ITライフハック

QWERTY

持ち運んでどこでも快適なタイピングを可能にする折りたたみ式Bluetoothキーボード

1

ワールドトレードは、2019年 07月16日より開始したクラウドファンディングプラットフォーム「未来ショッピング」にて「Gotek keyboard」のプロジェクトを開始した。

本製品は、超スリム(ちょうど6mm)で超軽量(176g )の折りたたみ式キーボードで、携帯に非常に便利。AppleのiPad Proとの併用にちょうど適したサイズ設計になっている。

柔らかいPUレザーのような素材で、耐水性、傷耐性にも優れ、汚れにくい仕様。内蔵の充電池は約40時間の連続稼働を可能にし待機日数30日間をサポート。iOS、Android、Windows OSに対応しているほか、ノートパソコンやデスクトップパソコンを含むすべてのBluetooth対応機器で動作可能だ。

タブレット(最大13インチの画面サイズ)またはスマートフォン用のスタンドとして使用できる透明な保護ケースが付属していますのでノマドワーカーにも最適なガジェットとなっている。

■製品仕様
カラー:ブラック
キーボードレイアウト:QWERTY、64キー
キーボードのサイズ:328 x 102 x 6 mm(展開)158 x 102 x 12 mm(折りたたみ)
重量:176 g
電池の容量:110 mAH
電池の種類:充電式リチウムポリマー電池
充電時間:2時間
中断なし動作時間:最大60時間
スタンバイ時間:30日
Bluetooth:3.0
距離:10メートル
主な寿命:300万クリック
システム:iOS 9以降、Android 4.3以降、Windows 8.1以降
スタンド:最大13インチのデバイスをサポート(保護ケースなしの画面サイズ)
材質:ABS、PU


7




クラウドファンディングページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマホも手とダブル冷却でスマホの熱暴走と手汗も防げる超便利な「手汗も防げるスマホグリップ『両面スマクール』」
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施
富士山頂の一部でWiMAX 2+が利用可能に
阪神タイガース承認済オリジナルデザインのモバイルバッテリー





iPhoneでない選択!小さくスマートなWindows Phone

ソフトバンクモバイルのスマートフォン「X01SC」

- 重さを感じないWindows Phone「X01SC」【気になるモバイル】-

iPhoneを初めとするスマートフォンは、この不況の中でも売上げを伸ばしている人気商品だ。
これまでスマートフォンは、ケータイとパソコンの間に挟まれ、中途半端なポジションに永らく位置していたが、iPhoneの登場以来、インターネット携帯電話としての新しい居場所を手に入れ、使い道と商品コンセプトが明確になってきた。

スマートフォン認知の立役者はiPhoneであることは間違いないが、iPhone=スマートフォンかというと、決してそうではない。また、世の中のすべての人が画面をタッチして使いたいかといえば、それもまた違う。画面上のソフトウェアのキーを叩くより、実際のキーボードで文章を打ちたいと思う人も数多くいるからだ。

■非タッチパネルの「X01SC」
ソフトバンク「X01SC」(サムソン社製)は、Windows Mobile 6.5 Standardを搭載した新端末。非タッチパネルと本体上にQWERTYキーボードを搭載したストレート端末だ。
非タッチパネルということで、操作は、中央のソフトウェアキー、ホーム、キャンセルキー、中央がエンターキーとなるカーソルキーで主に行う。片手で操作が十分にできるため、移動中でもテキパキと利用できるところが、メリットだ。

■世界最軽量のボディを実現
ソフトバンクモバイルが2009年の冬モデルでリリースしたサムソン社製「X01SC」は、なんといっても前面にQWERTYキーボードを搭載した端末ながら、わずか103.9gという軽量なボディが最大の特徴だ。
これまで本体上にキーボードを搭載した端末は、本体が大きくなりがちだったが、X01SCは小さいだけでなく持っていると思えないほどの軽さを実現している。発表会では、モックと間違える人が続出するくらいであった。このサイズと重さなら、胸ポケットにいれても違和感なく利用できるほか、端末の重さでシャツが型くずれすることもないだろう。

■キーボードが大好きなあなた向き
「X01SC」は、キーボードが大好きな人にうってつけのスマートフォン。
小型なのに、クリック感のあるキータッチを実現したキーボードを本体上に搭載しているので、いつでもサッとだして、メールの長文返答だって楽々できる。

キーボードに右下には、メール、カメラのダイレクトキーも備わっており、キーボードから手を離さずに起動することができるのも気が利いている。
中央のハードウェアキー

■メモリカードとSIMは裏蓋を外して
メモリカードの交換は、本体裏蓋を外す必要がある。小型化のためには仕方ない仕様ではあるが、メモリカードを頻繁に差し替えたいユーザーには少々面倒だ。ただ裏蓋の開閉は、比較的軽く外せるので交換はさほど手間ではない。
「X01SC」のキーボード

■PCサイトの再現性が向上
Windows Mobile 6,5では、Internet Explorer Mobileがバージョンアップ。PCサイトの再現性が格段に向上した。フラッシュコンテンツを多様したページもPC閲覧とかわりなく再現されるようになった。画面のズームもバーによる詳細なサイズ変更がキー操作で可能となっている。
本体裏蓋を外したところ
< /tbody>
PCサイトを表示させたところ


ソフトバンク「X01SC」製品情報

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
MotorolaがAndroidスマートフォンで復活か
漫画でニュースを配信!iPhone向けアプリ「漫画の新聞」
ついに発売日が決定!スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」
使いやすさの秘密は特殊加工!Magicタッチペン
BIGLOBE、Android端末によるクラウドサービスを提供へ

Windows Mobile×BUSINESS スマートフォン活用ガイド
佐野 正弘
翔泳社
売り上げランキング: 149363

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ