インテルといえば、パソコンを動かすのに重要なPCパーツであるプロセッサ(CPU)のメーカーとして、世界的に有名なメーカーだ。そのインテルが先週、セキュリティメーカーとして名高いマカフィーを買収したことで、セキュリティ業界に激震が走った。

■買収の真意は、どこにあるのか?
今回の買収は、セキュリティが今日のオンライン・コンピューティングにとって基本要素であることを表している。

現在のセキュリティ対策は、携帯端末やワイヤレス機器、テレビ、自動車、医療機器、ATMなど、新たにインターネット接続される数十億台の機器や、急増するサイバー脅威に対して、万全とは言えない。

多様化するオンライン社会を保護するためには、ソフトウェア、ハードウェア、そしてサービスを包含した全く新しい対応が求められる。

インテルは、セキュリティの重要性を、電力効率に優れた性能やインターネット接続と並ぶ戦略的フォーカス領域に引き上げているわけだ。

■セキュリティは第3の柱 - インテル ポール・オッテリーニ社長
インテル コーポレーション 社長 兼 CEO(最高経営責任者)のポール・オッテリーニ氏は、
「インターネット接続機器が広範囲にわたり急拡大するとともに、私たちの生活の場面でもオンラインに接する機会が増えてきています。これまでは、電力効率に優れた性能とインターネット接続がコンピューティングの必須要件とされていました。

今後は、あらゆるコンピューティング体験でユーザーが期待する点として、セキュリティがこれらに続く第3の柱になります。

マカフィーの製品や技術がインテルのコンピューティングに加わることにより、セキュリティの技術革新や製品、サービスで優れた実績のある優秀な人材を通じて、業界と消費者がより安全で安心して利用できるインターネット接続を提供できるようになります」と述べている。

インテルは、セキュリティの分野においても、業界をリードしていく構えだ。

インテル

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■セキュリティ関連の記事をもっと見る
架空請求に注意!無料アダルトサイトからの誘導が怖い
非出会い系サイトでの児童被害が増加!警視庁が出会い系サイトに関係した事件の検挙状況を発表
ネットバングから貯金がおろされる?重要な情報やデータを守る「ゼマナ アンチロガー」を発売へ
iPhone、iPadがゾンビ化する可能性も?!

TDK USBメモリ 8GB スライド式 セキュリティ機能搭載 ブラック UFD8GS-TEBKBTDK USBメモリ 8GB スライド式 セキュリティ機能搭載 ブラック UFD8GS-TEBKB
TDK(2010-04-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る