多くのコミックは印刷・製本した雑誌や本になった状態を想定しページ割がなされている。見開きを前提としたページも多く、スマートフォンやタブレットなどで読む場合、この見開きが泣き別れになってうまく表現できない場合がある。

画面が大きめのタブレットなら1画面に2ページ表示しても読みづらくはないが、最近注目されている7インチクラスのタブレットや5インチクラスのスマートフォンの場合、画面サイズの関係で2ページの見開き表示には向いていないモノもある。そこで電子版コミックの見開き表示に最適なデバイスのサイズを考えてみたい。

続きを読む