top

楽天グループ株式会社は今年迎えた創業25周年を機に、「スポーツの未来を共に創ろう‐ A BETTER FUTURE TOGETHER ‐」と題し、これからの未来のためにできることを考え、スポーツとともに地球にやさしいサステナブルな明日を描く活動を行っている。現在行っている活動内容をご紹介するため、2022年6月26日(日)、ノエビアスタジアム神戸にて「スポーツの未来を共に創ろうツアー第2弾」プレスツアーを開催した。

当日実施した「Rakuten DAY」では、「スポーツの未来を共に創ろう」をテーマにファンイベントを展開。プレスツアーでは、楽天が行うスポーツの未来に向けた取り組みを紹介する様々なコンテンツや、ノエビアスタジアム神戸がサステナブルなスタジアムを目指して行っている取り組みを取材した。また視覚障がい者と健常者が助け合ってプレーができる「ブラインドサッカー」の体験会や、今後ヴィッセル神戸のホームゲーム時に常設される「ECO ZONE by Rakuten」などを見学できた。

■視覚障がい者と健常者が楽しめるブラインドサッカー体験
ブラインドサッカーとは、いわゆる「見えないサッカー」だ。音が出るボールを使用し、視覚障がい者と健常者が助け合いながらサッカーを楽しめる。体験会では、NPO法人日本ブラインドサッカー協会 内田佳選手がヴィッセル神戸スクールコーチたちとともに、パスやシュートを披露した。

コーチたちはウォーミングアップとして、目隠しの状態で体操を体験。言葉で伝える難しさを実感していた。

IMG_4516
目隠しの状態で体操を体験している様子


ブラインドサッカーの練習では、コーチたちはボールを見つけるまで苦労していたが、一度ボールをとらえると、足にボールが付いているようなボールさばきを見せ、来場者を喜ばせた。

ポールにボールを当てる体験では、ポールを叩いて音を出すが、慣れていないコーチたちには難しかったようだ。内田佳選手は鮮やかにポールに当てることができた。

IMG_4535
ポールにボールを当てる様子



YouTube:https://youtu.be/eHZdg02KvyI

■フードロスをなくし、環境にも配慮した「ECO ZONE by Rakuten」
3つの取り組みを見学できた。

〇フードドライブ
「フードドライブ」では神戸市とBE KOBEミライPROJECTと協力し、ご家庭で余っている食品をサポーターに持ってきてもらい、それを必要としている福祉団体・施設などに寄付をする。今後の展開としては、市と協力し、オール神戸で地域の未来を支えていくことを推進していくとしている。

642A9605
フードロスが減らせる「フードドライブ」


〇エコステーション
「エコステーション」では、会場から出るごみを6つのジャンルで分別し、今後ヴィッセル神戸のグッズやバックなどに資源として活用していく予定だ。

ECO ZONE by Rakuten_B
ごみを回収している様子


〇リサイクル
アシックスジャパン株式会社と楽天の取り組みとして、スポーツウエアの「リサイクル」を実施。アシックスジャパンが実施している「GREEN BAG PROJECT」の一環である、自宅にある着なくなったスポーツウエアを回収。回収したウエアは、100%リサイクル素材で作製したエコバッグ「グリーンバッグ」の材料の一部に生まれ変わる。

642A9613
着なくなったスポーツウエアがエコバッグに生まれ変わる


■より良い未来のために
『あなたの想う「より良い未来」をシェアしよう』のパネルには、自分が想い描く未来を自由に書き込める。

未来1
自分の思い描く未来を書く、子どもたち


『あなたが願う、「スポーツのより良い未来」に投票しよう!』では、自分が想い描くスポーツの未来の姿に投票できた。

未来2
自分が想い描くスポーツの未来に投票している様子


■LGBTQ+について考える機会を与える「楽天フォトブース」
記念写真を撮影できる。ブースで撮影した写真は、ほかの人が撮影した写真とともに、オンラインの指定されたページに保管される。

642A9654
楽天フォトブースで撮影している様子


背景がレインボーカラーになっているのは、来場者にLGBTQ+について考える機会を与えるためだ。

LGBTQ+とは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・クエスチョニング/クィア、それぞれの頭文字をとったもの。クエスチョニング/クィアとは、自身の性自認や性的指向が定まっていない、もしくは意図的に定めていないセクシュアリティだ。

ブースのすぐ隣りには、LGBTQ+について解説されたパネルが設置されていた。

642A9663
LGBTQ+の説明


LGBTQ+の解説の裏面には、漫画による説明があった。

642A9666
漫画によるLGBTQ+の説明


■スマートフォンで楽しめる、スペシャルARゲーム「Catch the Spirit! by Rakuten」
スマートフォンでQRコードを読み取ったのち、スマートフォンのブラウザからスタジアムの看板をかざすと、「ヴィッセル神戸」の選手が画面に登場する。選手のシュートを阻止すれば、プレイヤーの勝利となる。

ARゲーム
スペシャルARゲーム「Catch the Spirit! by Rakuten」を体験している様子

スペシャルARゲーム「Catch the Spirit! by Rakuten」の画面
スペシャルARゲーム「Catch the Spirit! by Rakuten」の画面



YouTube:https://youtu.be/sg6b52Cu_W4

楽天グループ 長田希望さんが語る、「スポーツの未来を共に創ろう– A BETTER FUTURE TOGETHER -」

YouTube:https://youtu.be/gMbde4bGBRA

楽天は、今年迎えた創業25周年を機に、環境に配慮したグリーンな未来を呼びかける「Go Green Together」プロジェクトを始動し、その一環として、楽天が関わる様々なスポーツ競技を通し、「スポーツの未来のためにできること」を考え発信する特設サイト「スポーツの未来を共に創ろう– A BETTER FUTURE TOGETHER – 」を開設。本イベントの開催を通じて、環境に配慮しながらスポーツを楽しめる未来を形成し、一人ひとりが自分らしく、いつまでもスポーツを楽しめる社会の実現を目指す構えだ。

「スポーツの未来を共に創ろうツアー第2弾」は、そうした同社の取り組みを知るよい機会となった。来場者は、スポーツを通して環境への配慮やジェンダーフリーについて学べる1日になったことだろう。

「スポーツの未来を共に創ろう– A BETTER FUTURE TOGETHER – 」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook


カルチャーに関連した記事を読む
さらなる美味しさへ挑戦!ほっともっと、新『のり弁当』、こだわりの『博多明太のり弁当』
1万発以上の花火と音楽がサーキットの夜空を明るく照らす!岡山県で花火大会の開催決定
ノートPCのキーボード上に教科書やノートを置ける!アクリル製のキーボード用カバーテーブル
電話機・ルーターをスリムに収納!縦型のルーター収納ボックス
選挙に行って、とんかつ半額!平田牧場



楽天で学んだ「絶対目標達成」7つの鉄則
小林史生
日本実業出版社
2018-04-06


楽天流
三木谷浩史
講談社
2014-10-10