マイクロソフトは、「Microsoft office 2010 日本語版(Office 2010)」を、一般・個人に向けて2010年6月17日より発売を開始した。3年半ぶりのバージョンアップ版であり、同社 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山 昌司氏の話からも、自信のほどがうかがえる。
ウェブでも使える!マイクロソフト 堂山副社長が語るOffice 2010の魅力

Office 2010の発売に合わせ、パソコンメーカー各社はOffice 2010を搭載したパソコンを発売した。報道機関向けにOffice 2010発売記念イベント「Microsoft Consumer Experience Media Day」において、ソニーの担当者にOffice 2010を搭載した製品について、お話しをうかがうことができた。

■Officeの環境をそのまま持ち出せる - ソニー 中林氏
ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 MK2課 マーケティングマネージャー 中林 武士 氏にお話しをうかがうことができた。

中林氏は、「こちらが24インチ フルHDの主にファミリー向けのVAIOのLシリーズです。タッチパネル搭載で進化したGigaPocket Digitalという3波ダブルチューナーで、AV機能を強化したモデルになります。...」とのこと。詳細はこちら。

ソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 MK2課 マーケティングマネージャー 中林 武士 氏(動画)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
いきなり世界記録!duck氏がインテルのプロセッサーで世界一を達成
液晶テレビ「レグザ」の強力アイテムが登場!高画質な地デジボードや、便利な無線LANルーターも見逃せない
キラキラ光る萌えノートPCを発見!Windows 7のマルチタッチも体験
HDMIモニターにも大変身!マルチタッチ機付きの液晶一体型パソコン

I-O DATA Serial ATA対応内蔵2.5インチSSD SSDN-ST64B
アイ・オー・データ (2009-10-30)
売り上げランキング: 2592