ITライフハック

scansnap

3年連続売上げ1位! ScanSnapが「BCN AWARDスキャナ部門 最優秀賞」を3年連続受賞

株式会社PFU 代表取締役社長 長谷川 清 氏


ドキュメントスキャナーの定番製品と言えばPFUのScanSnapシリーズだ。筆者も旧来からのScanSnapユーザーである。名刺の取り込み、必要書類といったドキュメント類の電子化に欠かせない製品と言え、最近では自炊ユーザーにも定番製品として知られている。ラインアップも幅広く、持ち運べるモバイル向けのモデルから、最新モデルではスマホとの連携が強化されるなど、新モデルが登場するたびに地道に進化してきているのも、その人気を押し上げる原因になっていると言えるだろう。


続きを読む

PC不要でモバイル端末からダイレクトにスキャン【動画で見る新型ScanSnap】

株式会社PFU 代表取締役社長 長谷川 清 氏


『スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表』で紹介したように、株式会社PFUが同社のドキュメントスキャナ「ScanSnap」の最上位モデルをアップデートした。その発表会で、ScanSnapのボスといえる株式会社PFU 代表取締役社長 長谷川 清 氏に新製品の特長であるモバイル端末からのスキャン機能について実際にデモを行っていただいた。その様子をお伝えしよう。



続きを読む

Macユーザーも注目!新しいScanSnapはWindowsやスマホだけじゃなくMacOSでも便利に進化【デジ通】



PFUの個人向けオートシートフィーダー付きスキャナのハイエンドモデルScanSnap iX500が発表された。スマホ連動、クラウド対応など注目すべき様々な新機能があるが、Macユーザーには特に注要目な機能がある。

従来のScanSnap S1500も、WindowsとMacに対応していたがOS毎に機能が異なっていた。Macユーザーの筆者としては、WindowsではできたのにMacでは対応していなかったバックグラウンドOCRがMacでも可能になったところが大きい。そこでMacユーザーから見た新型ScanSnapについて解説していこうと思う。



続きを読む

スマホと連携できる賢いスキャナ!PFU、スマートに書類を電子化するScanSnap「iX500」を発表



ペーパーレス化が叫ばれてから、はや幾年、遅い歩みではあるがビジネス関連の書類の電子化は進んできているし、iPadシリーズやAndroidタブレットの普及が一気に加速したこともあり、電子書籍も一気に市場が拡大しそうな勢いだ。

自己所有の書籍を電子化する”自炊”やビジネス文書の電子化に役立ってくれるガジェットにドキュメントスキャナがある。ただし、業務用では、10万円を超えるなど個人で買うには敷居が高かった。

最近では個人でも何とか頑張れば購入できる価格帯(4~6万円)に落ちてきているが、かなり前から購入しやすい価格で一般ユースに圧倒的な知名度と人気を誇ってきたのがPFUの「ScanSnap」シリーズである。

そのPFUが本日11月12日、都内 ホテルにおいて、報道関係者向けにScanSnap新製品発表会を開催した。発表したのはパーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズのフラッグシップモデル「ScanSnap S1500」の後継機種となる「ScanSnap iX500」だ。

発売開始は2012年11月30日より。価格は、PFUダイレクト価格で、「ScanSnap iX500」が49,800円(税込み)。ファイリングソフトウェア「楽2ライブラリ Smart with Magic Desktop」が54,800円(税込み)と、相変わらず購入しやすい価格で投入される。

続きを読む

定番スキャナがiPhone&スマホに対応! iPhoneやAndroidからスキャンできるScanSnap登場



ドキュメントスキャナといえばPFUのScanSnapと言えるほどの定番化している同商品だが、さらに定番ツール化が強化されAndroid端末からのスキャンが可能なモデルが登場した。新登場した「ScanSnap 1300i」は、コンパクトでモバイル用途も可能な「ScanSnap 1300」をベースにiPhone/iPadにデータを取り込む機能に加えAndroid搭載端末に取り込む機能も搭載された。発売は5月25日からだが旧機種を使っているユーザーへのフォローもしっかり行われることになっている。続きを読む

雑誌をPDF化してiPadで読む裏技!スキャナー活用のノウハウを伝授【新スタイル活用術】



雑誌を購入することが多い人、とくに定期購読している人の中には、本棚が雑誌ばかりになっていたり、床に山積みになっている人はいないだろうか。雑誌は、気づかないうちに本棚や床を占領してしまうものだ。

とはいえ、雑誌の中には資料性の高いものがあり、捨てたくても捨てられないものがあるだろう。こうした雑誌を手っ取り早く片付ける方法がある。スキャナーを使ってデジタルデータ化すれば、パソコンやタブレット、スマートフォンで見られるのだ。

zigsowのレビューの中から、雑誌をPDF化してiPadで読む記事を紹介しよう。

※本記事は、zigsow向けに執筆された原稿を手を加えずにそのまま掲載しております。※続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ