ITライフハック

PC

デルが「ALIENWARE」の旗艦店「ALIENWARE STORE AKIBA」をリニューアル

ALIENWARE STORE 1

デルは、高性能ゲーミングパソコン「ALIENWARE」の旗艦店「ALIENWARE STORE AKIBA」をリニューアルし、「ALIENWARE STORE AKIBA x Dell Real Site」としてオープンした。

これにより、店舗ではデルとALIENWAREのトータルラインナップを集約し、より多くのゲーマーとコンシューマーに提供できるようになった。また、リニューアルにあわせ、2018年4月6日から16日にかけて対象のデルおよびALIENWARE製品がセール価格から、さらに5%オフとなる、リニューアル記念キャンペーンを開催する。

2016年12月10日に東京・秋葉原にオープンして以来、「ALIENWARE STORE AKIBA」では多数のALIENWARE製品を販売し、そのブランドを多くの消費者に伝えてきた。その一方で、デルの製品提供を要望するユーザーの声も高く、新たな試みとして、両ブランドが共存できる店舗へとリニューアルを図ったとのこと。新たな店舗は、「ALIENWARE STORE AKIBA x Dell Real Site」という店名で、これまで好評だったALIENWAREのイベントスペース、試遊台を残しながら、デルのブランドをALIENWAREの世界観に共存させたデザインを特徴としている。

期間中に、「ALIENWARE STORE AKIBA x Dell Real Site」で対象のデルおよびALIENWARE製品が、セール価格からさらに5%オフとなるリニューアル記念キャンペーンを開催する。

■キャンペーン概要
キャンペーン期間:2018年4月6日(金)から16日(月)
対象製品:ALIENWAREシリーズ、Inspironシリーズ、XPSシリーズ、Precisionシリーズ
対象店舗:「ALIENWARE STORE AKIBA x Dell Real Site」

■「ALIENWARE STORE AKIBA x Dell Real Site」店舗情報
住所:東京都千代田区外神田 1-14-7秋葉原野村ビル2階 第201号室
アクセス:JR秋葉原駅電気街口の改札を左に出てすぐ右
電話番号:03-3253-0093(営業時間内のみ)
営業時間:11:00 - 21:00
試遊展示機:ALIENWARE製品、デル製品


ALIENWARE STORE 2


デル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Qi対応のワイヤレス充電器を内蔵するゲーミングマウスパッド「MM1000 Qi Wireless Charging」
ユニットコム、パソコン工房「Webピックアップサポートサービス」を提供開始
マウスコンピューター「世界級リゾートへ、ようこそ。山の信州」フォトコンテスト春を開催
マウスコンピューターより新開発スリムシャーシを採用した省スペースで最新CPU搭載のPCを発売
ラトックシステム、コンパクトなサイズに 8入力・8出力を搭載した Raspberry Pi用 デジタル入出力ボードを発売






ユニットコム、iiyama PC「LEVEL∞」よりCore i9-7980XEを搭載したゲームパソコンを発売

img_144922_2

ユニットコムは「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」F-Classより、Core i9-7980XEを搭載したミドルタワーゲームパソコンの販売を開始した。価格は411,980円から(税別)。

Core Xシリーズ最上位となるCore i9-7980XEは、18 コア/36 スレッドのマルチタスク処理に優れるパワフルで新しいプロセッサー。負荷の高い複数のメガタスクを同時に処理する優れた性能を備えているので、最新のゲームやバーチャル・リアリティーにおいて、優れたパフォーマンスを発揮する究極のプロセッサーとなっている。

「NVIDIA(R) GeForce GTX 1060」は前世代のハイエンドモデル「GTX 980」に迫る性能を備えながら、消費電力は「GTX 960」と同等とワットパフォーマンスに優れている。また、ゲーム内の時間を止め、様々なエフェクトを使って撮影する事が可能になる「ANSEL」機能や、VR環境での描画パフォーマンスを大幅に向上させる「Simultaneous Multi Projection」機能など、フルHD解像度以上でのゲーミングや、バーチャル・リアリティーでの高解像度ゲーム・コンテンツを楽しみたいユーザーに最適なGPUだ。

筐体にはデザインやケース内部のレイアウトにまで妥協を許さないCooler Master製「MasterCase 5」を採用。標準で前面と背面に大口径14cmファンを1基装備し、メッシュ仕様のフロントパネルが抜群の冷却性能を発揮する。

■LEVEL-FA29-LCi9XE-RNR [Windows 10 Home]
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:インテル Core i9-7980XE Extreme Edition
チップセット:インテル X299 Express [ASUS X299-A]
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×4(計32GB)
SSD:240GB SSD / 2.5インチ Serial-ATA
HDD:1TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
電源:700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源


LEVEL-FA29-LCi9XE-RNR [Windows 10 Home]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、広視野角でIPSパネル方式採用の23.8型ワイド液晶ディスプレイ2モデルを発売
iiyama PC、「STYLE∞(スタイル インフィニティ)」より第8世代Core i5搭載の15型フルHDノートパソコンを発売
NECパーソナルコンピュータ、LINEを使ってAIを駆使した24時間チャットサポートサービスを開始ドン・キホーテ、1万円台のノートPC「MUGA ストイックPC」を発売
高速CPUと最新外部グラフィックスでビジネスでもプライベートでも快適に使える15.6型ノートパソコン





GALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨パソコンに「KabyLake」搭載モデルを追加

42181_jnSdVSCRXn

サードウェーブデジノスは、現在販売中のGALLERIA「ファイナルファンタジーXIV」推奨モデルに、最新のインテル 第7世代 Coreプロセッサー「KabyLake」を搭載したノートパソコン 3モデルと、デスクトップパソコン 1モデルを追加した。

発売された製品は以下の通り。

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060GF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 15.6インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー(約2.7時間)
・サイズ: 390(幅)×277(奥行き)×28.8(高さ) mm
・重量: 約 2.35kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:16万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060NF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 17.3インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー
・サイズ: 400(幅)×280(奥行き)×30(高さ) mm
・重量: 約 3.00kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:16万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1070NF
・CPU: インテル Core i7-7700HQ プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格2.80GHz, TB時最大3.80GHz, L3キャッシュ6MB)
・チップセット: モバイル インテル HM175 チップセット搭載
・メインメモリ: 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-19200, 4GB×2, デュアルチャネル)
・ディスプレイ: 17.3インチ 非光沢液晶(1920×1080ドット表示)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB
・ハードディスク: 1TB HDD
・SSD: 250GB SSD
・LAN: IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 無線LAN, ギガビット有線LAN
・Bluetooth: Bluetooth 4.2
・バッテリー: リチウムイオンバッテリー(約3.9時間)
・サイズ: 428(幅)×294(奥行き)×48(高さ) mm
・重量: 約 3.70kg (バッテリー含む)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:23万9,980円(税別)

■GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ZG
・CPU: インテル Core i7-7700K プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格 4.20GHz, TB時最大 4.50GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル Z270 チップセット搭載 ATXマザーボード
・メモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB
・ハードディスク: 3TB HDD
・SSD: 500GB SSD
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: Enhance 800W 電源(80 PLUS GOLD)
・OS: Windows 10 Home インストール済み
価格:21万9,980円(税別)


42181_ABfaqgHVEP


GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060GF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1060NF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GKF1070NF
GALLERIA ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン ZG

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売







サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売

サードウェーブデジノスは、圧倒的な性能と機能を備えた最新鋭ハイエンドグラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1080Tiを搭載したゲームPC「GALLERIA ZZ」を発売する。価格は23万9,980円から(税別)。

「16nmプロセス」と「Pascal」アーキテクチャを採用、現在最高クラスのグラフィックスカードGeForce GTX 1080にくらべて演算用のCUDAコアを2560から3584ユニットに、メモリの最大動作クロックを5000→5505MHzに大幅に強化したNVIDIA GeForce GTX 1080Ti。

負荷状態に応じてクロックを引き上げるGPU Boost機能も、より最適化が図られ、これまで以上に高い画質設定でもスムーズな描画が可能だ。

同時に、高速データ転送が可能な「GDDR5X」を採用するメモリも、8GBから11GBに大増量し、膨大なテクスチャーデータを誇る4Kの最新ゲームや、今後ますます普及していくVR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレイでの描画を劇的に高速化する。

このほか本体には、高性能と省電力を両立した第6世代「Skylake」をさらに改良した製造プロセス「14nm+」を採用した最新「第7世代 インテル Core プロセッサー」を搭載。電力効率が12%向上、高負荷時により効率的に性能を発揮する。

対応メモリはDDR4-2400に対応し、第6世代のDDR4-2133サポートから12.5%の高速化。リアルタイムレンダリングなどの高負荷が持続する用途はもちろんのこと、瞬間的に負荷が高くなるオフィス作業などのビジネス用途でも快適に動作する。

筐体にはゲームPCブランド「GALLERIA」専用に作られた、冷却性能に優れるミドルタワーの「KT」ケースを採用。高負荷が続くゲームプレイ時もケース内温度を低く抑え、性能をフルに発揮させることができ、高い剛性により、ケースファンやドライブなどの振動による不快な騒音も抑えている。

搭載電源は、電圧変動が非常に少なく安定した動作が可能で、高負荷環境を想定した室温50℃での連続240時間に及ぶテストをクリアした高品質・高信頼性電源を標準で採用。

このほか、快適なプレイに欠かせない高性能ゲーミングレーザーマウスを標準で付属するなど、ゲームを知り尽くした「GALLERIA」ならではのパーツを厳選している。

また、Windowsの起動やゲームのデータ読み込み時間を劇的に短縮させるSSDの追加をはじめ、CPUのアップグレード、メモリやハードディスクの増量、大型CPUクーラーや、静音性・耐久性に定評のある山洋製ケースファンへの変更、ブルーレイドライブの追加など、各種カスタマイズに対応。さらに、人気のゲーミングマウスやキーボード、ヘッドセットなどのデバイス各種も同時にご購入可能。届いたその日から快適なゲーミングライフを楽しむことができる。

■GALLERIA ZZ 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i7-7700K プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格4.20GHz, TB時最大4.50GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル Z270 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, 最大64GB)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB
・SSD: 750GB SSD (SATA)
・ハードディスク: 3TB HDD (SATA 3)
・LAN: 1000BASE-T LAN
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 800W 静音電源 (80 PLUS TITANIUM)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA ZZ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売


MSI H270M BAZOOKA mATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3858

bscriptionId%3DAKIAIM37F4M6SCT5W23Q%26tag%3Dmedi01-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB01N6II4SX" target="_blank" >MSI H270M BAZOOKA mATXゲーミングマザーボード [第7世代Core Kaby Lake対応] MB3858 [Personal Computers]
MSI COMPUTER
2017-01-06




Android、PC、PS3のゲームがプレイできるUSBアーケードスティック

22952_wIjLVOWOMa
上海問屋は、Androidスマホやタブレット、パソコン、PS3で使えるアーケードスティックを販売開始した。価格は2,499円(税込)。

本製品は、Androidスマートフォン/タブレット、パソコン、PS3で使える、アーケードスティック。各機種で手ごたえのある操作感で格闘ゲームなど楽しむことができる。本体裏には吸盤があり、デスク上で激しい操作をしてもズレずにゲームに集中することができる。

Androidスマートフォン/タブレットで接続・使用する場合は、microUSBに変換できるOTGアダプタが別途必要。

■製品仕様
対応・・・・・・・・USB OTG対応Androidスマートフォン/タブレット
          パソコン(Windows 10/8.1/8/7)
          PlayStation3
接続・・・・・・・・USB(USB2.0/1.1)
サイズ/重量・・・・(約)幅302×奥行63×高40(mm)/710g
          USBケーブル長さ・・2m
製品保証・・・・・・購入後 初期不良2週間


22952_XLVfswLMjT


DN-914147 上海問屋限定販売ページ
上海問屋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
iPhoneと連携して電話やメールの着信がわかる!100灯のLEDライトで色々遊べるBluetoothスピーカー
液晶ディスプレイの上に小物を乗せられる取付用メディアプレーヤー設置トレイ
ぶれずにスマホの動画撮影が可能に!スマホ用スタビライザー販売開始
省スペースでコンパクトな光るUSBキーボード
ポケモンGoにも役立つiPhoneを手首に装着できるリストバンド型ホルダー






PCビギナーでも問題なし! ZIGSOWユーザーが「Acronis True Image Unlimited for PC and Mac」を試す

長い間、同じパソコンを使用していると、いつの間にか動作が遅くなったり、今まで何の問題なく動いていたものが突然動かなくなったりと、何らかの不調を来す場合がある。

大事なデータが失われてしまわないようパソコンのバックアップは必要不可欠の操作だ。しかし、パソコン初心者の中には、バックアップの仕方がわからない人もいるだろう。「誰でも簡単にバックアップができたらいいのに!」と思っている人向けのソフトが、いわゆる「バックアップソフト」である。

現在、バックアップソフトは各社から販売されているが、パソコン初心者でも比較的扱いやすいソフトで定番ともいえるのが、アクロニスの「Acronis True Image Unlimited for PC & Mac」だ。

本ソフトを実際に使用した感じを知りたい人もいるだろう。そこで、ZIGSOWレビュアー 宇佐木クマさんの「Acronis True Image Unlimited for PC & Mac」体験レポートを紹介しよう。

続きを読む

新生LaVieで本気になってデジタルライフ実現を目指すNEC【デジ通】

先日『NECがPCブランドをリニューアル! 「LaVie」を頂点にしたNECのパソコン2015年春モデル』という記事でNECはパソコンやタブレットの製品ブランドをLaVieに統一したことを紹介した。

続きを読む

富士通の春モデルで大注目! 無線ディプレイの新感覚パソコン「LIFEBOOK GT77/T」【デジ通】

富士通が春モデルを発表した。中でも新コンセプトのパソコン「LIFEBOOK GT77/T」が大注目だ。一見するとデスクトップパソコンだが、液晶部分が完全に分離できるため、タブレットのように部屋の中を自由に移動して利用できる。

さらにタブレット部分となる15.6型液晶部分は、本体と無線で通信。高性能CPUや大容量のストレージは本体部分に置いたまま薄く軽量な画面部分だけを持ってケーブルレスで自在に利用できる。これはかなり便利。

続きを読む

NECがPCブランドをリニューアル! 「LaVie」を頂点にしたNECのパソコン2015年春モデル【デジ通】

NECパーソナルコンピュータは発表会を開催し、2015年春モデルを発表した。CESで大きな話題となったLaVie Zの後継機種が正式発表されるなど、多くの注目点があるが、何よりも最大の注目点が「NECのパソコンブランドの大幅な刷新」だ。

続きを読む

HPのお買い得「Stream」シリーズにminiデスクトップなど新製品が追加【デジ通】

以前紹介した「HPより、激安Windowsノートの衝撃! 25,800円の「HP Stream 11」登場」記事は、大手メーカーHP製、しかも安いということで大反響を得た。さらに追い打ちをかけるべく日本HPがStreamシリーズに新モデルを追加した。

大好評のStream 11に加え、13インチ液晶を搭載する「Stream 13」と、ミニデスクトップの「Stream Mini 200」シリーズだ。HPのStreamシリーズはストレージ容量が少なく、クラウド利用を前提とした低価格Windowsパソコンだが、使いどころさえ間違えなければ十分に実用になる。今回のミニデスクトップ追加で、利用目的ごとに低価格パソコンの選択肢が増えることになる。

続きを読む

CESのLenovoブースでNECのLaVie Zの実機をチェックした【デジ通】

先日、「レノボがCESにおいてNEC開発の超軽量なLenovo LaVie Zの2モデルを発表」という記事でレノボがモバイルコンピューティングを再定義する新型モバイルPCとなる2機種「Lenovo LaVie Z HZ550」「Lenovo LaVie Z HZ750」を発表したことをお伝えした。開発はNECパーソナルコンピュータで、実際にパイロット販売も行われる予定になっている。実際に実機を見てきたので紹介したいと思う。

続きを読む

ASUSがCESで8mmを切る薄型2-in-1ノートおよびZenfone後継モデルを発表【デジ通】

ASUSはラスベガスで開催中のCES 2015に合わせ、プレスカンファレンスを開催し、いくつかの新製品を発表した。発表されたのは、2-in-1製品である「ASUS Transformer Book Chi」シリーズと、スマートフォンの「Zenfone」シリーズだ。ASUS Transformer Book Chiは液晶サイズ別に3モデル、スマートフォンではZenfone 2とズームレンズ搭載のZenfone Zoomの2製品となる。

続きを読む

タニタ&ムーミン×Windowsタブレット=COOKレット! キャンペーン始動【デジ通】

日本マイクロソフトはWindowsタブレットの認知のさらなる向上と販売促進を目指す施策の第3弾となる「COOKレット」キャンペーンを2014年11月5日から開始している。今回のキャンペーンは2015年2月に映画が公開される「ムーミン」と、タニタがWindowsストアで展開している「タニタの社員食堂」とコラボレーションしたキャンペーンとなる。

続きを読む

使い勝手と性能がさらに向上したレノボの「YOGA TABLET 2」シリーズ【デジ通】

2013年、レノボはスタンドを内蔵するAndroidタブレットのYOGA TABLETを発売した。タブレットとして一般的な全体が薄くなった1枚板のようなデザインではなく、片側が丸いグリップとなっているデザインで、手で持ったときの安定度が高く、さたにこの部分にスタンドを内蔵しており、本体だけ机に立てて置くことが可能だ。バッテリーはタブレットで一般的な薄っぺらい板状のではなく、グリップ部に収まる円形の大容量バッテリーを搭載できるので、駆動時間も同等のタブレットに比べて長いという特徴を持っていた。この基本コンセプトを継承しさらに発展させた新シリーズが登場した。

レノボのYOGA製品は、『360度回転! 回転型ヒンジがより高度に進化したレノボの「Yoga 3 Pro」』で紹介した2-in-1パソコンのように様々なシーンで利用できることが売りだが、YOGA TABLETも手に持って使用したり、机において使用したりと様々なシーンで便利に使えるようになっている。

lenovo3

新シリーズでは、スタンド部分が180度開くようになり、スタンドに開けられた穴を使い壁に掛けるようなこともできるようになっている。壁掛けテレビのように使えるのでレシピを見ながら料理をするといった具合、設置するスペースが無なくても壁に掛けることでタブレットを利用できるわけだ。細かなことだが、従来は単に開くだけだったスタンドも、特定の角度でしっかりと固定できるように改良され、自分の好みの角度に調整できるようになっており、さらに使い勝手が向上している。

lenovo2

また、従来はAndroid版のみだったが、Windows版も提供され、画面サイズも3サイズが用意される。Androidは8インチと10.1インチでWindows版は8インチ、10.1インチ、13.3インチの3種類。2プラットフォームを合わせると計5モデルとなる。中でも13.3インチモデルは、2560×1440ドットという高解像度液晶を搭載し、丸グリップ部分にプロジェクターを内蔵している。このプロジェクターでプレゼン資料を投影しつつ、本体を操作することができるので、ビジネスユースにはもってこいの製品と言える。バッテリー駆動時間はモデルによっても異なるが、最も長時間駆動なのがAndroidモデルで18時間、それ以外のモデルは15時間駆動となる。15時間でも一般的なタブレットと比較しても長時間駆動だ。

CPUは全モデルインテルのAtom Z3745となりパフォーマンスも向上した。AndroidにWindows版の5つのラインアップになったことでYOGA TABLETシリーズは、より一層魅力が増したと言えるだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
Creative Cloudと連携してこそ意味があるiPad用スタイラスペン「Adobe Ink & Slide」
デスクトップで世界初RealSense対応! 用途に合わせてスタイルを変化できる富士通の「ESPRIMO WH/WW」
WebストレージやWebアプリ必須ながらChromebookより使えるHPのWindowsノート
360度回転! 回転型ヒンジがより高度に進化したレノボの「Yoga 3 Pro」
ゲーム関連機能が魅力的なNVIDIAのSHIELDタブレット



デスクトップで世界初RealSense対応! 用途に合わせてスタイルを変化できる富士通の「ESPRIMO WH/WW」【デジ通】

富士通は2014年秋冬モデルでいくつかの新製品を発表しているが、デスクトップパソコンでは世界初となるインテルのRealSenseテクノロジーを搭載した「ESPRIMO WH」が大注目だ。

RealSenseを搭載していることに加え、液晶画面の角度を変えて、用途に応じてスタイルを変形できる仕様も取り入れている。これにより、ノート型2-in-1のような使い方ができるデスクトップパソコンとなっている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ