ITライフハック

Tegra

次世代Tegraで自動車分野に食い込め! CES の出展内容から見えたNVIDIAの次戦略【デジ通】

ラスベガスで行われたCES 2015に合わせ、NVIDIAはMaxwellアーキテクチャーを採用したTegra X1を発表した。現在のAndroidタブレットではKeplerアーキテクチャーを採用したTegra K1が高性能とされるが、Tegra X1はさらにその先の次世代アーキテクチャーを採用したモバイル向けのSoCとなる。

従来は新しいTegraシリーズを発表すると、それを採用するAndroidタブレットやSHIELDのようなコンシューマー向け製品も同時に発表していた。今回のCES 2015では、Tegra X1の活用先をオートモーティブ分野に絞っている。

nv4

NVIDIAはここ何年もCESでは大きなブースを展開し、自社の関連技術を多数展示してきた。ところが今回のCES 2015では、プレスカンファレンスでTegra X1をオートモーティブ(自動車)関連に限定して発表した。それと同時に展示ブースの内容もオートモーティブ向けになっていた。

従来はゲーム関連のGeForceや、ハイエンドPC、ワークステーション向けのQuadro、クラウド関連でGRIDといったNVIDIAのPC向けの最新技術を存分に体験できるような展示がメインで、その中の一部としてオートモーティブが含まれていた。しかし、今回の展示内容は、ほぼオートモーティブ関連だけになっている。

nv2

今回、Tegra X1を採用した製品として紹介していたのが「DRIVE CX」と「DRIVE PX」で車載向けのボードだ。利用用途は、DRIVE CXはダッシュボードやコントロールパネルのディスプレイ表示。DRIVE PXは運転支援や自動運転のAdvanced Driver Assistance Systems(ADAS)向けの製品となる。

nv3

DRIVE CXのダッシュボード内の画像表示デモでは、従来のメーター表示と同じような見た目の表示を自由に切り替えられるデモ、コントロールパネルのナビゲーション表示は、よりリッチな画像表示を実現するデモを展開していた。

nv5

DRIVE PXでは、自動車に取り付けたカメラから周辺の状況を確認して、他の自動車、人、標識のような走っている際に人が認識しているような判断を行えるというデモ。この機能は「Deep Learning」(深層学習)により、日々学習を積み重ねていく。カメラがとらえた周りの画像から、単に自動車として認識するだけではなく、緊急用車両や、車の種類、歩行者が何をしているのかも認識できるようになるという。

こうしたことからも、Tegra X1および、DRIVEシリーズから見ると、NVIDIAは車載向け分野にこれまで以上に力を入れていくことは間違いないようだ。Googleの自動運転車など車にIT技術が搭載されることで、子供のころに夢見たり、思い描いてきた、いまだ実現されていない未来の技術が少しづつ現実のものとなってくるのかもしれない。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
自前のSIMをそのまま流用し、海外で現地SIMとして利用できる「KnowRoaming」
LaVie ZやThinkPadだけじゃない! CESレノボブースで注目すべき数々の製品
渡米機会が多いなら!米国滞在中に便利に使えるスマホ向け向けプリペイドプラン
CESのLenovoブースでNECのLaVie Zの実機をチェックした
ASUSがCESで8mmを切る薄型2-in-1ノートおよびZenfone後継モデルを発表



次世代タブレットから車載機器まで幅広い対応が可能なNVIDIAの新型Tegra「Tegra K1」【デジ通】



1月頭のCES 2014に合わせ、NVIDIAがモバイル向けの新型SoCとなる「Tegra K1」を発表した。Tegra K1はTegra 4の後継となるチップで、現在パソコンのグラフィックス描画に使われているNVIDIAのKeplerアーキテクチャーと同じGPUコアを採用しているところが最大のポイントとなる。このTegra K1の解説やデモが開催されたので紹介しよう。


続きを読む

驚きの書き心地! 安いながらも高品質なペン入力に対応するZOTAC Tegra Note 7【デジ通】




先日、『NVIDIAのTegra 4を搭載した7インチAndroidタブレット「ZOTAC TEGRA NOTE 7」』でも紹介したようにNVIDIAのTegra 4を搭載した7インチタブレットZOTAC Tegra Note 7が発表された。

NVIDIAのTegra Noteプラットフォームを採用したAndroidタブレットで、NVIDIAの各種テクノロジーに対応しているのが特徴となる。ゲームやカメラ機能、サウンドなど特徴はいくつかあるが、NVIDIAが今回の製品で特に注力して紹介していたのがペン入力への対応だ。

続きを読む

NVIDIAのTegra 4を搭載した7インチAndroidタブレット「ZOTAC TEGRA NOTE 7」



アスクは、ZOTAC製の7インチのAndroidタブレット「ZOTAC Tegra Note 7」を発売した。本製品は、パワフルさで定評あるクアッドコアプロセッサー「NVIDIA Tegra 4(1.8GHz)」を搭載。快適なWebブラウジングを始め、Android向け3Dゲームを快適に遊べるのが特徴だ。さらに電力消費と効率性を両立させることで、バッテリー寿命もロングライフを実現している。

続きを読む

NVIDIAのゲーム機SHIELDの発売が7月に延期 そもそもこの新しいゲーム機は売れるのか? 【デジ通】



NVIDIAのSHIELDが北米で販売されるはずだった。6月末に出荷開始予定で北米のユーザーはそろそろ手に入れられる頃だったが残念なことに7月に延期されている。

一般的なゲーム機専用の場合、早い段階で予約が予定台数に達して、数時間で締め切られるが、出荷直前でもオーダー可能だ。また、出荷の2週間ほど前になって価格が50ドル下がり299ドル(約3万円)になっている。それがユーザーからの注目度合いと考えればいいのか、このため予約はそれほど多くなさそうだ。

一般のゲーム機のように初期段階でそれなりの数が出ると言うことはなく、ゆっくりとした立ち上がりになりそうだ。SHIELDの実機を短時間さわった限りハードウェアとしての完成度は悪くないが、人気のゲーム機になっていくのだろうかと聞かれると、すぐには返答できない。


続きを読む

モバイル向け4コアプロセッサを搭載!ASUS、タブレット端末「Eee Pad TF201」が凄い



モバイルでもフルHD動画がスムーズに再生できる時代へ!ASUS & NVIDIA合同記者説明会を開催」でお伝えしたとおり、ASUSTeKComputerInc.(ASUS)は2012年1月20日、世界初のモバイル向けクワッドコアプロセッサ「NVIDIA Tegra 3」を搭載したタブレット端末「Eee Pad TF201」を1月21日より発売すると発表した。
価格は、6万9,800円(税込み)。本体カラーは、アメジストグレーとシャンパンゴールドの2色。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ