発表)およびPC-100(1983年発表)はいずれも今日のパーソナルコンピュータ発展の重要なマイルストーンとしてNECのみならず国内外に多くの影響を残したモデルだ。特にPC-9801は「キューハチ」の愛称で親しまれ、広く国内パソコン市場で普及したことから、我が国のパソコン普及期の代表的モデルとされる歴史的傑作機となっている。

■PC-9801について
製作者:日本電気株式会社 1982年発表。
グラフィックディスプレイコントローラ(GDC)で高速化した640×400ドットのディスプレイと16ビット外部バスをもち、オプションのJIS第一水準漢字ROMの搭載で漢字処理に対応した16ビットパーソナルコンピュータ。拡張性の高いハードウェアと、既に普及していた8ビットPCと交換性のあるOS的役割を果たすソフトウェアN88-BASIC(86)を搭載していた。1980年代後半から10年以上にわたり事実上の日本の標準機として普及した「98シリーズ」の初代機。

■PC-100について
製作者:日本電気株式会社 1983年発表。
マウスによるグラフィカルユーザインターフェース(GUI)と、縦横どちらの配置でも使える720×512ドットの絵と文字を同様に扱えるビットマップディスプレイを標準で装備する。キャラクタベースドユーザインターフェース(CUI)のOS(MS-DOS Ver.2.01)にGUIを実現するシェルプログラムと日本語処理環境を組み合わせ、操作体系を極力統一するとともに、ワードプロセッサや表計算などのアプリケーション間の連携など現代では一般化している設計方針や技術を量販品で実現した。

pc-100


NECパーソナルコンピュータ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
マウスのG-TuneからGeForce GTX 1070 / 1080 とCPU&GPUダブル水冷システム搭載の最新モデル
ロジクールよりコンパクトでカラフル、そして気軽に使えるワイヤレスキーボード&マウスのセットが登場
レノボ、最新GPU搭載ハイパフォーマンス・タワー型ゲーミングPCほか2機種を発売
360mm水冷ユニット搭載ATX対応ミドルタワーPCケースがリンクスから登場






11.6型で約798gを実現! NEC、着脱式2in1「LAVIE Hybrid ZERO」に新モデル

NECは2016年1月13日、2016年春モデルのパソコンのラインアップとして全5シリーズ44モデルを発表した。2016年1月15日より順次販売を開始する。今回発表された中で「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズの11.6型デタッチャブルPCは、世界最軽量をうたったモバイルユーザーをターゲットにした製品だ。

続きを読む

NECからAndroidタブレットの最新モデル「LAVIE Tab E」シリーズ発売!タブレット向け新サービスもスタート

NECパーソナルコンピュータは、エントリークラスのAndroidタブレットLAVIE Tab Eシリーズの最新モデルを2015年7月23日より順次発売すると発表した。
続きを読む

NECの本気が形になった新「LAVIEロゴ」をお披露目。武井咲さんもお祝いに登場!

NECパーソナルコンピュータは、2015年5月19日に都内で発表会を開催。これまで同社が展開してきたパソコン「LAVIE」のロゴを一新したと発表した。新生LAVIEロゴにより、同社のモノ作りNECの本領発揮となるか。
続きを読む

NECがF1チーム「Sahara Force India」のスポンサーに

日本電気とNECメキシコは2015年3月13日、F1チームである「Sahara Force India」(エンジンはメルセデス)との間でスポンサー契約を締結。オフィシャルパートナーとして、2015年のF1レースのシーズンをサポートすると発表した。

これによりNECは中長期的に同チームへのICT活用支援を視野に入れた関係を構築していくこととなる。今シーズンは、ホンダもF1に帰ってきた記念すべき年となっており、F1への注目が集まっている中、どのようなサポートを行っていくのかにも注目したい。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ