ITライフハック

samsung

サムスン製のスマートフォンのプリインアプリや話題のFacebook Homeを使う!そして行き着く先は究極の2台持ち?


一度使うと他社の端末へはもう戻れない!サムスン製スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」のユーザーがオススメする機能と使い方』で紹介したようにGALAXY Note II SC-02E(以下、GALAXY Note II)に触れて、その便利さを体験してしまうと“他社の端末はもう使えない”とまで思ってしまうということを紹介した。

今回は、プリインアプリや先日リリースされたばかりの「Facebook Home」を含め、活用法やGALAXYシリーズについての魅力をさらに探っていく。

続きを読む

一度使うと他社の端末へはもう戻れない!サムスン製スマートフォン「GALAXY Note II SC-02E」のユーザーがオススメする機能と使い方


サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介』でも紹介したように、サムスン電子製の「GALAXY Note II SC-02E」は、約5.5インチの有機ELディスプレイと1.6GHzクアッドコアCPUを搭載したハイスペックなスマートフォンだ。

画面が大きいということもあり、タブレットともスマホとも言い難いその中間に位置する端末だが、Sペンをはじめこのサイズにジャストフィットした操作方法やUI(ユーザーインターフェース)に独自の工夫がふんだんに盛り込まれている。さらに、Xiやおサイフケータイ、ワンセグといった日本国内で需要の高い機能に加え、Wi-Fiテザリング、GPS、Bluetooth 4.0、HDMI端子の搭載、そして3100mAhもの大容量バッテリ搭載と、抜群の高機能な端末だ。

長年、某メーカーが好きだった筆者だが、この魅力的なGALAXY Note II SC-02Eは、乗り換えるに値したので購入するに至った。GALAXY Note II SC-02Eがあれば、プライベートだけでなくビジネスシーンでもその魅力を発揮し、大変重宝しているのが事実だ。

そこで今回は、“他社の端末はもう使えない”とまで筆者が思ってしまったGALAXY Note II SC-02Eの便利な使い方について紹介しよう。

続きを読む

サムスン製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を仕事で使う 快適かつ便利にしてくれるアプリを紹介


Noteを体験せずしてGALAXYを語るべからず! 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を使ってさらに幸せになってみた』で紹介したように、タブレットでもないけどスマホでもないというちょうど、その中間に位置する「GALAXY Note II SC-02E」(以下、GALAXY Note II)を紹介した。

Sペンや5.5インチサイズの高解像度ディスプレイ(1280×720ドット)、おサイフケータイやワンセグ、そしてクアッドコアの高速CPU、と男女問わず文句なしにおススメできることを紹介した。文句なしのハードウェアと性能だが、これを使いこなせなければ、せっかくのハードがもったいない。

ということで、できるビジネスパーソンがGALAXY Note IIに入れておくべきアプリについて紹介しよう。この春から新社会人という方も是非チェックして欲しい。

続きを読む

デジカメスマホのGalaxy Camera スマート化はコンデジのひとつの方向性! 【デジ通】

一見普通のデジカメだが



昨年の夏、NikonがAndroidOSを搭載するデジカメ「COOLPIX S800c」をリリースした。実際に触ってみた人ならわかると思うが、OSは古いAndroid 2.x系で動きはもっさり、唯一画質はさすがNikonと思わせるモノだったが、UIがあれじゃあという感じで、せっかく面白いコンセプトなのに残念だと感じた製品だった。

まだ時期的に早いんじゃないかと思っていたのだが、サムスンが4G対応でAndroid OSを搭載するデジカメ「Galaxy Camera」を2012年末に発売した。4G対応だがスマホではなくデジカメである点に注目。

日本では販売されていないこともあり、これはNikonの二の舞だろうな、なんて予想していたのだが、今年のCESに行った際に試しに触ってみたが、これが中々の完成度で、この方向性はアリなんじゃないかと思った。

既存のカメラメーカーは、コンセプト的にはあまり冒険はできない。いっぽうデジカメ市場の中では新興のサムスンが、スマートフォンで得意な技術を活用して、各種機能をデジカメに盛り込んだというのは、チャレンジャーだからこそ可能だったと言える。

続きを読む

さらにできるようになったS III! クアッドコア化したGALAXY S III αはやっぱり速かった


先日から「いままで敬遠していたスマホと分かり合う」をテーマにサムスン電子の名機“GALAXY”シリーズを触ってきており、これまで「GALAXY S III SC-06D」と「GALAXY Note II SC-02E」のレビューをお届けしてきたのだが、スリムで軽量、そしてパワフルなGALAXYシリーズは、使い続けて行くことで、その良さが身に沁みこんでいくように、じわじわと馴染んでくるのがわかるほどだ。

今日は、ドコモの最新モデルの中でも最強の呼び声高い「GALAXY S III α SC-03E」(以下、S III α)の発売日である。実は事前に実機を貸し出してもらって、散々にいじり倒させていただいているのだ。GALAXY S III SC-06D(以下、S III)を長期使わせてもらって、まったく問題なくサクサク快適なのに、これ以上何が必要だというのか? という点についてチェックしてみた。

続きを読む

Noteを体験せずしてGALAXYを語るべからず! 「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」を使ってさらに幸せになってみた


サムスン電子製のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY S III SC-06D」と先日から付き合い始めてはや約2週間、いっぱしのGALAXY使いを気取っていたら「GALAXY S IIIをたかだか2週間くらいいじった程度でGALAXYをわかった気になるんじゃねーよ」と“天の声”が・・・。まだまだ、GALAXYを理解するには、ほど遠いらしい。

「GALAXYにはNoteという、デカいやつがいる。しかも最近バージョンアップした。それと分かり合って来い」という天の声と同時に「docomo NEXT series GALAXY Note II SC-02E」(以下、GALAXY Note II)がバイク便で送られてきた。

続きを読む

GALAXY S III初体験レポ 初代GALAXY S III SC-06Dを本格的にいじり倒す



Android端末の中でも人気のスマホと言えばサムスンのGALAXY S IIIだろう。ドコモ版で2機種(GALAXY S III SC-06D、GALAXY S III α SC-03E)、au版で1機種(GALAXY S III Progre SCL21)が販売されていることからも、その人気の高さがうかがえる。今回、たまたま幸運にもGALAXY S III SC-06Dをじっくりと触る機会に恵まれた。

筆者が10日以上もの長期間GALAXY S IIIと付き合うのは、今回が初めてだったりする。いままでで仕事で必要なときに2~3日ほど貸し出してもらい、必要な写真や検証を行うことはあったが、じっくりといじり倒すということは、初めてである。

続きを読む

1日3名が11日連続で何と33名! 「SAMSUNG SSD 830シリーズ」のレビューアーを大募集



ソーシャルレビューコミュニティ「zigsow」(ジグソー)は、「11DAYS REVIEW!」と称し最新のSAMSUNGチップを搭載したサムスンの高速SSD「SAMSUNG SSD 830シリーズ」のレビューアーの募集を本日より開始した。今日から11日間、毎日3名ずつレビューアーが選出され連続11日間で何と合計33名という大規模のプレミアムレビューとなる。

続きを読む

年々強化されている韓国のパソコン!Ultrabookもサムスン製がすごい【デジ通】

サムスン Series 9


CESに合わせてUltrabookが各社から発表されている。Acer、東芝、Lenovo、HP、DELLなどそれぞれの強みを生かした特徴的な製品になっているが、唯一日本では発売されそうにないのがサムスン(SAMSUNG)の製品だ。

サムスンのPCシェアは高いわけではないし、そもそも日本ではPC市場どころか他の電化製品も参入していないため、発売される可能性が非常に低い。

しかし、サムスンが今回発表したUltrabookの出来は非常によく、競争は激しいものの発売される市場ではよい方向に動くだろう。

TVやスマートフォンなど各種電化製品では日本人の知らない間にサムスンなど韓国系企業が席巻しているが、物さえよければノートパソコンでも同じようになる可能性がある。

そんな日本では登場しないが、毎年完成度が高くなっているサムスンのUltrabookを簡単に紹介しよう。

続きを読む

【第一話】もし女子高生がGalaxy Tab を使ったら 春編


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ