ITライフハック

iPhone7

これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース

22952_QgAXkQVScM

上海問屋は、カードも3枚収納可能な大人カワイイiPhoneケースの販売を開始した。価格は1,799円(税込)。

本製品は、大人っぽくありながら可愛い配色のiPhone7/iPhone7 Plus用PUレザーケース。上海問屋の女性向けスマホ関連グッズブランド「LadyCrown」セレクトによる、海外の人気スマホアクセサリーブランド「MERCURY」のアイテムだ。

カード三枚と紙幣などを入れるスペースがあり、休日など、これだけで外出が可能。手帳型は液晶画面の保護が出来る上、デスクに置いた状態でも、フタが閉まりプライバシーも守れる。iPhone収納部分は、サイドを全てシリコン素材で覆っている。フック部分は、マグネットでピタッと留まり開閉も簡単だ。

カラーは女性に人気の5色(ブラウン・グレー・レッド・ネイビー・ピンク)をご用意。

■製品仕様
対応機種・・・iPhone7(4.7インチ)/iPhone7 Plus(5.5インチ)
サイズ・・・・iPhone7:縦14.7×横7.3(フック部分除)×厚1.5 (cm)(フック部分除)、
       iPhone7 Plus:縦16.7×横8.4(フック部分除)×厚1.5 (cm)(フック部分除)
重量・・・・・iPhone7:約62g (ケースのみ)、
       iPhone7 Plus:約77g (ケースのみ)
素材・・・・・フェイクレザー(PU)、シリコン(TPU)
製品保証・・・初期不良2週間


22952_dyfSmAaxHy

22952_dMNZnbhJvB


DN-914591 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン
お花で加湿!? 一輪挿し風 USB加湿器
オシャレで賢いエルゴノミクスゲーミングマウス





「総務省指定」の刻印って、なに? 写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポ

iPhone 7 Plus


2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ」という記事でお伝えしたように、アップルは2016年9月16日、同社スマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。

上位機種となる「iPhone 7 Plus」はApple Storeでは2~3週間待ちであり、店頭でも予約扱いとなっているモデルもあるほどの人気ぶりだ。
筆者を含め発売日に入手することができた人は、本当にラッキーだったと言えるだろう。

さて、今回は、そんな人気機種「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

■カメラ機能が大幅に進化
早速、「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

正面から見た「iPhone 7 Plus」。画面は5.5インチのRetina HDディスプレイで、1,920×1,080ドットの解像度を備える。
正面


背面には、1200万画素のiSightカメラを搭載する。
背面


広角カメラと望遠カメラ、2つのカメラを搭載する。光学式手ぶれ補正を備え、2倍の光学ズーム機能に加えデジタルズームとの併用で最大10倍のズームが可能だ。
カメラ


よく見ると、「総務省指定」の刻印がある。iPhone 7からSuicaに対応した。近接無線技術「FeliCa」に対応した機器には、表記が義務付けられているのだ。
総務省指定


上面には、何もない。実にシンプルだ。
上面


底面には、スピーカーが左右に備わっている。Lightningコネクタは見えるが、ステレオミニジャックがなくなった。
底面


ステレオミニプラグのヘッドホンやスピーカーを使う場合には、付属のLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを使用する
アダプタ


左側面には、サイレントモードのスイッチと、ボリュームスイッチが見える。
左側面


右側面には、電源ボタンとSIMカードスロットを備える。
右側面


キャリア版のiPhone 7(ドコモ、ソフトバンク、au)はSIMロックが掛けられているが、SIMロック解除対応機種となっているため、一定の条件を満たせばSIMロック解除が可能だ。Apple Storeで購入した場合、最初からSIMロックフリーだ。
SIMカードスロット


「iPhone 7/Plus」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場




おサイフケータイのiPhone登場! アップルがiPhone 7 および 7 Plusを発表! 

iphone7

アップルは米国で発表会を行い同社のスマートフォンの新モデルとなる「iPhone 7」および、大型サイズの「iPhone 5 plus」を発表した。

画面サイズはiPhone 7が4.7インチ、iPhone 7 Plusが5.5インチと前モデルから変わっていない。カラバリとして新色として「ジェットブラック」と呼ばれるテカテカ系の黒(いわゆるピアノブラック)、これにテカテカしてないつや消しブラックの「ブラック」、黒だけで2色が追加され全部で5色のバリエーションとなっている。

■予約開始は明日から!
予約開始日は9月9日からとなっている。出荷は9月16日。価格はiPhone 7が7万2,800円(税別)、iPhone 7 Plusが8万5,800円(同)からとなっている。

今回の最大の目玉となるのがFeliCa対応だ。おサイフケータイ非対応のためiPhone購入をあきらめていた人たちにとって新規導入の追い風になるのは間違いない。これまでiPhoneシリーズを一度も購入したことのない筆者でも、FeliCa対応なら買ってもいいかなと思ったくらい。

■防水・防塵性能に高機能カメラ
大画面モデルとなるiPhone 7 Plusには、予想されていた通り2レンズ&センサー仕様のメインカメラが搭載されてきた。

iPhone 7はシングルレンズ仕様ながらも明るさがF1.8となる明るいレンズでストロボの使用を極力防いでくれるようになった。画素数は従来と同じながら、ノイズを極力減らすDTI(Deep Trench Isolation)構造採用によって画質の向上を図っている。光学手ブレ補正機能が搭載されたのもうれしい。

事前の噂通り本体が防水・防じんとなり、スピーカーがステレオ化し、3.5mmヘッドフォンジャックが廃止されているのも確認できた。水没iPhoneの悲劇は、これまで以上に発生しにくくなるというわけだ。

■新型画像エンジンにより処理も高速化
画像処理エンジンが新型になり高速化している点も見逃せない。実にスループットは従来比2倍を実現。オートフォーカスが高速化されたことで、シャッターチャンスを逃さない。ホワイトバランスの精度の向上によってよりリアリティの高い発色を実現している。LEDフラッシュ(ライト)は4灯となり、1.5倍明るくなっている。

日本でiPhoneの売れ行きが落ちていると言われていたところに今回の7および7 Plus登場。FeliCa対応などは、明らかに日本市場にターゲットを絞った新機能であり、アップルが日本市場を重視し、ユーザーニーズを押さえにきていることがわかると言えるだろう。

iPhone 7
iPhone比較
アップル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
MVNO事業「LINEモバイル」2万契約限定で先行販売を開始
ファーウェイ、プレミアムオーディオとマルチメディア技術を搭載した「HUAWEI MediaPad M3」を発表
ロジクール、9.7インチiPad Pro向けバックライト付きキーボードケースを発売
リンクス、ウレタン素材を採用した柔らかいスマホVRゴーグルを発売
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始










ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ