季節ごとに店頭を飾る、素敵な靴やバッグなどに目がない女子は多いかと思います。私も例に漏れず、こだわりの逸品を探し続けるハンターと化す時があります。

店頭でサイズが売り切れていたり、欲しい色の取り扱いがなかったり、時間がなかったり、国内未入荷だったり。
そんな忙しい方におすすめなのはオンラインショッピングです。

最近では大手デパートもオンラインショップを開設しており、個人輸入業者でも国内未入荷の有名ブランドを取り扱うポータルも多様化しており、新しいショッピングサイトが次々とお目見えしています。

■まずは検索!
雑誌などで見かけた気になるアイテムを探す際に便利なのが検索エンジンですよね。
もはや検索エンジンなしでは探し物ができないくらい私たちの生活に密着したサービスです。しかし、レアアイテムや話題の商品を探す人を欺くサイバー犯罪の罠に引っ掛かることのないように、いくつか習慣にしておきたいことがあります。
1. 検索エンジンを変えてみる
GoogleやYahoo!は世界的にも最も広く使われているサービスですが、そういう人気のあるサービスにこそ、サイバー犯罪者たちがいろいろな罠を仕掛けている可能性が高いので、要注意。

2. 無暗に検索結果のURLをクリックしない
URLを閲覧しただけでマルウェアに感染する「ドライブ バイ ダウンロード」攻撃を回避する為に、無暗に検索結果のURLをクリックしないようにしましょう。

3.Web経由で感染するマルウェアに対応してる?
現在使用しているアンチウイルスソフトがWeb経由のマルウェアに対応しているか否か確認し、対応していない場合は、エフセキュアなどのアンチウイルスベンダが無料提供しているブラウザ保護などのサービスを使用して検索結果のURLに飛ぶ前に調べてみましょう。
F-Secure BROWSING PROTECTION

4.カード決済や個人情報の入力時はHTTPSを確認
カード決済や個人情報を入力する際、必ずHTTPS (Hypertext Transfer Protocol over Secure Socket Layer) を使用しているかどうか確認しましょう。HTTPSによる通信は入力した情報にかかわる全ての処理を完全に保護するURIスキームです。これが通常のHTTPの場合は絶対に個人情報やクレジットカード情報を入力してはいけません。

エフセキュアブログを読む
エフセキュア公式ページ

本当に役立つセキュリティの記事をもっとみる
ゼロデイ攻撃に悪用される可能性アリ!Adobeの最新アップデートをお忘れなく
嬉しい誕生日のプレゼントにぽっかり空いている落とし穴
地域限定?Twitterハッキング
Twiiterで便利な「短縮URL」に潜む危険な落とし穴
スキャンダルに釣られると大変なことに!?