「3D元年」と言われる本年、パナソニックは業界に先駆け、3D対応ビエラとブルーレイ3D対応のディーガを発売した。映画やスポーツなどの3Dコンテンツの普及が進む一方、ユーザーから「自分で3D写真や動画を撮影して楽しみたい」との声が大きくなっていることから、パナソニックは3D対応の新製品を投入する。

パナソニックは去る2010年7月28日、デジタルハイビジョンカメラの新製品「HDC-TM750/TM650」、3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」を8月下旬より発売すると発表した。
パナソニック、3Dが撮れるムービーを発表

■手軽に3Dが撮影できる - パナソニック名倉氏
今回の新製品について、パナソニック AVCネットワークス社 ネットワーク事業グループ ムービービジネスユニット長 名倉 誠 氏にお話しをうかがうことができた。

名倉氏は「3MOSセンサーによる史上最高画質を実現したと。それに加えまして、世界初の3Dコンバージョンレンズを付ければ、手軽に3Dが撮影できる...」とのこと。詳細は、こちら。

・パナソニック AVCネットワークス社 ネットワーク事業グループ ムービービジネスユニット長 名倉 誠 氏(動画)

パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
女性に人気のルージュレッド!ビクターの光学36倍ムービーに新色追加
ディズニーモデルも登場!タッチ操作できるパナソニックの薄型デジカメ
1台あると便利!アナログテレビやパソコンのモニターで地デジが見られる
パナソニック、世界最速の連写ができるデジカメを発売へ