ITライフハック

NVIDIA

GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント

1060

NVIDIAは、GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入した人を対象に、最前線のインディーズゲーム3タイトル「MAIZE」、「Redout」、「Raw Data」の中から好きなゲームを1つ無料でプレゼントするキャンペーンを開催する。2016年12月6日~2017年1月30日(先着順で在庫がなくなり次第終了)。

Finish Line Gamesの「MAIZE」は、トウモロコシ畑の中に隠された秘密研究施設を舞台にした一人称型のアドベンチャーゲーム。しゃべるトウモロコシやクマのロボットなど、コミカルなキャラクターが繊細で美しいグラフィックスで表現されている。34BigThingsの「Redout」は、人間が移り住んだという設定の火星と土星で、時速1000kmを超える臨場感たっぷりのスピードレースゲームを楽しめる。Surviosの「RawData」はHTC Vive向けにリリースされ、ルームスケールでのトラッキング機能を活用し、激しいVR SF戦闘に没頭できるアクションゲームだ。

■応募方法:
購入したメーカーの特設サイトよりクーポンコードを参照のうえ、以下の手順に従いダウンロードしよう。
1.https://redeem.geforce.com/ja-jp/ にアクセスして、クーポン コードと、自分の誕生日を入力する。
2.使用条件に同意します。
3.ユーザーの Steamアカウントでログインするように求められるので、アカウントを持っていない場合は、https://store.steampowered.com/join/ で作成する。これは、引き換え完了時にゲームが自動的に自分ののアカウントへ追加されるために必須のステップ。
4.[Sign in through STEAM (STEAM 経由でサインイン)] をクリックする。
5.STEAM のサインイン ページが表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力。
6.ログインすると、NVIDIA が引き換えとCD キーを有効にするようアクセスすることを許可するよう求められるので、 [Allow (許可する)] をクリック。
7.引き換えポータルが再び表示される。
8.成功すると、自分のSteamユーザー名が表示されるので、自分が要求したアカウントかどうか確認しよう。もし間違えた場合は、[Cancel (キャンセル)] をクリック、[Continue (続行)] をクリックして手順を再開する。
9.自分の追加情報 (氏名、Email アドレス) と、GeForce ニュースレターの購読を希望するかどうか入力し、[Redeem (引き換え)] をクリックする。
10.ゲームが自動的に自分のアカウントへセットされる。成功するとその旨メッセージが表示される。
11.引き換え確認を含む確認メールが送信される。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト





NVIDIA、GeForce GTX 1050および、GTX 1050 Tiを発表

GeForce GTX-1050

NVIDIAはNVIDIA-PascalベースGPUのラインナップに、GeForce GTX 1050(109ドル~)とGTX 1050 Ti(139ドル~)の2つのゲーム用GPUを新たに投入すると発表した。どちらのGPUでも、60フレーム/秒(fps)のなめらかさで、皆さまのお気に入りのゲームをプレイできる。

現在の新世代ゲームでは、最新ゲームを高品質に設定し、解像度1080p、フレームレート60 fpsで実行するのに必要なGPUパフォーマンスが3倍になっている。そのため、GPU(GeForce GTX 650など)を3~4年前に購入し、当時の最新ゲームをプレイできていた場合でも、現在のゲームではグラフィックス・パフォーマンスが物足りないと感じることだろう。そこでGTX 1050や1050 Tiを使用すれば、現在もっとも人気の高いゲームを、60 fpsのなめらかさでプレイできるようになる。しかも、消費電力はわずか75ワットだ。

すぐに使えるGTX 1050と1050 Tiは、どちらも非常に高速で、もっとも類似した競合製品と比べ、ストック速度で平均40%の高速化と128%を超える電力効率の向上を実現していると同社。

GTX 1050または1050 Tiへのアップグレードだが、どちらも外部電源コネクターは不要。。そのうえ、このクラスの製品では前例のないレベルのパフォーマンスと電力効率を実現している。カードを差し込み、GeForce Experienceソフトウェアをインストールして、ゲームの設定を最適化するボタンをクリックし、ゲームをオンにするだけだ。

GTX 1050と1050 Tiのカスタム・ボードは、ASUS、EVGA、Gainward、Galaxy、Gigabyte、iGame、Innovision 3D、MSI、Palit、PNY、ZotacなどのNVIDIA GeForceパートナーから販売される。GTX 1050 Tiは10月25日に、GTX 1050は11月8日までに発売される予定となっている。

GeForce GTX 1050とGTX 1050 Tiの詳細と仕様

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場
ドスパラ、VR対応で9万円台から買える自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」
マウスコンピューター、「SEVENTH DARK」推奨パソコンを販売開始







サードウェーブデジノスとマウスコンピューター、TITAN X搭載マシンを発表

Titan_V3
サードウェーブデジノスとマウスコンピューターは、NVIDIAのPascalアーキテクチャで作られたグラフィックスカード「NVIDIA TITAN X」を搭載するマシンを発売すると発表した。サードウェーブデジノスは10月中旬、マウスコンピューターは発売日未定。

NVIDIA TITAN Xは、1.5 GHzで動作する 3584 個の NVIDIA CUDA コアを備え、11TFLOPs というパワーを発揮できるGPUを搭載したグラフィックスカード。高速なGDDR5Xメモリを12GB内蔵しており、あらゆる用途に高いパフォーマンスを発揮する。

なお詳細なラインアップや価格などは、両社とも今後発表するとしている。

【DAIV】デスク_イメージ


サードウェーブデジノス
ニュースリリース(マウスコンピューター)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス「raytrek NUC」にSkylake CPUを搭載した新モデルが登場
サードウェーブデジノス、超小型のスティックPCに「Windows 10 Pro」搭載モデルを発売
今度は「怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~」とコラボ。おしゃべりUSBメモリが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングヘッドセット「VOID Surround」シリーズの2製品を発表
ドスパラ、4万円台からのビジネス向け小型自作パソコンセット「パーツの犬モデル107」を発売







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ