ITライフハック

X4

ロジクールから長距離ランナー向けイヤホン2モデル「Jaybird TARAH」「Jaybird X4」

X4 Compatibility

ロジクールは、ランナーの目線で開発したイヤホンを提供する「Jaybird」ブランドから、ランニングに最適なワイヤレスイヤホン「Jaybird X4」を2018年10月11(木)、「Jaybird TARAH」を2018年10月25(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ1万6,880円(税抜)、1万3,880円(税抜)。

■どれだけ走っても外れにくいイヤホンをランナーとともに開発
Jaybirdシリーズはランナーとともに開発されたイヤホンで、これまで防汗、長時間使用可能バッテリー、走っても外れないカスタム可能なフィット感、高いデザイン性、高機能アプリ等の付加価値によって高評価を受けてきた。

どちらも耳に入れるイヤーピースにJaybirdで初めて「イヤージェル」を採用。シリコン製の外皮の内側にジェルが入っており、着けていることも気にならない高いフィット感を実現した。

■内蔵バッテリーで長時間タフネス駆動を実現
また、長距離走で使用する際に求められる長時間再生を達成するために「TARAH」は6時間、「X4」は8時間の連続再生を実現している。

両製品はJaybirdシリーズで初めてイヤージェルを採用しました。シリコン製の外皮にジェルが包まれているイヤーピースになっており、耳の形に自然とフィットする。「TARAH」は左右それぞれ3種類のサイズのイヤーフィンとチップが一体型となったイヤージェルが付属。「X4」はイヤーフィンと呼ばれる耳のふちに沿うようなパーツを左右それぞれ3種類のサイズ、耳に入れるイヤーチップをイヤージェルとCOMPLY ULTRA?と呼ばれる低反発素材の2つが左右それぞれ2種類のサイズで付属する。複数サイズのイヤーピースで、左右で耳のサイズが違う方などどんな方にもフィットする。また、スピードシンチと呼ばれる左右を繋ぐケーブルの絞り部分も用意している。簡単にケーブルをまとめることができ、着けていることが気にならないだろう。

「TARAH」は1.5時間の充電で、最大6時間、「X4」は2時間の充電で、最大8時間の再生時間を達成している。男性のフルマラソンの平均時間の約4.5時間、女性の平均時間の約5時間(出典:全日本マラソンランキング アールビーズ)を上回っており、フルマラソンのような長時間のランニングでも連続使用が可能だ。また、10分間の急速充電で1時間の再生も可能で、充電を忘れてしまった時でも着替え中などの隙間時間で充電できる。

IPX7(30分間1mの水深に水没しても製品に浸水しない)の防水性能を持つほか、塩分や油を含んだ汗に対しても強い設計で、悪条件下でも通常通り使用可能だ。

スマートフォンアプリ「Jaybird」アプリと本製品を接続することで、ビジュアルイコライザーを用いて低音のブーストや高音・中音域の強調など様々なカスタマイズが可能だ。アプリには世界のランナーのセッティングなども保存されており、自分の発想にないセッティングも可能だ。設定は製品本体に保存され、アプリとの接続が無くてもカスタムした状態で使用可能だ。

コントローラーによって、音楽デバイスを操作することなく音量調節、トラック送り、通話などができる。

■「Jaybird TARAH」
製品名:Jaybird TARAH ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万3,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月25日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):476.4 mm x 13.25 mm x 19.7 mm
重量(ケーブル含む):13.85 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK/FLASH、NIMBUS GRAY/JADE、SOLSTICE BLUE/GLACIER
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約1.5時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大6時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR5.0
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:1KHz, 0dB=1V/Pa)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/通話拒否など
保証期間:1年間


Tarah FOB Black Flash


■「Jaybird X4」
製品名:Jaybird X4 ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万6,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月11日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:オーバーイヤー / アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):501 mm x 13.0 mm x 23.6 mm
重量(ケーブル含む):14.8 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK METALLIC/FLASH(BMF)、STORM METALLIC/GLACIER(SMG)、ALPHA METALLIC/JADE(AMJ)
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約2時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大8時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR4.1(マルチポイント対応)
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:96dB SPL、1KHz、A-Weighted)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/リダイヤル/ミュートなど
保証期間:1年間


JBD-X4-001AMJ Front


ロジクール・カスタマーリレーションセンター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
スマホの画面に耳の中を映し出して耳掃除ができる「スマホでWi-Fi耳かきスコープ」
もうHDMIケーブルの抜き差しは不要!入出力に対応する「1台2役双方向HDMI切替器」
タニタから水や洗剤で丸洗いできるデジタルクッキングスケール2機種
エレコム、ロック機能搭載で水がこぼれにくいアロマ加湿器「エクリア ミスト」発売
フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」発売記念キャンペーンを実施





最新デジ一眼の魅力を探る!写真で見るキヤノン「EOS Kiss X4」

キヤノン「EOS Kiss X4」


キヤノンは2010年2月9日、フルハイビジョン対応の動画撮影機能をさらに充実させたエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

「EOS Kiss X4」は、市場から高い評価を得ている2009年4月発売の「EOS Kiss X3」の画質や動画機能などの基本性能を大幅に向上させるとともに、使いやすさと多彩な機能を追求したエントリー向けのデジタル一眼レフカメラだ。

キヤノンが「EOS Kiss X4」を発売するに至った背景と、特長を写真とともに見てみよう。

■デジ一眼市場は成長する
2009年の全世界でのデジタル一眼レフカメラの出荷台数は、年末に伸びが鈍化したものの、年間を通した市場は対前年比約2.3%増の約990万台に達した※1。
正面から見た「EOS Kiss X4」

2010年は世界経済の停滞の長期化が懸念されるものの、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約11.1%増の約1,100万台と、堅調な成長の継続が見込まれるとキヤノンは判断し、「EOS Kiiss X4」を市場へ投入するに至った。
※1 マイクロフォーサーズシステムやユニット交換式カメラを含む
背面から見た「EOS Kiss X4」

■ここがポイント!「EOS Kiss X4」の特長
●綺麗で鮮明な写真が撮れる
「EOS Kiss X4」は、新たに開発された約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と、高性能映像エンジンDIGIC 4により、常用設定できるISO感度※2を 100~6400まで拡大するとともに、拡張設定にISO12800を用意しており、暗い場所でも手ブレや被写体ブレを抑えた撮影が可能だ。
※2 ISO感度は推奨露光指数
左側面から見た「EOS Kiss X4」

ISOオート時にISO感度の上限を任意に設定できるようになり、明るいシーンから暗いシーンまで、目的に合わせて、幅広い場面での撮影に威力を発揮する。
右側面から見た「EOS Kiss X4」

●多彩なフルHD動画撮影が可能
「EOS Kiss X3」から好評のフルHD(1,920×1,080画素)記録による動画撮影機能をさらに進化させた。「自動露出」による撮影に加え、今回新たに絞り数値やシャッター速度、ISO感度を任意に設定して撮影できる「マニュアル露出」にも対応した。
上面から見た「EOS Kiss X4」

また、通常撮影時の約7倍の望遠撮影が可能な「動画クロップ」機能(SD画質)を搭載している。
底面から見た「EOS Kiss X4」


「EOS Kiss X4」製品情報
キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
可愛いだけじゃない!テレビも映る8インチ液晶モニタ
こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場
謎のデジ一眼!ペンタックス、ティザーサイトを公開
パナソニック 西口氏が語る!3DテレビによるAV戦略

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ