auのスマートフォン「IS series」は、キーボードを搭載したAndroid端末ということで、手帳サイズのスマートフォンとパソコンの間を埋める端末として注目を集めている。その「IS series」の面白いイベントがあるのをご存じだろうか。

KDDIは、mixiやtwitterなど自分のアイコンや好きな写真を投稿するだけで、「IS series」の広告に出演できるキャンペーン「Million Play」を実施中だ。

同キャンペーンの一環として、2010年8月25日から28日の4日間、集められたアイコン画像を使った夏の最後を飾る参加型大イベント「Million Play Hanabi」を実施する。

■本物さながらの花火をビルに投影
「Million Play Hanabi」は、六本木ヒルズのノースタワー壁面で繰り広げられる、最新のデジタル技術を駆使し、ツイッターと連動した花火大会だ。日没に合わせた18時50分頃、全6台の最新技術を使った特殊なプロジェクターを使用してノースタワーの壁面に、本物さながらの花火を投影するというもの。

打ちあがる、様々な形の色とりどりの花火一つひとつが、応募されたアイコン・画像でできているという、これまでにない史上初の花火大会だ。
※スタート時間は天候や会場状況によって前後する場合がある

キャンペーンでは、「IS series」のコンセプトでもある「Share!/人と人のつながり」をモチーフに、一般応募者から投稿された多数のmixiやツイッターなどのアイコン画像で、auの広告を制作。2010年5月、7月と2回にわけて募集され、集められたアイコン画像は、合計で70、482個。

これまでにも、日本テレビ系「Music Lovers」内TVCMや首都圏・大阪の電車内広告などですでに起用。そして今回は、ツイッターと連動した屋外イベントとして、「Share!」のコンセプトを花火大会で体現する。

また、2010年8月25日から29日までの5日間、六本木ヒルズにあるメトロハット内には、投稿されたアイコン画像で作られた巨大な虹のモニュメントが出現する。

イベント期間中、六本木ヒルズ方面に立ち寄る機会があれば、ツイッター花火大会「Million Play Hanabi」をのぞいてみては如何だろうか。

auのCMキャラクターの嵐も登場


「Million Play Hanabi」
au IS series公式サイト
au Million Play(掲載広告/出演者発表)
KDDI株式会社

【au初のAndroidスマートブックIS01を試す】の記事をもっと見る
スマートフォンでワンセグ三昧 録画もできるぞ
待ち待った黄金サイズのキーボードスマートフォン auスマートブック IS01