ITライフハック

PlayStation

「ストリートファイター」のニコニコチャンネルを開設

YOUDEAL STREET FIGHTER ALLBATTLE

ドワンゴとYOUDEALは、ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコチャ
ンネル」にて、2017年3月20日(月)に、「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE」を開設した。また、3月26日(日)に開設を記念した公式生放送特番を放送する。

本チャンネルは、「ストリートファイターII」から最新タイトル「ストリートファイターV」までを網羅し、エキシビジョンマッチやオープン参加の大会、長期リーグ戦などを発信。また、各対戦の情報発表や感想戦などを行う番組を定期的に生放送する。

さらに、3月26日(日)には、チャンネル開設記念特番として、トッププレイヤーらによるエキシビションマッチを開催する。

■番組概要
 番組タイトル:「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE-SUPER EXHIBITON-」
 放 送 日 時 :3月26日(日)16:00 ~
 視 聴 U R L : http://live.nicovideo.jp/watch/lv293344340

■「YOUDEAL STREET FIGHTER ALL BATTLE」概要
 利用料金   :月額864円(税込)
 チャンネルURL: http://ch.nicovideo.jp/youdeal-sf
 実施予定内容 :・エキシビジョンマッチの実施
         ・各タイトルごとのオープン参加含む大会や長期リーグ戦の発信
         ・各対戦の情報、感想戦などをお伝えする番組を定期的に生放送


©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ストリートファイターシリーズ 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコ生で「翻刻の基礎」を学べる生放送実施
エヴァの高橋洋子「ニコニコ超会議2017」の「超音楽祭」で新曲初披露
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」サーバルキャットを2日連続で計14時間生中継
ニコ生、春分の日の3連休に心温まるアニメ5作品を全話一挙放送
ニコ生、東日本大震災の特集番組を3日連続放送。東北へ行ってみたくなる素材10時間放送など計5番組をお届け






音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!

PaRappaTheRapper_04_stage03_01

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation4用ソフトウェア「パラッパラッパー」を、2017年4月20日に発売する。価格はBlu-ray Disc版、ダウンロード版がいずれも1,800円(税別)。

「パラッパラッパー」は、1996年に初代PlayStationで発売され、現在「音ゲー(音楽ゲーム)」と呼ばれる、ゲーム内の音楽に合わせてプレイヤーが指示されたボタンを押してプレイするタイプのゲームの草分けとして大ヒットを記録した。

本作は、3D空間内に2次元で表現されたペーパークラフトのようなデザインのキャラクターがダンスとラップで物語を進めていくことになる。「音ゲー」と呼ばれるゲーム性だけでなく、キャラクターの個性や音楽性についても好評となり、ゲーム以外にも、企業コラボレーショングッズやテレビアニメ化など多岐にわたり展開されるなど、日本のみならず世界中で愛されている作品だ。

■本作の特長
フクザツな操作は必要なし! 誰でも簡単にラップ&ダンス!
主人公のパラッパはヒロインのサニーちゃんのハートを射止めるために、数々の困難にラップで立ち向かっていく。パラッパとステージごとに現れる様々なラップの先生が、リズムに合わせて交互にラップをしていき、見事カッコよく決められたらステージクリア。フクザツな操作は一切不要で、先生のお手本のラップに続けて、リズムよくコントローラーのボタンを押すだけ。大人から子供まで誰でも楽しめるゲームだ。

慣れてきたら、お手本に捉われることなく、自分の好きなリズムやスタイルでアドリブにも挑戦。いいパフォーマンスができれば先生が逃げ出してパラッパのソロステージ状態に!
PS4版では初代PS版からプレイシーンのビジュアルがキレイに生まれ変わり、キャラクターたちがより活き活きと描かれている。パラッパをはじめとする個性豊かなキャラクターたちが贈るノリノリのパフォーマンスを、ぜひ楽しんでほしい。

なお、パッケージ版、ダウンロード版ともに1,800円(税別)で購入可能。昔プレイしていた人も、これからプレイする人も、気軽に手にとって、一人でももちろん、友人や家族と一緒に楽しんでほしい。

なお、PlayStation Storeにて無料体験版を配信中。体験版ではステージ1「フルーツ道場」でタマネギ先生とのラップバトルが楽しめるようになっている。


PaRappaTheRapper_01_stage01_01


©Sony Interactive Entertainment Inc. ©Rodney A.Greenblat/Interlink

パラッパラッパー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PASMO10周年を記念したイベントを開催
東日本大震災の発生から6年。“防災動画の決定版”が完成
水族館の人気者がハンコに。海の生きものにいつでも会える「うみのいきものずかん」
ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場

【PS4】パラッパラッパー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-04-20

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-11-10

PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB(CUH-2000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2016-09-15



最新作「キングダムハーツHD1.5+2.5リミックス」の本日発売を記念してスペシャルコンテンツを公開

1

ディズニーとスクエニのコラボRPG「キングダム ハーツ」の15周年記念第2弾、また最新作「キングダムハーツHD1.5+2.5リミックス」の本日発売を記念して、スペシャルコンテンツが公開された。キャラクターごとのテーマソングで、過去作品の物語を振り返ることができる。

キャラ毎のテーマソングを背景に、最新作に収録されている6タイトルの物語の中から、各キャラの名場面やセリフを振りかえることができる。

選択できる楽曲は合計8曲。物語の鍵を握るキャラたちのテーマソング「Sora」、「Riku」、「Kairi I」、「Roxas」、「Aqua」、「The 13th Struggle」と、各ワールドを巡るグミシップのテーマソング「Blast Away!- Gummi Ship I-」、ボス戦闘曲「Tension Rising」。

なお、オリジナル紙巻きオルゴール「MEMORIAL MUSIC BOX」が、シリーズ15周年に掛けて15名に当たるキャンペーンも同時開始。

この紙巻オルゴールを回すと、最新作に収録された6タイトル全てで使われている「Dearly Beloved」が流れる設計で、まさにサイトコンセプト“音楽で辿る、物語の記憶”を体現したものとなっている。

■応募方法
Twitter「キングダム ハーツ公式」アカウントをフォローした上で、特設サイトのキャンペーン応募ページ(サイト下部のバナー「KINGDOM HEARTS MEMORIAL MUSIC BOXプレゼントキャンペーンページ」をクリックで表示)より、音楽で思いだした「キングダム ハーツの好きなシーン」をTwitter に投稿。
応募期間:3月9日(木)~3月31日(金)


2

3

紙巻オルゴールイメージ


特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ソフトバンク、小学生を対象にしたプログラミング体験イベント参加者を募集開始
日本向けに開発したプリングルズの新定番フレーバー「ハラペーニョ&オニオン」が登場
「PSP」などソニーの人気製品を親子で分解!ソニー・エクスプローラサイエンスがワークショップを開催
「ソニービル記念品ルーバー」チャリティ販売をスタート





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ