ITライフハック

au

月面探査車「SORATO」がみんなのメッセージを運ぶ「1億人のムーンチャレンジ」募集開始

IMG_5347

KDDIと日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、人類初の民間による月面探査を目指すプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」にチャレンジしている。「HAKUTO」の月面探査ローバー「SORATO」の打ち上げに向け、この度「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」では、みなさまから募集したメッセージを月面に届ける「1億人のムーンチャレンジ」キャンペーンを実施する。

本キャンペーンでは、月面探査ローバー「SORATO」に、応募された画像やメッセージのデータを搭載し、実際に月面まで運ぶというもの。

また、「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーを務めるサカナクションによる応援楽曲“SORATO”の音源データと、同じくアンバサダーとしてチームに参加している「宇宙兄弟」の漫画データ、HAKUTOからは、日本の月文化にまつわる「動物=兎」と「植物=稲」のゲノムデータもメッセージとともに月面へ送り込む。

月に届けるメッセージは、2017年8月21日(月)10:00から9月15日(金)23:59の期間中にキャンペーンサイト及びSNSから応募可能だ。

■キャンペーン概要
キャンペーン名称:au x HAKUTO MOON CHALLENGE「1億人のムーンチャレンジ」
募集期間:2017年8月21日(月)10:00 ~ 9月15日(金)23:59
提供内容:キャンペーン応募者の「写真・メッセージ」を「SORATO」に載せて月面にお届け。
※写真の応募は任意。
応募資格:
・応募規約に同意した人に限る。本キャンペーンに応募した場合には、応募規約に同意いただいたものとみなされる。
・未成年は応募する前に保護者の同意が必要。未成年が応募した場合、保護者の同意を得た上でのご応募とみなす。
・未就学児が応募する場合には、保護者の代理で応募のこと。
応募方法:
・本キャンペーン専用のWebサイトの応募フォームに必要事項を記入するか、本サイト経由で本キャンペーン指定のSNSから投稿して応募。
・twitterで、本キャンペーン応募用のハッシュタグ「#1億人のムーンチャレンジ」をつけると共に、当社が別途本サイトで指定する公式アカウントのツイートを引用リツイートして投稿することでも応募可能だ。当該投稿がなされた場合には、応募規約に同意の上、本キャンペーンに応募したものとみなされる。
・当社が別途本サイトで指定するFacebookアカウントの特定の記事に対して、画像を添付したコメントの投稿でも本キャンペーンに応募することができる。当該投稿がなされた場合には、本応募規約に同意の上、本キャンペーンに応募したものとみなされる。
・PCまたはスマートフォンから応募のこと。
・応募は一人につき何回でも可能。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SIEJA「劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルコンテンツ 幻夢VR Ver.」を配信
サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
LINE、「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始。72タイトルのジャンプ作品の無料マンガと公式スタンプを毎週配信
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催






au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

『SANTA & SIX GIFT BOXES』会場イメージ

KDDIは、AndroidスマートフォンとGoogleサービスを使って謎を解く新感覚リアル脱出ゲーム「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES”(サンタクロースと6つのプレゼント)(以下、SANTA & SIX GIFT BOXES)」を、2016年12月22日~12月25日の期間限定で六本木ヒルズにて開催し、「au STAR」会員1,600名を無料で招待する。

「SANTA & SIX GIFT BOXES」は、参加者がトナカイに扮し、サンタからプレゼントされた謎をGoogle検索やGmail やGoogle マップ、Google カレンダーなどの便利な各種Googleサービスを駆使して解く新感覚リアル脱出ゲーム。ストーリー体験型のイベントを通じて、スマートフォンを使う楽しさや、生活を豊かにする便利機能を体感できる。

なお、リアル脱出ゲームの企画構成はSCRAPが担当。また、ゲーム内で使用する Android スマートフォン・タブレットは、Xperiaの最新機種をソニーモバイルコミュニケーションズが提供している。

■名称:「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES” (サンタクロースと6つのプレゼント)」
開催日時:
2016年12月22日(木)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月23日(金)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月24日(土)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月25日(日)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
プレイ形式:回遊型。1チーム4人。各回80名/20組程度が同時に参加します。
参加人数:各回80名。合計1,600名を想定。
参加料金:無料
会場:六本木ヒルズ ヒルサイド2F ヒルズカフェスペース (東京都港区六本木6-10-1)
応募条件:
下記条件を全て満たすauのユーザー
(1)応募時及び、イベント当日にauのAndroid スマートフォンを契約している方
(2) 応募時及び、イベント当日にau STAR にご登録している方
(3)契約者様の年齢が18歳以上
応募方法:特設サイトより、1名、2名、もしくは4名で応募。
応募期間:2016年11月21日(月)~11月28日(月)まで
参加した人には、当イベントの限定アイテムである「オリジナルマグカップ」をプレゼント。


「SANTA & SIX GIFT BOXES」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場





名古屋鉄道 名古屋本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、2016年3月16日(水)午後1時より、名古屋鉄道 名古屋本線 「山王駅~栄生駅」区間のトンネル内において、携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。
続きを読む

auの新CMが明らかに! なんと浦ちゃんが歌手デビュー!! 三線で乙ちゃんへの想いを弾き語る!

KDDI、沖縄セルラーは、2015年1月より展開しているauのCMシリーズ“三太郎”の最新作、高音質通話auガラホ「海の声」篇を2015年7月17日(金)より全国で放映開始すると発表した。
続きを読む

全機種4G LTE、au VoLTEに対応! auの2015年夏モデル登場

KDDI、沖縄セルラーは、2015年夏モデルスマートフォンとして、定番のハイスペックモデル「Galaxy S6 edge」「Xperia Z4」「AQUOS SERIE」をはじめ、オリジナルモデル「isai vivid」「HTC J butterfly」「URBANO」「TORQUE」など、これまでauが出してきた全ブランドの最新モデル6機種(既存モデル1機種の計7機種)を発売する。

また、auケータイとしてAndroidを搭載する「AQUOS K」、さらにタブレットとして「Xperia Z4 Tablet」と「Qua tab」の2機種を販売する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ