ITライフハック

PalPANDA

火星大接近を楽しむグッズ!TOCOLから惑星観察用バージョンアップユニット「PalPANDA UD PLANETS」のアストロアーツ特別限定版セット

0a84236f47

TOCOLは、天文専門誌「星ナビ」を発刊するアストロアーツの特別限定版として「PalPANDA UD PLANETS フルセット」を発売した。価格は9,990円(税込)。

■惑星観測向けのオールインワンセット
同製品は「PalPANDA UD」に「PLANETS(大型タブレットボード付き)」と「PalBeans」をセットにしたオールインワンパッケージ。

新開発の収差を補正した「4倍アクロマートバローレンズ(7層マルチコーティング)」、像面を平坦にする「フィールドフラットナーレンズ(7層マルチコーティング)」によって、惑星や月面のクレータをよりシャープに映し出すことが可能だ。

■光学倍率は約150倍
PalPANDAシリーズは有効口径38mmと小さいがバローレンズを付けると光学倍率で約150倍にもなる。

一般的には口径(mm)の2倍くらいの倍率が限界倍率となり、これ以上の倍率を出しても意味がない(過剰倍率)とほとんどの入門書に記載されているが、同天体望遠鏡にスマホやタブレットを取り付けて撮影された実写動画を見るとその実力に驚かされる。

iPadで撮影された本動画には、火星の南極冠、木星の大赤斑、土星と輪に映る本体の影が映し出されている。



15年ぶりに大接近している火星は9月上旬までひときわ明るく大きく見える。この絶好のチャンスにスマホやタブレットで火星動画を撮影してみてはいかがだろうか。

スマホ天体望遠鏡公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「天才」「多動力」など人気作品15タイトルがamazon Audibleで一挙配信開始
LINEから自分で1円単位で金額を指定して購入できる「バリアブルカード」登場
バーチャルタレントの富士葵が「ニコニコ超パーティー2018」に出演
男性の美容意識を調査。外見の悩みは?スキンケア用品、美容系サービスは利用している?(マクロミル調べ)
マルちゃん「赤いきつね」が40周年で新CM「発売40周年篇」を好評放映中

PalPANDA UD PLANETS
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2018-07-25

スマホ天体望遠鏡 PalPANDA UD
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-09-15

スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDA UDx
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-09-15



TOCOLより、スマホで天体動画が撮れる「PalPANDA UD/UDx」のアップグレードキット登場

czMjYXJ0aWNsZSMxOTQ5NSMxOTQzNjAjMTk0OTVfV2ZGbFpvRW53aC5qcGc

TOCOLは2017年12月12日、スマホで土星・木星・金星・火星などの天体動画や写真が撮影できるスマホ天体望遠鏡「PalPANDA UD/UDx」アップグレードキット「PalBeans」の発売を開始した。発売記念として8,910円の同製品をキャンペーン特価5,400円(税込)で発売する。期間は12月12日~12月17日まで。

同製品を組み込んだ「PalPANDA UD/UDx」に9.7インチタブレットを取り付けると、木星や土星はモニター上に12mm程度で映し出される。木星の縞はもちろん、土星のA環とB環が分離できる精度だ。

像を大きくする「2倍/4倍 バローレンズ」とレンズの収差を補正する「フィールドフラットナー・レンズ」を組合せることで高倍率でもしっかり描写。木星の縞はもちろん、土星のA環とB環が分離できる精度だ。

さらに本製品には「レンズ絞り機能」を搭載。これによりシーイング、ダンシング、シンチレーションを改善。シャープで安定した星像になり、土星の環などは揺らぎが止まったように見える(ディスプレイ表示や撮影された映像より眼視の方が効果は顕著)。

また、レンズの諸収差が低減され、コントラストが高く鮮明な像になる。 (対象によっては絞りが小さすぎると逆に画質が低下)。

このほか、月や明るい惑星などの観望や撮影の際、光量調節が簡単にできる。(絞りが小さ過ぎると像が暗くなり、月面では映像にノイズが出やすくなる)。

2018年は、15年ぶりに大接近する火星も見られる天体の当たり年。正月(1月2日)からスーパームーン、皆既月食が1月と7月の2回起き、7月には15年ぶりに火星が大接近。土星の環(リング)も大きく開いて見える年だ。スマホやタブレットでプレミアムな2018年の天体ショーを楽しんでみてはどうだろうか。



ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2017年最新の帰省みやげはこれだ!「東京みやげランキング」トップ10を発表
「メルカリトレンドワード2017」を発表
ソニーのロボット・プログラミング学習キット「KOOV」の体験会を開催
「フィギュアヘッズ」のオフラインゲームイベントを実施する「GALLERIA GAMEMASTER キャラバンin名古屋」の参加受付を開始
「AbemaTV」にて大晦日に特別番組 「朝青龍を押し出したら1000万円」の放送が決定

PalBeans(PalPANDA UD/UDx アップグレードキット)
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-12-12

スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDA UDx
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-09-15



TOCOL、ユニバーサルデザイン・スマホ天体望遠鏡「PalPANDA」を発売

headimage

TOCOLは2017年9月15日、レンズをのぞかない、初めてのユニバーサルデザイン・スマホ天体望遠鏡「PalPANDA UD(天体用)」「同UDx(地上・天体兼用)」を発売した。価格は「PalPANDA UD(天体用)」が9,250円、「PalPANDA UDx(地上・天体兼用)」が1万1,100円(いずれも税別)。

天体観望に必要不可欠なのが天体望遠鏡。だが、慣れていない人や子どもには「前かがみになり」「片目で接眼レンズをのぞき」「ピント合わせをする」という動作に疲れを感じることが多い。

さらに、初心者がつまずきやすいのが星の導入。見たい星を望遠鏡の視野に導入するファインダーの扱いは意外に難しい。例え、ファインダーに星を導入したとしても接眼レンズをのぞき、ピントを調整している間に星が視野から外れてしまい、再度ファインダーで星を探さなければならない。

そんな不便を解消し、誰でも手軽に天体観測を楽しめるのが「PalPANDA UD/UDx」だ。同望遠鏡は、のぞき込まずに離れた位置からでも目標の星を導入できる業界初の「俯視正立ファインダー」を搭載している。

望遠鏡に取り付けたスマホやタブレットの画面と対象を導入するファインダーを、ほぼ同じ視野に入る位置に設置。ファインダーから目線を少し上げるだけで、スマホやタブレットに映し出された目標の星をすぐに見ることができるので、星が動いてもすぐさま視野内に入れることができる。

さらに、同ファインダーは、両目を開けたままでも片目の視野に収まる大きさになっているため、片目をつぶる必要もない。

PalPANDA UD/UDxのレンズ(MoonLENS)には、日本の大手カメラメーカーのレンズ製造元企業によって高精度に磨き上げられた光学ガラス製レンズを採用。

対物レンズ、接眼レンズは分散の違う2種類のガラスを組み合わせ色収差を補正するアクロマートレンズで、高い描写性能を発揮している。

光学約35倍、デジタルズームと併用すると約140倍まで拡大できる。土星は、輪が惑星本体から分離。木星は、4つのガリレオ衛星と惑星本体の2つの縞模様が見える。

TOCOL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ

スマホ地上・天体望遠鏡 PalPANDA UDx
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-09-14

スマホ天体望遠鏡 PalPANDA UD
光と色彩の能力テストTOCOL
株式会社リリス
2017-09-14



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ