ITライフハック

Premium

暗い場所でも明るく鮮明な写真を撮影できるドコモの「Xperia XZ2 Premium SO-04K」

Xperia XZ2 Premium SO-04K Chrome Black

ドコモは、暗所でも明るく鮮明な写真が撮影できる新開発の超高感度デュアルカメラと、4K HDR対応ディスプレイを搭載した「ドコモ スマートフォン Xperia XZ2 Premium SO-04K」を、2018年7月27日より発売する。

■ソニー独自の技術を結集したデュアルカメラ搭載
Xperia XZ2 Premium SO-04Kは、ソニー独自の画像融合処理プロセッサーAUBETM(オーブ)により、カラーとモノクロの2つのセンサーで捉えたデータを瞬時に合成するMotion EyeTM Dualカメラを搭載した。スマホの域を超えた、超高感度で低ノイズの撮影が可能だ。

静止画で最高ISO感度51200、動画で最高ISO感度12800を実現。肉眼では見えにくい暗さでも、画面で被写体を確認しながら超高感度撮影が可能だ。暗所でも明るく、鮮明に撮影する低照度撮影ができる。

被写体を際立たせるボケ感や、白と黒のグラデーションがおりなすモノクロ写真の撮影など、デュアルカメラにより、プロが撮影したような写真を撮ることができる。
Xperia XZ2 Premium SO-04K Chrome Silver

■4K HDR対応ディスプレイで楽しむエンターテインメント
4K HDR対応ディスプレイも魅力のひとつ。約5.8インチの大画面で、色鮮やかで美しい4K HDR映像を観ることができる。4K HDRの動画撮影が可能であり、世界で初めて4K HDRの撮影と再生ができるスマートフォンとなった。

DAZN for docomoやYouTubeなどの動画も超解像エンジンX-Reality for mobileにより、4K HDR相当に変換できる。独自のサウンド解析技術により、ミュージックビデオや映画の音やゲーム上のアクションにあわせた振動が発生する機能も備わっている。

「Xperia XZ2 Premium SO-04K」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ナビ利用等スマホ車載時に熱暴走しないよう冷却してくれる 「スマホナビも快適に!『ドライブスマクール』」
ソフトバンクが白戸家のお父さん犬「カイくんありがとう展」を開催
ローランドからワンランク上の投稿動画を手軽に作れるスマホ用オーディオ・ミキサーとカメラアプリ
防弾チョッキ素材を使用した断線に強くコネクタが頑丈なLightningケーブル
写真を撮れば種類がわかる!AIを活用した魚種判定アプリ「フィッシュ」が登場







インテルの高速SSDが無料入手できる!?ZIGSOWでレビュアー30名を大募集<PR>

5 top


現在では、ノートPC向けのストレージとしてすっかり定着した感のあるSSD。今では低価格なノートPCでも起動ドライブにSSDが搭載されていることが多い。ただ容量に対する価格では、まだHDDのほうが有利な点もある。SSDはHDDに比べて圧倒的に高速な読み書きが可能だ。しかも衝撃に強いうえ、ほぼ無音動作で消費電力も少ない。消費電力の少ないSSDのほうが当然バッテリーは長持ちする。

しかし、少し前のノートPCでは、上位モデルだけにSSD搭載モデルが用意されていたがHDDを搭載しているモデルのほうが多かった。そして自分のノートPCで、ストレージを大容量SSDに乗せ換えようと思っても、まだ気楽に買える価格ではなかったりする。

そんな大容量SSDを無料でゲットできるチャンスがやってきた。

レビューメディア「ZIGSOW(ジグソー)」のプレミアムレビューでは、「マシンガンレビュー Ⅳ ノートPC 30機種 復活劇」http://zigsow.jp/review/522/ と題し、インテルの高速SSDである「SSD 540s」シリーズを実際に使用し、自己所有のノートPCのストレージをSSDに換装する手順について詳しく伝えられるレビュアーを大募集中だ。その数なんと30名!

レビュアーに選ばれると、自己所有のノートPCの分解および復元の手順や、環境の移行、OSの起動までを写真や可能であれば動画を交えて詳しく説明するレビューを書くだけで、そのままSSDを使い続けることが可能だ。
5 Left Angled

■最大限の価値と最大限のパフォーマンスの融合
インテルSSD 540sシリーズは、信頼性を高めたストレージや優れた電力効率を備えたSSDだ。ノートパソコンだけでなくデスクトップPCでも優れたパフォーマンスを発揮、なおかつインテルならではの高い品質と信頼性、電力効率とHDD利用時以上の快適環境を実現してくれる。

その読み書き性能だがシーケンシャルリードは560MB/s、シーケンシャルライト480 MB/s。ランダムリード(8GBスパン)は78,000 IOPS、ランダムライト(8GB スパン)は85,000 IOPS。従来のHDDを利用していた古いノートPCを一気に高速化してくれる。なお、レビュアー募集の詳細は以下、

■ZIGSOW Premium ReviewインテルSSD 540sレビュアー募集要項
レビュー対象製品:インテル SSD 540s シリーズ (2.5インチ SATA 480GB)
募集人数:30名
応募期間:2016年6月10日(金)~2016年6月26日(日)23:59


レビュアー応募ページ
ZIGSOW

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
先着1万名に体験版を無料配布!英語が学べる、超字幕「ホワイトカラー Season 1」
米軍の厳しい基準をクリアした耐衝撃構造! ロジテックより2.5インチで3TBのポータブルHDD、Web限定で発売
立ち仕事などでPCを使う人向けのキーボード台つきモニターアーム
非常に革新的で面白い製品!フロンティアファクトリー奥田社長が戦略を語る
2014年はホースパワーだ!クレイグ・ティーゲル社長が来年の抱負を語る





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ