ITライフハック

ThinkPad

レノボ、大画面15.6型プレミアムモバイルノート「ThinkPad X1 Extreme」を発表

x1-extreme-2000x1126-1

レノボ・ジャパンは2018年9月11日、大画面プレミアムモバイルノートブック「ThinkPad X1 Extreme」を発表した。価格は27万8,000円(税別)から。

ThinkPad X1 Extremeは、薄さ約18mm、質量約1.7kgの薄型軽量ボディーに、第8世代インテルCore i7/i5 Hシリーズ・プロセッサー・ファミリー、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。ノートブックながら、VR Ready(Oculus Rift Ready)・Windows MR Readyとしてのハードウェアガイドラインをクリアしている。

4Kディスプレイタッチモデルは、ペン(Lenovo Pen Pro)での操作にも対応。また100% Adobe RGBに対応した液晶を採用し、プロのクリエイターが求める色の再現性に応えるだろう。

薄型軽量・狭額縁デザインのコンパクト設計で持ち運びやすく、最大約16時間の長時間バッテリー駆動により、優れたモビリティを発揮。さらに小型サイズの135W ACアダプター(寸法118×77×21mm)は、ThinkPad X1 Extremeとの持ち運びに便利で、約60分で80%まで充電可能なラピッドチャージ機能にも対応しているため、移動の合間でも十分
にパワーを確保できる。

インターフェースにはThunderbolt 3ポートを2つ装備、高速データ転送が行え、クリエイティブワークをサポートする。

その他、ThinkPadの豊富なアクセサリー類も利用できる。たとえば、ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック(近日発売オプション)と併せて利用することにより、ケーブル1本を接続するだけで4Kモニター最大3台への出力が可能。また各種周辺機器を接続しながら、ThinkPad本体への充電も行える。

■ThinkPad X1 Extreme:主な仕様
OS        :Windows 10 Pro 64bit / Windows 10 Home 64bit
プロセッサー   :第8世代インテルCore i7/i5
          Hシリーズ・プロセッサー・ファミリー ※1
メモリー     :最大64GB
ストレージ    :最大2TB(1TB PCIe NVMe SSD×2)
グラフィックス  :NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
ディスプレイ   :15.6型 UHD マルチタッチ対応IPS液晶 /
          15.6型 FHD IPS液晶
インターフェース :USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt 3共用)×2、
          USB 3.0 Gen1 Type-A×2、HDMI、
          イーサネット拡張コネクター、
          4-in-1メディアカードリーダー、
          スマートカードリーダー (オプショナル)、
          マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約16時間 ※2
本体寸法     :約361.8×245.7×18.4mm
本体質量     :約1.7kg / 約1.8kg(タッチモデル)


製品詳細

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、「ASTRO Gaming」ブランドからゲーミングヘッドセットを発売
アスクから初音ミクとコラボレーションしたTt eSPORTSのゲーミングキーボード&マウス
XYZプリンティングジャパンから持ち運べる低価格3Dスキャナー「ハンドヘルド3Dスキャナー2.0」
EPSONからA3ノビ対応のビジネスインクジェットプリンター間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」






機能拡張が可能な小型・軽量モバイルプロジェクター「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」を発売

think-acc-03

レノボ・ジャパンは2016年12月6日、「ThinkPad Stack」シリーズの新製品として、機能拡張が可能な小型・軽量のモバイルプロジェクター「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」を発表した。価格は7万9,000円(税別)。

「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」の重量は約361gで、バッグ等に入れても持ち運びやすい手のひらサイズ。また、プロジェクターにはAndroid OSを搭載し、150ルーメン、720pの解像度を実現するとともに、内蔵されたバッテリーにより、電源環境のない中でも約70分の利用が可能だ。

さらに、「ThinkPad Stack」シリーズの各モジュール「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」、「ThinkPad Stack Bluetooth スピーカー」、「ThinkPad Stack ワイヤレス ルーター/1TB ハードドライブキット」と積み合わせて使用することで、機能拡張が可能となっている。

「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」と組み合わせることで、約220分の連続使用が可能。

「ThinkPad Stack Bluetooth スピーカー」と組み合わせることで、プロジェクター内蔵の1Wスピーカーを2×2Wに拡張できる。

「ThinkPad Stack ワイヤレス ルーター/1TB ハードドライブキット」と組み合わせることで、ハードドライブ内のファイルや映像をプロジェクターより投影することができる。

各モジュールとはそれぞれを積み重ねるだけで接続されるため、手軽に機能を拡張可能だ。さらに、ThinkPadシリーズならではの耐久性とデザインを継承。出張時の社内外プレゼンテーションなどの仕事から、屋内・屋外での映像鑑賞などのプライベートなシーンまで、様々な場面で活躍する1台だ。

■主な仕様
プロジェクター仕様情報 輝度150lms(ANSI、ACアダプタ接続時)
            ※内蔵バッテリーもしくはThinkPad Stack 10000mAh
             パワーバンク使用時は100lms
            解像度1280×720p出力、1080p、2K・4Kをサポート
OS           Android(TM) 6.0
CPU           インテル(R) Atom(TM) x5 Z8550プロセッサー
バッテリー       4500mAh容量バッテリー内蔵
            (バッテリー駆動時間は70分)
            ※「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」と
             合わせて使用した場合のバッテリー駆動時間は220分
スピーカー       1Wスピーカー内蔵
            ※「ThinkPad Stack Bluetoothスピーカー」と
             合わせて使用した場合は2×2Wへ拡張
キーストーン補正    自動キーストーン補正(台形歪み補正)
ナビゲーション     ThinkPad タッチパッド搭載、
            ThinkPad Stack Assistantアプリケーション
インターフェース    USB2.0 × 1、フルHDMIポート、
            オーディオコンボジャック、
            セキュリティーケーブルロック
ワイヤレス規格     2.4GHz/5GHz Wi-Fiサポート
Bluetooth対応      Bluetooth v4.0サポート
本体寸法        136(W)× 76(D)× 32(H)mm
本体質量        約361g
対応距離        0.2m-0.5m(推奨)
            ※最大画面表示:4.5mの距離で最大120インチ
            ※最小画面表示:0.2mの距離で最小5.5インチ

※Miracast/WiDi/Chromecastによるワイヤレス接続はできない。


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 10シリーズを搭載する「フィギュアヘッズ」推奨PCを発売
デル、「ALIENWARE」のオウンドメディア「ALIENWARE ZONE」を開設
Steam公式ハードウェアの日本国内販売を開始
ドスパラ、Windows 10 の新しい機能が十分に生かせる2in1パソコン「Diginnos DGM-S12Y」を発売
ネットラジオをエアチェック!Radikoなどのインターネットラジオを録音できるソフト







レノボ・ジャパン、「ThinkPad X1 Tablet」を含むプレミアムモデル「X1ファミリー」4製品を発表

レノボ・ジャパンは2016年2月9日、独自の着脱式モジュール設計により目的に応じて変幻自在に形を変える「ThinkPad X1 Tablet」、ハイパフォーマンスにX1ファミリーの新機能を備えたプレミアムノート「ThinkPad X1 Yoga」、薄さと軽さ、堅牢性で高い評価を得ている「ThinkPad X1 Carbon」厳しいビジネス・ニーズに応える性能を備えたデスクトップPC「ThinkCentre X1」のプレミアムモデル「X1ファミリー」4製品を発表した。
続きを読む

レノボ・ジャパン、ビジネス向けノートPC「ThinkPad T/X/L」シリーズなどを発表

レノボ・ジャパンは、法人向けのパソコンとしてノートPCの「ThinkPad T/X/L」シリーズ、「ThinkCentre M700」シリーズ、「ThinkPad P40 Yoga」、コンシューマー向け2 in 1マルチモードPC「YOGA Home 900」「YOGA Home 500」を発表した。
続きを読む

レノボからコンパクトな11.6型モバイルノート「Lenovo S21e」登場

レノボ・ジャパンは2015年5月26日、11.6型モバイルノートPC「Lenovo S21e」を発表した。5月30日から発売開始。
続きを読む

ユーザー必読!レノボがThinkPadシリーズの一部モデルのバッテリー自主回収を発表

レノボ・ジャパンは2015年4月22日、同社が発売しているノートパソコン「ThinkPad」シリーズの一部に搭載されているリチウム・イオンバッテリーおよびオプション製品のバッテリーについて、自主回収(無償交換)を実施すると発表した。日本国内において事故等の事象は報告されていないが、ごくまれに安全上の問題が発生する可能性があるため。

続きを読む

今あるSIMが海外でも使える「KnowRoaming」!1週間の記事を振り返る【ITフィードバック】

今日は、土曜日だ。読者の中には、家でゆっくり休んでいる人、家族またはひとりでどこかへ出掛けている人、それぞれに休日を過ごしていることだろう。時間は限られているが、人との待ち合わせや電車の待ち時間などの隙間時間は意外にある。そうした時間に、ITライフハックの記事を読み返してみては如何だろうか。

ITフィードバックでは、今週1週間、ITライフハックで紹介された記事の中から、とくに注目の記事をピックアップしてお届けしよう。

続きを読む

大和魂よ永遠なれ! ThinkPadの累計出荷台数が1992年より数えて1億台を達成

PC出荷台数で世界シェアでトップのレノボは日本時間1月5日より始まった、2015 International Consumer Electronics Show(CES2015)において、同社がIBMより譲り受けた古い歴史を持つノートPCブランドである「ThinkPad」ブランドの名を持つ製品の累計出荷台数が1億台に達したことを発表した。

続きを読む

人気の10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」の個人向けモデルの販売開始

ThinkPadブランドの新しい10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」でレノボ・ジャパン株式会社が新しい10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10 (シンクパッド テン)」を発表したことをお伝えした。

「ThinkPad 10」は解像度1920×1200ドット(WUXGA)で10インチのタッチ液晶を搭載するWindowsタブレット。CPUにBayTrail-TことAtom Z3795を搭載することで前モデル「ThinkPad Tablet 2」と比べて約2倍のパフォーマンス向上を果たしている。

当初発売されたのは法人向けモデルだけで、個人向けモデルに関して「販売予定」となっていたが、その時期については未定となっていた。その10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」の個人向けモデルの販売開始がアナウンスされた。

続きを読む

双子のタブレット「ThinkPad 10」(レノボ)と「LaVie Tab TW710/S」(NEC)を比較する【デジ通】

昨日「ThinkPadブランドの新しい10インチWindowsタブレット「ThinkPad 10」」という記事でお伝えしたように、レノボが10インチWindowsタブレットである「ThinkPad 10」を発表した。

同製品は、2012年に発表された「ThinkPad Tablet 2」の後継機種となる。6月18日に『大幅に機能強化したWindowsタブレットNECの「LaVie Tab TW710/S」』で紹介したようにNECパーソナルコンピュータの「LaVie Tab TW710/S」とハードウェアスペックは、ほぼ同じとなる。

基本的なハードウェア構成が同じで双子とも言える2製品だが、NECのLaVie Tab TW710/SとレノボのThinkPad 10とは、どこが違うのか見ていこう。

続きを読む

裏返すとキーボード面が平らになる2-in-1のThinkPad Yoga【デジ通】



Ultrabookにはクラムシェルタイプベースとデタッチャブルタイプの2-in-1製品が存在している。いずれもパソコンとタブレットのどちらも1台で利用できるように変形する製品だ。

2-in-1では、その変形機構が重要であり、各社が様々な製品を投入している。たとえばレノボのIdeaPad Yogaは、液晶がぐるっと回転してノート型とタブレット型に切り替わる製品だった。この液晶画面が360度回転する機構は2012年1月に初めて公開され「Yogaヒンジ」と命名された。ThinkPadにもこのYogaヒンジを採用したモデルが登場した。Yogaヒンジを搭載するThinkPad なので、文字通り「ThinkPad Yoga」という製品名だ。



続きを読む

新しいレノボThinkPad X1 Carbonの日本語キーボード配列の変更点【デジ通】



アメリカで1月初旬に行われた家電ショーのCESでLenovoが「ThinkPad X1 Carbon」の新モデルを発表した。この発表によれば、従来モデルからのさらなる薄型軽量化、ファンクションキーを中心としたキーボードの進化、基本性能に加えてインターフェイスの大幅な進化といったことが公表された。

このThinkPad X1 Carbonをベースに日本語Windows 8.1を搭載し、日本語キーボードへ交換したのが日本仕様向けのThinkPad X1 Carbonとなる。CESで公開されたのは英語キーボードだったため、日本のユーザーとしては日本語キーボードがどのように変わるのか気になっていた人も多かったと思われる。

先日、ThinkPad X1 Carbon日本仕様が発表され、発表会の場でどのような経緯で日本語キーボードが改良されたのかも解説されたので紹介したい。



続きを読む

PC用周辺機器を存分に活用できる8インチWindowsタブレット「ThinkPad 8」【デジ通】

ThinkPad 8


ラスベガスで行われたCESにあわせ、レノボがWindowsタブレットのThinkPad 8を発表した。2013年末より8インチのWindowsタブレットに人気が集まったこともあり、レノボも「Miix 2 8」を発表し、かなり人気を得ている。Miix 2 8人気を見ると、今回のThinkPad 8はThinkPadブランドであることもあり、さらに人気になりそうだ。そしてThinkPadというブランドならではのタブレットとなっている。日本でも発売されれば人気になりそうだ。

続きを読む

新型ThinkPad X1 Carbonでキーボードがより便利に進化【デジ通】



ラスベガスで行われた家電ショーのCESでは、扱われる製品としてのパソコンのウェイトが年々下がっている。2014年のCESにあわせて発表された新型のノートパソコンは、そう多くはない。その中で、PCメーカーとして世界最大となったレノボが発表した新しいThinkPad X1 Carbonは要注目の製品なのだ。

従来モデルよりもさらに薄型、軽量化しているが、特に変化したのがキーボードだ。キー配列が7列から6列に変わったのが、ThinkPadの大きな変化として記憶に新しいが、今回はファンクションキーが従来のハードウェアボタンから、利用しているソフトに応じて機能が自動的に切り替わり、その機能がキーに表示されるタッチ式のキーになっている。

続きを読む

使い勝手よりデザイン優先? ThinkPadが各種インターフェイスの色を黒に統一【デジ通】

USB 3.0も黒いコネクターを採用するThinkPad


一般的に、パソコンなどに使われている各種インターフェイスのコネクターの色は、メーカー間で統一した色を採用している。例えば、USB 3.0は青になっているなど、USB 2.0との違いはメーカーを問わず色だけで判断できる。

一方で、アップルはこれらの統一した色を採用せず、デザインを優先した色を採用している。これに追従したのが、レノボの最新のThinkPadだ。従来のThinkPadは電源部分は黄色、USB 3.0も青を採用していたが、最新世代の製品はこれらが全て黒で統一されている。

続きを読む

Tシリーズが変化 光学ドライブ付きが伝統だったThinkPad T440sが光学ドライブレス化【デジ通】

光学ドライブのないThinkPad T440s


レノボがインテルの第4世代Core iプロセッサー(Haswell)を搭載したThinkPadを発表した。そこでThinkPad Tシリーズに大きな転換があった。ThinkPad TシリーズはXシリーズに匹敵する可搬性を持ちつつも光学ドライブを搭載する上位モデルという位置づけだったがThinkPad T440sでは光学ドライブを搭載しないモデルが発表された。

このHaswell化したThinkPad としては、今回初めての発表となる。今後は他モデルのHaswell対応が発表されるようだ。従来は搭載があたりまえだったThinkPad Tシリーズの光学ドライブが非搭載となりストレージにSSDを選択するとノースピンドルモデルとなる。これを見ると、これまで紹介してきたように従来のThinkPad各シリーズごとの特徴が大きく変化することになると考えていいだろう。

続きを読む

純正のオプション類が豊富なThinkPadシリーズ【デジ通】



ThinkPadは、1992年生まれで今年で21年と非常に長い歴史を誇っている。昔からThinkPadロゴ入りの外付けキーボードやマウス、外部ディスプレイ、ウルトラベース、FDD、光学ドライブ、大容量バッテリー、世界対応のACアダプターなどと、今ではオプションとして提供されていない機器を含めて豊富に用意されているのもThinkPadの伝統である。

一般的にパソコンのオプションといえば、ACアダプターや交換用バッテリーなどの製品に必須なオプション類がほとんどで、バッグやケースなどの純正品は用意されていないことが多い。対してThinkPadは、ロゴ入りの鞄なども用意されており、かなりのグッズ類をThinkPadロゴで埋め尽くすことができる。非売品のノベルティ類も豊富で、すでにどこにやったか失念したものばかりだが、新製品発表会で小型バッグや折りたたみ傘、ボールペンやUSBメモリーといったノベルティをもらって帰ってくるというのがお約束でもあった。


続きを読む

ThinkPadロゴが変化! 天板部分のロゴが180度逆になった意味は?【デジ通】



ノートパソコンやUltrabook、SlatePCには天板部分にメーカーや機種名、モデル名などのロゴマークが書かれていることが多い。

ディスプレイを開いて使用しているときにディスプレイの天板側を見た人に読める向きを「正しい」とし、見えるように配置されている製品が多かった。なぜならそのノートPCをほかの人たちが見たときに「どのメーカーの何というモデル」かが分かるようにという意味が多分に込められているからだ。車のトランクリッドにメーカーマークと車名、グレードが誇らしげに書かれているのと似たようなものだ。良い宣伝になるという点からノートPCなどでも外側から見たときにロゴが読めるようになっているわけだ。

しかし、ThinkPadは日本アイ・ビー・エム時代から、開くときに利用者の方向を向いていたため、ディスプレイを開いた後は天地逆になるようにデザインされていた。外から見られた時にマシンを自己アピールするのではなく「ThinkPadはいつでも実際に利用するユーザーに向いています」という日本アイ・ビー・エムの“大和魂(大和事業所のThinkPad開発陣の思い)”が込められていたのだと筆者は思っている。




続きを読む

ユーザー層によってはタブレットが不要に? ThinkPad Helixが想定するユーザーとは?【デジ通】



iPadから始まったタブレット。いまやパソコンを脅かすガジェットへと成長し、パーソナルユースではなくビジネスユースでも一般的に使われるようになってきた。タブレットは、専用アプリの開発などすれば業務にも十分に使えるようになってきている。

しかし、ビジネスユースではOSとしてWindowsが標準であり、利用できるソフトなども異なるためタブレットだけで業務にフル活用できるわけではない。タブレットとパソコンを併用しているのが実情だろう。そうした中でタブレットとしてもパソコンとしても使えるThinkPad HelixなどのコンパチUltrabookは、どんな層に適した製品なのか考えてみたい。

続きを読む

レノボの成長につながる「PC+戦略」 ThinkPad Helix、その先にあるモノ【デジ通】

レノボ・ジャパン株式会社製品事業部部長仲西和彦氏


各調査会社のデータの発表によると、世界的にパソコンの販売が低迷しているようだ。本来なら新しいOSのWindows 8やUltrabookなどの新製品で勢いを付けたかったところだろうが、業界全体でうまくいっていない模様である。

魅力あふれるPCが登場してきているにも関わらず残念なことであるが、PC以外の選択肢が多様化した結果と見ることができる。今まではパソコンでしかできなかったことが、スマートフォンやタブレットなどでもできるようになったことが大きいと言える。

スマホやタブレット相手に戦う必要が出てきたわけで、今後パソコンの需要を伸ばすためには、新しいOSやノートパソコンの延長上の製品では厳しいということになる。そうした中で、パソコンメーカー各社はどのような戦略を立てているのだろうか。今回は、ThinkPad Helix発表に合わせ、発表されたレノボの「PC+戦略」を紹介しよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ