ITライフハック

VAIO

VAIOが中国市場へ進出! 経営方針説明会でVR事業も明らかに

01

VAIO株式会社は2017年8月1日、東京国際フォーラムホールD5において、報道関係者向けに経営方針説明会を開催した。

■VAIOブランドの価値を高めたい - VAIO吉田社長
発表会は、VAIO株式会社代表取締役社長吉田秀俊氏の挨拶から始まった。吉田社長は長年、家電業界に携わり、海外事業の営業経験が豊富な人物だ。

吉田社長によると、同社は2017年7月1日で3周年を迎えるが、営業利益が前年比3.2倍に増大しており、事業が順調であることを明らかにした。

「VAIOブランドの価値を高める」というのが吉田社長の就任ミッションだ。

同ミッションを達成するために、「1.PC事業戦略」「2.NB事業戦略」「3.PC事業中国市場進出」「4.第三のコア事業」という、4本の柱で事業を展開していくという。
この中で注目なのは、「PC事業中国市場進出」「第三のコア事業」の2つだ。

まず「PC事業中国市場進出」であるが、これは同社の成長戦略として、売上高中国最大のEコマースサイト「JD.COM(京東商城)」を販売戦略パートナーとして、VAIO PCを中国でも販売するというもの。販売するモデルは、フラグシップモデルである「VAIO Zクラムシェルモデル」「VAIO S13」だ。今回の中国進出よって、VAIO PCの海外販売地域は、米国、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ウルグアイに加え、6か国目となる。

次に「第三のコア事業」だが、「ソリューション事業」の第一弾として、「VRソリューション事業」を展開する。主に法人向けにだが、VRのハードやシステムの導入・保守からコンテンツの制作、運営企画に至るまでのソリューションを一気通貫で提供する。そのために今回、VRに関する開発や制作、運営のノウハウも持つ株式会社ABALと提携し、出資を行うことも明らかにした。

VAIOと言うと、国産高品質ノートPCの製造メーカーとのイメージが強いが、今後はPC以外の分野でも注目を浴びてくるだろう。

VAIO株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「オルタナティブガールズ」のVR体験「女の子達とカラオケパーティ♪ -VRライブ特別編-」がドスパラに登場
COUGAR、軽量なアルミフレーム構造のゲーミングマウス「COUGAR 700M Superior」を発売
COUGAR、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセット「COUGAR IMMERSA PRO」を発売
ドスパラ、「夏の自作PC応援企画!GTX1080Tiが抽選で当たるキャンペーン」を開催
「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1060を搭載した15型フルHDノートパソコンを発売







楽天モバイル、「VAIO Phone Biz」と「VAIO S11」の取り扱いを開始

楽天が展開する「楽天モバイル」は、VAIOのスマートフォン「VAIO Phone Biz」とSIMフリーLTE搭載のノートパソコン「VAIO S11」の取り扱いを開始する。
続きを読む

ビジネス向けのWindows10 Mobileスマホ。「VAIO Phone Biz」を発表

VAIOは2016年2月4日に都内の会場で発表会を開催し、Windows10 Mobileを搭載するスマートフォン「VAIO Phone Biz」を発表した。2016年4月に発売を予定しており、価格は5万円台。
続きを読む

VAIO、新「VAIO Z」、「VAIO S13」「VAIO S15」の3モデルを発表



VAIOは、フラグシップモデルである「Z Line」のうち、クラムシェル型の新「VAIO Z」、メインストリームである「S Line」の「VAIO S13」「VAIO S15」を発表した。いずれも第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載する。

続きを読む

PC以外の新規事業も拡大する!VAIO新社長が今後の展開を語る

自立と発展を目指す!VAIO株式会社に新社長就任」という記事で紹介したように、VAIO株式会社は去る2015年8月19日、同社東京オフィスにおいて報道関係者向けに新社長の就任挨拶を行った。

昨年度(2015年6月からの1年間)はゼロからの創業基板づくりで、VAIO Z/Cancas、VAIO Pro 13 | mk2、VAIO Fit 15 | mk2という3つのラインナップを揃えた。これからの1年間は「会社の中身=稼ぐ力作り」を行い、飛躍への布石を敷くというのだ。

会場にて、同社代表取締役社長大田義実氏に直接お話しをうかがうことができた。

続きを読む

自立と発展を目指す!VAIO株式会社に新社長就任

VAIO Z Canvas正式発表! ビジネス向けVAIO Proもお披露目」という記事で紹介したように、VAIO株式会社は六本木ヒルズに期間限定の「VAIO Cafe」をオープンし、一般ユーザー向けに新製品「VAIO Z Canvas」や既存プロダクトを紹介した。そんな同社に新たな展開があった。

VAIO株式会社は去る2015年8月19日、同社東京オフィスにおいて報道関係者向けに新社長の就任挨拶を行った。同社は2014年7月1日の設立以来、一周年を迎える。今回のイベントでは、新しく代表取締役社長に就任した大田義実氏から一周年の謝辞を述べると共に、就任の挨拶と同社事業方針の説明があった。

続きを読む

VAIO Z Canvas正式発表! ビジネス向けVAIO Proもお披露目

VAIOは2015年5月25日に東京・六本木ヒルズにある、期間限定の「VAIO Cafe」にて発表会を開催した。5月21日に先行して正式発表され「絵師たちよ、いま外出のとき「VAIO Z Canvas」ではかどる資料収集と楽々お絵かき体験」でも紹介した「VAIO Z Canvas」についてのプレゼンテーションを開催。同時にビジネス向けのスタンダードモデルとなる「VAIO Pro13|mk2」を発表した。

続きを読む

ビジネス向けのオールインワンスタンダードノート「VAIO Fit 15E | mk2」が登場

VAIOは2015年4月14日、オールインワンスタンダードモデルのパソコン「VAIO Fit 15E」に、ビジネスシーンで多用される機能を追加搭載した後継モデル「VAIO Fit 15E | mk2」を発表した。

ブラック、ピンク、ホワイトの3色が用意されており、本日から先行予約販売を開始(先行予約品の届け日は4月23日から)。ソニーストアでの価格は5万6,800円から(税抜き)。

なおBlu-ray ドライブ選択時は4月下旬先行予約販売開始予定、発売予定 5月、ピンク選択時は5月下旬先行予約販売開始予定、発売予定6月となる。

続きを読む

絵師たちよ、いま外出のとき「VAIO Z Canvas」ではかどる資料収集と楽々お絵かき体験

2月半ばに『「私は帰ってきた!!」新生VAIOの第1弾パソコン発表─「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」』という記事で紹介した。タブレット「VAIO Z Canvas」を実機を入手し、使い倒すことができたので紹介しよう。

実際に使ってみて大きく違うと実感できたのは「デスク作業からの解放」だ。カメラと一緒に持ち出すもよし、単体でスケッチブック代わりに使ってみるもよし、まさに使い方は無限大と言える。

続きを読む

今後に期待できるVAIO Phone登場!分割は月額2,980円から

VAIOと日本通信は2015年3月12日、都内の会場で記者会見を開き、VAIOブランドでのスマートフォン「VAIO Phone」を2015年3月20日より出荷すると発表した。端末一括購入の金額は5万1,000円。24回払いの場合は音声通話+上限のない高速定額プランを合わせて月額3,980円。音声通話+1Gバイトのライトプランと合わせて月額2,980円。なおSIMについてはVAIO Phone専用のものとなる。ただしSIMフリーのため他社のSIMは使える。

VAIOとしては、初のスマートフォンとなるわけだが、事業としての新たな挑戦となるため、まだまだ手探り状態であることは否めない。しかし、今後が楽しみであり、第二弾、第三弾の新モデル投入を期待したい。

続きを読む

家電量販店向けの個人向けモデルを販売――VAIO Z、VAIO Pro 11

VAIOは、2015年3月6日から購入後にすぐに持ち帰ることができる個人向け標準仕様モデルを、全国の大型家電量販店で開始したと発表した。これにより、ソニーマーケティングで取り扱う「VAIO OWNER MADE」モデルに加えて、購入する選択肢が広がったことになる。

続きを読む

新生VAIOの第1弾パソコン発表!1週間の記事を振り返る【ITフィードバック】

今日は、土曜日だ。読者の中には、家でゆっくり休んでいる人、家族またはひとりでどこかへ出掛けている人、それぞれに休日を過ごしていることだろう。時間は限られているが、人との待ち合わせや電車の待ち時間などの隙間時間は意外にある。そうした時間に、ITライフハックの記事を読み返してみては如何だろうか。

ITフィードバックでは、今週1週間、ITライフハックで紹介された記事の中から、とくに注目の記事をピックアップしてお届けしよう。

続きを読む

「私は帰ってきた!!」新生VAIOの第1弾パソコン発表─「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」

昨年7月にVAIO株式会社として活動を開始してから初めてフルスクラッチで開発したパソコン「VAIO Z」と「VAIO Z Canvas」が2月16日にお披露目された。

よく言われる言葉だが、「私は帰ってきた!!」との印象を深くしたのが今日の発表会だった。

登壇席で粛々とPowerPointをめくりつつしゃべるのではなく、ステージ前に設置されたプロンプターを見ながら、アメリカンスタイルで時にはモーションをつけつつ解説する。

こういったスタイルにも「新しいもの」を携えて、もう一度PC市場に戻ってきたぞ、という感を強くした。ということで、その発表会の様子と実機の詳細をお伝えしよう。

続きを読む

実際の製品化が楽しみなVAIOブランドのタブレットプロトタイプ【デジ通】

ソニーから独立しVAIO株式会社になってから、本格的に新設計となるWindowsタブレット。試作機なので製品ベースではないが、実際に触ってみたところ、かなりペン入力機能にこだわっていることがわかる。このVAIOの試作機がクリエイター向けに、アメリカで行われた「Adobe MAX」で一般公開された。先日、日本で「Adobe CREATE NOW “Best of MAX”」が開催されたことを紹介したが、ここでも試作機を公開し、日本各地を巡っていくようだ。体験できる試作機はプロトタイプとは思えない完成度を持ってており、製品版が楽しみだ。

Windowsタブレットは、2-in-1タイプを含めると、各社から様々な製品がラインアップされている。現在、人気で売れているのは、8インチから10インチ程度までの比較的持ち運びも自由にできる軽量な製品だ。これらの製品の多くは価格も安いが、ATOM搭載モデルが多いのでパフォーマンスが高いわけではない。

日本マイクロソフトのSurface Pro3はCore i搭載なのでパフォーマンスが高い部類に入る、同様にVAIOタブレットも、プロトタイプを見る限りパフォーマンスが高い製品を目指しているようだ。
パフォーマンスの高さは、画像処理ソフトで複雑なブラシも問題なくペン入力できることでも実感できるが、それよりも、実機を触るとよくわかるのが、画面の表示が非常に綺麗で、ユーザーの利便性を追求している点だ。

現在各地で公開しているのは画面サイズが12.3インチで、解像度が2560×1704ドットの250ppiの液晶パネルを搭載している。Adobe RGBカバー率95%という液晶は、非常に美麗で写真表示が非常に美しい。ペン入力時にペン先と、画面表示の位置がずれる視差が少なくなる液晶面と表面のガラス面との隙間をなくす「ダイレクトボンディング」といった技術も取り入れ、画面表示にこだわっていることがわかる。

vp2

そして、ペン入力時にタブレットの角度を変えながら作業したい場合に、片手で自在に角度を変えられるようになっている本体裏のヒンジも非常に練り込まれている。このヒンジは、ペン入力時にほとんど動くことは無く、角度を変えたい場合には片手で簡単に変えられる。

右手でペン入力している際に、左手で本体上部を軽く押すか引くかするだけで、自在にタブレットの画面角度を変えることができる。開く際には多少力がいるものの、タブレットに内蔵されるヒンジの中では、最高の部類に入る質かもしれない。

各地で行われているAdobeのイベントでは、製品開発のために実機に触れたユーザーの声も集めている。多くの意見を集めて、ユーザーが本当に求めるタブレットが登場してくることを楽しみにしたい。

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジ通の記事をもっと見る
NECがWindows8インチタブレット「LaVie Tab W」の詳細情報を公開
人が目視可能な精細さの限界を超える高精細ディスプレイへの期待と怖れ
シンプルイズベスト!? 一般販売が開始されたChromebook
定番DTPソフトが進化! 互換性問題も解消し細かな使い勝手が向上したアドビの「InDesign CC 2014」
AmazonのKindleシリーズで利用できるサポートと英語関連の新機能



Adobe Maxのサイトで発覚!VAIO、タブレットPCの試作機を展示へ

2014年10月4日~8日、米ロサンゼルスにおいて、Adobe主催のカンファレンス「Adobe Max」が開催される。ネット上では、同カンファレンスの公式サイトがすでに公開されているが、そこでVAIOの新タブレットの試作機が展示されることが明らかとなった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ