ITライフハック

SIMフリー

日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売

171101_SurfacePro_LTE-779x389

日本マイクロソフトは、マイクロソフトの自社デバイス「Microsoft Surface Pro」にLTE-Advanced対応のSIMフリー 2機種を追加し、2017年12月8日(金)より法人向けに発売、順次出荷を開始する。11月1日(水)より、認定Surfaceリセラーおよび2,800社を超えるD-VAR(Device Value Added Reseller)各社を通じて、法人のユーザーからの先行受注を開始する。

Surface Proは、Windows 10の生体認証機能「Windows Hello」で素早く安全にデバイスにアクセスできることや、携帯性の高さなどから、安心安全な環境で創造力を支援しチームワークを強化するマイクロソフトの新しいソリューション「Microsoft 365」に最適な最新デバイス。多くの法人にとって働き方改革が喫緊の課題となる中、このSurface ProにLTE対応モデル(Surface Pro LTE Advanced)が加わることにより、いつでもどこでもセキュアに業務を遂行できる、快適なリモートワーク環境が実現し、顧客のビジネスをより一層サポートする。

Surface Pro LTE Advancedは、国内の主要キャリアやMVNO事業者が利用するバンド(1/3/8/19/26など)を幅広くカバーし、最大 450Mbps のスループット(理論値)やキャリアアグリゲーションに対応した、Surface Proシリーズで初のSIMフリー端末。

日本マイクロソフトは、Surface Pro LTE Advancedの発売に向けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、インターネットイニシアティブと相互接続性試験 (IOT) を開始した。
キャリア各社やMVNO事業者のIOT完了状況は< http://aka.ms/surfaceltejp >に更新していくとのことだ。

■Surface Pro LTE Advanced (CPU: Core-i5、メモリ 4GB、記憶域 128GB)
・法人向け税抜参考価格:12万9,800円
・発売日:12月8日(金)

■Surface Pro LTE Advanced (CPU: Core-i5、メモリ 8GB、記憶域 256GB)
・法人向け税抜参考価格:14万9,800円
・発売日:12月8日(金)


Surface Pro LTE Advanced

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売
アスク、Synology製NAS「DiskStation DS218j」をはじめとするホームユーザー向けNASキット3製品を発表
USBポートに差すだけで高音質化!USBサウンドクオリティアップグレーダー「APS-DR005」
握るように持つから使いやすいUSB接続垂直型RGBエルゴノミクスマウス
クリエイター向けPCブランド「raytrek」が同人誌即売会「COMIC1☆12」に出展





DMM mobile、HUAWEI P10シリーズを1万円値引きで販売

sub2

DMM.comが提供するMVNOサービス「DMM mobile」は、2017年8月31日(木)より華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)製スマートフォン端末「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10 lite」を対象とした大特価キャンペーンを開始する。キャンペーン期間は2017年8月31日(木) ~ 2017年12月20日(水)。

キャンペーン期間中に「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10 lite」を購入した人を対象に、特別価格で提供する。対象となる申し込みは、キャンペーン期間中、端末セットでの新規申し込み、キャンペーン期間中、 DMM mobileご契約後の機種変更・端末の追加購入を申し込んだ人。各端末キャンペーン価格は以下の通り。

■HUAWEI P10 販売価格 /キャンペーン価格(1万円値引き)
一括払い:6万5,800円(税抜)/5万5,800円(税抜)

■HUAWEI P10 Plus 販売価格/キャンペーン価格(1万円値引き)
一括払い:7万2,800円(税抜)/ 6万2,800円(税抜)

■HUAWEI P10 lite 販売価格/キャンペーン価格(3,180円値引き)
一括払い:2万9,980円(税抜)/ 2万6,800円(税抜)

■注意事項
・Amazonパッケージ購入者の人も対象。
・端末追加、機種変更での購入も対象。
・本端末は一括購入のみの販売。
・「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」は端末交換オプション適用対象外端末。端末保障については、つながる保証を利用のこと。


sub3

sub1


HUAWEI P10シリーズ発売記念キャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ
スター・ウォーズファンイベント「Force Friday II」開催決定!最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」関連商品も発売へ
MMD研究所、MVNOのスマートフォンを利用している利用者の調査結果を発表
FOSSILやEMPORIO ARMANI、MICHAEL KORSなど、人気6ブランドのスマートウォッチ全40アイテムを販売






MMD研究所、MVNOのスマートフォンを利用している利用者の調査結果を発表

74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s

MMD研究所は、MVNOのスマートフォンを利用している15歳~69歳の男女319人を対象に2017年7月20日~7月27日の期間で「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査(MVNO編)」を実施し、その結果を発表した。

■ MVNO利用者のデータ使用容量は「契約している容量以下で十分に収まり、余るくらい」が半数超える
MVNOのスマートフォンを利用している15歳~69歳の男女319人を対象に、利用しているスマートフォンのデータ容量について聞いたところ、最も多かった回答は「契約している容量以下で十分に収まり、余るくらい」が57.1%、次いで「毎月のデータ通信は契約した容量とちょうど同じぐらい」が23.2%、「月末にデータ容量が足りなくなるので節約して抑えている」が9.7%となった。大手3キャリア利用者を対象にした同様の調査と比較すると「契約している容量以下で十分に収まり、余るくらい」という回答が1割多いことがわかった。

20170825-3


これを年代別で見ると、どの年代も「契約している容量以下で十分に収まり、余るくらい」という回答が最多だったのに対して、20代においてはその割合が各年代で最も低く37.5%で、次に続く「毎月のデータ通信は契約した容量とちょうど同じぐらい」が35.4%と同程度の割合となった。

■ MVNO利用者が現在利用しているSNS「Facebook」が34.5%、Twitterが37.0%、Instagramが20.4%
MVNOのスマートフォンを利用している15歳~69歳の男女319人を対象に、Facebook、Twitter、Instagramの利用について聞いたところ、「現在利用している」という回答はFacebookが34.5%、Twitterが37.0%、Instagramが20.4%となった。
各サービスを年代別で見ると「現在利用している」という回答が最も多かったのは「Twitter」で10代が76.2%、20代が56.2%、続いて「Instagram」で10代が47.6%、20代が29.2%、「Facebook」が20代で45.8%、60代が39.7%となった。

20170825-6f


20170825-6i


20170825-6t


■ MVNO利用者が利用しているアプリのジャンルの上位は10~20代が「SNS、動画、ゲーム」、30代は「動画、天気、EC/オークション」、40代~60代は「天気、ナビ、ニュース」
MVNOのスマートフォンを利用している15歳~69歳の男女319人を対象に、無料通話/チャットなどのコミュニケーション以外のスマートフォンアプリで利用したアプリのジャンルを聞いたところ(複数回答可)、「天気」が46.1%と最も多く、次いで「動画」が38.6%、「SNS」が37.6%となった。

20170825-7


各世代で利用が多かったアプリのジャンルの上位は、10~20代が「SNS、動画、ゲーム」、30代は「動画、天気、EC/オークション」、40代~60代は「天気、ナビ、ニュース」となり各世代で利用しているアプリのジャンルが異なる結果となった。

20170825-7-2


■ MVNO利用者のスマートフォンでの音楽聴取は49.2%、音楽利用状況は10代の約半数が「購入したCDからの取り込み」

MVNOのスマートフォンを所有している15歳~69歳の男女319人を対象に、スマートフォンでの音楽視聴について聞いたところ、49.2%が聴取していると回答した。
年代別で見ると10代の81.0%が最も多く、次いで20代の64.6%、40代の62.5%の順に続いた。

20170825-9


スマートフォンで音楽を聴いていると回答した人(n=157)を対象に、スマートフォンでの音楽利用状況(複数回答可)を聞いたところ、最も多かった回答は10代が「購入したCDからスマートフォンに取り込んで聴いている」が47.1%、20代~60代は「YouTubeなどの動画サイトで音楽を聴いている」ということがわかった。

20170825-9-2


調査結果

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
FOSSILやEMPORIO ARMANI、MICHAEL KORSなど、人気6ブランドのスマートウォッチ全40アイテムを販売
差すだけでApple Pencilの充電が簡単にできる「ペン立てにもなるApple Pencil用充電スタンド」
脳の老化防止、集中力の向上に!「大人のリラックスぬりえ」iOS版が登場
スマホで手軽に全方位360度撮影できるUSB Type-C接続360度カメラ
サードウェーブデジノス、おえかきタブレット「raytrektab DG-08IWP」をAmazonで発売






中華電信が日本初進出。プリペイドSIMカードを成田空港・羽田空港の店舗で提供開始

main

テレコムスクエアは、2017年8月7日より台湾最大手の通信会社である中華電信のプリペイドSIMカードを成田空港および羽田空港内の店舗にて販売すると発表した。

取り扱う商品は、中華電信のプリペイドSIMカード「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」。 1日分の無料通信がついているため、実質6日間、データ通信量無制限でインターネットを利用できる。また、50元分の無料通話もあり、データ通信も通話も本商品1つで利用可能だ。

中華電信は台湾最大手の通信会社であり、サービス提供エリアも台湾国内で最大となっている。本商品を利用すると、中華電信の5万カ所のWiFiスポットにも無料でアクセスが可能となる。本SIMカードは各種サイズに対応しているため、 SIMフリー端末を持っている人であれば利用が可能だ。

販売場所は、成田空港、羽田空港にある計4カ所の店舗。自社運営の店舗のため、モバイルレンタルサービスに従事した専門のスタッフが対応する。従来、日本人旅行者が中華電信のプリペイドSIMカードを利用するには、 Webサイトから予約して現地の空港店舗にて受け取るか、または現地店舗で直接購入するしかなかったが、このたびのリリースにより日本国内での購入と受け取りが可能となった。今後は段階的に取り扱い店舗を拡充するなど、サービスを展開していく予定だ。

■商品概要
「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」
・料金:1,400円(不課税)
・データ通信量: 無制限
・通話:通話料50元分無料
・リチャージ: 中華電信営業窓口または特約サービスセンター、台湾国内のコンビニでリチャージカードの購入が可能

■販売場所s
・成田空港 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」 (営業時間7:30-21:00)
・成田空港 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (営業時間7:00-21:00)
・成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (営業時間6:00-21:00)
・羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー 「モバイルセンター羽田空港」 (営業時間6:30-23:00)


sub1


販売場所詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンク コマース&サービス、iPhone用360度カメラ「Giroptic iO」を発売
全国14,000店舗のフードメニューをLINEから手軽に注文できるデリバリーサービス「LINEデリマ」がスタート
大阪市営地下鉄におけるWiMAX 2+エリア整備が完了
ソフトバンク、今年も富士山頂および山小屋での高速データ通信サービスを提供
ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売







LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映

official main

LINEモバイルは、女優・のんさんを起用したスペシャルTVCMを、2017年6月13日(火)テレビ朝日系列サッカー中継番組(21時放送開始/21時25分キックオフ予定)ハーフタイム内にて一夜1回限りで放映する。

「LINEモバイル」では、2017年3月以降、第1弾「愛と革新。(デビュー)篇」、第2弾「愛と革新。(交差点)篇」の2本のTVCMを公開してきた。TVCMでは、「LINEモバイル」が実現する、ユーザーが本当に求めるサービスを、ユーザー目線で考え、既存の通信とコミュニケーションの関係を刷新していくという想いを伝えるべく「愛と革新。」というコピーを掲げ、女優の「のん」さんをCMタレントに起用していた。

両TVCMともに、のんさんが体現する世界観を通じ、「LINEモバイル」の想いや魅力を伝えることができていることに加え、放映直後より多くの人に高評価されたことを受け、この度、1夜1回限りとなるスペシャルTVCMの放映を決定した。

また、LINEモバイルでは、スペシャルTVCM放映を記念して、のんさんのサイン入りポスターを抽選で10名にプレゼントするキャンペーンを実施する。

■LINEモバイル スペシャルTVCM
放映時間:2017年6月13日(火)テレビ朝日系列サッカー中継番組(21時放送開始/21時25分キックオフ予定)ハーフタイム内にて1回限定放映

■「LINE LIVE」限定!縦型編集バージョンを公開
公開時間:2017年6月13日(火)TVCM放映開始後
視聴方法:下記URLより視聴画面へ遷移  
      https://live.line.me/channels/21/upcoming/3449091
もしくは、「LINE LIVE」公式アカウント( ID:linelive )にて視聴可能。


キャンペーン詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ<PR>
InfinityDisplayを採用した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月8日に登場
主要MVNO、「HUAWEI P10」の取り扱いを開始
Amazon.co.jpでのお買い物に「ドコモ ケータイ払い」が対応
最新技術を活用した期間限定の遊び場 「Smart Playroom with Xperia」が登場





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ