ITライフハック

NEC

NECより「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」搭載の高速IEEE802.11ac対応ホームルータ

NECならびにNECプラットフォームズは、無線LANで最適な中継接続を実現する「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」を搭載し、Wi-Fiの最新規格であるIEEE802.11acに対応したWi-Fiホームルータ「AtermWG1200HP」を発表した。AtermWG1200HP単体のセットと中継器として1台を利用するAtermWG1200HP×2台のイーサネットコンバータセットも用意される。発売は1月22日より。

続きを読む

CESのLenovoブースでNECのLaVie Zの実機をチェックした【デジ通】

先日、「レノボがCESにおいてNEC開発の超軽量なLenovo LaVie Zの2モデルを発表」という記事でレノボがモバイルコンピューティングを再定義する新型モバイルPCとなる2機種「Lenovo LaVie Z HZ550」「Lenovo LaVie Z HZ750」を発表したことをお伝えした。開発はNECパーソナルコンピュータで、実際にパイロット販売も行われる予定になっている。実際に実機を見てきたので紹介したいと思う。

続きを読む

NECより自社の得意とする技術を使ったホームネットワーク拡充のためのIoT端末が登場

NECならびにNECプラットフォームズは、外出先のスマートフォンやタブレット端末から遠隔で留守宅内(家族やペット)の様子を確認できる、センサー機能付きネットワークカメラ「AtermHC100RC Wi-Fiアクセスポイントセット」を2月上旬より発売する。

続きを読む

地道なイベント活動のサポートを通じ一般ユーザーへメーカー名の浸透を図るレノボ【デジ通】

レノボのPCシェアは世界1位、タブレットの世界シェアも3位となっている。日本でレノボ自体の知名度は高くはない。むしろ共同パートナー企業であるNECパーソナルコンピュータのほうが、国内では圧倒的に知名度が高い。ただレノボの持つブランド(Ideaシリーズ、Yogaシリーズ、ThinkPadシリーズ等)は知っているが、メーカー名を知らない人が多いと言い換えたほうが正確かもしれない。

同社の持つブランドを宣伝をするだけなら、テレビのようなマスメディアを使えばいいが、レノボというメーカーとして一般への認知度向上のために、地道なイベント活動もしている。2014年も年の瀬ということで2014年に入ってから、各地で行われているイベントでレノボがスポンサーになって各地で行われたイベントを振り返ってみたいと思う。

続きを読む

NECがWindows8インチタブレット「LaVie Tab W」の詳細情報を公開【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは10月に同社の秋冬モデルを発表した。その際に8インチ液晶を搭載するWindowsタブレットも開発中であることをアナウンスしていたが、詳細は不明だった。このWindowsタブレットの詳細が公開されたので紹介しよう。

続きを読む

行く着く先は同じ? ノートが進化した「LaVie U」、タブレットが進化した「LaVie Tab W」【デジ通】

NECがCore Mを搭載したノート「LaVie U」を発表した。11.6インチのワイド液晶を採用し、キーボード部分が取り外せるデタッチャブル型の2-in-1ノートだ。製品の外見や2-in-1の機構は、すでに販売済みのタブレット「LaVie Tab W」と似ている。LaVie UはノートPCでLaVie Tab Wは、Tabの文字が示すようにタブレットである。一見すると同じように見える両製品のコンセプトや機能の違いを見ていこう。

続きを読む

NECからSIMフリーのLTE対応Androidタブレット「LaVie Tab S」【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは、LTE対応でSIMフリーのAndroidタブレットの「LaVie Tab S」を販売する。これまで日本の大手ベンダーがLTEや3G対応のタブレットを販売するようなケースでは、大手携帯キャリア向けの端末として提供、販売もキャリアを通じて行われていたが、今回SIMフリー版をメーカーが直接提供するようになることで、キャリアを選ばないでその製品が使えるようになる。

大手キャリアで端末を購入すると、ネット接続できるまでのセットアップと料金契約までしてくれる(2年縛りなどもある)。SIMフリー版はユーザーにとって設定を自分でする必要があり敷居が高いが、NECならではの充実したサポートにより、かなりの部部で「だれでも安心して利用できる」Androidタブレットに仕上がっている。

続きを読む

双子のタブレット「ThinkPad 10」(レノボ)と「LaVie Tab TW710/S」(NEC)を比較する【デジ通】

昨日「ThinkPadブランドの新しい10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」」という記事でお伝えしたように、レノボが10インチWindowsタブレットである「ThinkPad 10」を発表した。

同製品は、2012年に発表された「ThinkPad Tablet 2」の後継機種となる。6月18日に『大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」』で紹介したようにNECパーソナルコンピュータの「LaVie Tab TW710/S」とハードウェアスペックは、ほぼ同じとなる。

基本的なハードウェア構成が同じで双子とも言える2製品だが、NECのLaVie Tab TW710/SとレノボのThinkPad 10とは、どこが違うのか見ていこう。

続きを読む

大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは、製品展開の中でもタブレットに注力しているが、先日夏モデルで投入したAndroidタブレットに加えてWindowsタブレットとなる「LaVie Tab TW710/S」(以下、TW710/S)を発表した。これが旧モデルに比べスペックを大幅に強化。デジタイザーペン対応でWUXGAの10.1型液晶を搭載し、ノートパソコンのように使えるデタッチャブル型キーボードも用意される。

続きを読む

国内へのタブレットの出荷台数の劇的増加を目指すNECの新戦略【デジ通】

NECパーソナルコンピュータが、2014年夏モデルのラインアップとしてタブレットのLaVie Tab Eシリーズを発表した。今回発表したのは8型と10型のIPS液晶パネルを搭載したAndroidタブレット。今後の様々な施策を行うことで、東京オリンピックが開催される2020年に向けて足掛け6年で国内のタブレットの出荷台数を2倍に成長させ、日本のIT活用力を向上させることを宣言した。

製品発表会におけるNECパーソナルコンピュータ常務取締役留目真伸氏のプレゼンから、どのような戦略でこの目標を達成するのかを見ていこう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ