ITライフハック

ZALMAN

ZALMANより冷却性能と拡張性を実現したATX対応ミドルタワーケース「ZALMAN Z9 Neo」

リンクスインターナショナルは、優れた冷却性能と拡張性、そして静音性を実現したATXのミドルタワーケース「ZALMAN Z9 Neo」を12月5日より発売する。

■高い遮音性でハイスぺでも静か
ZALMAN Z9 Neoは、静音性を向上するために遮音性を高める開閉式フロントパネルと防音パッドを搭載しており、冷却ファンを多く搭載するようなハイエンドスペックでも、騒音レベルを低減。

■熱源分離構造による優れた冷却性
冷却性に関しては、標準で5つの120mmファンを搭載、また電源ユニットを搭載するエリアをセパレートすることで熱源を分離して内部に熱が溜まりにくくする構造となっており、静音性と高い冷却性能に加え、十分以上の拡張性を実現しているのがポイントだ。

■高い拡張性で思い通りの構成が取れる
ほかにも240mmサイズの水冷用の大型ラジエータの搭載が可能だったり、最大長420mmを確保する拡張カード用のスペースが設けられたり、ハイエンドCPUやオーバークロック時の冷却性能を確保するため高さ160mmまでのCPUクーラーに対応するなど、ハイエンド仕様の自作に向くスペックとなっている。

■製品概要
メーカー:ZALMAN
製品名:ZALMAN Z9 Neo
発売日:2015年12月5日
店頭予想売価:9,241円(税別)


製品情報
リンクスインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

PC・パーツの記事をもっと見る
ロジクール、動物をモチーフにしたポータブルマウス「ワイヤレスマウスM238プレイコレクション」
ACUBE、4K解像度、60Hz出力対応のDisplayPort/Mini DisplayPort→HDMI2.0変換アダプター
新店舗「ドスパラ秋葉原別館」の開店でオープニングセール開催
アスク、ソフマップ秋葉原4FにTt eSPORTSの特設コーナー「Tt Station」をプレオープン
「LORD of VERMILION ARENA」の特製アイテムがもらえるZOTAC製GeForce GTX 950搭載カード




ZALMANよりハイスペックマシンを組めるmini-ITX専用ケース「ZM-M1」

パワーユーザー向けのPCケースを数多くリリースしているZALMANから、mini-ITX向けのPCケース「ZM-H1」がリリースされた(取り扱いはアスク)。「ZM-M1」は、同社としては初めてとなるmini-ITXマザーボード専用のPCケースとなる。最近ではmini-ITxながらもハイスペックなパーツでマシンを構成できるマザーボードが増えてきた。

続きを読む

見てわかる冷却性能!ZALMANよりファンレス構造の巨大なCPUクーラー登場



PCの静音化最大のポイントはCPUクーラーをファンレスにすることだ。それだけでかなりの部分で静音化できる。ファンレスにするということは、クーラーだけで放熱性が高い構造をしている必要がある。現状リリースされているほとんどのCPUをファンレス運用可能なZALMANのファンレスクーラー「FX70」が登場した。発売は2月7日より(取扱いはアスク)。


続きを読む

低価格マウスに高級マウスパッド ZALMANからマウス3モデルと2種類のマウスパッド



硬派なパーツメーカーとして知られるZALMANことZALMAN TECH。PCケースやCPUクーラー&GPUクーラー、水冷パーツ、ノートPC用クーラーと、冷却関連に関する製品を数多くリリースしている。基本的にはPCを高性能にチューンアップす場合の手助けになる製品を多く手掛けているので、バリバリのハードウェアユーザーでないと同社の製品を利用することがあまりないかもしれない。

そんなZALMANの製品の中で、唯一バリバリのハードユーザーでない人でも使えるのが、マウスだろう。本日よりZALMANの新型マウス「ZM-GM1」、「ZM-M400」、「ZM-M250」の3製品が発売された。さらに「何でこんなにするの?」と思う人が多いと思われるマウスパッド「ZM-MP500」と「ZM-MP1000S」の2種類も発売される。

続きを読む

冷え冷えなPCケース ZALMANより6基まで対応するファンコン搭載PCケース



バリバリの3Dゲームや動画の編集・再エンコードといったCPUやグラフィックスにかなり高い負荷をかけるような処理を行う場合、CPUやGPUが頑張って働いてくれるぶん、発熱も高くなってしまう。最近のCPUやGPUは賢くなっているので内部の熱が高くなってしまうと動作クロックを落として熱暴走を食い止めようとしてくれる。だが動作周波数が落ちるということは今度は処理が遅くなってしまうわけで、CPUやGPUをフル回転させたまま処理を続行させたいのであれば、冷却をしっかり行う必要がある。

続きを読む

自分のデータを守れ! 自分のアクシデント時に、死後に、データを漏えいさせない方法



もし、何かの事故に遭って意識のない状態になってしまったら? 最悪、命を落とすようなことになってしまったら? あなたのPC内のデータは大丈夫だろうか? 家族に見られたら困るようなデータ、または会社の人たちに見せたくないようなデータ、そうしたデータが大量にPCにある状態で、アクシデントに遭遇してしまった場合、何の対応もしていないと他人に見られたくないデータをさらしてしまうことになる。

続きを読む

クールなCPUファン登場!  デザインも冷却性能もクールなCPUクーラー



最近のCPUは、よほどのことがない限り熱暴走しないようにできている。CPU内部にサーマルセンサーが内蔵されていて一定の発熱を検知すると電源が切れるようになっているためだ。またIntel製CPU、AMD製CPU関係なく、ハイパフォーマンスな上位モデルでもない限りCPUのTDP自体が低くなってきており、CPU自体の発熱量も減ってきている。CPUファンが回転しなくても冷却フィンからの放熱だけで動作するような場合もあったりする。

これに伴いCPUクーラーも純正クーラーで十分に用が足りるようになってきた。そうした中でもZALMAN TECHのCPUクーラーは、冷却性とスタイリッシュさを兼ね備えた製品を多くリリースしてきた。こうしたCPUクーラーは、ハイエンド向けのCPU冷却やクロックアップ用途が主な利用シーンだが、ノーマル動作のCPUに装着してはいけないというわけではない。

その高い冷却性がシステムの安定動作につながるので、こうしたCPUクーラーを使ってシステムを安定させたいと考えるのもアリだ。そして動作がノーマル駆動であれば、それほど強力に冷やしてあげる必要がないので、CPUファンの回転数をかなり低回転に抑えることが可能になり、結果静音性も向上する。もちろん最近のCPUでは、1コア時には、クロックを一気に跳ね上げるTurboBoostなどがあるので冷却性に優れているのに越したことはない。

続きを読む

人気のPCケースに姉妹モデル! ZALMANのZ9シリーズの妹分「Z5シリーズ」登場

Z5シリーズ


株式会社アスクは、ZALMAN TECH製のPCケース「Z5シリーズ」を、9月22日に発売する。「Z5シリーズ」は、大好評を博している同社の“Z9シリーズ”の姉妹モデルとなる。ケース本体の上部にスマホ置きスペースを備えていたり、最大長330mmのグラフィックスボードの搭載も可能など、昨今のニーズに応えるさまざまな新機軸を盛り込んでいるのが特長だ。このシリーズは2モデルが用意され、USB3.0ポートとファンコントローラを搭載する上位モデルが「Z5PLUS」、下位モデルが「Z5」となる。


続きを読む

高ワットを安定供給できる電源! ZALMANより1250ワット電源発売開始



ATX電源を選ぶ際、重要なポイントとして挙げられるのが変換効率だ。これは115ボルトの入力時における負荷が20%、50%、100%の各状況下においてそれぞれの電源変換効率が規定されている。20%時に90%、50%時に92%、100%時に89%の変換効率を持つ電源ユニットは「80 PLUS Platinum」というグレードに該当する。このグレードが現在のデスクトップ向けの電源ユニットとして最高になる。

続きを読む

手ごろな価格のクーラー登場 ノートPCの熱対策はOK?第二弾



先日ノートPCの熱対策としてノートPC用のクーラーを紹介した。3ポートのUSBハブ機能、冷却ファンの回転数調整機能といった高機能さのために、その値段は6千円弱。機能と値段のバランスが取れていると思ったのだが知人から「暑さ対策が必要なのはわかったけど、もっと安いのないの?」や「くたびれたノートに、そんだけの値段かけられないわ」といったことを言われてしまった。ということで手ごろなノートPCクーラーを紹介しよう。


続きを読む

まだまだ残暑厳しい今夏 ノートPCの熱対策はOK?



少々くたびれたノートPCほど熱対策が必要になってくるのをご存じだろうか? ノートPCは内部を分解してまで掃除できる知識や技術を持っている人であれば、内部にたまったホコリやチリなどを取り除くことができるがそこまでの知識がない人には難しい。しかし、長年ノートPCを使い続けていると内部には、かなりホコリやチリが溜まり、空気の流れが妨げられ、効率よく排熱できなくなってしまうのだ。そのためパームレストやキーボードが触れないほど熱を持ったり、場合によっては熱暴走を引き起こしPCが再起動を繰り返すような深刻なエラーが発生してしまうことがある。


続きを読む

ドデカクーラー登場! ZALMANより6本ヒートパイプの巨大CPUクーラー



この写真を見て「ああ例のアレか」とピンと来た人は、相当のハードウェアマニアだろう。何かといえばCPUクーラーなのだが、冷却の匠といわれるZALMANが新しくリリースしたのがこの「ZALMAN CPU Cooler CNPS14X」である(取り扱いはアスク)。

続きを読む

冷却の匠がゲーミングマウス発表! ZALMANより同社初のマウスをリリース



ZALMAN TECH(以下、ZALMAN)と言えば、冷却関連パーツにものすごく強い“冷却の匠”として古くから知られるメーカーだ。自作PCでほぼ無音に近くてなおかつハイパフォーマンスなPCを組もうと思えば、ZALMANのクーラーが必須になる。そんな同社だが、いまではオリジナルPCケース、SSD、電源、CPUクーラー、GPUクーラー、3Dモニター等といったパーツ全般に手を広げてきており、今回、同社初となるマウスをリリースした(取り扱いはアスク)。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ