ITライフハック

Radeon

アスク、AMD最新のGPU、RADEON RX VEGA 64を搭載するSAPPHIRE製グラフィックスカードを発表

21275-00_RX_VEGA_Watercooled_8GB_HDMI_3DP_C01B_28Jul17

アスクは、AMD社最新のハイパフォーマンスGPU、RADEON RX VEGA 64を搭載するSapphire Technology社製グラフィックスボード「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2」、「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」、「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING」の3製品を発表した。

3製品共に、64基のコンピュートユニットを搭載し、4,096ユニットのストリームプロセッサを備える次世代のハイパフォーマンスGPU「RADEON RX VEGA 64」を搭載。第2世代となる広帯域の大容量キャッシュメモリ HBM2 8GBを新たに採用しており、VR環境をはじめ、高解像度でのゲーミングにおいて優れたパフォーマンスを発揮してくれるだろう。

製品ラインナップは、標準モデルとなる「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2」と、メタルボディの限定デザインモデル「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION」の空冷2製品に加え、水冷冷却ユニットを搭載する「RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING」を用意した。

■製品概要
製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2
発売時期: 8月18日
予想市場価格:7万3,800円前後(税別)

製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION
発売時期: 8月18日
予想市場価格: 7万3,800円前後(税別)

製品名:RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING
発売時期: 8月18日
予想市場価格: 8万5,800円前後(税別)


21275-01_RX_Vega_LIMITED_EDITION_8GB_HDMI_3DP_C01

21275-02_RX_Vega_8GB_HDMI_3DP_C01


RADEON RX VEGA 64 8G HBM2
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIMITED EDITION
RADEON RX VEGA 64 8G HBM2 LIQUID COOLING

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、Windows Hello の認証機能に対応したUSB指紋認証リーダーを発売
VAIOが中国市場へ進出! 経営方針説明会でVR事業も明らかに
「オルタナティブガールズ」のVR体験「女の子達とカラオケパーティ♪ -VRライブ特別編-」がドスパラに登場
COUGAR、軽量なアルミフレーム構造のゲーミングマウス「COUGAR 700M Superior」を発売
COUGAR、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセット「COUGAR IMMERSA PRO」を発売



ドスパラ、「Sid Meier's Civilization 6」のフルゲームクーポンが付いた推奨PCを発売

42181_PzmltjkZrF

ドスパラは、「Sid Meier's Civilization 6」が快適に遊べるゲーミングPC「Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル」の販売を開始した。

発売されたのは、「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR」「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR」「GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E」の3機種。
以上 3製品

なお購入者特典として、「Civilization 6 フルゲームクーポン」が付属する。

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR
・CPU: インテル Core i5-6500 プロセッサー
(クアッドコア, 定格3.20GHz, TB時最大3.60GHz, L3キャッシュ6MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 マイクロATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000(DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 250GB(SATA 3)
・ハードディスク: 1TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTMケース ブラック
・電源: 500W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:10万7,980円(税別)

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR
・CPU: インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大4.00GHz, L3キャッシュ8MB)
・マザーボード: インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000(DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 500GB(SATA 3)
・ハードディスク: 2TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 500W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:13万4,980円(税別)

■GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E
・CPU: インテル Core i7-6800K プロセッサー
(6コア, HT対応, 定格3.40GHz, TB時最大3.60GHz, L3キャッシュ15MB)
・マザーボード: インテル X99 チップセット搭載 ATX マザーボード
・メインメモリ: 16GB PC4-19200 (DDR4 SDRAM, 4GB×4, 4チャネル)
・グラフィックス: AMD Radeon RX480 8GB
・SSD: 500GB(SATA 3)
・ハードディスク: 2TB(SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
・電源: 700W 静音電源(AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み

価格:17万9,980円(税別)


42181_DCrJVGjxAo


GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル DFR
GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR
GALLERIA Civilization 6 推奨グラフィック搭載モデル XFR-E

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、4K対応の55型曲面液晶ディスプレイ「JN-VC550UHD」を発表
人気の14インチハイコスパノートがApollo Lakeにアップグレードして再登場
GeForce GTX 1050または1060シリーズを購入すると最新のインディーズゲームを1つプレゼント
レバー操作でフルフラットに!極厚クッションで座り心地も寝心地も抜群なチェア
マイルストーン、COUGARブランドのゲーミングチェア「COUGAR Armor Gaming Chair」を発売






ドスパラ、AMD Radeon RX470 を搭載した「GALLERIA DTR」を発売

ktm_ll


サードウェーブデジノスは、新世代アーキテクチャー「Polaris」を採用したグラフィックス AMD Radeon RX470 を搭載したゲーミングPC「GALLERIA XFR」を、全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売開始した。標準構成の価格は10万4,980円(税別)。



本製品には、新世代「Polaris」アーキテクチャーと「14nm FinFET」プロセスを採用し、優れた描画性能と電力効率を実現した 最新鋭グラフィックス「Radeon RX 470」を搭載。 ハイエンドグラフィックスに迫る性能を備え、膨大な演算処理を要求されるVRコンテンツや、最新3Dゲームなども軽快に楽しめる。

さらに、最新の「DirectX 12」や「Vulkan」といった、今後登場してくるゲームタイトルや、VRコンテンツの多くで採用が予想される新世代APIへの最適化も行われており、現在のゲームはもちろん、将来のゲームも非常に快適にプレイ可能だ。

また、4Kなど超高解像度出力が可能なDisplayPort1.4、HDMI2.0a規格や、同期ズレによる不快なティアリングを防ぐAMD FreeSyncテクノロジーにも対応している。描画速度だけでなく、画質、機能も最新世代ならではの、最新のゲームタイトル本来の精細で美麗で映像をお楽しみいただくことができる。

■高コストパフォーマンスの第6世代インテル Core i5 プロセッサー「Skylake」搭載

最新14nmプロセスを採用し高性能と省電力を両立した最新プロセッサー、「第6世代 インテル Core i5 プロセッサー」を搭載。

クアッドコアによる4スレッドの並行処理能力でシミュレーションやストラテジーなど、CPUパワーを必要とするゲームも快適に動作します。■高コストパフォーマンスの第6世代インテル Core i5 プロセッサー「Skylake」搭載

なおCPUには、最新14nmプロセスを採用し高性能と省電力を両立した最新プロセッサー、「第6世代 インテル Core i5 プロセッサー」を搭載。クアッドコアによる4スレッドの並行処理能力でシミュレーションやストラテジーなど、CPUパワーを必要とするゲームも快適に動作する。

メインメモリには、従来のDDR3にくらべて、より高速な転送が可能な次世代のDDR4メモリを採用。膨大なデータ量を処理する必要のある最新3Dゲームも、軽快に楽しめる。

さらに、CPUとチップセット間の接続も、従来の5.0GT/sのDMI2.0から、8.0GT/sを誇る新世代のDMI3.0となり、PCI- Express3.0接続のグラフィックスカードやSATA3.0接続の高速SSD、USB3.0外付け機器など、新世代の高速デバイスの性能を存分に発揮させ、従来以上にスムーズでスピーディーなPCを実現した。

加えて、省電力性についても前世代同様の高いレベルで実現しており、負荷の大小にかかわらず、消費電力を低く抑えることができる。

筐体には、ゲームPCブランド「GALLERIA」専用の、冷却性能に優れたミドルタワー「KT」ケースを採用。高負荷が続くゲームプレイ時もケース内温度を低く抑え、性能をフルに発揮させることができ、高い剛性により、ケースファンやドライブなどの振動による不快な騒音も抑えてくれる。

搭載電源は、電圧変動が非常に少なく安定した動作が可能で、高負荷環境を想定した室温50℃での、連続240時間に及ぶテストをクリアした高品質・高信頼性電源を標準で採用。快適なプレイに欠かせない高性能ゲーミングレーザーマウスを標準で付属するなど、ゲームを知り尽くした「GALLERIA」ならではのパーツを厳選している。

また、Windowsの起動やゲームのデータ読み込み時間を劇的に短縮させるSSDの追加をはじめ、CPUのアップグレード、メモリやハードディスクの増量、より静音性の高い大口径ファン搭載の大型CPUクーラーや 静音性・耐久性に定評のある山洋製ケースファンへの変更、書き込み対応ブルーレイドライブの追加、人気のゲーミングマウスやキーボード、ヘッドセットなどのデバイス各種ケーブルも同時に購入できるので、届いたその日から快適なゲーミングライフを満喫できるだろう。

■GALLERIA DTR 製品情報
・CPU: インテル Core i5-6500 プロセッサー
   (クアッドコア/定格3.20GHz/TB時最大3.60GHz/L3キャッシュ6MB)
・マザーボード: インテル H110 チップセット搭載 マイクロATX マザーボード
・メインメモリ: 8GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 4GB×2, デュアルチャネル)
・グラフィックス: Radeon RX470 4GB
・SSD: 250GB (SATA 3)
・ハードディスク: 1TB (SATA 3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAN: ギガビットLAN
・ケース: KTMケース ブラック(マイクロATX)
・電源: 500W 静音電源 (AcBel製 / 80 PLUS Bronze)
・OS: Windows 10 Home インストール済み


GALLERIA DTR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
COUGARのゲーミングPC向けフルタワーケース「PANZER MAX」が発売に
アスク、Thermaltake製のオープンフレーム型PCケース「Core P3」シリーズを発売
サードウェーブデジノス、「Skylake」Core i3 / i7と液晶解像度で選べる15.6インチサイズノートPC
インバースネット、GeForce GTX 1060搭載のASUSコラボレーションPCを発売
Skylake世代のCore i7、GeForce 940M、フルHD液晶で10万円を切るノートPCがドスパラから





ドスパラからVRにオススメの自作パソコンセット「パーツの犬モデルVR-002」が登場

jisaku_vr002_1
ドスパラは、2016年7月8日(金)より「自作パソコンセット パーツの犬モデル」に、VRにオススメの自作パソコンセット第2弾「パーツの犬モデルVR-002」を追加、販売を開始した。基本セットの価格は9万7,638円(税別)。

この製品は、今話題のVRコンテンツを快適に楽しむための、高コストパフォーマンスな自作パソコンセット。第6世代 インテル Core i5プロセッサ「Skylake」に加え、最新グラフィックカードAMD Radeon RX480を採用。VRの動作だけでなく、3Dゲーム、動画編集、画像編集など、様々な用途で快適に利用できるだろう。

セットに含まれるパーツの組み合わせは、動作検証、相性確認済み。相性が悪く動作しない等の「PC自作あるある」とは無縁。安心してパソコン自作を楽しめるものとなっている。

■発売製品のスペック ※基本キット
製品名称 : パーツの犬モデルVR-002
CPU : Intel Core i5 6500
マザーボード : ASRock H170 Pro4 (H170 1151 DDR4)
CPUクーラー : DEEPCOOL GAMMAXX 300
メインメモリ : Kingston KVR21N15S8K2/8 (DDR4 PC4-17000 4GB 2枚組)
HDD : TOSHIBA DT01ACA100 バルク (1TB)
グラフィック : AMD Radeon RX480
光学ドライブ : ASUS DRW-24D5MT
電源 : 玄人志向 KRPW-N500W/85+ (500W)
ケース : ENERMAX ECA3360B-RT(U3)(FulmoQ ATX 赤)
OS : Microsoft 【64bit】 Windows 10 Home 日本語 (DSP)

※OS、パーツ構成は変更可能です。
※一部のパーツは、在庫状況により同等品に交換する場合があります。
※キーボード・マウス・モニターは別売りです。


■パーツの犬シリーズ購入特典
1. パーツの犬キャラクターボイスCD(※CV丹下桜さんなど)
2. パソコンパーツ買取金額15%アップクーポン
3. 組み立て用工具5点セット
4. 3,000円分のDJポイント
※レビュー投稿で+2000円分、合計5,000円分プレゼント


製品販売URL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、HTC Viveが快適に動作するPC「GALLERIA HTC VIVE VR READY 推奨モデル」3機種を発売
マウスコンピューター、長野県の飯山工場で「訳ありセール」を開催
ファーウェイ・ジャパンスタイリッシュで軽量な2in1デバイス「HUAWEI MateBook」を発売
マウスコンピューター、「大航海時代 Online」の特典アイテムをリニューアルして推奨PCを販売開始
長期連載第一回目!知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術







AMD最新GPU、Radeon R9/R7 300シリーズを搭載するグラフィックスカードがアスクから登場

アスクは、AMD社製の最新GPU、Radeon R9 390X/390/380、Radeon R7 370/360を搭載するSapphire Technology製グラフィックスカードの8製品を発表した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ