ITライフハック

NTTドコモ

「ニコニコチャンネル」に初のアニメ見放題チャンネル「dアニメストア ニコニコ支店」を開設

ご利用イメージ画像

ドワンゴとNTTドコモは、ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャンネル」に、1,500以上のアニメ作品が月額400円(税抜)の定額で見放題となる新たなチャンネル「dアニメストア ニコニコ支店」を、2017年12月1日(金)正午に開設する。

「dアニメストア ニコニコ支店」は、「干物妹!うまるちゃんR」「魔法使いの嫁」等、テレビで放送中の最新のアニメ作品から、「進撃の巨人」「ソードアート・オンライン」等の定番作品まで、幅広いアニメ1,500作品以上約20,000話が、スマートフォンやPC等でストリーミング視聴できる定額制のアニメ見放題サービス。「niconico」の一般会員(無料)またはプレミアム会員(有料)であれば利用可能だ。

本チャンネルでは、豊富なラインナップに加え、「ニコニコチャンネル」の最大の特長であるコメント機能を利用し、視聴者がアニメ作品の場面ごとに感想を書き込むことができる他、生放送機能によるアニメ作品のライブ配信も行う。

生放送では、視聴者は同じ作品を同時に見ながらリアルタイムにコメントしあうことで、新たなコミュニケーションを楽しむことができます。さらに、声優や監督等の名前など、キーワードによるアニメ作品の検索ができることに加え、日々の人気ランキングも表示する。

なお、本チャンネルの開設を記念して、2017年12月1日(金)より 「アニメ全話一挙生放送・アニメちょい見生放送キャンペーン」を実施する。大人気アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」や、TVアニメの「温泉回」(温泉シーンが含まれる話)のみをセレクションした一挙生放送などを放送する。

niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率60.0%で前月比1.0ポイント減
「リアルダービースタリオン」2歳馬「オーバーザリミッツ」能力調教試験に最速タイムで合格
神吉宏充七段、桂文枝ら出演「ニコニコ大逆転将棋」、文枝がハンデ戦「おみくじ将棋」で香川女流三段に挑戦
ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2017」開催
私立恵比寿中学秋田分校のライブの模様をニコ生で独占生中継






九州新幹線 新鳥栖駅~新大牟田駅間トンネル内の携帯電話サービス開始

6b4ea6fc35303d6133b9d0afb6e4435d_l

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、九州新幹線トンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的に、九州旅客鉄道と共同でエリア整備を進めているが、このたび、新鳥栖駅から新大牟田駅間のトンネル内においても携帯電話サービスエリアが拡大され、携帯電話が利用できるようになった。

1. サービスエリア拡大予定時期
2017年12月1日(金)始発列車よりサービス開始予定

2. 拡大サービスエリア
新鳥栖駅~新大牟田駅間の以下3トンネル 約2.3km

3. サービス提供事業者
ソフトバンク
NTTドコモ
KDDI

[注]“ワイモバイル”の携帯電話も利用可能。

4. 事業内容

トンネル等の人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話等が使用できない地域において、移動通信用中継施設等を設置して携帯電話等を利用可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事が行われている。

5. 今後の予定
九州新幹線の下記の区間については、現在対策工事実施中で順次サービスが提供される予定だ。

①新大牟田駅~新玉名駅間のトンネル内
②新玉名駅~熊本駅間のトンネル内
③新八代駅~新水俣駅間のトンネル内

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
AUKEY、6700mAh超ミニサイズのモバイルバッテリー「PB-N62」を発売
「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」の発売を記念して「旅する3Dフィギュアフォトコンテスト」を開始
AUKEY、13400mAhのモバイルバッテリー「PB-N63」を発売
名刺入れにもなる!?カードが最大5枚収納できるiPhoneXケース
AUKEY、2USBポート搭載で20000mAhのモバイルバッテリー「PB-N61」を新発売






Amazon.co.jpでのお買い物に「ドコモ ケータイ払い」が対応

05_00

NTTドコモは、インターネットでの支払いを月々の携帯電話料金と一緒に合算して支払え決済サービス「ドコモ ケータイ払い」について、2017年6月5日よりAmazon.co.jpに対応したと発表した。

「ドコモ ケータイ払い」は、ネットショッピングの購入代金など、インターネットでの支払いを月々の携帯電話料金と一緒に合算して支払える決済サービス。ネットショッピングサイトが本サービスに対応していれば、spモードまたはiモードを契約しているユーザーは申込み手続きなしで利用できる。

Amazonを利用しているユーザーは、商品購入時のカート画面にて「携帯決済」から「ドコモ」を選択するだけで、「ドコモ ケータイ払い」を利用できるため、クレジットカード情報などの入力をせずに、外出先などでも手軽に買い物ができる。

なお、本サービス開始から6月30日までにAmazonで購入の際、「ドコモ ケータイ払い」で500円以上(税込)を支払うと、抽選でdポイントが最大1万ポイント当たるキャンペーンが実施される。

キャンペーン詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
CMのような風で髪がなびいた写真が一人で簡単に撮影できる「モバイルバッテリー付クールファン自撮り棒」
リンクス、iPad mini 4対応 7.9インチ用ハードケース一体型Bluetoothキーボードを発売
ほぼすべての9~10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」
スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%




世界初!SF映画の世界がいよいよ現実に!NTTドコモ「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発

17_00-2

NTTドコモは、無人航空機(以下、ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて開発したと発表した。

SF映画やSFアニメでは、すでにおなじみだが、あの浮かぶディスプレイがいよいよ現実になると思うと思わずワクワクしてしまう。


今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」は、環状のフレームにLEDを並べたLEDフレームの内部にドローンを備え、LEDフレームを高速に回転させながら飛行する。そして回転するLEDの光の残像でできた球体ディスプレイを、内部のドローンで任意の場所に動かして見せることができる。これにより、コンサートやライブ会場において、空中で動き回る球体ディスプレイによるダイナミックな演出や、会場を飛び回り広告を提示するアドバルーンのような広告媒体としての活用が可能となる。

ドローンの機体周りに球形のディスプレイを備えることにおいては、これまではドローンのプロペラによる空気の流れをディスプレイがさまたげてしまう課題や、ディスプレイ搭載による重量の増加といった課題があった。本開発では、LEDの残像によってディスプレイを表示する技術を応用することにより、空中で球形ディスプレイを活用した演出が可能となったとのこと。

今後、2018年度の商用化をめざし、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けソリューション(舞台演出、広告および案内等)としての提供を検討していくとのことだ。

なお、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を2017年4月29日(土)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展し、会場内でのデモ飛行が予定されている。

■今回開発した「浮遊球体ドローンディスプレイ」の主な仕様
最大直径:約88cm
重量:3.4kg
ディスプレイ:縦(半周)144× 横(全周)136ピクセル


17_00-1

17_00-3


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開
稲川淳二のお葬式!? DMM VR THEATERにて「コワイコエ 稲川淳二のお葬式」を開催






NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施

無題

NTTドコモは、若者に大人気の動画コミュニケーションアプリ「SNOW」とタイアップし、卒業シーズン盛り上げプロジェクトと題して、「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」のキャンペーン第2弾を実施する。

キャンペーンの第1弾として、2017年1月30日からは、この春卒業を迎える高校生を対象に、実際に学生達がSNOWで撮影した写真を製本して「卒業“盛ルバム”」としてプレゼントするキャンペーンを実施。当選1校に対し、全国から438校(応募総数:1,113件)から熱のこもった応募があり、大変好評となったとのこと。

2月17日からは第2弾として、Web上で“盛ルバム”を作成することができる「“盛ルバム”ジェネレーター」を公開。個人写真とフリーページに好きな写真や動画をアップロードすることで、誰でも簡単に”盛ルバム”を作成することができる。(※写真は、SNOWを使って保存した写真・動画のみ使用可能)。

SNOW

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場






山陽新幹線における全トンネル内で携帯電話サービスが利用可能に

3ad81f109966f08441b11be2ec5a7a62_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは山陽新幹線の全線に渡って携帯電話サービスが利用できるようになったと発表した。利用可能になるのは2016年12月22日(木)始発列車から。

今回工事が終了したのは、峠山トンネルから厚狭駅及び、厚狭駅から小倉駅間。

ニュースリリース(ソフトバンク)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売
「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー






NTTドコモ、PlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデル用プリペイドデータプランの提供終了

vita

NTTドコモは、あらかじめ料金を支払うことで一定期間に一定時間、3G通信が利用できるPlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデル用のプリペイドデータプランの提供を、2017年3月31日(金)に終了すると発表した。

NTTドコモは、PlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデル用のプリペイドデータプランとして、あらかじめ934円(税抜)を支払うことで、90日間に20時間の3G通信が利用できる「プリペイドデータプラン20h」と、4,743円(税抜)で365日間に103時間の3G通信が利用できる「プリペイドデータプラン100h」の2つのプランを2011年12月13日(木曜)から提供してきた。

しかし、顧客ニーズの変化による利用者の減少と、PlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデルの出荷完了を機に、本プランの提供を終了することにしたとのこと。プランの提供終了に先立ち、2017年1月31日(火曜)に新規申込み及び更新の受付を終了する。

なお、本プランの未使用残高については提供終了後に払い戻しするとのこと。払い戻し方法など、詳細が決まり次第、同社のホームページ「ドコモからのお知らせ」にて案内される。

なお、PlayStation Vita 3G/Wi-Fiモデルは、「デバイスプラス300」および「定額データプラン」で引き続き3G通信を利用することが可能だ。

■プラン提供終了までのスケジュール:
新規申込み・更新受付終了日:2017年1月31日(火曜)
提供終了日:2017年3月31日(金曜)


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
10~20代は、年賀状よりもLINEで新年挨拶。LINEの新年の挨拶風習に関する調査より
タブレットが取り付けられるスマホ天体望遠鏡に地上・天体兼用モデルが新登場
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布

PlayStation Vita Wi-Fiモデル メタリック・レッド (PCH-2000ZA26)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-12-01

PlayStation Vita Wi-Fiモデル アクア・ブルー(PCH-2000ZA23)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2015-09-17

PlayStation Vita Wi-Fiモデル グレイシャー・ホワイト(PCH-2000ZA22)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2015-09-17



京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間で携帯電話のエリア化工事を開始

05_00-3


京浜急行電鉄、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2016年8月8日(月曜)から、京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間において、携帯電話サービスの提供をめざした工事に着手すると発表した。2017年度以降、順次利用できるようになる。



本工事は、各駅間のトンネル区間でも、携帯電話やタブレットなどによるモバイル通信を可能にするために行うもの。サービス提供開始後は、列車内において、事故や災害発生時などの非常時でも、情報収集の手段として利用できる。

なお、今回の該当区間での工事が完了することで、京急線全線トンネル区間で携帯電話サービスがご利用可能となるとのこと。

■工事概要
・工事開始日(予定):2016年8月8日(月曜)
・サービス提供開始予定時期:2017年度~2018年度(工事が終了次第、順次サービス提供を開始)
・工事開始区間:本線「戸部~浦賀駅間」のトンネル内23か所、逗子線「六浦~神武寺駅間」のトンネル内2か所、久里浜線「京急久里浜~津久井浜駅間」のトンネル内4か所 以上、計29か所
・既存のサービス提供区間(サービス開始日):空港線「糀谷~羽田空港国内線ターミナル駅間」のトンネル内(2014年12月~)、本線「泉岳寺~品川駅間」のトンネル内(2015年2月~)


05_00-1


ニュースリリース(NTTドコモ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、9.7インチiPad Pro向けバックライト付きキーボードケースを発売
リンクス、ウレタン素材を採用した柔らかいスマホVRゴーグルを発売
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始
フォーカルポイント、プロクオリティの収録を可能にするスマホ用マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップを発売
マウスコンピューターより6型でContinuum対応のWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」登場







NTTドコモ、通信エリア状況を表示した登山道マップをドコモコーポレートサイトに開設

s-c41f29f487ebe39897e6b560efbeb745_s
NTTドコモは、2016年7月8日(金)より、同社のコーポレートサイト上にて「通信エリア状況を表示した登山道マップ」の提供を開始した。

本マップでは、日本百名山を中心とした山(※1)を対象とし、それぞれの登山道におけるエリア情報を地図上で確認することができる。これまでは文字情報で通信エリアの状況を表示していたが、今回、マップを追加して掲載することで、携帯電話を利用できる場所、利用できない場所を簡単にイメージできるようにしたとのこと。登山の際に通話やメール、SNS等を楽しむに当たっての利便性向上を図ったものだ。

※1 2016年7月8日(金)時点では33ヵ所の山の情報を掲載

通信エリア状況を表示した登山道マップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
Y!mobileから「Android One」が日本初登場
UQフェムトセルの先行受付を開始!外でも家でもシームレスにWiMAX 2+が利用可能に
フォーカルポイント、iPad Pro用の本革製インナーケース「BookBook」を発売
シニアが利用しているSNS上位は「Facebook、Twitter」。MMD研究所調べ







最大370Mbps、ファーウェイ、NTTドコモ向けにPREMIUM 4G対応のモバイルWi-Fiルータを発売

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、NTTドコモ向けにモバイルWi-Fiルータの新製品として、「Wi-Fi STATION HW-01H」を6月下旬より発売する。
続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ