ITライフハック

SONY

77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中

sub1

ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新たなプロモーションとして、女優の北川景子さんを起用した新しいCMが完成した。同CMの本映像はスペシャルサイトやネット広告で6月3日(月)より先行公開中だ。なおテレビへは、6月29日(土)より放映を開始する。

■テレビ市場の拡大とテレビの画面サイズの大型化
アナログ放送が停波し、地上波デジタル放送へと切り替わってはや9年が経過した。一般社団法人電子情報技術産業協会(以下、JEITA)の調査では「今後、2011年の地上デジタル移行期特需からの買い替えが本格化する」ことが見込まれるという()。
sub2

※:AV&IT機器世界需要動向2019年/JEITA

加えて10月1日から予定されている消費税の10%化に先駆けた駆け込み需要、テレビ放送やネット動画など4Kタイトルの増加なども、さらなるテレビ市場の拡大の後押しになると考えられる。そして2020年のオリンピックを4Kの大画面で楽しみたいと考える人々ももちろんいることは間違いない。

JEITAの予測では、2019年は、薄型テレビの需要は対前年137.8%となり、700万台突破を見越している。2018年の実績が対前年104.7%であったことからも、かなり大きな伸長であると考えられる。また、このうち4K対応テレビは約半数まで伸びていくとされている。

■50型以上の大画面モデルに注目が集まる
このように薄型テレビの需要が急速に伸びている中、特に50型(以下、50インチ)以上の大画面に消費者の注目が集まっている。
sub3


たとえば2010年は消費者の86.1%が49インチまでの大画面テレビに人気が集まり、50インチ以上に注目している消費者は、わずか5%であった。ところが2018年には、50インチ以上の薄型テレビに注目している消費者が全体の40.7%へと増えてきている。今後は、薄型テレビは50インチ以上というのがトレンドとなっていくことは容易に想像がつく。
補足


■大画面で見たい映像を存分に楽しめる4Kブラビア
このようにテレビ放送もネットでの配信動画も、ますます4K映像が増えていく今、50インチを超える大画面テレビで映像を美しく見るためには、高性能な画像処理技術が不可欠になってくる。

これに対応できるのがソニーの4Kブラビアだ。同シリーズには独自の高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」が搭載されており、あらゆる4K映像を大画面に美麗に映し出す。

この4Kブラビアシリーズは、音にもこだわっており、独自のアコースティック技術により、映像と音が一体となった新たな視聴体験が楽しめるようになっている。

さらに、現在定額でコンテンツが見放題という形態が多い数々のネット動画配信サービスにも対応しているので、テレビ放送と同じように簡単に、見たいタイトルを迫力の大画面で楽しむことができる。

■4K大画面ブラビアの美しさの「差」に感嘆する北川景子さん
4Kブラビアの新CMは、同シリーズが映し出す美麗な映像を実際に見て感嘆する北川景子さんの様子を描くものとなっている。

白い抽象空間の中に並べられ、様々な4K映像を映し出すいくつものブラビア。そしてその中をゆっくりと歩く北川景子さん。ひときわ大きな77インチの大画面4Kブラビアに気づき、その美しさに引き込まれ、つい立ち止まり見入ってしまう。

main


北川景子さんの「テレビ放送も、ネット動画も。美しい大画面で見てこそ、価値がある」というコメントにも実感が溢れている。テレビがますます大型化する時代に、4K大画面ブラビアの美しさを象徴するCMとなっている。前述したようにテレビでの放映は6月29日(土)からとなっているのでスペシャルサイトでチェックしてみるといいだろう。



新CM『大画面で差が出る美しさ編:A9Gシリーズ【ソニー公式】』
「ブラビア」スペシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」
暑さ対策に最適!足をのせるだけで心地よい風で足もとから涼しい「ファン内蔵足もと爽快フットレスト」
JAPANNEXT、55型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS5500TUHD」を発売
冷たい水が循環 着ているだけでひんやり上半身を冷やす水冷COOLベスト









映像制作のプロも唸るソニーのアクションカム最上位機種「HDR-AS100V」



ソニーは、カメラ本体を身体やヘルメット、自転車などに取り付けて、アクティブなスポーツシーンやアウトドアでも迫力ある体感映像を撮影できるデジタルHDビデオカメラレコーダーアクションカム「HDR-AS100V」を3月14日(金)に発売する。

本体防滴による使用シーンの広がりや手ブレ補正機能の更なる強化による高画質性能など、プロの映像制作現場のニーズにも対応した機能を搭載。高度なアクティブシーンでも、滑らかで美しい映像撮影が可能だ。


続きを読む

フルHD11.6インチ液晶搭載!タブレット&ノートPCスタイルで使える!ソニー製「VAIO Duo 11」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】



2012年はAppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなど人気のタブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる特長を活かし、PCメーカー各社は、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表が相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、ソニーから発売された11インチ液晶搭載のノートPCとしてもタブレットとしても利用できる「VAIO Duo 11」を紹介しよう。

続きを読む

動画編集も楽々! VAIO Duo 11のペン操作~その4~【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。動画で紹介するのは今日で最後だ。今回紹介するのはペン操作で写真や静止画を直感的に編集できる「アクティブクリップ」機能の続編、前回は静止画の編集だったが、今回は動画を静止画として切り出し、さらにトリミング(切り抜き)が簡単にできる操作を紹介しよう。

続きを読む

切り抜きも超簡単! VAIO Duo 11のペン操作~その3~【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。今回紹介するのはペン操作で写真や静止画を直感的に編集できる「アクティブクリップ」という機能だ。この機能を使うと人物の切り抜きといった難しい処理が直感的な操作で手軽に行える。その便利さは、動画を見てもらえば一目瞭然だ。

続きを読む

簡単グループ編集! VAIO Duo 11のペン操作~その2~【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。今回紹介するのはペン操作で非常に役立つと思われる「グループ編集機能」だ。複数の手書き図形を投げ縄機能を使って丸く囲うだけでグループ化でき、それらをコピー&ペーストするなどの操作が簡単に行える。アナログ操作であるはずの手書き操作を簡単にデジタル化できるVAIO Duo 11の特徴的な機能の1つと言えるだろう。

続きを読む

ペン操作も楽々! VAIO Duo 11のペン操作~その1~【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。タブレットモード時に付属のスタイラスペンによる操作を紹介しよう。まずは消しゴム機能、メニューから選択しなくてもペンに付いている消しゴムボタンを押してなぞるだけで消去できてしまう。

続きを読む

これがSurf Sliderだ! スムーズに変形するVAIO Duo 11【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。新しく開発されたギミック、タッチ操作形状からキーボード入力モードでスムーズに変形する「Surf Slider」の快適な動作を見てもらいたい。

続きを読む

Windows8のタッチ操作! タブレットモードのVAIO Duo 11【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、VAIO Duo 11の実際の動きを撮影してきた。「新しい楽しさにTOUCHしよう!」をコミュニケーションキーワードにWindows 8のタイル状のStart Screenがタテでもヨコでもサクサク動くデモンストレーションを見てもらいたい。

続きを読む

販売のエライ人に聞く! VAIOのマーケティング戦略【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で紹介した発表会で、ソソニーマーケティング株式会社 ITマーケティング部 統括部長 下野 裕 氏にVAIOの国内マーケティング戦略についてうかがいました。「新しい楽しさにTOUCHしよう!」をコミュニケーションキーワードにした新しいVAIOのプロモーション戦略とは?

続きを読む

VAIO開発のボスが語る!新体験ができる新型VAIO【動画で見る新型VAIO】



先日行われたVAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!で、ソニー株式会社 業務執行役員SVP VAIO & Mobile事業本部 本部長 赤羽 良介 氏により新しい経験ができる「VAIO Duo 11」の魅力について語っていただきました。

続きを読む

VAIO Duo 11の開発コンセプトが明らかに!赤羽執行役員と下野統括部長が語る、新VAIOの戦略



VAIO 秋冬モデル新登場! 今年の目玉は“変形”するノートPC!」で紹介したように、2012年10月1日、ソニーは、報道関係者向けに「Windows 8搭載 パーソナルコンピューター VAIO(バイオ) 新商品発表会」を開催した。

続きを読む

2つの顔を持つソニーのUltrabook!実機写真で見る「VAIO Duo 11」



ソニーの新型VAIO(バイオ)シリーズの中でも特に異彩を放つ逸品がこのVAIO Duo 11だ。利用シーンによってキーボードモードとタブレットモードの2つの形状に素早く切り替えることができるのが最大のポイントだ。そのVAIO Duo 11の細部を見てきたので紹介しよう。

続きを読む

スマホでシャッター+デジタル一眼レフ画質のAPS HDセンサー搭載ミラーレスデジ一眼「NEX-5R」を発表



一眼レフカメラと同等の高画質でありながら、コンパクトカメラのように手軽にどこにでも持ち歩ける小型ボディを実現した点で、ミラーレスデジタル一眼はカメラの新しい分野を確立した。

そんな新分野の開拓者であるソニーは、ドイツのベルリンにおいて開催された世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2012」のプレスカンファレンスにおいて、ミラーレスデジタル一眼の新製品となる「NEX-5R」を発表した。ボディカラーは、ブラックとシルバー、ホワイトの3色。

日本での正式発表はまだないが、注目すべき点がいくつかあるので、ここで紹介しよう。

続きを読む

このまま3G通信を生かせないとどうなる? PS Vitaの3G版の行く末 【デジ通】

発売当初はドコモショップでも積極的に販売されていたが…


PS Vitaを購入する際、Wi-Fiモデルか3G/Wi-Fiモデルのどちらかを選択する必要がある。3G版を選択する場合、3G機能を生かしたゲームの楽しさがどこにあるのかがポイントだが、発売から半年以上たってもその楽しさがユーザーには見えてきておらず、多くの初期ユーザーが契約を更新しなかった。この現状から考えると、PS Vitaの3G版はラインナップから消える可能性がある。続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ