ITライフハック

trinity

Trinity対応マザー登場 ZOTACよりAMD A75&AMD A55チップセット搭載マザー登場



アスクは、Socket FM2に対応するZOTAC製のマザーボード「A75ITX-B-E」、「A55ITX-B-E」を、11月末に発売する。「A75ITX-B-E」および「A55ITX-B-E」は、AMD最新APUの“Trinity”をサポートするSocket FM2対応マザーボードだ。フォームファクターはMini-ITXなので省スペースなPCケースを使って高電力効率のAMD AシリーズAPUを搭載したPCが自作できる。

続きを読む

CPUとマザーで1万円も!? オーバークロックも試せるSocket FM2対応マザーボード

MSI FM2-A75MA-E35


昨日発表されたAMDのデスクトップPC向け新型APU「AMD Trinity」。最上位モデルの「A10-5800K」はクアッドコアで3.8GHz駆動、Turbo Core時に最大4.2GHzに達する。しかも実売価格は1万円3千円弱と激安だ。GPUとして384基のStreaming Processorを搭載し、GPUコアが800MHz駆動のRadeon HD 7660Dを内蔵しており、高解像度でバリバリプレイとまではいかないが、そんなに3D負荷の高くないMMOなどの3Dゲームをそこそこプレイする用途のマシンとしても向く。

AMD Trinityは、何よりコストパフォーマンスは抜群なAPUで最も低いグレードとなる「A4-5300」はデュアルコアで3.40GHz駆動、TurboCore時最大3.60GHz、内蔵グラフィックスはRadeon HD 7480D相当で実売は5千円弱だ。Webの閲覧とオフィス系ソフトだけを使うビジネスユース用途のPCを低価格で作るのにも向いている。

続きを読む

Trinity APU搭載PC登場! ドスパラより新型APU搭載モデル発売

GALLERIA ATシリーズ


本日10月2日13時以降に解禁されたAMDのデスクトップPC向け新型APU「AMD Trinity」。最上位モデルの「A10-5800K」はクアッドコアで3.8GHz駆動でTurbo Core時に最大4.2GHzに達するハイエンドモデルだ。Radeon HD 7660D相当のGPUも内蔵しておりコストパフォーマンスの高いAPUとなっている。最も低いグレードとなる「A4-5300」でもデュアルコアで3.40GHz駆動、TurboCore時最大3.60GHz、内蔵グラフィックスはRadeon HD 7480D相当となる。APU単体での市場予想価格だが最上位モデルのA10-5800Kで1万3千円程度、最下位で5千円程度とコストパフォーマンスに優れるのが特徴だ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ