ITライフハック

vaio

ソニー、VAIO F/Cシリーズで過剰発熱の不具合

ソニーは2010年6月30日、2010年1月に発売したノートPC 「VAIO パーソナルコンピューター Fシリーズ、Cシリーズ」の一部において、温度管理機能の制御に不備な部分があり、ユーザーの使用状況によっては、過剰に発熱する場合があり、その場合外装が変形する恐れのあることを明らかにした。また、過剰に発熱した状態のPCに触れた場合、熱傷を負う可能性があるとしている。

続きを読む

Office 2010を搭載したVAIOが登場!ソニーの担当者が魅力を語る



マイクロソフトは、「Microsoft office 2010 日本語版(Office 2010)」を、一般・個人に向けて2010年6月17日より発売を開始した。3年半ぶりのバージョンアップ版であり、同社 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山 昌司氏の話からも、自信のほどがうかがえる。
ウェブでも使える!マイクロソフト 堂山副社長が語るOffice 2010の魅力

Office 2010の発売に合わせ、パソコンメーカー各社はOffice 2010を搭載したパソコンを発売した。報道機関向けにOffice 2010発売記念イベント「Microsoft Consumer Experience Media Day」において、ソニーの担当者にOffice 2010を搭載した製品について、お話しをうかがうことができた。

■Officeの環境をそのまま持ち出せる - ソニー 中林氏
ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 MK2課 マーケティングマネージャー 中林 武士 氏にお話しをうかがうことができた。

中林氏は、「こちらが24インチ フルHDの主にファミリー向けのVAIOのLシリーズです。タッチパネル搭載で進化したGigaPocket Digitalという3波ダブルチューナーで、AV機能を強化したモデルになります。...」とのこと。詳細はこちら。

ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 MK2課 マーケティングマネージャー 中林 武士 氏(動画)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
いきなり世界記録!duck氏がインテルのプロセッサーで世界一を達成
液晶テレビ「レグザ」の強力アイテムが登場!高画質な地デジボードや、便利な無線LANルーターも見逃せない
キラキラ光る萌えノートPCを発見!Windows 7のマルチタッチも体験
HDMIモニターにも大変身!マルチタッチ機付きの液晶一体型パソコン

I-O DATA Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD SSDN-ST64B
アイ・オー・データ (2009-10-30)
売り上げランキング: 2592

【速報】ソニー、個人向けパソコンの夏モデルを発表



ソニーは2010年6月8日、VAIOパーソナルコンピューター夏モデルとして、進化したテレビ視聴・録画ソフトウェア「Giga Pocket Digital」による視聴・録画機能の強化に加え、性能やカラーバリエーションを充実させた、ボードPC 2シリーズ、ノートPC 6シリーズを6月19日より順次発売すると発表した。

ボードPC「Jシリーズ」、「Lシリーズ」およびノートPC「Fシリーズ」では、デジタルテレビチューナーにAVCトランスコーダーを2個搭載することで、2番組の同時録画ができるだけでなく、同時に録画された2つの番組をそれぞれ長時間モードで録画することが可能になるなど、フルHD液晶でテレビを楽しむ利便性を向上させている。

インターネットを気軽に楽しむ、美しいフォルムとカラーのネットブックPC「Mシリーズ」は、ピンク・ホワイト・ブルーの3色が用意された。

■PC・テレビ・ブルーレイの1台3役「Jシリーズ」
「Jシリーズ」は、ソニーの液晶テレビ分野で培った技術を惜しみなく投入した、フルHD解像度(1920×1080ドット)の21.5型ワイド液晶「VAIOディスプレイプラス」を搭載した、デスクトップパソコンだ。

ハイビジョン放送と同じ縦横比16:9の大画面で、高精細な映像を臨場感豊かに堪能でき、プライベートルームで、自分専用のテレビとしても快適に使うことができる。
「Jシリーズ」

■24型ワイド画面のテレビパソコン「Lシリーズ」
「Lシリーズ」は、フルHD解像度(1920×1080ドット)の24型ワイド液晶「VAIOディスプレイプラス」を搭載した、デスクトップパソコンだ。ハイビジョン放送と同じ縦横比16:9の大画面で、高精細な映像を臨場感豊かに堪能できる。

本体には、3波対応デジタルチューナー2基を搭載した。地上デジタル放送をはじめ、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の視聴ができ、ダブルチューナーによるダブル長時間録画にも対応している。
「Lシリーズ」

個人向けVAIOパーソナルコンピューター新商品発売のご案内
ソニー VAIO

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
世界にたった1台のオリジナルパソコンづくり!「手づくりLet's note工房2010」 を開催へ
3Dブルーレイも対応!東芝、3DノートPC「dynabook TX/98MBL」を発売へ
手軽に3Dを楽しんで頂きたい NEC 渡邉氏が語る3D戦略
パソコンだけじゃない!PS3にも使えるエアマウス&キーボード

PDF超活用バイブル (日経BPパソコンベストムック)
日経PC21
日経BP社
売り上げランキング: 14864

VAIOで自由人になる!気持ちが音楽に、自分がVAIOのポスターになる



最近、ソニーが面白い。どこが面白いかって?
小さくて、いつでもどこでもネットと繋がる人気のポケットスタイルPC「VAIO P」。このVAIO Pだが、「COMING-OUTしよう。」をキャッチコピーに、楽しみながらVAIOを使って自由人になる「COMING-OUT」プロジェクトを展開しているのだ。

ソニーはこれまでも製品を提供するだけではなく、スタイルも提案し続けてきた。そんなソニーが、今、もっと未来を見て、人の心や生活をもっと自由にしていこうという提案を始めているのだ。

「COMING-OUT」プロジェクトは、3つの遊び場を通して、遊びながら自由人への扉を開いてくれるプロジェクトだ。

■気持ちを言葉にして、390曲の音楽が生まれた!
COMING-OUT BEATSは、「私、○○が好き/興味がある」とTwitterから入力すると、○○のキーワードからアーティストがオリジナルソングを作ってくれるのだ。
5月10日から5月20日までに、390曲が誕生した。これらは、ユーザーの自分の気持ち開いて言葉を送り、その言葉から音楽が生まれた瞬間でもある。
COMING-OUT BEATSで、アーティストがキーワードから音楽を生み出した

アーティストが君の言葉を曲にする

■相手にあったワードの音楽をプレゼントすれば、仲間が生まれる
2つめの遊び場は、COMING-OUT TAG。
「あの人は○○が好きそうだなぁ」と思ったら、○○で作られた曲をプレゼントしよう。

お出かけする人に、「いってらっしゃいのキス」の曲を選んで、送るなんてことができるのだ。
「いってらっしゃいのキス」という名前の曲を選ぶ

送られた人は、ちょっと驚いたり、ドキドキしたり、するだろう。もちろん、送られて人は、お返しに、違う曲をプレゼントすることができるから、言葉と曲のキャッチボールができるのだ。
「いってらっしゃいのキス」の曲を送る

●自分の好きな言葉でオリジナルムービーをつくろう
COMING-OUT VIDEO CLIPは、自分の好きな言葉を入力するだけで、COMING-OUT BEATSで作られた曲から自動選択し、Webの関連ワードやtwitterのつぶやきがちりばめられたオリジナルムービーが自動生成されるのだ。完成したムービーも仲間に送ることができるのだ。
シロクマのキーワードでもムービーがつくれる

COMING-OUT TAGでは、今、相手が何を考えているの? どんな気持ちなの? と、相手を思いやる気持ちを音楽を送ることで繋げていくことができるのだ。
相手を思い、自分の気持ちを開いて、音楽を送るという楽しさでコミュニケーションが自然にできる仕組みなのだ。

■もっと自由に!パリ旅行もVAIOの街頭ポスターに飛び出す自分
第3の遊び場は、ネットを飛び出したリアルワールドだ。
6月11日からスタートするCOMING-OUT COLLECTIONは、なんとリアルイベントだ。自分を自由なファッションで表現して、原宿でプロのフォトグラファーに撮影してもらうというイベントなのだ。

ネットで自分を表現できたらなら、リアルワールドだって同じこと。リアルな世界でだって羽ばたけるはずだ。

撮影した写真は、6月14日以降にWebサイトや街のウィンドウ、カフェ、駅、電車に掲載される。つまり、街中のVAIO広告に、自分が出演できるのだ。さらに「最も自由に自分を表現したファッション」の人には、50万円分のパリcoletteでの買い物権と往復航空券・宿泊費がプレゼントされる。

自由人となった未来には、大きなサプライズがまっているのだ。

VAIOで「COMING-OUTしよう。」

天下をとれるか!ソニー、デジ一眼とVAIOの新モデルの魅力と戦略【ITフラッシュバック】



ソニーは、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として「NEX-5」「NEX-3」の2機種を、ノートパソコン「VAIO P」の新モデルを発表した。1週間に2種類の新製品を発表するというのは、IT業界全体を考えてみても、ごく稀なことであり、並々ならぬ意欲が感じられる。まさに、天下をとりにきたと言っても過言ではないだろう。

ソニーの新製品とイベント、そして戦略をITライフハックの記事で振り返ってみよう。

一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略
デジタル一眼カメラ“α”シリーズのイベントの会場にて、コンシューマ向け製品の責任者であるソニー株式会社 業務執行役員 SVP パーソナル イメージング&サウンド事業本部長 今村 昌志氏にお話しをうかがうことができた。


北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼
「写真も動画も一眼クオリティを、すべての人に」というキーワードのメッセンジャーとして、ソニーは俳優の俳優の浅野忠信さんと北川景子さんをCMキャラクターに起用する。新製品は誰でも簡単に背景をぼかして高いクオリティの写真を撮影できる「背景ぼかしコントロール」やフイルハイビジョン動画を撮影できる点が最大の特長だ。


新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼
ソニーは2010年5月11日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として、「NEX-5」「NEX-3」の2機種を発表した。両機は、新開発の有効約1420万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカメラだ。


新しいライフスタイルを提案する ソニー伊原部長がVAIO Pの戦略を語る
「VAIO P」のイベントの会場にて、マーケティングの責任者であるソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 ITマーケティング部 統括部長 伊原 諭氏にお話しをうかがうことができた


奥さんの尻にしかれてる!石田純一がVAIO Pの発表会で秘密を暴露
“COMING-OUT” PROJECTの初日ともなる5月10日、渋谷 ラウンジ「SECO」において、プレス向けのキックオフイベントも開催、石田純一さんと佐田真由美さんがスペシャルゲストとして応援に駆けつけた。


「VAIO New Ultra Mobile」の詳細が明らかに
新Pシリーズは、より活動的な使用シーンにも適したデザインと利便性を備えた、新しい「ポケットスタイルPC」だ。片手で掴んで持ち運べる携帯性とキーの打ちやすさを両立したサイズ、丸みを帯びて手になじむ柔らかいデザイン、アクティブな印象を与えるビビッドなカラーリングを採用した。


デジタル一眼カメラ“α”シリーズ
VAIO P
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略
ソニーの新発想!新ウォークマンが防水仕様の理由
北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼
新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B
ソニー (2008-10-10)
売り上げランキング: 1942

新しいライフスタイルを提案する ソニー伊原部長がVAIO Pの戦略を語る



ソニーは2010年5月10日、渋谷 ラウンジ「SECO」において、VAIO “COMING-OUT” PROJECT プレス向けキックオフイベントを開催した。
奥さんの尻にしかれてる!石田純一がVAIO Pの発表会で秘密を暴露

■パソコン以上に新しい - ソニー伊原部長
イベントの会場にて、マーケティングの責任者であるソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 ITマーケティング部 統括部長 伊原 諭氏にお話しをうかがうことができた。「パソコン以上に新しい使い方を提案できる、ライフスタイルを提案できる新しいモデルです。」とのこと。続きはこちら。


動画:ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 ITマーケティング部 統括部長 伊原 諭氏
ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 ITマーケティング部 統括部長 伊原 諭氏(動画)

サムスン電子

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】をもっとみる
選ばれるブランドになりたい サムスン部長が語るスマートフォン戦略
3Dコンソーシアム 泉事務局長に聞く!3Dの現状
ASUS エミリー・ルー氏が語る!3D市場への抱負
NVIDIAジャパン 日本代表 スティーブ・ファニー・ハウ氏が語る!3D市場への意気込み

奥さんの尻にしかれてる!石田純一がVAIO Pの発表会で秘密を暴露



ソニーは2010年5月10日、ウルトラモバイルPC「VAIO P Series」を5月22日より発売すると発表した。発表とあわせて「カミングアウト」をテーマにしたキャンペーン“COMING-OUT” PROJECT も同日より開始された。

“COMING-OUT” PROJECTの初日ともなる5月10日、渋谷 ラウンジ「SECO」において、プレス向けのキックオフイベントも開催、石田純一さんと佐田真由美さんがスペシャルゲストとして応援に駆けつけた。

■負けるが勝ちの石田純一さん、漫画オタクの佐田真由美さん
石田さんはスカーフ、佐田さんはヒールの色を、VAIOのカラーに合わせたファッションでステージに登場。
今回のトークイベントのコンセプトは「本当の自分を表現する=カミングアウトする」だ。

まだ世の中に知られていない秘密をカミングアウトしてくださいと、MCから話題を振られた石田さんは、奥さんのお尻に敷かれていることを告白。

「お互いに個性が強いので、ぶつけるのではなく負けるが勝ち。」と、奥さんを立てていると弁明する石田さんは、会場の笑いを誘った

一方、佐田さんは3年前からデザイナーとして活躍していることを披露。
「私、漫画オタクです。」と、漫画好きであることをカミングアウトした。実は、自分で漫画を描いて投稿した経験もあるとのことだ。残念ながら投稿作品が採用されることはなかったそうだ。

トークショーの最後に、二人は「VAIO P」についての印象をカミングアウトした。
石田さんは今回の「VAIO P」について「とにかく世の中の進歩は目に見張るものがあります。でも、それを使いこなすとか、新しいものに挑戦していけたらと思っています。そして、自分の仕事の役に立てていきたいと思います。」と、まじめな一面を見せた。

佐田さんは、「こんなにファッショナブルで素敵なものがあれば、欲しいなと思ってくれる子はたくさんいると思いますし、だんだん便利になるとともにファッショナブル性もあがってくるということはすごく素晴らしいことだと思います。」と、デザイナーとしても活躍している視点から「VAIO P」のファンション性に注目していると強調した。

VAIO P 製品情報
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
5月14日から募集開始!ノートPCをSSD化せよ!マシンガンレビュー
「VAIO New Ultra Mobile」の詳細が明らかに
簡単だけれど奥が深いシンプル二足歩行ロボット「RB300」
知らなきゃ損だ!USBメモリーを活用する技

できるポケット+ USBメモリー
柳井美紀 エディポック&できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 175779

【速報】「VAIO New Ultra Mobile」の詳細が明らかに



本日(5月10日)、ソニーが告知していた「VAIO New Ultra Mobile」が、新しいPシリーズであることが明らかとなった。

新Pシリーズは、より活動的な使用シーンにも適したデザインと利便性を備えた、新しい「ポケットスタイルPC」だ。片手で掴んで持ち運べる携帯性とキーの打ちやすさを両立したサイズ、丸みを帯びて手になじむ柔らかいデザイン、アクティブな印象を与えるビビッドなカラーリングを採用した。

同社は、VAIO Pにより、持ち運んだ先での快適な操作性の実現のため、立ったままでも使えるように液晶の両脇に設置したタッチパッドやクリックボタンによる「モバイルグリップ・スタイル」を提案する。

■カスタムモデルでは、CPUがより高性能に
CPUには従来よりも高速な「インテル Atom プロセッサー Z530」であり、VAIOオーナーメードモデルではより高速な「インテル Atom プロセッサー Z560」と「インテルシステム・コントローラー・ハブ US15X」の組み合わせも選択可能だ。

記憶装置はすべてSSDとし、より高速なアクセス、消費電力の低減、振動や衝撃に強い信頼性、軽量化を実現した。

また、本体に内蔵した各種センサーを活用することによる直感的な操作や、位置情報と連携した新しいアプリケーションを搭載するなど、アクティブに使用するための利便性も備えている。

VAIO P 製品情報
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

type Xの後継機か!ソニー、「VAIO New Ultra Mobile」を予告



ソニーは、ソニースタイルのVAIOのページにおいて、「VAIO New Ultra Mobile」のメール登録を2010年4月28日より開始した。

「VAIO New Ultra Mobile」の詳細は明らかにされていないが、メール登録を行うと、「VAIO New Ultra Mobile」の最新情報をメールで受け取ることができるほか、「VAIO New Ultra Mobile」を購入する際に使えるクーポンを入手することができる。またメール登録は、商品購入の際のエントリー登録も兼ねている。

なお、クーポンはソニースタイル利用時に手に入るSTARに応じて、0~999STARのユーザーは1,000円分、1,000~2,999STARのユーザーは4,000円分、3,000STAR以上のユーザーは5,000円分のクーポンがプレゼントされる。

「VAIO New Ultra Mobile メール登録」
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
CPUを選択可能!ノートPC「ThinkPad」に新機種が登場
君はどれだけ知ってるか!インテルの豆知識や歴史がわかるサイトがオープン
ドラえもんも驚く!パソコン機器を離れて使える秘密兵器
余っているドライブを有効活用!トランセンド、耐衝撃性のポータブルHDDをリリース

Transcend SDHCカード Class6 16GB TS16GSDHC6
トランセンド・ジャパン (2008-03-05)
売り上げランキング: 134

【速報】際立つデザイン!ソニー、個人向けVAIOの新製品を発表



ソニーは2010年4月6日、VAIOパーソナルコンピューターの新商品として「Eシリーズ」の新モデルを4月17日より発売すると発表した。

今回発表された新しい「Eシリーズ」は、従来の15.5型ワイド液晶を搭載した「Eシリーズ」をひとまわりコンパクトにした14型ワイド液晶を搭載した、新スタンダードノート。14型ワイド限定カラーのマットブラウンを含め全8色のカラーバリエーションから選択することができる。

また、メッセージを4種類のカラーから選んでVAIO本体に刻印できる「VAIOオーナーメード カラーメッセージ刻印サービス」にも対応。本体ベゼル左上部に刻印が可能となっている。

「Eシリーズ」製品情報
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
エンタメも快適!ASUS、ビデオ内蔵の高性能ネットブックを発表
2DのDVD映画を3Dに変換!画期的なPCソフトが登場
ワイヤレスで便利!テレビにパソコンの画面を映し出すマル秘アイテム
高速化だけじゃない!快適なパソコン環境を手軽に実現

EeePCハンドブック Windowsモデル対応版
鈴木 雅博
秀和システム
売り上げランキング: 19748

【速報】ソニーが本気を出した!VAIOの春モデルを発売

ソニー VAIO 春モデル「Eシリーズ」


ソニーは2010年2月16日、パーソナルコンピューターVAIOの春モデルとしてノートPC 3シリーズを新たに発売すると発表した。

今回発売するシリーズは、高性能と携帯性を兼ね備えた「Zシリーズ」、こだわりの質感のあるデザインと豊富なカラーバリエーションを揃えた「Eシリーズ」、そして、環境負荷を軽減し、環境への取り組みを象徴した「Wシリーズ[エコボディモデル]」。

なお、「Wシリーズ[エコボディモデル]」は、VAIOオーナーメード/法人向けカスタマイズモデルのみで販売するモデルとなっている。

同社は、
「VAIOはオリジナルアプリケーションとして、写真やビデオを自動整理し、手軽にショートムービーやディスク作成ができる、『PMB VAIO Edition』や、ユーザーの好みや視聴している時間帯に合わせてコンテンツをお薦めする『Media Gallery』などを搭載し、PCに保存されたコンテンツの楽しみ方を広げています。また、PCのトラブル予防と解決をサポートする、『VAIO Care』などのソフトウェアも搭載し、お客様にエンタテインメントとサポートをご提供いたします。」と、コメントしている。

■高性能と携帯性を兼ね備えた「Zシリーズ」
13.1型の高精細ディスプレイを搭載したZシリーズは、高性能、携帯性、使い勝手の良さなど、すべてをあわせ持ったモバイルPCだ。最新の「Core i7-620M」プロセッサーまで選択可能※1、オールインワンノートやデスクトップPCに匹敵するパフォーマンスを約1.35kg(最軽量構成時)のコンパクトボディに凝縮した。

また、2チャンネルのSSDをRAID 0(ストライピング)構成にした「デュアルSSD」を標準搭載、VAIOオーナーメード/法人向けカスタマイズモデルでは4チャンネルのSSD RAIDを内蔵する「クアッドSSD」を搭載することにより、高速なディスクアクセス、消費電力の低減、振動や衝撃に強い信頼性、軽量化を実現している。

液晶ディスプレイには、フルHD(1920×1080)かつAdobe RGBカバー率96%の広色域[VAIOディスプレイプレミアム]も選択可能※1で、ブルーレイコンテンツやデジタル一眼レフカメラやハイビジョン “ハンディカム”で撮影した静止画・動画の編集ワークフローまで強力にサポートする。

通信機能においては、WiMAX通信機能を標準搭載。また照度センサーの搭載により画面輝度を自動調整するなど、使い勝手が向上している。

※1 VAIOオーナーメード/法人向けカスタマイズモデル

高性能と携帯性を兼ね備えた「Zシリーズ」


■こだわりのデザインと豊富なカラーバリエーションを揃えた「Eシリーズ」
「Eシリーズ」は、こだわりのデザインと豊富なカラーバリエーションが大きな魅力のノートパソコンだ。
ガラスのような奥行きある光沢天板や、アイソレーションキーボード、グラデーションがかかった透明なパームレストなど質感にこだわったデザインとライフスタイルや個性に合わせて鮮やかな光沢のブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、グリーン(※2)と、落ち着いたマットカラー(※2)のマットブラックとマットホワイトの計7色カラーバリエーションを揃えた。

また、本体の状態を診断したりサポート情報を確認できる「VAIO Care」や、電源OFFからワンプッシュでインターネットができる「Quick Web Access」、表計算に便利なフルサイズのテンキーを搭載している。

※2 VAIOオーナーメード/法人向けカスタマイズモデル

こだわりのデザインと豊富なカラーバリエーションを揃えた「Eシリーズ」


■環境に配慮した特別仕様の「Wシリーズ[エコボディモデル]」
「Wシリーズ[エコボディモデル]」は、環境に配慮した特別仕様のノートパソコンだ。
VAIOオーナーメードモデルとして、新たに商品のライフサイクルにおいて環境負荷を軽減し、環境への取り組みを象徴したVAIO Wシリーズ [エコボディモデル]が加った。

なお、この[エコボディモデル]の売上げの一部(1台につき10ドル相当)を、世界最大規模の環境保全団体WWFに寄付し、環境保全活動を支援するとしている。

環境に配慮した特別仕様の「Wシリーズ[エコボディモデル]」


VAIO 製品情報
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
84倍速アップ!Win 7時代はグラフィックスが決め手
デルはデザインで勝負!カラフルなノートカバーを発表
素早く効率良く情報収集!Internet Explorerの機能を拡張
美麗に口コミでも話題沸騰!アクリルキーボード「ACRYLUX」

新VAIOはトラブルに強い!ソニー、PC春モデルを発表

新筐体の「Fシリーズ」

- 近距離無線転送技術「TransferJet」をVAIOに初搭載 -

ソニーは2010年1月18日、パーソナルコンピューターVAIO春モデルで新シリーズを追加したノートPC7シリーズ、ボードPC2シリーズを1月23日より順次発売すると発表した。
価格は、いずれもオープンプライス。

春モデルでは画像・映像を楽しむオリジナルソフトウェア「PMB (Picture Motion Browser)」をリニューアルし、VAIOがコンテンツをおすすめするメディアプレーヤー「Media Gallery」の搭載モデルを拡充した。

また、PCの各種トラブル予防と解決をサポートするオリジナルアプリケーション「VAIO Care」を新たに搭載。全モデルの性能と機能を向上し、パソコンでの楽しみに加えて、安心感や快適な利用環境も提供する。

■「TransferJet」を選択可能 - Fシリーズ
新筐体の「Fシリーズ」は、16.4型フルHD液晶と地上デジタルダブルチューナー、ブルーレイディスクドライブの搭載でハイビジョン映像を快適に視聴、保存できるプレミアムホームAVノートだ。

最上位モデルは、 クアッドコアCPUや高性能グラフィックアクセラレーター、カラーマネジメント対応の広色域液晶と専用ソフトウェア等の組み合わせにより、本格的な写真・ビデオ編集が楽しめるコンテンツクリエーションに向けたフラッグシップモデルとなる。

なお、「Fシリーズ」はVAIOとして初めて近距離無線転送技術「TransferJet」を選択可能にし、対応するカメラなどの機器をかざすだけで簡単にデータの転送を行うことができる。

このほかVAIOモバイルPCの新ラインアップとして13.3型ワイド液晶を搭載した2シリーズを投入する。
6色と豊富なカラーバリエーションの「Sシリーズ」は、バッテリー駆動約5時間で高い携帯性を実現した。
6色と豊富なカラーバリエーションの「Sシリーズ」

また、「Yシリーズ」は光学ドライブを非搭載で約9時間ものバッテリー駆動を実現した。
約9時間の駆動が可能な「Yシリーズ」

VAIO製品情報
ソニー

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■PC関連の記事をもっとみる
小さすぎる!富士通、約495gの超小型ノート「LOOX U」発表
キーボードが違い過ぎる!次世代ネットブックが登場
驚くほど簡単!iPhoneで動画を見せびらかそう
無料ツールで速度アップ!ファイルコピー爆速化計画

ソニー、またも痛恨のミスに謝罪!一部のパソコンが低温時に起動しない不具合

ソニーは2009年11月26日、同年10月に発売した 「VAIO パーソナルコンピューター J(JS)シリーズ」の一部において、比較的低い温度でPCが起動できない場合があると発表した。

該当製品は下記の一部で、専用ページにて製品型番(8桁の数字)と製造番号(7桁の数字)を入力することで確認することができる。非該当製品では、この問題は発生しない。

2009年10月発売モデル
VGC-JS73FB/W、VGC-JS53FB/W、VGC-JS53FB/T、VGC-JS53FB/P、VAIOオーナーメードモデル VGC-JS93FS

なお、該当製品を使用しているユーザには、無償にて点検・修理を行うとしている。

VAIOパーソナルコンピューター J(JS)シリーズ 無償点検のお知らせとお詫び
ソニー

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
ThinkPadのレノボも勝負にキタ!24型の一体型パソコンを発売へ
新しいMacを体験したくなる!ビックカメラ、名古屋駅西店にAppleショップをオープン
渋谷のおしゃれカフェにびっくり!Eee PC体験カフェがオープン
3連休が最後のチャンス!VistaやXPを高速化するテクニック集


ソニー、PC事業とデジタルイメージング事業を強化へ

ソニー株式会社は2009年11月13日、PC事業およびデジタルイメージング事業の強化に向けて体制の変更を発表した。

同社は2010年4月1日付で、PC事業の本部機能であるVAIO事業本部に、ソニーイーエムシーエス(株)長野テック(長野県安曇野市)で行っているPCの設計機能等を統合する。それに伴い、VAIO事業本部は、ソニーイーエムシーエス(株)長野テックのサイト内に新設する「長野ビジネスセンター」に移転する。

なお、これまでPCの設計・オペレーション・製造業務を行っていたソニーイーエムシーエス(株)長野テックは、製造機能に特化する。PC事業の商品企画から設計・オペレーション・製造等の機能を集結させることで各機能間の連携を強め、これまで以上に効率的な体制の構築を図り、成長の加速を目指す。

デジタルイメージング事業については、新大阪ビジネスセンター(大阪府大阪市)を主たる拠点として行ってきたデジタル一眼レフカメラ“α”関連の事業を、2010年3月末までに品川テクノロジーセンター(東京都港区)に集約する。

この施策により、ビデオカメラやデジタルスチルカメラといったその他のデジタルイメージング各事業部門との技術・製品開発の相乗効果の最大化を図り、“α”事業の更なる強化を推進すると同時にデジタルイメージング事業全体のより効率的なオペレーションを目指す。

PCおよびデジタルイメージング事業の強化に向けた施策について
ソニー

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
巨人マイクロソフトが目覚めた!Windows phoneのコンテンツ戦略でiPhone Android迎撃へ
ネットブックはもう不要か これで4万円台? 15.6型ワイドノートPCが登場
パソコンでFM/AMラジオが聴ける!USBラジオチューナー「PCラヂオ」
今までの環境を使いたい!Windows 7へのデータ移行術

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ