パソコンのデータをバックアップするために使われるハードディスクは、これまで空っぽのままで販売されてきたが、新たな試みが始まっている。それはハードディスクを「膨大なコンテンツを収める新たなメディア」として考え、ハードディスクと同時に、コンテンツという付加価値を提供しようというものだ。

バッファローは、ワーナー・ホーム・ビデオ & デジタル・ディストリビューションとの協業により、映画「ハリー・ポッター」シリーズ6作及び2010年11月劇場公開となる続編の予告編を収録したハードディスク2種、外付けハードディスク「HD-LB1.0TU2/HPX6」、ポータブルハードディスク「HD-PCT500U2/HPX6」を2010年11月上旬より発売する。
価格は、オープンプライス。

バッファロー 代表取締役社長 斉木邦明 氏は、
「ワーナー社はその顧客に対し、常に新しい体験と感動を与え続けているエンターテイメント界のリーダー的な企業です。バッファローとワーナー社とのこの度の協業は、優れたコンテンツの楽しみ方をさらに広げ、新たな付加価値を生むものと期待しています。」 と、コメントしている。

映像コンテンツがプリインストールされたハードディスクの販売はバッファロー初の試みとなる。大量の映像コンテンツの収録には大容量のハードディスクが最も適している。シリーズタイトルが複数枚になる従来メディアとは異なり、ハードディスクなら1台に収録が可能だ。メディアの入れ替えの手間暇をかけずに、すぐコンテンツを快適に楽しむことができる。

収録されたコンテンツは、下記のとおり。

「ハリー・ポッターと賢者の石」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッターと秘密の部屋」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 本編(字幕版・日本語吹替え版)・特典映像・予告映像
「ハリー・ポッター」シリーズ第1章-第5章 ダイジェスト版
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」 予告映像

 ハードディスクを持つ喜びが、また一つ増えたといえるだろう。

バッファロー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
超小型PC百花繚乱 デル「Inspiron Zino HD」は買いか!?
今年の年賀状はiPhone、iPadで格安で作ってみよう!「筆まめ」の最新版が登場
コスト削減だけじゃない!外出先からも印刷できるプリンターが登場した理由
地デジもブルーレイもこの1台でOK 東芝のWeb専用モデル「dynabook Satellite T560/WT」登場

I-O DATA 東芝<レグザ>対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0KI-O DATA 東芝<レグザ>対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K
アイ・オー・データ(2010-07-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る