ITライフハック

XPERIA

あの魔法のシート再検証! くたびれたスマホでBATTERY POWER+を試す


先日「ホントに効果あるの? バッテリーの減りが早いスマートフォンで魔法のシートを試した」で紹介した「BATTERY POWER+」(バッテリーパワープラス)。このシートを本体裏のバッテリーボックス部分に貼ってからバッテリーを装着することで、バッテリーが持っている本来の性能を引き出すことができるため、最大で150%もの性能をアップにつながるという。

難しい理屈はよくわからないのだが、通常は煩雑な状態になっているバッテリー内部の状態を、このシートがきちんと整えてくれることでバッテリー持続時間の改善になるのだという。ホントに貼るだけでそんなに効果があるのか? ということで、スマホ2台に貼ってみて試してみたのだが「気持ち効果が出ているかな」といった程度の結果しか見られなかったため、調査を続行。ある程度の差が出るデータが取れたので紹介しよう。

続きを読む

話題のスマホに強い味方が登場!ドコモ、Xperia GX SO-04D用 大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモ「Xperia GX SO-04D」は、最新のAndroid 4.0を搭載したスマートフォンだ。受信最大75Mbpsの超高速通信「Xi(クロッシイ)」に対応したうえ、モバイルWi-Fiルーターとしても使用できる高性能なスマートフォンであるだけに、バッテリーの持ちが気になる人もいるだろう。

そうした人に向けて、Mobile Stationは、「ドコモ Xperia GX SO-04D用スタンダード大容量バッテリー」「ドコモ Xperia GX SO-04D用大型大容量バッテリー」を発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

家族全員で使いたいタブレットならコレ!Xperia Tablet S -2012秋モデル-【最新タブレット指南】



2012年は、ドコモが異例の秋モデルを発表するなどタブレット元年と言える拡大をみせている。特に7インチを中心に10インチ以下のタブレットは、薄さと軽さを追求したモデルとなっており、魅力ある製品が増えてきた。

そこで、当ブログメディアITライフハックで、充実度が著しい7インチから10インチ未満の最新小型タブレットが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいタブレット選びを探ってみたい。

是非、後悔しないタブレット選びの参考にしていただきたい。

続きを読む

これが次世代スマートフォン!ドコモ「Xperia acro HD SO-03D」開封レポート



ドコモの「Xperia acro HD SO-03D」が3月15日、つまり今日ついに発売された。「Xperia acro HD SO-03D」は、Xperiaシリーズの新モデルで「おサイフケータイ」「ワンセグ」「赤外線通信」に対応し、約4.3インチの大画面で1280×720ピクセルというスマホでは高解像度なHDディスプレイが大きな魅力となっている。

魅力満載のこの新モデル、新規ユーザーだけでなく旧Xperia/arc/acroユーザーの中にも同機種に買い換えた人がいるのではないだろうか。発売日当日に運良く端末を入手できたので、さっそく開封レしたぞ。

続きを読む

美しさが際立つ新Xperiaが発売へ!ドコモ、Xperia NX SO-02Dが凄い



ドコモは、グローバルフラッグシップモデルにふさわしいシンプルなフォルムのデザインと、透明素材「Floating Prism」をアクセントにした美しさが際立つ4.3インチHD液晶を搭載したスマートフォン「docomo NEXT series Xperia NX SO-02D」を2012年2月24日より発売すると発表した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ