0327_2021_osaka_cr089

大阪市内の都心部をロの字にめぐる「水の回廊」において、2021年3月 27 日(土)に行われる「水都大阪川開き」をきっかけに、大川さくらクルーズをはじめとする舟運が再始動する。水都大阪コンソーシアムでは、このたび水辺や水上ににぎわいを取り戻すことを目的とするイベント「水都大阪の魅力発見!水の回廊 春爛漫クルーズ」を 2021年3 月 22 日(月)から 28 日(日)にて開催した。

3 月 27日、八軒家浜船着場にて開催された「水都大阪川開きセレモニー」では、ゲストとして西野亮廣氏も列席、水都大阪の一年のスタートである春の訪れを祝い、安全な運航ができることを祈願するため、船上より「金の鍵の投げ入れ」を行った。

■「金の鍵」で川開き
水都大阪川開きセレモニーは、主催者である特定非営利活動法人大阪水上安全協会 会長 清家將之氏の挨拶から始まった。

清家將之氏
「何とか水辺に賑わいを取り戻して、通常の大阪の桜を楽しむ時期になりますように、その願いを込めて今回、セレモニーを開催させていただきました。」
0327_2021_osaka_cr008
特定非営利活動法人大阪水上安全協会 会長 清家將之氏

川開きは従来、夏の涼しい時期に開催されるが、大阪は人が一番集まる桜の時期に開催する。

引き続き、北浜東振興町会 会長 橋本隆弘氏が挨拶した。

橋本隆弘氏
「天神橋のほうに行くと、遊歩道があります。私たち町会は遊歩道に花を植えたり、清掃活動をしております。この街が美しい街だと情報発信していただきたいです。皆さん、ご協力をお願いいたします。」
0327_2021_osaka_cr024
北浜東振興町会 会長 橋本隆弘氏

スペシャルゲストの西野亮廣氏は、船の中から登場した。
大阪は水都として川とともに発展してきた歴史がある。水辺で暮らす人々にとって、川は昔から身近な存在であり、船に乗るなどの川遊びは粋な遊びとして親しまれてきた。山開き、海開きと同様に、水都大阪では川開きを行っている。西野亮廣氏は、水都大阪の川を開く「金の鍵」を、清家將之氏、橋本隆弘氏とともに川へ投入する。
0327_2021_osaka_cr029
スペシャルゲストの西野亮廣氏

川開きの鍵が登場すると、フォトセッションが行われた後、3者は船に乗りこみ、川へ鍵を投入した。
0327_2021_osaka_cr122
水都大阪の川を開く「金の鍵」

0327_2021_osaka_cr132
川へ鍵を投入する様子

■美しい桜を愛でるクルーズツアー
セレモニーの後は、「大川さくらクルーズ」のコースで、メディア向けクルーズツアーが実施された。
0327_2021_osaka_cr192
川から見た桜の様子

川から見る桜は美しく、大阪城が見られるスポットもあり、水都大阪の様々な魅力を満喫できた。
0327_2021_osaka_cr188
川から見た大阪の街並み

桜・船・水辺の3拍子が揃う、水都大阪を代表する花見スポット「八軒家浜」では、花を楽しむイベント「はちけんやお花見フェスタ」を4月11日まで開催中だ。クルーズやSUP、マーケットやキッチンカーなど、水辺で遊べるプログラムを開催している。水都大阪ならではのお花見を楽しんでみては如何だろうか。

水都大阪オフィシャルサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
東京から初めてのお取り寄せできる!パスカル・ル・ガック「プティ フール セック」
サントリービール、ザ・プレミアム・モルツ「#最高の時間」プロジェクト始動
とんかつ肉重量20%UP!「かつ丼」「とんかつ弁当」がパワーアップして登場
エイプリルフールじゃない!今ならキャベツがナポリタン?「ナポリタンチキン南蛮」誕生
焼肉きんぐ、春期間限定メニュー!ご当地うまいものめぐり





光のまちをつくる:水都大阪の実践
光のまちづくり推進委員会編著
創元社
2016-02-26