ITライフハック

VOCALOID

令和時代に甦った美空ひばりの新曲ライブが実現!あの歌声をヤマハ「VOCALOID:AI」で再現

1909030201

ヤマハは、2019年9月29日(日)午後9時から放送予定の「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)」に協力し、現在同社が開発を進めている、深層学習技術(ディープラーニング)を使用した歌声合成技術『VOCALOID:AI』(ボーカロイド:エーアイ)を用いて、故人である美空ひばりさんの歌声を再現し、新曲ライブを実現するという取り組みを支援した。なお、『VOCALOID:AI』の公開および実用化は今回が初となる。

今回の取り組みは、日本放送協会(NHK)主導のもと、多数の協力者を得て実施されたもので、没後30年を迎え、歌謡界のトップを走り続けた絶世のエンターテイナーである美空ひばりさんの新曲ライブを現代のAI(人工知能)技術を用いて実現するというものだ。4K・3Dの等身大のホログラム映像でステージ上に本人を出現させ、秋元康さんがプロデュースした新曲を、美空ひばりさんの歌声で再現するというプロジェクトとなった。

本プロジェクトにおいて同社は、新曲のボーカルパートと曲中のセリフパートを制作するという役割を担った。具体的には、AI技術を用いた同社最新の歌声合成技術『VOCALOID:AI』を用いることで、美空ひばりさん本人の歌声や歌い方、話し声の特徴を忠実に反映したボーカルパートと、セリフパートの双方の作成を実現した。合成に必要となる学習データには、美空ひばりさん本人の生前の歌や話し声を収録した音源を使用した。

歌声音源の背景には伴奏音が含まれていたが、同社の「伴奏音除去技術」を用いて歌声部分のみを抽出することで質の高い学習データを生成し、高品質な合成を実現した。

今回使用したいずれの技術にも、昨今急速に進化を遂げているAI技術の一種である深層学習技術(ディープラーニング)を使用しており、これらの最新技術によって、昭和歌謡界を代表する歌手を蘇らせるという挑戦的な取り組みとなった。

今回のプロジェクトは、美空ひばりさんという稀代のボーカリストの音楽性を再現する取り組みでもあり、その歌声の本質に迫ることが出来たのは、約130年に渡る楽器・音響機器の開発・製造で培った技術と感性によるものだと考えていると同社。歌声合成技術のさらなる進歩が、「素晴らしい歌声が時を越えて人々を魅了する」という新しい音楽の可能性を生み出すということを、今回の協力を通じて提示したいと考えているとのことだ。9月29日(日)の放送では、こうした取り組みの様子や新曲ライブの様子などが放送される予定だ。

■番組情報
・番組名:「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)」
・初回放送:9月29日(日) 午後9時~9時49分
・出演:秋元康、天童よしみ、森英恵


NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
千円からできる九州の豪雨被害支援!さとふるの「令和元年九州北部大雨災害緊急支援募金サイト」に佐賀県江北町を追加し寄付受け付けを開始
『ポケモン GO』“#好きなようにGOしよう”キャンペーンで9月1日より渋谷ストリートジャックを展開!
ナショジオより、どうしてこうなった?町まるごと廃墟の101か所を撮影した書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』
熊本城と松本城の急激な追い上げを制して姫路城の連覇なるか?「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」を発表
楽天ブックスが9月1日防災の日に向けて「防災関連本ランキング」を発表

初音ミク V4X バンドル
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31


鏡音リン・レン V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2015-12-24



ボカロを教育現場に!ヤマハが学校の音楽教育にボカロ付き教材を提供

名称未設定-2

ヤマハは、主に小中学校をはじめとする学校の音楽教育現場に向けたICTを活用した音楽教育ソリューション「Smart Education System」の提供を開始すると発表した。

その第一弾製品として、Windowsパソコン・タブレット端末用の授業モデルパック付きデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」の提供を2017年2月7日(火)より、「ギター授業」「箏(こと)授業」の提供を3月上旬より開始する。

昨今、学校教育現場のICT(Information and Communication Technology)化が急速に進んでいると同社。政府は、昨年6月に閣議決定した「日本再興戦略2016」で、「全ての教科の課題発見・解決等のプロセスにおいて、各教科の特性に応じ、ITを効果的に活用する」ことを謳っており、2020年までに、子ども一人につき一台の端末を整備することや、ICTを活用して指導できる教員の割合を100%にすることなどを目指すとしている。特に今後は、教育現場にて電子黒板やパソコン、タブレット端末といった教育向けハード機器やネットワーク環境が整備され、これに伴い「デジタル教材」などの教育向けソフトのニーズも高まることが予測される。

同社はこうした環境の中、ヤマハだからこそ提供できるICT音楽教育ソリューション「Smart Education System」の構築に2014年より取り組んできたとのこと。これまで、15校もの協力のもとで実証授業を続け、学校関係者の方々との度重なる意見交換を通じて、教育の現場において有効に活用できるICTソリューションのノウハウ・知見を蓄積してきました。そしてこのたび、その成果の第一弾として、主に小中学校の教育現場を対象とした、授業モデルパック付きの3つのデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」「ギター授業」「箏授業」の提供を開始する。

「ボーカロイド教育版」は、当社が開発した歌声合成技術「VOCALOID」を小中学校の音楽授業を想定し改良したもので、思い浮かんだ歌詞やメロディーをどんどん入力して、試行錯誤を重ねながら直感的な操作で曲をつくることができる音楽ソフト形式のデジタル教材。

教材には、独自の「授業モデルパック」が付属しており、これに沿って授業を行うことで、子どもたちはメロディーづくりを体系的に学びながら、楽しんで創作に励むことができるようになっている。

この教材を使ったこれまでの実証授業では「子どもたちの想いを歌という形にする中で対話的な学びができた」「今まで学んだ音楽的な要素をもとに歌をつくるのでより深い学びにつながった」など、子どもたち自らが考えて能動的に学んでいくスタイルに高い評価を受けていた。さらに「創造性」と「論理性」を同時に育むことができることから、2020年に小学校で必修化される予定の「プログラミング教育」の観点からも注目を集めていた。

「ギター授業」「箏授業」は、限りある音楽科の授業数の中で少しでも多くの楽器に触れ、様々な音楽に親しみを持ってもらうことを目的に開発した、動画をベースにしたデジタル教材だ。専門家による充実の解説・模範演奏動画を多数収録しており、単に再生するだけでなくアングルを切り替えたり、再生テンポを変えたりしながら演奏ポイントを視覚的にしっかりと確認しながら学習できるようになっている。

いずれの教材も、特に「器楽」の授業を想定した「授業モデルパック」が付属しており、楽器演奏が苦手な指導者でも無理なく効率的に教えられるようになっている。この教材を使った実証授業では、直感的に操作できるシンプルな機能性や、演奏に必要な要素を網羅した構成に対して高い評価を受けていた。また、「箏授業」については、現行の「学習指導要領」に「3学年間を通じて1種類以上の和楽器の表現活動の実施」が謳われているなかで、和楽器の中でも学校授業で一番使用されている「箏」に特化した初のデジタル教材として発売される。

名称未設定-1


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Amazon「バレンタイン特集2017」オープン
ONE OK ROCKのニューアルバムを全身で感じることができるサウンドジャケット体験会が開催中
迷ったら死にますので絶対に列を離れないように――カミオカンデに行ってきました(後編)
「水曜どうでしょう」か「路線バス乗り継ぎの旅」のような旅程――カミオカンデに行ってきました(前編)
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始


初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31

初音ミク V4X バンドル
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31



「でんぱ組.inc」の「夢眠ねむ」の声で歌が作れる「VOCALOID4 Library 夢眠ゆめみネム」が発売に

名称未設定-1

ヤマハは、アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバーである「夢眠ねむ」の声をもとに制作した「VOCALOID4 Library 夢眠ネム」と、2011年12月に発売された「VOCALOID3 Library 兎眠りおん」のバージョンアップ版で、より豊かな歌声を作りだせるようになった「VOCALOID4 Library 兎眠りおん」を発売する。

価格は、「VOCALOID4 Library 夢眠ネム」ダウンロード版が8,000円(2017年2月16日(木)発売)、パッケージ版が1万円(発売日未定)、「VOCALOID4 スターターパック 夢眠ネム
パッケージ版」が1万8,000円(2017年2月16日(木)発売)、VOCALOID4 Library 兎眠りおんダウンロード版が8,000円(V3アップグレード版は4,000円)、同パッケージ版が1万円。

今回発売する2つの製品はいずれも、「でんぱ組.inc」などのアイドルが多数所属し、秋葉原を拠点に文化を発信するライブ&バー「秋葉原ディアステージ」の運営も手がけるディアステージの企画によって生まれた「VOCALOID4」用の歌声ライブラリ。

「VOCALOID4 Library 夢眠ネム」は、人気アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバー「夢眠ねむ」の声で自由に歌声の制作が楽しめる製品だ。同時発売となる「VOCALOID4 Library 兎眠りおん」は、「VOCALOID3 Library 兎眠りおん」を「VOCALOID4」用にバージョンアップした製品で、特徴的な鼻にかかる幼い声質はそのままに、声を激しく振るわせ唸るような効果が得られる「グロウル機能」に対応した。

この2つの製品は、製品間を横断して「クロスシンセシス機能」が使用できる特別な互換性を持つ製品となっており、それぞれの声をブレンドして新たな歌声を作り出すことも可能Da。

なお、両製品ともに、キャラクターデザインには、アニメ「けいおん!」のキャラクターデザインでもおなじみの堀口悠紀子氏を起用した。

公式サイトでは、各製品のでもソングムービーを見ることができる。

名称未設定-2


夢眠ねむ・兎眠りおん公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
お年玉つき年賀スタンプを発売。総額5億円、最大100万円が当たる「LINEのお年玉」
ついついハンコをなでなでしそう!?柴犬好きのためのはんこ「しばずかん」
「Ameba」が2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10を発表。1位「広島」 2位「熊本地震」 3位「不倫」
あのペンパイナッポーアッポーペンが、ついにゲーム化!「LINE:PPAP The Game」配信開始
フレーベル館とソフトバンクロボティクスのコラボで「Pepper」の絵本が登場





ヤマハ、ネイティブ米語にも対応!自然な「英語」に特化した「男声」の新型ボカロライブラリー

main

ヤマハは、男性ネイティブスピーカーの自然な発音で、表現豊かな英語の歌声を作り出すことができるパソコン用ソフトウェア「VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN」を発売する。価格は1万円(税別)。

「VOCALOID」は、同社が開発した、歌詞とメロディーを入力するだけで、人工の歌声を作り出すことが出来る歌声合成技術およびその応用ソフトウェア。実際の人間から収録した声のパーツが詰まったデータベース「歌声ライブラリ」と、歌詞やメロディー、歌い方を調整するための専用ソフトウェア「VOCALOID Editor」をインストールすることで、パソコン上で自由に歌声の制作が楽しめる。現在、日本語のみならず、英語、スペイン語、中国語、韓国語に対応しており、国内外のさまざまな企業から歌声ライブラリが発売されている。 2014年11月には最新版となる「VOCALOID4」を発表し、より自然で豊かな歌声を表現できるようになった。

この度発売する「VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN」は、「VOCALOID4」用の男声ライブラリで、同社製品としては初となる男声の英語ライブラリのみを収録した製品となる。同社は昨年2月に、女声の英語ライブラリ「VOCALOID4 Library CYBER DIVA」を発売しているが、今回、英語圏をはじめとした海外の方にもバーチャルシンガーによる音楽をさらに楽しんでもらいたいと考え、女声のみならず男声のスタンダードな英語歌声ライブラリを提供すべく開発したとのこと。

開発にあたっては、米国出身のネイティブスピーカーの男性を起用し、あらゆる音楽ジャンルを歌いこなす明瞭でキレのある歌声と自然な英語発音を追求した。また、ボーカロイドでは通常、イギリス英語の発音をベースにして英語の合成を行うが、本製品ではアメリカ英語の発音でも自然に歌声を合成できるようになっている。さらに「VOCALOID4」から搭載された、声を激しく振るわせ唸るような歌声を作り出せる「グロウル機能」との相性にも優れており、ロックやソウル、ブルースなどにおいても、豊かな感情を表現することが可能となっている。

なお本製品は、グローバルに広く利用してほしいという考えのもと企画されたもので、国内外問わずインターネットから購入できるダウンロード専用商品となっている。まずは本日より、ボーカロイド公式ショップにてダウンロード販売を開始する。また今後、ヤマハが運営する他のウェブサイトでのダウンロード販売も検討している。

sub1


VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売
通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31





DTMや歌ってみた、ボカロPに生主まで対応するミクちゃんミキサー「AG03」inニコニコ超会議2015

大好きなボカロPの動画を観て「ちょっとボカロやってみたいなァ~」とか「歌ってみた配信してみたくなったなァ~」と思い立った「おまえら」向けのキュートでポップなウェブキャスティングミキサーが超会議に登場!

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ