ITライフハック

Smart

高橋真麻と英樹パパの仲良し親子が次世代のモバイル集音器を体験!「Olive Smart Ear」発売イベント

「Olive Smart Ear」日本発売イベント

Olive Unionは、聞こえづらい小さな音をはっきりと聞き取れる小型の集音器「Olive Smart Ear」の発売を2019年10月24日より開始した。同製品の発売を記念して「Olive Smart Ear日本発売イベント」が開催された。

当日はフリーアナウンサーの高橋真麻さんと真麻パパこと俳優の高橋英樹さんをスペシャルゲストに迎え、Olive Smart Earを使用したトークセッションも行われた。

■難聴の人を幸せにしたい~Olive Union CEO~
イベントは、Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏によるOlive Smart Earの製品紹介から始まった。世界的に難聴者数は増加傾向にあり、日本では1500万人を超えているという。難聴者と聞くと高齢者を思い浮かべるかもしれないが、若者の中にもスマートフォンや携帯プレーヤーによる難聴者が増えてきており社会的な問題となりつつあるという。

そうした難聴者の頼もしい味方になるのが補聴器だが、医療機器としての補聴器は
・やたら価格が高い
・社会的に良いイメージがない
・デザイン性がよくない

などの理由から、購入までに至らないケースがままあるという。

Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン、以下、ソン氏)氏の叔父が難聴を患っていたこともあり、難聴の問題を解決したいとの思いから、大学を辞めてOlive Smart Earのプロジェクトに取り組むようになったそうだ。

Olive Smart Earプロジェクトが目指したのは、
・適切な価格
・格好よく
・高品質の製品

という3点だという。

ソン氏は、「私はOlive Smart Earが難聴の方をより幸せにし、補聴器や集音器の業界を変えていくと信じています。」と語った。

Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏
Olive Smart Earについて語る、Olive Union CEO Myung Geun Song (ソン・ミョンクン)氏


■これまでの補聴器とは一線を画す
Olive Smart Earは、今までの補聴器や集音器とまったく異なるという。最大の特徴はスマートフォンとの連携により、耳に聞こえる音を調整できることだ。

専用スマホアプリを起動すると、
・標準モード
・会話モード
・テレビモード

この3つのモードがデフォルトで用意され、ユーザーの利用目的に応じて使い分けができる。

それぞれのモードで、ノイズのフィードバックキャンセル機能を備えているため、多少うるさい場所でもクリアに人の声が聞こえるという。さらにイコライザー機能を使用すれば、音量を周波数ごとに微調整して、自分に最適な環境を作れるそうだ。

Olive Smart Earのモード
Olive Smart Earでは、専用スマホアプリを使用して、聞こえる音のモードを選択できる


ワイヤレスイヤホンと変わらないスタイリッシュなデザインも、Olive Smart Earの魅力だ。Olive Smart Earの開発には、サムスンのプロダクトデザインや開発のリーダーを手掛けた人も携わっているという。Olive Smart Earはワイヤレスイヤホンのようなデザインなので、人前で使用しても、恥ずかしいとは思わないだろう。

■実際にOlive Smart Earを体験
イベント会場では、Olive Smart Earを実際に体験することができた。Olive Smart Earを使用するにあたり、専用スマホアプリで音の調整を行う必要がある。調整に時間は掛かるが、最初の1回だけ行えばよい。以後は「標準モード」「会話モード」「テレビモード」のいずれかを選択するだけで、すぐに使用できる。

Olive Smart Earを使ってみた感想だが、耳に装着するだけで、人の声がよく聞こえる。感覚としては、会話専用イヤホンを使用しているイメージだ。会場は少し騒がしかったが、会話モードに切り替えたら、人の声がより鮮明に聞こえるようになった。音場の細かい調整が必要なければ、スマートフォンなしで使っても問題はない。電源のオン・オフやボリュームの調整は、Olive Smart Earのみで行える。

デザイン性に優れたOlive Smart Ear
Olive Smart Earは、ワイヤレスイヤホンのようなデザインだ


Amazonでの価格は、29,800円(税込)。10万円を超えるような従来の補聴器に比べて数分の一の価格となっている。バッテリーは内蔵充電池で、専用ケースに収納して充電する。

Olive Smart Earは補聴器としての販売を検討しているが、補聴器は医療機器であるため、準備に時間が掛かる。そこで最初は、集音器として販売することになったという。


■コミュニケーションも円滑になるOlive Smart Ear
引き続き、俳優の高橋英樹さんとフリーアナウンサーの高橋真麻さんの親子によるトークセッションが行われた。高橋真麻さんはOlive Smart Earを両耳に装着した状態で登壇。聞き上手代表ということで、今回、ミス Olive Smart Earに就任した。

高橋真麻さんは、「局のアナウンサーをしていましたので、聞き上手、インタビュー上手と言われることは、アナウンサー冥利に尽きます。そういった側面からも今回、聞き上手と言っていただけたのは、大変有り難いなと思います。」と、ミス Olive Smart Earに就任した喜びを語った。

高橋英樹さんによると、娘の真麻さんは普段から聞くことを勉強しているそうだ。そんな高橋英樹さんは、今年で75歳。若い頃に比べると、耳がだいぶ遠くなったという。

高橋英樹さんは、「私どもの年齢が同窓会で集まりますと、声のデカイやつが勝つ。声の小さいやつの話は聞こえないということもあり、自分自身の声がだんだん大きくなるんですね。」と、実際のエピソードを披露した。

高橋真麻さんによると、父親の英樹さんは歳を重ねるごとにテレビの音量を上げているという。真麻さん自身もアナウンサーであることから、二人で話しているときは声が大きく、母親から「声が大きい」と注意されることもあるそうだ。

フリーアナウンサーの高橋真麻さん
父親の高橋英樹さんの耳が遠くなったことについて語る、フリーアナウンサーの高橋真麻さん


トークセッションでは、ミス Olive Smart Earの高橋真麻さんから父親の英樹さんにOlive Smart Earをプレゼントするサプライズ演出があった。

Olive Smart Earを装着した高橋英樹さんは、「簡単に(耳に)入りますし、(Olive Smart Earは)落ちそうもないんで、とても簡単でいいですね。」と、Olive Smart Earの装着感の良さに感心していた。

引き続き、高橋真麻さんに協力してもらうかたちで、Olive Smart Earが実際に聞こえているかどうかを、チェックすることになった。高橋英樹さんと真麻さんは、それぞれ舞台の左右に離れて、真麻さんがマイクを通さずに呼び掛けるというものだ。真麻さんが小さな声で「英樹」と呼び捨てにすると、高橋英樹さんは「ちょっと、英樹はないでしょ。」とツッコミが入り、会場は笑いに包まれた。

1024_2019_Olive_092
真麻さんが小さな声で「英樹」と呼び捨てにすると、高橋英樹さんが間髪入れずにツッコんだ。


トークショーの最後に高橋真麻さんは、「こちらのOlive Smart Earを使ったら、今まで会話が弾まなかったというお悩みもすっきり解消できると思います。家族やお友達ですとか、まわりの人とのコミュニケーションも円滑にとれると思うので、ぜひ、ご自身で買ったり、プレゼントしたり、お友達にお勧めしたりしていただけたらと思います。どうぞ、よろしくお願いします。」と、ミス Olive Smart Earにふさわしいコメントを残した。

Olive Smart Earの素晴らしさがよく伝わるトークショーだった。最近、耳が聞こえにくくなってきた、聞き取りにくくてコミュニケーションがうまくいかない人は、Olive Smart Earの購入を検討してみることをおススメしたい。

Olive Union

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
両手でスマホゲームがプレイできる便利グッズ!最大6本の指で操作可能なスマホ用ゲームコントローラー
植えるだけで何もしない土壌機能回復術!ソニーコンピュータサイエンス研究所が六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始
残高などの情報が手軽に読み取れるiPhoneアプリ「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を開始
ウォークマンとワイヤレスヘッドホン、Xperia Ear Duoが劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』とコラボ
音の方向や距離感が把握でき、臨場感のある大迫力のサウンドを楽しめるゲーミングイヤホン






GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売

main_l

カシオ計算機は、アウトドアシーンで役立つ防水性と堅牢な耐環境性能を備えたリストデバイス「Smart Outdoor Watch」の新製品として、OSにAndroid Wear 2.0を採用、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図を備え、アウトドアでの活動シーンを広げる「WSD-F20」を2017年4月21日より発売する。価格は5万1,000円(税別)。

「WSD-F20」は、低消費電力GPSとオフラインで使えるカラー地図機能を搭載し、単独での使い勝手を格段に向上。スマートフォンの電波が届かないアウトドアフィールドや、スマートフォンを手に持てないウォータースポーツなどにおいても、単独で活用でき、アウトドアでのアクティビティを幅広く強力にサポートしてくれる。

今回、多彩な表現が見やすいと世界中で利用されているMapboxの地図データを新たに採用。行先の地図を事前に「WSD-F20」にダウンロードしておけば、GPS情報と組み合わせ、オフラインでも自身の位置を確認できる。新機能となる「ロケーションメモリー」アプリでは、地図上に文字やマーカーでメモを残すことができ、登山道の途中で見つけた美しい景観や、釣りのポイントなど、地図上に目印のない場所でも自分だけのメモをつけ、再訪するときに役立つだろう。

デザイン面では、ボタンガード、保護ベゼル、大小3つのサイドボタンなどの採用により、操作性・堅牢性をさらに向上。トレッキング、サイクリング、フィッシング、ウィンタースポーツ、ウォータースポーツなど、手が塞がりやすくスマートフォンを取り出しにくいシーン、またスマートフォンを携行できないシーンにおいて、素早く知りたい情報を確認でき、アウトドアアクティビティを思い切り楽しめるリストデバイスだ。
location_map_l

toolapp


WSD-F20

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売
「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売






IOE時代の家庭内セキュリティ対策はこれでバッチリ!高度なセキュリティ機能を持つASUS「RT-AC87U」

対応が遅れるほど被害は甚大に! 「第1回情報セキュリティ業界動向勉強会」レポート』や『大事な情報が漏えいしてからでは遅い! 転ばぬ先の“NO MORE情報漏えいプロジェクト”』という記事で紹介したように、インターネット社会と言われる今日、ネットを介した不正アクセスの被害は後を絶たない。パソコン、スマホ・タブレットのみならず、スマート家電、カーナビゲーションなど、様々な機器がインターネットに繋がるようになった。本格的なIoE(Internet of Everything)時代が到来したと言っても過言ではないだろう。

そうした事情から、従来の情報セキュリティ対策や体制では、コンピューターウィルスやマルウェアからの脅威に間に合わない状態が見られるようになってきた。例えば実際に、スマート家電がハッキングされ、それを経由して大量の不正メールが送信されるという事例も確認されている。被害を受ける可能性のある機器ごとに、それぞれセキュリティ対策を行えばよいわけだが、「数が多くてセキュリティ対策をしきれない…」、「OSがバラバラなため個別管理しきれない…」など、ITに詳しい人でも万全なセキュリティ対策を行うのにアタマを悩ませている人も多いだろう。そうした人に朗報だ。

続きを読む

クラウド型ボイスとIP電話でコストを大幅削減!NTTコミュニケーションズの新サービス



時間は作れる! 経費も節約できる! ICT活用で「働き方改革」を実践しよう』では、NTTコミュニケーションズ(以下、NTTcom)とアルカディン・ジャパンの取り組みを通じて、ICTを活用することによって働き方が大きく変えることが可能なことを紹介した。

そのNTTcomだが、コミュニケーションサービス事業強化のために、企業の「働き方改革」を進め、コスト削減にも貢献できるクラウド型のPBXサービス「Arcstar Smart PBX」の提供を開始する。

続きを読む

【修正版:再掲載】スピーカー発熱の危険 ASUS MeMO Pad Smart ME301Tで緊急アップデート実施



先日、お伝えした「ASUS MeMO Pad Smart ME301T」のアップデート情報で、ファームウェアのビルド番号に誤りがあった模様だ。ここに修正した記事を再掲載する。

ASUSのタブレットに緊急アップデートが行われたのでお知らせしておきたい。2013年3月2日(土)から発売が開始されている10インチタブレット「ASUS MeMO Pad Smart ME301T」の“一部の出荷分”において、音量を最大限にしたまま使用するなど、負荷の高い処理を継続した際、スピーカー部が発熱する現象が発生しているという。状況によっては、タブレットが正常に動作しなくなる場合があるという。
続きを読む

スピーカー発熱の危険 ASUS MeMO Pad Smart ME301Tで緊急アップデート実施



ASUSのタブレットに緊急アップデートが行われたのでお知らせしておきたい。2013年3月2日(土)から発売が開始されている10インチタブレット「ASUS MeMO Pad Smart ME301T」の“一部の出荷分”において、音量を最大限にしたまま使用するなど、負荷の高い処理を継続した際、スピーカー部が発熱する現象が発生しているという。状況によっては、タブレットが正常に動作しなくなる場合があるという。

続きを読む

手ごろな10.1インチのAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad Smart ME301T」登場!



ASUSことASUSTeK Computer Inc.は、CPUにTegra 3(シングルコア時最大1.3GHz駆動)を搭載し10.1インチと大き目のディスプレイを搭載するAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad Smart ME301T」を発売することを発表した。本体カラーは「ブルー」「ピンク」の2色が用意される。搭載するAndroidのバージョンは Jelly Beanこと「Android 4.1.1」だ。専用カバーとBluetoothキーボードが一体となった「Folioキーボード」(別売アクセサリー)を組み合わせれば、クラムシェル風なノートパソコンのように使用できる。発売は、今週末の3月2月(土)より

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ