ITライフハック

acro

あの魔法のシート再検証! くたびれたスマホでBATTERY POWER+を試す


先日「ホントに効果あるの? バッテリーの減りが早いスマートフォンで魔法のシートを試した」で紹介した「BATTERY POWER+」(バッテリーパワープラス)。このシートを本体裏のバッテリーボックス部分に貼ってからバッテリーを装着することで、バッテリーが持っている本来の性能を引き出すことができるため、最大で150%もの性能をアップにつながるという。

難しい理屈はよくわからないのだが、通常は煩雑な状態になっているバッテリー内部の状態を、このシートがきちんと整えてくれることでバッテリー持続時間の改善になるのだという。ホントに貼るだけでそんなに効果があるのか? ということで、スマホ2台に貼ってみて試してみたのだが「気持ち効果が出ているかな」といった程度の結果しか見られなかったため、調査を続行。ある程度の差が出るデータが取れたので紹介しよう。

続きを読む

これが次世代スマートフォン!ドコモ「Xperia acro HD SO-03D」開封レポート



ドコモの「Xperia acro HD SO-03D」が3月15日、つまり今日ついに発売された。「Xperia acro HD SO-03D」は、Xperiaシリーズの新モデルで「おサイフケータイ」「ワンセグ」「赤外線通信」に対応し、約4.3インチの大画面で1280×720ピクセルというスマホでは高解像度なHDディスプレイが大きな魅力となっている。

魅力満載のこの新モデル、新規ユーザーだけでなく旧Xperia/arc/acroユーザーの中にも同機種に買い換えた人がいるのではないだろうか。発売日当日に運良く端末を入手できたので、さっそく開封レしたぞ。

続きを読む

話題の新端末の電池切れに救世主!ドコモ Xperia acro SO-02C対応 大型大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「Xperia acro SO-02C」は、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信に対応し、高輝度・高精細な4.2インチ大画面Reality Displayを搭載した点が大きな魅力となっている。Xperiaシリーズの新モデルなので、新規に購入した人や、機種変更した人がいるだろう。

モバイルステーションでは、画面を保護したい人のために「気泡が入りにくい保護フィルム」電池切れが心配な人に向けて「ドコモ Xperia acro SO-02C対応 スタンダード大容量バッテリー」を紹介したが、ついに大容量バッテリーを発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

自然に空気が抜ける保護フィルム!Xperia acro IS11S/SO-02C用液晶保護フィルム【モバステ通信】



ドコモの「Xperia acro SO-02C」は、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信に対応し、高輝度・高精細な4.2インチ大画面Reality Displayを搭載した点が大きな魅力となっている。Xperiaシリーズの新モデルなので、新規に購入した人や、機種変更した人がいるだろう。

モバイルステーションでは、電池切れが心配な人に向けて「ドコモ Xperia acro SO-02C対応 スタンダード大容量バッテリー」を発売したが、新たに液晶保護フィルムを発売したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

これが次世代スマートフォン!ドコモ「Xperia acro」開封レポート



ドコモの「Xperia acro SO-02C」が2011年7月9日、ついに発売となった。「Xperia acro SO-02C」は、Xperiaシリーズの新モデルで、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信に対応し、高輝度・高精細な4.2インチ大画面Reality Displayを搭載した点が大きな魅力となっている。

新規ユーザーのみならず、Xperia/arcユーザーの中にも、同機種に買い換えた人がいるのではないだろうか。屋外で長時間使用する人に向けた「ドコモ Xperia acro SO-02C対応 スタンダード大容量バッテリー」を紹介したが、ついに端末を入手できたので、開封レポートをお届けしよう。

続きを読む

ドコモ新端末に強力なアイテム!ドコモ Xperia acro SO-02C用スタンダード大容量バッテリー【モバステ通信】



ドコモの「Xperia acro SO-02C」が、ついに発売となった。「Xperia acro SO-02C」は、Xperiaシリーズの新モデルで、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信に対応し、高輝度・高精細な4.2インチ大画面Reality Displayを搭載した点が大きな魅力となっている。ドコモユーザーの中には、新規に購入した人や、機種変更した人がいるだろう。

「Xperia acro SO-02C」は多機能なスマートフォンであることから、屋外で長時間使用する人の中には、電池切れが心配な人もいるだろう。そうした人に向けて「ドコモ Xperia acro SO-02C対応 スタンダード大容量バッテリー」の発売を開始したので、ここで紹介しよう。

続きを読む

ドコモがついに発売日を決定!「Xperia acro SO-02C」の魅力って、なに?



スマートフォンは機能充実を図る!ドコモ2011夏モデル24機種を発表」でお伝えしたように、「ドコモ スマートフォン Xperia acro SO-02C(Xperia acro)」が発表された。同端末を購入しようと考えている人の中には、発売日が待ち遠しい人もいるだろう。

ドコモは2011年6月27日、Xperiaシリーズの新モデルで、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線通信に対応し、高輝度・高精細な4.2インチ大画面Reality Displayを搭載した「ドコモ スマートフォン Xperia acro SO-02C」の発売日を発表した。

「Xperia acro SO-02C」の魅力は、どこにあるのだろうか?

続きを読む

最新スマートフォンに触れる絶好のチャンス!ソニエリがXperia acroを先行展示

おサイフとワンセグがついたことで注目されている「Xperia acro」は、数あるスマートフォンの中でも注目度の高い端末だ。そんな「Xperia acro」を触れる絶好の機会がやってきた。

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、「Xperia acro 」発売に先行し、銀座 ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて、昨日(2011年6月4日)より展示中だ。

続きを読む

今さら誰かに聞けない!Xperia acroとarcの違いはどこ?



スマートフォンは機能充実を図る!ドコモ2011夏モデル24機種を発表」でお伝えしたように、Xperia acroが発表されたが、現行機種のXperia arcとの違いがわからない人もいるだろう。とはいえ、今さら誰かに聞けない人のために、ここに簡単にまとめてみた。

機能的な面では、Xperia acroはワンセグとおサイフケータイ、赤外線の機能を備えているは、これらの機能はXperia arcにはない。

同梱のmicroSDHCのメディア容量が、Xperia acroは32GBであるのに対して、Xperia arcは16GBだ。

本体サイズと重さは、下記のとおり。
Xperia acro:高さ127×幅63×厚さ11.5(最厚部12.3)mm、135g
Xperia arc :高さ125×幅63×厚さ8.7 (最厚部10.9)mm、118g

ここであげた以外は、ボディカラーの違いくらいしか、両者の差はない。

Xperia arcユーザーで、ワンセグとおサイフケータイ、赤外線の機能を必要ない人は、Xperia acroに買い換えるメリットはあまりないだろう。

「Xperia acro SO-02C」製品情報
ドコモ
■寄稿:Android Station

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ドコモに関連した記事をもっと見る
最新スマホをお洒落に携帯しよう!3D AQUOS PHONEケースが登場
バッテリー不足の緊急時の強い味方!小型軽量なGALAXY Tab用バッテリー
GALAXY TabがAV機器になる!ビジネスでも役立つAVケーブル
スマートフォンは機能充実を図る!ドコモ2011夏モデル24機種を発表

Transcend SDHCカード 8GB Class10 永久保証 TS8GSDHC10Transcend SDHCカード 8GB Class10 永久保証 TS8GSDHC10
トランセンド・ジャパン(2010-03-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

【速報】おサイフとワンセグがついた!ソニー・エリクソン、「Xperia acro」を発表



ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは2011年5月5日(英国ロンドン)、日本市場向けのXperiaシリーズの新モデルとして、「Xperia acro」を発表した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ