ITライフハック

PS4

ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターがPlayStation VRの最新ニュースを発信

【メインカット(ご掲載推奨)】PS VRフォト(集合)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation VR(PS VR)の楽しみ方を発信していくため、ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターの方々がPS VRの様々なニュースを紹介するスペシャルサイト“PlayStation VR presents 「VRラボ」”を2017年1月24日(火)に公開した。

「VRラボ」では、第1弾コンテンツとして、これまで世にも恐ろしい怪談の数々で人々を恐怖のどん底に陥れてきたストーリーテラー稲川淳二さんがPS VRを初体験した一部始終を収めた、「バイオハザード7 & KITCHEN vs 稲川淳二 VRモード プレイムービー」を公開した。

今回プレイしたのは、PlayStation4(PS4)用ソフトウェア「バイオハザード7 レジデント イービル」(PS VR対応、2017年1月26日(木)発売予定)と、その序章ともいえる「KITCHEN」(PS VR専用、好評配信中)。

体験する前は「私ね、今までに相当怖い場所も訪れていますし、大抵のことでは怖がらないですよ」と余裕を見せていた稲川さんだが、実際にVRヘッドセットを装着してプレイを始めると、「やだなぁ~、なんか怖いなぁ~」とポロリ。

ゲームが進むにつれ、VRモードならではの没入感に終始絶叫し、プレイ後には興奮した面持ちで「バーチャルとかそんな生易しいものじゃない!」と語った。興奮と恐怖に満ちた稲川さんのプレイの様子を、動画でぜひ見てみよう。

PS VRは、1月26日(木)より、国内の一部の販売店様の店舗やECサイトにて追加販売するとのこと。販売を行う店舗やECサイトについては、PS VR公式サイト(http://www.jp.playstation.com/psvr/)の「販売取扱店舗」を参照してほしい。

VRラボ

『バイオハザード7』キーアート


PlayStation VR presents 「VRラボ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」
新型PS4のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」が登場

PlayStation VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-10-13

PlayStation Camera(CUH-ZEY2J)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15




新型PS4のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」が登場

PS4_2000_White_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、 小型・軽量化した「プレイステーション 4」(PS4)(CUH-2000シリーズ)初のカラーバリエーションとして、本体色「グレイシャー・ホワイト」を日本、アジア、欧州で1月後半より順次発売すると発表した。

PS4「グレイシャー・ホワイト」は、日本では2017年2月23日(木)より 2万9,980円(ハードディスクドライブ:500GB)および3万4,980円(1TB)にて、欧州では2017年1月24日(火)より299ユーロ、259ポンド(500GB)にてラインアップに加わる予定だ。

プレイステーション

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワコム、Bambooスマートパッドの新製品「Bamboo Folio small」を発売
パナソニック、ベルリン・フィルと技術開発協業契約を締結
息を吹きかけると火がつく電子ライターKURUIの新商品が登場
リンクス、iPhone 7対応で正規MFi認証取得のLightning接続ヘッドホンを発売
Fossil Group、ハイブリッドスマートウォッチ「MISFIT PHASE」を発売

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10



上田文人氏による7年越し待望の最新作「人喰いの大鷲トリコ」を2016年12月6日に発売

20160722_152935_0_0

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation4用ソフトウェア「人喰いの大鷲トリコ」を、2016年12月6日(火)より発売する。価格は6,900円(税別)。

本作は、PlayStation 2を代表する作品「ICO」、「ワンダと巨像」を手がけたゲームデザイナー・上田文人氏による最新作。2001年に発売された「ICO」は、ゲームのアカデミー賞と呼ばれるAIAS (The Academy of Interactive Arts and Sciences)において2部門を受賞、2005年に発売された「ワンダと巨像」は、世界各国のゲーム制作者が選ぶGame Developers Choice Awards において5部門を受賞するなど、数々の権威ある賞を獲得している。

 その上田文人氏が手掛ける最新作が、2009年の発表から7年の時を経て、いよいよ今年2016年に発売となる。

本作では、プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲トリコと共に、忘れ去られた巨大遺跡を冒険する。本来であれば共に行動するはずのない一人と一匹が、幾多の苦難を乗り越えて絆を深めていくアクションアドベンチャーとなっている。

■製品概要
製品名:人喰いの大鷲トリコ
機種:PlayStation 4
ジャンル:アクションアドベンチャー
発売日:2016年12月6日(火)
価格:
・パッケージ通常版 希望小売価格 6,900円(税別)
・パッケージ初回限定版 希望小売価格 6,900円(税別)
 ①PS4用ソフトウェア『人喰いの大鷲トリコ』
 ②BRUTUS編集スペシャルブックレット
 ③スペシャルボックス
 ④『人喰いの大鷲トリコ』PS4(R)テーマ ダウンロードコード
 ⑤ミニサウンドトラック ダウンロードコード
・ダウンロード版 希望小売価格 6,900円(税別)
2016年12月5日(月)までに予約購入いただくと以下の特典があります。
 発売日の午前0時からプレイいただけます。
 通常価格より1,080円(税込)安くご購入いただけます。
 ゲーム本編の他に早期購入特典として以下のアイテムが付いてきます。
  ①人喰いの大鷲トリコ PS4(R)用テーマ
  ②ミニサウンドトラック(4曲)
CERO:B(12歳以上対象)


20160722_175456_0_0


© Sony Interactive Entertainment Inc.
公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」の親子参加型ワークショップを開催へ
もうすぐクリスマス!マピオン季節特集「イルミネーション特集2016-2017」を公開
「AWA」が月額無料の新「Freeプラン」を提供開始。新機能「ハイライト再生」で聴き放題へ
ソニービル建替前のカウントダウンイベント 「It's a Sony展」開催。ソニービルの50年を振り返る
「ボジョレー・ヌーボー、今年も買いますか?」昨年購入者の7割が今年も購入予定。マクロミル調べ



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ