ここのところ、伸び悩みを見せていたデジタルカメラ市場だが、2010年に入って急成長してきた。そのなかでもコンパクトデジタルカメラは一眼レフタイプと違い、それぞれのカメラが独特の機能を持つようになってきた。

カシオ計算機 常務取締役 樫尾彰氏は、世界初の液晶付きデジタルカメラ「QV-10」以来、「デジタル技術をベースに、新しい発想で新しい価値を作り、利便性の向上や楽しさを提供する。それが文化として根付き、社会に貢献することを目指しています」とカシオの精神を説明し、その精神を受け継いだカメラとして、“写真革命”をキーワードに、撮って見るだけではなく、デジタルカメラならではの作品を創る楽しみ方を実現した「EX-ZR10」を発表した。11月26日発売で、4万円弱程度の価格を想定している。

展示されていたHDRアートのサンプル

「EX-ZR10」は、高速撮影と高速画像処理が可能な新エンジン「EXILIM ENGINE HS」と、高感度1200万画素裏面CMOSセンサーを搭載している。露出の異なる写真を連写し、ダイナミックレンジが拡がった1枚の画像を合成するHDR(High Dynamic Range)を搭載しているため、白飛びや黒つぶれを抑えた、明るいところから暗いところまで鮮明な写真が撮影できる。

これだけなら、いままでのHDR機能の強化に過ぎないが、「EX-ZR10」はそれを一歩進めて、カメラ自体が被写体を解析して、局所的にコントラストや彩度の強弱をコントロールすることで、芸術的な写真が創造できるHDRアート機能を搭載しているのだ。いままではPCの画像処理ソフトで加工しないと難しかった本格的な芸術作品が、誰でも手軽に創れるようになるのだ。

基本的なカメラ機能も強化されている。広角28mmからの光学7倍ズームレンズ、最大40枚/秒の高速連写、シャッターと押すだけで美しい写真が撮れる「プレミアムオート」、360度パノラマ写真を作成できる「スライドパノラマ」、最大480fpsものスローモーション動画の撮影、フルHDムービー(H.246)に対応している。

撮影したすべての写真が芸術作品になるため、アートに対する感度が高い人にオススメのカメラだ。

●主な仕様
有効画素数:1210万画素
撮像素子:1/2.3型高速CMOS(裏面照射型)
静止画ファイル形式:JPEG(Exif Ver2.3、DCF2.0準拠、DPOF対応)
動画ファイル形式:MOV、H.264/AVC準拠、IMA-ADPCM(ステレオ)
外部メモリー:SD、SDHC、SDXCメモリーカード対応
静止画最大記録画素数:12M(4000×3000)
動画最大記録画素数:FHD 1920×1080(30fps)
最大連写:40枚/秒
レンズ(35mm換算):約28~196mm(F3.0(W)~F5.9(T))
シャッタースピード(オート):1~1/2000秒
ISO感度:100/200/400/800/1600/3200
画像モニター:3.0型TFTカラー液晶(960×480)
バッテリー:専用リチウムイオン充電池
サイズ:101.9×58.7×27.4mm
質量:約176g(バッテリー、メモリーカードを含む)

カシオ計算機
ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっと見る
キヤノンの背中が見えた!デジカメ市場でソニーが大躍進
録画タイプに人気集中! ついに薄型テレビの3割を突破
写真も動画も音楽も1台でOK ソニーのデジタルフォトフレーム「S-Frame」
実質2万円台!西友が32型デジタル液晶テレビを激安で売れる理由

CASIO デジタルカメラ EXILIM FH100 ブラック EX-FH100BKCASIO デジタルカメラ EXILIM FH100 ブラック EX-FH100BK
カシオ(2010-04-09)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る