ITライフハック

NEC

行く着く先は同じ? ノートが進化した「LaVie U」、タブレットが進化した「LaVie Tab W」【デジ通】

NECがCore Mを搭載したノート「LaVie U」を発表した。11.6インチのワイド液晶を採用し、キーボード部分が取り外せるデタッチャブル型の2-in-1ノートだ。製品の外見や2-in-1の機構は、すでに販売済みのタブレット「LaVie Tab W」と似ている。LaVie UはノートPCでLaVie Tab Wは、Tabの文字が示すようにタブレットである。一見すると同じように見える両製品のコンセプトや機能の違いを見ていこう。

続きを読む

NECからSIMフリーのLTE対応Androidタブレット「LaVie Tab S」【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは、LTE対応でSIMフリーのAndroidタブレットの「LaVie Tab S」を販売する。これまで日本の大手ベンダーがLTEや3G対応のタブレットを販売するようなケースでは、大手携帯キャリア向けの端末として提供、販売もキャリアを通じて行われていたが、今回SIMフリー版をメーカーが直接提供するようになることで、キャリアを選ばないでその製品が使えるようになる。

大手キャリアで端末を購入すると、ネット接続できるまでのセットアップと料金契約までしてくれる(2年縛りなどもある)。SIMフリー版はユーザーにとって設定を自分でする必要があり敷居が高いが、NECならではの充実したサポートにより、かなりの部部で「だれでも安心して利用できる」Androidタブレットに仕上がっている。

続きを読む

双子のタブレット「ThinkPad 10」(レノボ)と「LaVie Tab TW710/S」(NEC)を比較する【デジ通】

昨日「ThinkPadブランドの新しい10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」」という記事でお伝えしたように、レノボが10インチWindowsタブレットである「ThinkPad 10」を発表した。

同製品は、2012年に発表された「ThinkPad Tablet 2」の後継機種となる。6月18日に『大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」』で紹介したようにNECパーソナルコンピュータの「LaVie Tab TW710/S」とハードウェアスペックは、ほぼ同じとなる。

基本的なハードウェア構成が同じで双子とも言える2製品だが、NECのLaVie Tab TW710/SとレノボのThinkPad 10とは、どこが違うのか見ていこう。

続きを読む

大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは、製品展開の中でもタブレットに注力しているが、先日夏モデルで投入したAndroidタブレットに加えてWindowsタブレットとなる「LaVie Tab TW710/S」(以下、TW710/S)を発表した。これが旧モデルに比べスペックを大幅に強化。デジタイザーペン対応でWUXGAの10.1型液晶を搭載し、ノートパソコンのように使えるデタッチャブル型キーボードも用意される。

続きを読む

国内へのタブレットの出荷台数の劇的増加を目指すNECの新戦略【デジ通】

NECパーソナルコンピュータが、2014年夏モデルのラインアップとしてタブレットのLaVie Tab Eシリーズを発表した。今回発表したのは8型と10型のIPS液晶パネルを搭載したAndroidタブレット。今後の様々な施策を行うことで、東京オリンピックが開催される2020年に向けて足掛け6年で国内のタブレットの出荷台数を2倍に成長させ、日本のIT活用力を向上させることを宣言した。

製品発表会におけるNECパーソナルコンピュータ常務取締役留目真伸氏のプレゼンから、どのような戦略でこの目標を達成するのかを見ていこう。

続きを読む

構造改革で復活?NEC&富士通に注目 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】



NEC<6701>と富士通<6702>は「旧電電ファミリー」として成長し、1980年代以降はパーソナルコンピュータやサーバ、インターネット接続事業(プロバイダ)などで成長してきた。

だが、近年の経営環境の激変に対応し、半導体、パソコン、プロバイダ、携帯電話などの事業が不採算化するなど環境が変化し、新たなビジネスモデルが求められる状況である。両社は、システム開発を中心とするサービス事業などの展開を進めつつ、不採算事業の売却などの構造改革を急いでいる。


続きを読む

XP乗り換え戦略で引越用ソフトのプリインストールや有料サポートを用意するNEC【デジ通】



先日、Windows XPからの乗り換えを狙うユーザーに対し、富士通がどういった戦略を立てているのかについて紹介した。今回はNECの乗り換え戦略について紹介したいと思う。

同社は自社製品に「Windows XPからの乗り換えなび」という、使い方を説明する動画をパソコンにプリインストールし視聴してもらうことでユーザーにXPからの乗り換え方法をできるだけ深く理解してもらうことを狙っている。

さらに「ファイナルパソコンデータ引越し 9 plus for NEC」をプリインストールしているので、あまり知識のないユーザーでも比較的簡単にWindows XPパソコンから乗り換えられるように配慮している。さらに「PC引越しサービス」という専門のサポートスタッフによる有償の引越サポートサービスも開始する。




続きを読む

NFC対応でIEEE802.11ac対応のコンパクトなWi-Fiルータ「AtermW500P」



NECならびにNECアクセステクニカは、理論上最大6.9Gbpsの高速通信が可能な無線LANの最新規格「IEEE802.11ac」に対応し、出張や旅行先のホテルなどの有線インターネット回線に接続して、手軽にWi-Fi(無線LAN)通信ができるWi-Fiポータブルルータ「AtermW500P」を発売する。また、同時に「11ac」に対応し、新機能“Wi-Fi TVモード中継機能”を搭載したWi-Fiホームルータ「AtermWF1200HP」を発売する。


続きを読む

高速モバイル通信の「BIGLOBE WiMAX 2+」で料金割引やKindle端末がもらえる特典開始



BIGLOBEは、同社の高速モバイル通信サービス「BIGLOBE WiMAX 2+」において、2年間継続利用される新規申し込みの中から希望者に対しAmazon 「Kindle」端末をプレゼントする特典を開始した。端末は2モデルが用意され薄くて軽く、数週間持続するバッテリー搭載の電子書籍端末「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」、または高画質HDディスプレイでゲームやアプリなどのあらゆるエンターテインメントを楽しめるAndroid搭載端末「Kindle Fire HD 7タブレット 16GB」のどちらかを選択できる


続きを読む

NECとレノボがコンシューマー向けに合併後初の共同イベントを開催【デジ通】



NECパーソナルコンピュータとレノボが、一般ユーザー向けに初の共同イベントを開催した。2011年に合併会社が発足し、プレス向けの共同会見などは何度か開催しているが、一般ユーザー向けのイベントは今回初めてとなる。

多数のタブレットが出そろった年末商戦にあわせて、11月30日に東京の六本木ミッドタウンで「PC+でスマートライフ」というテーマで開催された。タッチアンドトライやパソコンやタブレットを活用するトークセッションやミニライブも行われた。

続きを読む

サポートもしっかり充実!Androidタブレットの入門に最適なNECの「LaVie Tab S」【デジ通】



NECパーソナルコンピュータが薄型のAndroidタブレット「LaVie Tab S」を発表した。国内タブレット市場でも大きな市場となっているミドルレンジをターゲットにした製品で、価格もタブレットとしてはミドルレンジに位置する設定で27,930円(直販価格)で11月14日より発売中だ。

NECとしては、すでにエントリーモデルのLaVie Tab E、WindowsタブレットのLaVie Tab Wを発売しているが、この中間に位置する薄型軽量モデルとして「LaVie Tab S」を追加する形となる。

続きを読む

その狙いはどこに? NECが自社製のWindows Storeアプリ「My Time Line」を一般提供開始【デジ通】

ITとサッカーを中心に世間で話題の情報も表示された例


NECパーソナルコンピューターが、パーソナライズされたニュースを表示するWindows ストアアプリの「My Time Line」を一般公開した。今回提供されるこのアプリは、Windows Storeで無償提供され、NEC製品だけでなく他社製品を含めWindows 8/8.1およびRTマシンで利用できる。


NECに限らず、日本の主要パソコンメーカーの製品には、自社製品専用に開発されたりカスタマイズされた各種アプリ(独自アプリ)がプリインストールされている。各社の独自アプリは、自社製品にプリインストールされることが基本であり、その該当モデルだけに提供されることが一般的で、同じシリーズでも古い機種や他社製品には提供されるようなことはなかった。

続きを読む

高精細液晶とタッチ対応の2モデル NECのLaVie Zがさらに軽量化されなんと795gに! 【デジ通】



昨年NECが13.3型液晶採用の軽量なUltrabookである「LaVie Z」を発売した。その最新モデルが登場した。
従来モデルはタッチパネル非対応モデルのみだったが、タッチパネル非対応ながらより軽量化されたモデルと、タッチパネルに対応したモデルの2モデル構成となった。特にLaVie Zのタッチパネル非対応モデルは、従来モデルから80gほど軽量化し、800gを切る795gという超軽量製品となっている。


続きを読む

安心・簡単・快適の三拍子!NEC、Windowsタブレット「LaVie Tab W」が凄い



指によるタッチ操作ができるタブレットは、日々進化しており、インターネット端末としてだけでなく、ビジネスツールとしても使っている人がいるほどだ。そうしたタブレット市場に対して、国内大手のPCメーカーであるNECが新たな製品を投入した。

NECは、個人向けWindows タブレット「LaVie Tab W」を本日(2013年9月26日)より販売する。今回の新商品は、Windows 8タブレットの特長である指によるタッチ操作に加え、筆圧を感知し自然な書き心地を実現するデジタイザーペンによるペン操作と、タブレット本体を立て掛けて使用できるスタンド付きBluetoothキーボードによる快適な文字入力を実現した。

続きを読む

JAXAの惑星分光観測衛星「ひさき」打ち上げ成功に貢献したNEC



9月14日、打ち上げが延期されていたイプシロンロケット試験機が宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。打ち上げは見事に成功しイプシロンロケット試験機に搭載されていた惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)が目標軌道上に到達、打ち上げ後の目標軌道上において太陽電池パドルの展開に予定通り成功した。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ