ITライフハック

Plus

置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース

mophie-juicepack-7-series

フォーカルポイントは、mophieの「おくだけで充電」を実現するバッテリーケース「mophie juice pack air for iPhone 7」と「mophie juice pack air for iPhone 7 Plus」、「mophie charge force ワイヤレス充電ベース」を2017年2月より発売する。価格は12,800円(税別)。

本ケースは、ワイヤレス充電機能を搭載したiPhone 7/iPhone 7 Plus用バッテリーケース。mophieから発売されている「CHARGE FORCE」規格対応してワイヤレス充電器、またはQiワイヤレス充電器を使ったワイヤレス充電が可能だ。「MFi」認定製品なので、アップデートにも万全対応している。

mophie-wireless-chage-base


mophie juice pack air for iPhone 7
mophie juice pack air for iPhone 7 Plus
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売






「総務省指定」の刻印って、なに? 写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポ

iPhone 7 Plus


2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ」という記事でお伝えしたように、アップルは2016年9月16日、同社スマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。

上位機種となる「iPhone 7 Plus」はApple Storeでは2~3週間待ちであり、店頭でも予約扱いとなっているモデルもあるほどの人気ぶりだ。
筆者を含め発売日に入手することができた人は、本当にラッキーだったと言えるだろう。

さて、今回は、そんな人気機種「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

■カメラ機能が大幅に進化
早速、「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

正面から見た「iPhone 7 Plus」。画面は5.5インチのRetina HDディスプレイで、1,920×1,080ドットの解像度を備える。
正面


背面には、1200万画素のiSightカメラを搭載する。
背面


広角カメラと望遠カメラ、2つのカメラを搭載する。光学式手ぶれ補正を備え、2倍の光学ズーム機能に加えデジタルズームとの併用で最大10倍のズームが可能だ。
カメラ


よく見ると、「総務省指定」の刻印がある。iPhone 7からSuicaに対応した。近接無線技術「FeliCa」に対応した機器には、表記が義務付けられているのだ。
総務省指定


上面には、何もない。実にシンプルだ。
上面


底面には、スピーカーが左右に備わっている。Lightningコネクタは見えるが、ステレオミニジャックがなくなった。
底面


ステレオミニプラグのヘッドホンやスピーカーを使う場合には、付属のLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを使用する
アダプタ


左側面には、サイレントモードのスイッチと、ボリュームスイッチが見える。
左側面


右側面には、電源ボタンとSIMカードスロットを備える。
右側面


キャリア版のiPhone 7(ドコモ、ソフトバンク、au)はSIMロックが掛けられているが、SIMロック解除対応機種となっているため、一定の条件を満たせばSIMロック解除が可能だ。Apple Storeで購入した場合、最初からSIMロックフリーだ。
SIMカードスロット


「iPhone 7/Plus」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場




iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ【先週のまとめ】

iphone7


先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、MMD研究所は5歳~69歳の男女2178人を対象に2016年9月9日~9月12日の期間で「iPhone 7/7 Plus購入意向調査」を実施した。14日(水)の記事を振り返ってみよう。

オフィスクレッシェンド、新たな才能を発掘するアワード「未完成映画予告編大賞」の作品募集を開始
国内映画の制作を手がけるオフィスクレッシェンドは、映像制作における日本の新たな才能を発掘するためのアワード「未完成映画予告編大賞」を創設し、作品の募集を開始した。期間は2016年11月30日まで。このアワードでは、新作映画のプレゼンとなるような3分以内の予告編映像を国籍、プロ・アマ問わず広く一般から募集する。なお作品には、ある特定の地域を舞台に制作するという条件が課せられており、国内のみならず、海外にも日本の魅力を発信することができる作品を対象としている。


Tech in Asia、アジア最大級のテック・カンファレンス「Tech in Asia Tokyo 2016」を開催
Tech in Asiaは去る2016年9月6日~7日の2日間、都内 渋谷ヒカリエホールにおいて、アジア最大級のテック・カンファレンス「Tech in Asia Tokyo 2016」を開催した。Tech in Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するテック系メディアであり、毎年アジア最大級とされるテック・カンファレンスを、シンガポール・東京・ジャカルタの3都市にて開催することで知られている。


「FFXV」同梱の新型「プレイステーション4」特別デザインモデルを発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、新型「プレイステーション4」とPS4用ソフトウェア「FINAL FANTASY XV」をセットにした「PlayStationR4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION」を2016年11月29日(火)数量限定で発売する。価格は3万9,980円(税別)。


PlayStation Vita Wi-Fiモデルに新色「シルバー」、「メタリック・レッド」が登場
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、携帯型エンタテインメントシステムPlayStation Vita(PS Vita)Wi-Fiモデル(PCH-2000シリーズ)の新色「シルバー」、「メタリック・レッド」を、2016年12月1日(木)より発売する。価格は1万8,980円(税別)。予約受付は、2016年10月6日(木)から。


iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
MMD研究所は、15歳~69歳の男女2178人を対象に2016年9月9日~9月12日の期間で「iPhone 7/7 Plus購入意向調査」を実施した。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhone 7の国内販売開始に伴い、新プラン「U-mobile for iPhone」をリリース
おサイフケータイのiPhone登場! アップルがiPhone 7 および 7 Plusを発表!
MVNO事業「LINEモバイル」2万契約限定で先行販売を開始
ファーウェイ、プレミアムオーディオとマルチメディア技術を搭載した「HUAWEI MediaPad M3」を発表
ロジクール、9.7インチiPad Pro向けバックライト付きキーボードケースを発売





iPhone 6s Plus/6 Plus用のスタンド機能・カードスロット付き本革製フォリオケース

フォーカルポイントは、OtterBoxの品質基準テストをクリアした、iPhone 6s / 6 Plus対応のスタンド機能・カードスロット付き本革製耐衝撃フォリオケース「OtterBoxStrada シリーズ for iPhone 6s Plus/6 Plus」を発売する。価格はオープンプライスで、同社のオンライン直販価格は7,480円(税抜)。
続きを読む

パソコン不要のパーソナル3Dプリンター「ダヴィンチ 1.1 Plus」

XYZプリンティングジャパンはパソコンがなくても3Dプリントできるパーソナル向け3Dプリンター「ダヴィンチ 1.1 Plus」を発表した。Wi-Fi接続を行うことにより、同社の3Dデータ共有サイト「XYZギャラリー」にプリンターで直接アクセスして3Dデータを選ぶだけで、パソコンがなくても好きな3Dデータを3Dプリント可能だ。

■スマホやタブレットにも対応
「ダヴィンチ 1.1 Plus」は、パソコンがなくても利用できるだけでなく、昨今のモバイル機器の普及に合わせて、タブレットデバイス(iPad、Androidタブレット)に対応。これにより、リビングや書斎にも自由に3Dプリンターを設置できる。

また、USBメモリーからの直接3Dプリントも可能だ。さらに5インチのタッチパネル液晶を搭載しており、直感的に使いやすい操作性を実現している。ダヴィンチ 1.1 Plusの特長は以下、

・タッチパネル液晶搭載
5インチのタッチパネル液晶を搭載。直感的な操作性によって初めて3Dプリンターに触れる人でも簡単に操作できる。

・Wi-Fi機能搭載
Wi-Fiによるインターネット接続ができるため利便性が格段に向上。たとえばタッチパネル操作でプリンターだけで「XYZギャラリー」にアクセスし、データをダウンロードし、そのまま3Dプリントすることが可能。パソコンとの接続にはWi-Fi以外に有線LAN接続も可能。

・タブレットからの操作
「ダヴィンチ 1.1 Plus」と同じネットワーク環境下であれば、専用のアプリ「XYZprinting App」を用いて、iPadやAndroidタブレットから「ダヴィンチ 1.1 Plus」を操作できる。

また、「ダヴィンチ 1.1 Plus」が置いてある場所まで行かずに手元のタブレットから3Dプリントができる。また本体内蔵のカメラを通じて出力状況を確認できるようになっている。

・USBメモリーから3Dプリント
プリンター本体に搭載しているUSBポートにUSBメモリーを挿入し、メモリー内の3Dデータを直接、3Dプリントできる。

・安心の日本語サポート
年中無休の国内サポートにより、使い方が分からないときも安心して日本語で問い合わせできる。使用経過による調整時など困った際にも対応し、必要に応じて迅速な交換、修理対応を行ってくれる

・みんなが使える、みんなで使える
初めて3Dプリンターを使用する人でも、すぐに使い始められる専用ユーティリティソフトウェアを同梱。作成されたオリジナル3Dデータを公開したり、公開された3Dデータをダウンロードしたりできる専用サイト「XYZギャラリー」も利用可能だ。

■製品概要
製品名:ダヴィンチ 1.1 Plus
発売日:発売中
価格:119,800円(税込)


製品情報
XYZプリンティングジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC・パーツの記事をもっと見る
高セキュリティィィィインチネジ! パソコンの中身をガード!
エプソンが発表会を開催!カラリオシリーズのプリンタ複合機など5機種を発表
使い方色々! PCケース等を幻想的にライトアップできるUSB型スポットライト
1台ですべてをこなすすごいヤツ。ZIGSOWユーザーが「dynabook T75」を試す
ソースネクスト、3年連続販売本数第1位ハガキ作成ソフト「筆王 Ver.20」


わずか10gのすごいヤツ!ゴルフ上達ツール「Plane Analyzer Plus」試用レポ

ゴルフ上達を目指すのに一番大事なのがスイングだ。スライスの改善、ドライバーでもっと飛距離を出したいときに、自分のスイングで悪い部分(腰が入っていない、腕の振りが十分でないなど)を改善することで、見違えるように上達する。

こうしたスイング改善に役立つのがピクセラから発売されているゴルフスイング改善ツール「Plane Analyzer Plus」(以下、プレアナ)だ。グリップエンドに専用のセンサーを差し込むだけで、スマートフォンやタブレットと連動して自分のスイングを自動撮影し、データ解析してくれるのだ。

この製品をZIGSOW PREMIUM REVIEWでユーザーのドレッドノートさんが記事にしているので紹介しよう。
続きを読む

iPhione 6 & 6 Plusの液晶を保護する表面硬度8Hプラスチック素材専用保護シート

iPhoneシリーズの液晶画面を傷や汚れから守るのに欠かせないのが保護シートだ。ガラス素材の保護シートは強度も透明度も高いのでおススメの保護シートではあるが、いかんせん価格が高いのが難点だ。

今回紹介する保護シートは、税込599円という破格の安さで購入できる。ただし素材は強化プラスチック素材だ。プラスチックながらガラスのような特徴を持った「ガラスライク」な保護シートである。iPhone 6(4.7インチ)用と、iPhone 6 Plus(5.5インチ)用の2モデルが用意される。

続きを読む

千円を切るiPhone 6とiPhone 6 Plusに対応した、女性に人気の手帳型フェイクレザーケース

iPhoneシリーズでは、男性はiPhoneをケースに入れずにそのまま使っているという人も多い。一目見ただけでiPhoneであることがわかるので、それを意識してのことだと思われるが、それゆえに本体を落としてしまってディスプレイを割ってしまうというトラブルに遭遇しやすくなってしまうわけだ。

続きを読む

待望のiPhone 6 Plus用強化ガラス液晶保護フィルム「Z’us-G(ゼウスジー)」登場

先日『4.7インチのiPhone 6用の強化ガラス液晶保護フィルム「Z’us-G(ゼウスジー)」』という記事でiPhone 6用の強化ガラスフィルムの予約受付が開始されたことをお伝えした。

その際にiPhone 6 Plus向けの製品に関してお伝えしていなかったと思う。さてこのたびHOYA株式会社の100%子会社であるHOYAサービス株式会社は、多数のユーザーから要望を受けていたiPhone 6 Plus対応の強化ガラス製液晶保護フィルム、Z'us-G(ゼウスジー)の販売を決定した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ