ITライフハック

SIII

iPhone 5もGALAXY SIIIにも対応!自転車用のモバイルマウントホルダー【イケショップのレア物】



スマートフォン2012年の夏・冬モデルでは、ディスプレイの大画面化にともない本体も大型化した製品が多くなった。特にアスペクト比が16:9比率による全長が長いモデルが多く登場している。大人気のiPhoneを例にするとiPhone 4/4Sでは高さが115.2㎜だったが、iPhone 5では、123.8㎜へと大きくなっている。ドコモのGALAXY S II SC-02CとGALAXY S III SC-06Dを比較してもSIIの高さ126㎜に対し、SIIIの高さは137㎜と大きくなっている。

ディスプレイの大型化が進めば、本体サイズも大きくなっていくのは必然的な流れと言える。理由は先述したように、ディスプレイのサイズを大きく取りたいということがあるためで、4インチから4.8インチに画面が大きくなれば、視認性も大きく改善されるからだ。


続きを読む

天然木のスマホケース! 自然素材を使ったGALAXY SIII向けのケース発売! 



天然木によるスマートフォンケースブランド「Man&Wood(マンアンドウッド)」をリリースしているモバイルケース・アクセサリー専門の株式会社ロア・インターナショナルは、大人気のスマホであるGALAXY SIIIシリーズ(SC-06D、α SC-03E)の両端末に対応するケース「Man&Wood Galaxy S3 Real woodcase Harmony(マンアンドウッド ギャラクシーS3 リアルウッドケース ハーモニー)シリーズ」を12月13日より発売する。当初の販売は同社が運営する「Man&Wood」の日本公式Webサイトで開始、販売価格は、2,990円(税込)だ。


続きを読む

テレビの大画面でGALAXY!ビジネスもプライベートもOKのGALAXY S3用ビデオ出力ケーブル【イケショップのレア物】



GALAXY SIIIシリーズは、今やNTT ドコモのSIIIαだけでなくauからもGalaxy SIII Progre SCL21が登場し、スマートフォンを代表する人気機種でもある。

コンパクトな本体に最新技術を凝縮しただけではなく、高い技をユーザーの操作向上にいかした抜群の使い易さが大きな魅力になっている。またドコモではXi(クロッシー)、auではau- LTEといった100Mbpsに迫る高速通信とオサイフケータイ機能やワンセグまでも搭載しており、最高レベルのサービスを利用できるスマホと言っても過言ではないだろう。


続きを読む

S3使いのアナタへ! ベルトクリップ付レザーケース for Galaxy SIII【イケショップのレア物】



最強スマートフォンと言われるGalaxy SIII。今やNTT ドコモのSIIIαだけでなくauからもGalaxy SIII Progre SCL21が登場することになり、人気と実力の高さがうかがえる。

Galaxy SIIIの魅力は、コンパクトな本体に凝縮された最新技術による性能だ。ドコモではXi、auではau- LTEに対応と高速通信に加え、オサイフケータイ機能やワンセグまで搭載し、ジェスチャーによるインテリジェントな操作性で高機能と使いやすさで、まさにもっとも完成されたスマートフォンとも呼べるだろう。

続きを読む

フリップカバーにスタンド&バッテリーまで内蔵! GALAXY SIII専用ケース【イケショップのレア物】



2012年今夏の最強スマートフォンとの呼び声を欲しいままにしているのがドコモのGALAXY SIIIだ。4.8インチ液晶サイズでHD解像度の720×1280ドット、有機ELディスプレイを搭載していながら持ちやすい丸みを帯びたデザインによって、男女を問わず使いやすいスマートさだ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ