ITライフハック

iPad

AUKEY、2USBポート搭載で20000mAhのモバイルバッテリー「PB-N61」を新発売

sub3

AUKEYから、2つのUSBポートを持ち、2A出力も可能な20000mAhのモバイルバッテリー「PB-N61」が発売される。価格は3499円(税込)。なお2017年11月7日(火)から2017年11月13日(月)まで700円オフのキャンペーンを実施し、クーポン「AUKPBN61」で2,799円で購入できる。

本製品は、20000mAhの大容量により、iPhone7 Plusに約5回、iPhone7、iPhone8に約7回、iPad mini2/Proに約2回、 iPhone 6sに約7回、 Xperia Z3に約4回、 Galaxy S5 / Note 4、 Nexus 5に約4回の充電が可能。数日に使える十分な超大容量だが、わずか400mlぐらいの缶ジュース一本ほどの重量で、持ち運びに非常に便利だ。

バッテリー残量が一目で確認可能。本体表面には4段階LED電源インジケーターがあり、バッテリー残量を表示する。

2つのUSBポートを備え、 2台同時充電も可能だ。 2A出力で急速充電もOK。複数のデバイスを持ち歩く人や、家族や友達と充電しあうことが多い方には、 2ポートあると同時充電できてとても便利だろう。

■商品仕様
型番:PB-N61
容量:20000mAh
Micro-USB 入力:5V 2A
USB 出力ポート1:5V 1A
USB 出力ポート2:5V 2A
寸法:151×73×23mm
重量: 379g
商品内容:モバイルバッテリー本体×1、Micro-USB ケーブル×1、取扱説明書×1、2年保証カード×1


PB-N61

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ぐうたら読書にも撮影にも使えるクリップ式LEDライト&スマホホルダー
スマートウォッチ「Polar M600」と超小型ワイヤレスイヤホン「Jaybird FREEDOM 2」のバンドルモデルを150セット限定発売
品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」
AUKEY、最大2A充電5000mAhモバイルバッテリー「PB-N59」を発売
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能




AUKEY、最大2A充電5000mAhモバイルバッテリー「PB-N59」を発売

sub1

AUKEYは、最大2A充電で5000mAhのモバイルバッテリー「PB-N59」(ホワイト)を発売した。2017年10月25日(水)~2017年10月31日(火)の期間はセール特価で1,359円(税込)。クーポンコードはAUKPBN59。

本製品は、スマホより小さいサイズで通勤カバンやジーンズのポケットでも完璧に収まり、携帯には非常に便利。また、安心の5000mAh容量のため必要な電力を提供でき、短時間のお出かけ、ハイキングなどには最適だ。目立たないデザインなので、出先で重宝するだろう。

iPhone 8、 iPhone 7に1.5回以上、 iPhone 6 Plus、 Galaxy S8約1回、他の各種スマートフォンにも約2回以上の充電が可能。2つの出力ポートを備え、二台の端末を同時に充電できる。4段階LED電源インジケーターでバッテリーの残量を表示。AUKEY独自技術であるAiPowerにより、接続された端末の入力電流を自動に検知し、急速充電できる。なおQuick Chargeには対応していない。

■商品仕様
電池のタイプ:リチウムポリマー電池
入力:DC 5V 2A
出力1:DC 5V 2A
出力2:DC 5V 1A
寸法:124x70x10mm
重量:122g
同梱:USBケーブルx1 、取扱説明書x1 、2年安心保証書x1


main

sub4


PB-N59

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
シンプルなデザインで、最新スマートフォンにも対応する新「Galaxy Gear VR with Controller」発売
熱くなったスマホを冷却しながら3D空間に固定する「クランプ式スマホアーム 手ぶらでスマクール」
熱くなったスマホを冷やすモバイルバッテリー搭載の冷却ファン「縦持ちOK!ピタッとスマクール」




東京メトロ AR技術を活用した土木構造物の維持管理教育用アプリの使用を開始

main

東京メトロは、トンネル等の土木構造物の検査業務にiPad専用アプリケーションを開発・使用しているが、今回、教育用にAR(拡張現実)技術を活用したアプリケーションを開発し、2017年5月から使用を開始した。

このアプリケーションは、 2015年度から運用している土木構造物の検査業務用iPad専用アプリケーションを拡張開発したもので、総合研修訓練センター(江東区新木場)内の模擬トンネル、模擬橋りょう・高架橋において、 iPadアプリケーションの画面上に実際のトンネルや橋りょう・高架橋に存在する変状を再現することができる。

これにより、検査業務用iPad専用アプリケーションを用いた実際の検査業務と同じ手法・手順で、維持管理技能の模擬体験が可能となり、研修生の理解度向上や安全かつ時間的制約を受けない研修の実施に繋げているとのことだ。

sub3

sub2

sub1


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
藤岡弘、さんと鈴木奈々さんがITエンジニアにエール!「ワークスタイルリフォーム ビフォー・アフター大賞」発表会
LINEから簡単お得に買い物が楽しめるショッピングサービス「LINEショッピング」がスタート
サイバーエージェントとCygamesが共同でアニメファンドを組成
「COMPUTEX 2017」が大盛況のうちに閉幕
アスラテック、ロボットを介した多言語対応業務をクラウドAIでサポートするシステムを開発

東京メトロのひみつ
東京メトロ
PHP研究所
2011-02-01





全国の中高生がアプリ開発の頂点をめざす!「アプリ甲子園2017」開催

1

D2Cは、全国の中高生を対象にしたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2017」を開催する。

本コンテストは、全国の中高生が開発した、iPhoneやAndroid端末に対応するスマートフォン向けアプリ(タブレット端末向けアプリも含む)を広く募集し、その企画力と実装力の観点から優秀な作品を選出し表彰するというもの。中高生向けのアプリ開発コンテストとしては日本最大級で、今年で7回目の開催となる。

公式ウェブサイト(www.applikoshien.jp)にて、2017年7月1日(土)から8月31日(木)まで応募を受け付け。10月15日(日)に行われる決勝大会(於:D2Cホール)では、一次選考、二次選考を勝ち抜いた10組がプレゼンテーションを行う。昨年は、開成高校2年の大渕雄生さんが、「Find Family」という認知症患者をターゲットとした介護サポートIoTツールで、優勝を勝ち取った。

今年は、優勝者には、総務大臣賞が授与されるほか、審査員による審査とは別に特別企業賞を設け、対象者には各企業が提供する副賞も授与される。

■「アプリ甲子園2017」 開催概要
応募対象:中学校、高等学校、高等専門学校(3年生まで)にご在籍の方(グループ応募可)もしくは、生年月日が1999年4月2日以降の方 ※小学生も応募可能
選考対象:iPhone、iPad、iPod Touch等のiOS用アプリ、またはAndroid OS用アプリ、Windows用アプリ
※原則、App StoreやGoogle Play等マーケットに最初にリリースした日が、 2016年9月から現在までのもの。リリース前でも応募可能。
※作品テーマは基本自由。テーマがある方が作りやすい方は「学校で役に立つもの」 「みんなの元気が出るもの」をヒントに制作しよう。
スケジュール:
・7月1日(土):作品エントリー受付開始
・8月31日(木):作品エントリー受付締切
・9月14日(木):一次選考会(書類審査)
・10月1日(日):二次選考会(プレゼンテーション) 会場:D2Cホール(D2C本社内・東銀座)
・10月15日(日):決勝大会(プレゼンテーション) 会場:D2Cホール
※決勝大会参加者へはD2Cが交通費等を負担。
賞品:
・優勝(1組) 総務大臣賞
iMac(27インチ:3.2Gz)or Macbook Pro 13/15インチRetinaディスプレイ
・準優勝(1組) 最新型タブレット端末、またはAppleWatchSport(38mm)
・決勝進出者全員 Amazon card 5,000円分
評価項目:企画力(独創性、デザイン性、消費者支持度)・実装力(操作性、技術力、完成度)
応募方法:「アプリ甲子園」公式ウェブサイトにて受付
公式ウェブサイト :http://www.applikoshien.jp
公式SNS
・ツイッター公式アカウント : @applikoshien (ハッシュタグ:#アプリ甲子園)
・フェイスブックページ :http://www.facebook.com/applikoshien
審査員:
・齋藤 精一 氏:Rhizomatiks Creative Director / Technical Director
・岩谷 徹 氏:ゲームクリエイター / 東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 教授
・谷本 有香 氏:フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB編集長
・中澤 仁 氏:慶應義塾大学環境情報学部准教授 / 博士
・米澤 香子 氏:ispace Creative Director / 電通 クリエーティブ・テクノロジスト
主催:アプリ甲子園実行委員会 (株式会社D2C、ライフイズテック株式会社)
後援:総務省
協賛:株式会社セガゲームス、電通アイソバー株式会社、株式会社パワーハウス、株式会社ゆめみ、東京工科大学、日本工学院、株式会社モリサワ
特別企業賞
・セガゲームス賞:オフィスにお越しいただき、ゲームクリエイターによる受賞作品の講評会、ゲームアプリ開発体験にご参加いただく他、セガグループ関連商品を贈呈。
・電通アイソバー賞:オフィス体験ツアーと、アマゾンカード5万円分を贈呈。
・パワーハウス賞:①受賞記念クリスタルトロフィー ②エンジニア懇親会への御招待③オンラインギフトカード3万円分
・ゆめみ賞:①会社に来て頂き、「ソースレビュー会+企画会議」であなたのアプリをブラッシュアップ②Amazonギフト券1万円


5

6


「アプリ甲子園」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レインボーシックス シージ PC版大会「玄人志向杯#2」を開催
ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映

iPhone/iPad × HTML5アプリ制作
古籏 一浩
ソフトバンククリエイティブ
2011-03-28


まるごと学ぶiPhoneアプリ制作教室
瀬谷 啓介
ソフトバンククリエイティブ
2011-09-03





ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売

iK1052BK BTY3 JP

ロジクールは、iPad用2つ折り保護カバー&スタンド付キーボード「ロジクール SLIM FOLIO iK1052 Bluetooth キーボード一体型ケース」(以下、iK1052)を、2017年6月22日より発売する。価格は1万2,880円(税別)。

本製品は、快適でゆったりとした間隔のキー配置とレイアウトによって、狭さを感じることもなく正確なタイピングができるよう設計されている。メカニカル シザーキーは、高さ1.5mmのキーストロークに調整され、反応性が高いタイピングを可能にした。またiOSショートカットキーにより、キーボードから手を離さず音量や言語の変更など全ての操作をすることができる。

iK1052は、交換式のコイン型電池を使用。パワーマネジメントシステムにより、電池交換をせずに最長4年間の使用が可能だ。カバーを開くとiPadおよびキーボードが自動的に起動し、閉じると自動でスリープモードになる。

またケースを開くだけでタイピングを開始することが可能。iPadは完璧なタイピング位置に固定されており、膝の上など不安定な表面でもしっかりとタイピングをすることができる。タイピングモードとブラウジングモードの2種類の角度によって、ブログを書いたり、映画を鑑賞したり、ゲームをしたり、小説を読んだり、美しいiPadの画面を最大限に活用することが可能だ。

ソフトなファブリックを使用したカバーが、iPadの前面・背面を不慮の衝撃、傷、液体などからしっかりと保護。また内部は軽量のフレームで側面を保護しながら、キーボードとiPadの一体感を実現している。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ
InfinityDisplayを採用した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月8日に登場






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ